オンラインカウンセリング実施中

プロジェクトリーダー(PL)とは?役割や仕事内容、スキル、年収などを解説

プロジェクトリーダー(PL)とは、システムなどの開発プロジェクトを遂行する現場責任者のことです。具体的には、プロジェクト全体のスケジュールに基づいて、進捗状況や取り組むべきタスク、問題・課題を取りまとめ、チームメンバーを指揮・引率する役割を担っています。

プロジェクトリーダー案件を
提案してもらう

目次

プロジェクトリーダーの役割・仕事内容
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い
プロジェクトリーダーに必要なスキル
プロジェクトリーダーに役立つ資格
プロジェクトリーダーのキャリアパス
フリーランスのプロジェクトリーダーとして働くには
フリーランスプロジェクトリーダーの年収
プロジェクトリーダーの求人・案件例

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プロジェクトリーダーの役割・仕事内容

プロジェクトリーダーは、システム開発などのプロジェクトにおいて、担当する開発システムや大規模システムのサブシステム開発などの結果に対してコミットし、品質維持や納期遵守のための進捗管理、メンバーのフォローなどを任せられます。具体的な仕事内容は、以下のとおりです。

  • スケジュール(進捗)管理部署間の調整
  • クライアント先との折衝(上流工程)
  • 設計書・コーディングのレビュー

スケジュール(進捗)管理・部署間の調整

プロジェクトリーダーは、任せられたプロジェクトのスケジュール管理や部署間の調整を行います。一つのシステムを開発する単体プロジェクトの場合、スケジューリングのためにガントチャートなどを作成し、予定どおりに作業が進められるよう確認・指示を行います。

開発の進捗が思いどおりに進んでいないときは、その理由を技術的側面から分析したり、チームの分担内容を見直したりするなど、プロジェクトに関わるあらゆる事柄に配慮しなければなりません。

クライアント先との折衝(上流工程)

プロジェクトリーダーは、エンジニアとしてシステム開発に携わりますが、主に要件定義や基本設計といった上流工程を任せられます。要件定義のあとは、プロジェクトチームのエンジニアに指示を出したり、自ら基本設計を進めたりして、プロジェクトを本格的に始動させるためリーダーシップを発揮します。

詳しくは後述しますが、プロジェクトマネージャーがプロジェクトリーダーを兼任する場合は、クライアント先と折衝を保つことも重要です。

設計書・コーディングのレビュー

プロジェクト内で作成される設計書はレビューにかけられますが、プロジェクトリーダーは、その設計書に誤りがなく要件を満たしたものになっているかという観点でレビューを行います。

プログラムコードのレビューに関しては、プロジェクトリーダーではなくプログラマをとりまとめるメンバーが行うこともあります。とはいえ、共通部品と呼ばれるアーキテクチャ部分のコーディングは非常に重要なため、プロジェクトリーダー自らレビューすることが多いでしょう。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

プロジェクトリーダー案件を
提案してもらう

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトリーダーは、システムエンジニアやプログラマー、テストエンジニア(テスターなど)としての実践を経て昇進する職位として扱われるのが一般的。いわば、システム開発における管理職といった存在でしょう。

システム開発における管理職には、プロジェクトリーダーのほか、プロジェクトマネージャーがありますが、それぞれ明確な定義はありません。

一般的には、プロジェクトリーダーが、プロジェクトを遂行するときの現場責任者の役割を担ったり単一のプロジェクトに対する進捗管理を任せられたりするのに対して、プロジェクトマネージャーは複数プロジェクトの進捗や予算(人員、工数)を管理します。

また、プロジェクトリーダーを管理する上位職をプロジェクトマネージャーと呼び、プロジェクトマネージャーが複数のプロジェクトリーダーを取りまとめて予算や進捗を管理する場合もあります。

関連記事 : プロジェクトリーダー(PL)とプロジェクトマネージャー(PM)の違い

プロジェクトリーダーに必要なスキル

プロジェクトリーダは、プロジェクトメンバーのリーダー的存在のため、システムに用いられるネットワークやデータベースなどの技術開発分野やプログラミング言語などに精通していることが求められます。

そのうえ、メンバーの取りまとめ役として、高いコミュニケーションスキルや新人育成のためのコーチングスキルも必要でしょう。

  • コミュニケーションスキル
  • システムインフラのスキル(ネットワーク、データベース)
  • システムインフラのスキル(MySQL、NoSQLなど)
  • サーバーの知識(Linux、Windows Server、Active Directoryなど)
  • クラウド・仮想化の知識(AWS、Azureなど)
  • システム開発に使用するプログラミング言語(Java、Python、C++、C#など)
  • ファシリテーションスキル
  • コーチングスキル

コミュニケーションスキル

プロジェクトリーダーはプロジェクト内のメンバーと円滑にコミュニケーションが取れなければなりません。プロジェクトの進行過程で課題やトラブルが発生した場合は、プロジェクトリーダーがフォローに回ったり、上位職であるプロジェクトマネージャーに相談したりする必要があるためです。

システムインフラのスキル(ネットワーク、データベース)

プロジェクトリーダーは、ネットワークやデータベースといったシステムインフラに関する知識が必要です。たとえば、ネットワークスキルがあれば、ネットワークの論理設計図を見て内容が理解できるほか、負荷分散が適切かどうかをネットワークエンジニアとともに確認できるようになります。

システムインフラのスキル(MySQL、NoSQLなど)

データベーススキルとして、データベース設計書やSQL設計書のレビューができると望ましいでしょう。テーブル設計はシステムのパフォーマンスに大きく関わるため、必ず押さえておくようにしてください。

サーバーの知識(Linux、Windows Server、Active Directoryなど)

システムインフラに関する知識として、サーバもーの知識もネットワークやデータベースと並んで大切な要素です。サーバーに関する知識があれば、サーバーのスペックがクライアント先の要望を満たしているか、Active Directoryの構成が適切か、サーバーのスケーラビリティが確保されているかなど、多角的な面からサーバーを設計したり、チェックしたりできます。

クラウド・仮想化の知識(AWS、Azureなど)

昨今、システムインフラや開発環境にAWSなどのクラウドを用いるプロジェクトが増えてきたため、AWSやAzureなどの知識も求められるようになりつつあります。

開発環境やテスト環境を仮想化して開発効率を上げたり、システムのスケーラビリティを確保したりできるように設計する(設計書をレビューする)のは、プロジェクトリーダーの役割といえるでしょう。

システム開発に使用するプログラミング言語(Java、Python、C++、C#など)

上流工程において、顧客の要望を満たすシステムを企画・設計・構築するためには、需要の高いプログラミング言語を習得するのはもちろん、どの程度のプログラミング工数がかかるのかを想定できると理想的です。

プロジェクトリーダーは、コードレビューやオブジェクト設計などを担うこともあるため、システム開発に用いるプロジェクト言語の習得は欠かせません。

ファシリテーションスキル

ファシリテーションとは、会議の取りまとめや発言を促すことを指します。システム開発において、プロジェクト内に潜む問題が表に出ないままでいることは、進捗の遅れや品質の低下を招くリスクになる恐れがあります。

そのためプロジェクトリーダーには、プロジェクトメンバーに発言を促したり会議の質を高めたりするなどの行動を取りプロジェクト内の問題の隠匿を防ぐ、ファシリテーションスキルが求められるでしょう。

コーチングスキル

コーチングとは、コーチングをする相手の隠れたスキルを引き出して、自信をつけさせるスキルのことです。システム開発において、メンバーのスキルアップやモチベーションの維持はプロジェクトの進捗に関わります。そのため、プロジェクトメンバーの適性を見抜きポテンシャルを引き出すコーチングスキルは、プロジェクトリーダーに求められる資質といえるでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーのスキルと役割

プロジェクトリーダーに役立つ資格

フリーランスがプロジェクトリーダーとして活躍するために役立つ資格をご紹介します。資格があれば、必ず活躍できるわけではありませんが、自身のスキルや給与アップを図る方法の一つとして、取得を検討することをおすすめします。

  • 応用情報技術者試験
  • プロジェクトマネージャー試験
  • プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格

応用情報技術者試験

  詳細
資格名 応用情報技術者試験(AP)
試験日
  • 春期4月第3日曜日
  • 秋期10月第3日曜日
受験料 5,700円(税込)
合格基準 得点率60%以上
試験形式
  • 午前9:30~12:00 多肢選択式(四肢択一)
  • 午後13:00~15:30 記述式
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html


応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位に位置づけられる試験です。プログラミングやアルゴリズムの深い知識を問われるため、プロジェクトリーダーとしてのスキルアップや証明につながります。合格率は20%程度と難易度が比較的高い試験ですので、合格すればITエンジニアとしての強みになるはずです。

プロジェクトマネージャー試験

  詳細
資格名 プロジェクトマネージャー試験(PM)
試験日 秋期10月第3日曜日
受験料 5,700円(税込)
合格基準
  • 午前Ⅰ/100点満点 60点以上
  • 午前Ⅱ/100点満点 60点以上
  • 午後Ⅰ/100点満点 60点以上
  • 午後Ⅱ/ランクA
試験形式
  • 午前Ⅰ9:30~10:20 多肢選択式
  • 午前Ⅱ10:50~11:30 多肢選択式
  • 午後Ⅰ12:30~14:00 記述式
  • 午後Ⅱ14:30~16:30 論述式
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html


プロジェクトマネージャー試験という名前ですが、内容はプロジェクトリーダーとして人員やシステム開発を進めるためのリソースを確保するスキルや、プロジェクト全体を管理できるスキルを証明するための試験となっています。

そのため、試験勉強を通して、プロジェクトリーダーとして働くうえで必要な知識を得ることが可能です。

システム開発のプロジェクトを成功させるには、クライアント先の要望の変化や技術的制約といったいくつもの問題を乗り越えなければなりませんが、課題や問題に柔軟に対応しつつ、プロジェクトを成功に導くのは決して簡単なことではありません。

プロジェクトマネージャー試験は、プロジェクトを成功に導くためのスキルを有していることを証明する試験のため、フリーランスがプロジェクトリーダーの案件を獲得する際にも有利に働くと考えられるでしょう。

プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格

  詳細
資格名 プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格
試験日
  • オンライン完結型
  • 職場・自宅で取得
受験料 5,700円(税込)
合格基準 得点率75%以上
試験形式 オンライン試験を受験(2時間)
公式サイト https://www.npmo.org/pjma/


PMOとは、Project Management Officeの略称で、複数プロジェクトを横断的に管理する職種において予算管理や人員管理、プロジェクト共通の各種規約書などを作成するシステムのことです。

プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格はプロジェクトリーダーの上位職種にあたるプロジェクトマネージャー向けの認定資格ですが、勉強する過程でプロジェクトリーダーとして活躍するための資質やスキルを身につけられるでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーの資格

プロジェクトリーダーのキャリアパス

プロジェクトリーダーにはどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。ここでは、フリーランスのプロジェクトリーダーとして活躍する方のキャリアパスについて解説します。

  • 大規模システムへの参画
  • プロジェクトマネージャー
  • ITコンサルタント

大規模システムへの参画

プロジェクトリーダー経験を積みクライアント先からの信頼を獲得していくことで、大規模システムのプロジェクトにリーダーとして参画できるようになるでしょう。大規模システム開発の現場はプロジェクトメンバー数が多く、システムのインフラも巨大。

そのため、プロジェクトリーダーには非常に高いスキルが求められます。また、大規模プロジェクトに参画すれば収入アップも見込めますし、今後の案件獲得に使える実績としても有用でしょう。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトリーダーの上位職である、プロジェクトマネージャーへのキャリアパスも考えられます。プロジェクトマネージャーになるには、プロジェクトリーダー候補として経験を積むことはもちろん、ほかのプロジェクトリーダーの手本となるようなリーダーを目指すことが大切です。

プロジェクトマネージャーになれば会社の経営にも絡むため、フリーランスとしての実績を評価されるだけでなく、高い年俸を提示されて正社員登用の声をかけられることもあるでしょう。

ITコンサルタント

プロジェクトリーダーとしてあらゆるシステムに関する知識とスキルを備えれば、企業のITコンサルタントになることも可能です。ITコンサルタントを目指す場合は、情報処理技術者試験のITストラテジスト試験やシステム監査技術者試験に合格して、ITコンサルタントに必要なスキルがあることを証明しても良いでしょう。クライアント先企業をIT面でサポートし、経営に寄与したいと考えるフリーランスの方に適したキャリアパスです。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

フリーランスのプロジェクトリーダーとして働くには

最後に、フリーランスのプロジェクトリーダーとして働く手段を、キャリアの側面から解説します。

  • 現職でプロジェクトリーダー経験を積みフリーランスになる
  • プロジェクトリーダー補佐の案件を獲得する
  • プロジェクトリーダーとして認められる実績を残す

現職でプロジェクトリーダー経験を積みフリーランスになる

フリーランスのプロジェクトリーダーとして働く手段には、企業内でプロジェクトリーダー経験を積んでからフリーランスへ転身する方法があります。企業において、プロジェクトリーダーは職種であると同時に職位の一つと考えられることも。

そのため、企業で積んだプロジェクトリーダー経験や実績は、フリーランスとしてプロジェクトリーダーの案件を獲得するために大いに役立つでしょう。

現在企業に勤めているITエンジニアの方は、社内でスキルを磨いてください。プロジェクトリーダーはシステム開発を俯瞰的に見る必要があるため、ネットワークやデータベースなど、インフラ面のスキルを特に強化していくと良いでしょう。

また、会議やレビューに積極的に参加し、発言や提案を増やすようにしてください。率先してプロジェクトに貢献しようとする姿勢は、プロジェクトリーダーに必要なスキルを鍛えるはずです。

プロジェクトリーダー補佐の案件を獲得する

プロジェクトリーダー業務の実践経験がないままでは、プロジェクトリーダーの案件獲得は厳しいといえます。そのため、インフラエンジニアや上流工程の経験を積んだうえで、プロジェクトリーダーを補佐する働き方をしてください。

システムインフラや上流工程を経験すれば、業務を通してプロジェクトリーダーに求められるIT関連のスキルを身につけられます。プロジェクトリーダーの資質であるコミュニケーションスキルやファシリテーションスキルは、業務の中で意識して磨くことも大切です。

プロジェクトリーダーとして認められる実績を残す

フリーランスとして参画したプロジェクトで上流工程や進捗管理などの実績を残せれば、プロジェクトリーダーの職を任されることもあるでしょう。フリーランスも一つの企業内で職位を挙げていくことが可能です。

そのためプロジェクトに参画するときは、キャリアアップを視野に入れながら、自分のスキルを磨いていくようにしてください。

関連記事 : フリーランスとは|個人事業主との違い、職種、仕事内容、なるためにするべきことを解説

フリーランスプロジェクトリーダーの年収

ここではプロジェクトリーダーの年収の参考として、2021年2月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスプロジェクトリーダーの年収相場

参照元 : プロジェクトリーダーの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 876万円
最高年収 1740万円
最低年収 480万円


なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

プロジェクトリーダーの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、プロジェクトリーダーの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。プロジェクトリーダーの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【AWS】小売業向けクラウド移行共通化の求人・案件
単価 〜850,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
職種・ポジション
  • インフラエンジニア
  • プロジェクトリーダー(PL)
職務内容 システム基盤のAWS共通化の推進をご対応いただきます。
求めるスキル
  • AWS実務経験3年以上
  • リーダーの経験
歓迎スキル
  • インフラ基盤における知見
  • セキュリティ知見
  • コード化の知見
最寄り駅 麹町(東京都)
詳細 【AWS】小売業向けクラウド移行共通化の求人・案件
【PL】損保向けシステム更改の求人・案件
単価 〜700,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
職種・ポジション
  • インフラエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • プロジェクトリーダー(PL)
職務内容 PLをご担当いただきます。
求めるスキル
  • 損保業務知見(新種傷害/団体領域)経験5年以上
  • WEB系でのシステム更改プロジェクトの経験5年以上
  • 5名以上のチームでのプロジェクトリーダの経験(複数案件)
最寄り駅 勝どき(東京都)
詳細 【PL】損保向けシステム更改の求人・案件


上記の内容はプロジェクトリーダーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。
プロジェクトリーダーの案件をもっとみる

関連記事 :プロジェクトリーダー(PL)の平均年収|PMとの役割の違いや仕事内容も解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトリーダー案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとプロジェクトリーダー(PL)の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.