オンラインカウンセリング実施中

プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

プロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクトにおける総責任者です。進捗管理や予算管理、モチベーション管理など作業は多岐にわたります。リーダーシップや決断力がある方が向いているポジションです。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

目次

プロジェクトマネージャーとは
プロジェクトマネージャーの役割
プロジェクトマネージャーに求められるスキル
プロジェクトマネージャーに向いてる人の特徴
プロジェクトマネージャーの平均年収
プロジェクトマネージャーになるには
プロジェクトマネージャー試験
プロジェクトマネージャーに役立つ資格

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャー(Project Manager)とは、開発プロジェクトの計画立案や予算管理、進捗管理、業務調整などを行う職種です。開発工程ではスケジュールの策定から予算管理、進行上の問題解決に至るまで、幅広い領域の管理業務を担当します。

日本では「PM」という略称で呼ばれることがありますが、プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー(Product Manager)を区別するために前者を「PjM」、後者を「PdM」と表記する場合もあります。

関連記事 : プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの計画・実行において総合的な責任を担う人物を指します。

開発プロジェクトなどの計画を立案し、必要な要因・資材を確保。そして計画した予算・納期・品質などを達成させるべく管理・運営するのが使命です。

開発プロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーの作業の流れは、以下の通りです。

①打ち合わせ

クライアント等と打ち合わせをし開発の目的を明確にします。そして開発における優先順位や予算、納期を確認し調整を行います。

②計画

開発プロジェクトの大きな流れを計画します。

プロジェクトマネージャーはまず、それぞれのフェーズの期間を割り当てを行います。そして開発のプロセスから工数を算出。必要な備品や人員を決定し計画書を作成します。

計画書をもとにクライントと納期・予算・内容などの打ち合わせを行い、計画を最終決定します。

③体制の構築

計画書をもとに開発体制を構築します。実際に作業を行うプログラマの人員配置をはじめ、資材の調達、スポンサーや外部のパートナー企業との連携などを行います。

④プロジェクト管理

実際にプロジェクトが開始したら、さまざまな管理を行います。費用のコントロールや、プログラマへの技術的な指導、リスク管理、そして進捗管理などが主な作業です。

予期せぬ進行停滞要因を予測し、いかに先回りして排除しておくかがプロジェクト成功への鍵です。

⑤評価・レビュー

開発作業が完了したら、検討・検査・評価を行います。

このようにプロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの進捗管理だけでなく、各方面への交渉やメンバーのモチベーション管理、予算管理など、多岐にわたる作業を行うポジションなのです。

関連記事:プロジェクトマネージャーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは、決断力やリーダーシップがある人が向いています。

プロジェクトマネージャーの作業は、各開発フェーズの進捗管理、予算管理、そしてクライアントとの交渉など多岐にわたり、その作業のほとんどが管理作業です。メンバーを引っ張って1つの目標に向けて突き進むリーダーシップや不測の事態での決断力が必要となってきます。

また具体的に以下に述べている3つのスキルを持っている人が向いていると言えるでしょう。

対人関係能力

対人関係能力の中で最も大切なのは、コミュニケーション力です。クライアントのニーズのヒアリングや納期・予算の交渉、プレゼンテーション、プログラマやSEへの説明など、プロジェクトマネージャーの作業を円滑に進めるために必要となるスキルです。

状況把握能力

相手の考えや周辺の状況を冷静に捉え、本質を掴むことができるスキルです。クライアントとの会話で本質を掴むことが、よりよい開発への第一歩といえます。また抽象的な意見やアイデアから、具体的な商品を構築するスキルも必要です。

専門知識

IT業界やプログラミング言語、開発環境、作業を行う上で必要となるソフトウェアや機器に関する知識が必要です。プログラマやSEをマネジメントする際、フォローや指導を行う場合もあります。

IT業界である程度経験を積んで、さまざまな事態にも柔軟に対応できるようになれば、プロジェクトマネージャーとして参画することが可能でしょう。

人・モノ・金をコントロールするプロジェクトマネージャーは、プロジェクトの総責任者。ひとつひとつの作業が責任重大ですが、プロジェクトが成功した時の達成感はその分とても大きいです。自身の采配により自身やチームメンバーの成長を感じることができる、やりがいあるポジションです。

関連記事:プロジェクトマネージャーのスキルについて

プロジェクトマネージャーに向いてる人の特徴

プロジェクトマネージャーに向いているのは、コミュニケーションを取りながら作業を進めるのが得意な人です。プロジェクトマネージャーになると、エンジニアとしてプロジェクトメンバーに加わった時と違い、1人で黙々と作業するというよりも、リーダーとしてメンバー全体をまとめ上げるために、積極的にコミュニケーションを取ることが大切になります。

プロジェクトマネージャーは、基本的に顧客とプロジェクトメンバーの両方と関わります。プロジェクトがうまくいかなかった際には、顧客とプロジェクトメンバー間で板挟みになってしまう可能性もあります。そのため、人との間を取り持つ橋渡し的なコミュニケーションが得意な人は向いている職種だと言えるでしょう。

また、エンジニア領域の知識が豊富な人も、プロジェクトマネージャーに向いていると言えます。プログラマーやシステムエンジニアなど、実際に現場のエンジニアとして働いていた経験があると、技術的な問題にぶつかった際に早く対処ができ、開発に携わるエンジニアとのコミュニケーションも円滑になります。

業務の性質を踏まえると、決断力が高い人、リーダーシップを発揮できる人なども、プロジェクトマネージャーに向いているでしょう。

関連記事 : プロジェクトリーダーのスキルと役割

プロジェクトマネージャーの平均年収

2017年に経済産業省が公開した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円です。

同調査によれば、顧客向けシステムの開発・実装を担当するSE・プログラマの平均年収は593.7万円、基板設計担当・ITアーキテクトなど高度SE・ITエンジニアの平均年収は778.2万円なので、エンジニア系職種と比べ、プロジェクトマネージャーの給料は高水準と言えます。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

また、2020年7月時点でレバテックフリーランスが取り扱っている案件の単価を見てみると、プロジェクトマネージャー案件の平均月額単価は約76万円です。12ヶ月分の金額を年収と考えれば、フリーランスプロジェクトマネージャーの平均年収は約912万円になります。

参照 : プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧

ただし、あくまでレバテックフリーランスで扱っている案件のみから算出した金額であること、フリーランスは年間をとおして途切れずに案件を受注できるとは限らないこと、年金や保険料、税金を別途納める必要があることは留意しましょう。

関連記事 : プロジェクトマネージャーの年収

プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーになるには、基本的に開発に携わった経験がなければいけないので、ITエンジニアとしての実務経験が必要になるでしょう。まずはプログラマーとしてプロジェクトに参加し、プログラマーからシステムエンジニアへキャリアアップしてクライアント対応を経験。さらにシステムエンジニアとして経験を積み、プロジェクトリーダーとしてプロジェクトの計画策定や上流工程に携わるようになり、最終的にプロジェクトマネージャーとして予算、期間、人員、品質などプロジェクト全体に責任を持つというのが、一般的なキャリア形成の流れです。

プロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトリーダーらに指示を出し、プロジェクトを完成に導かなければなりません。そのためには、プロジェクトにおけるエンジニアの仕事内容や作業工程を知っている必要があり、未経験からいきなりプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを取り仕切るのは厳しいでしょう。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のキャリア

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクトマネージャー試験は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施している情報処理技術者試験の区分のひとつで、プロジェクトマネージャーとしてのスキルを認定する国家資格です。

適切なプロジェクト全体計画を立てられるか、人員・資源・予算・スケジュール・品質・リスクなどを管理してプロジェクト全体をマネジメントできるか、リスクやトラブルを予測して的確な対応ができるか、適切な分析や評価が行えるか、といったプロジェクトマネージャーとして必要な素養が問われる試験です。

参照 : プロジェクトマネージャ試験

試験を受けるメリット

プロジェクトマネージャー試験を受けることによって、プロジェクトマネージャーに必要な基礎知識を網羅的に習得できるのが大きなメリットです。プロジェクトマネージャー経験がない人にとっては、プロジェクトマネージャーとして経験を積む前に業務内容を予習できるので、事前に受けておくと経験不足を補うのに役立ちます。

また、資格を取得することで、顧客先や転職時の面接においてプロジェクトマネージャーとしての経験や知識を裏付けできるため、信頼を得やすくなるのもメリットです。

受験資格

年齢・国籍・実務経験などを定めた受験資格は特になく、誰でも受験が可能です。

出題内容

試験の構成は、午前I・II、午後I・IIの4つに分かれます。

午前の試験では、テクノロジー系、マネジメント系、ストラテジ系の全分野から選択式の問題が出題されます。
午後の試験では、プロジェクトの計画・立ち上げから、プロジェクトの実行や管理、プロジェクトの終結などのプロジェクトマネジメントに関する内容が出題され、試験形式は記述式と論述式です。

合格率・難易度

2019年度のプロジェクトマネージャー試験の受験者は10,909人、合格者は1,541人で、合格率は14.1%です。同じ情報処理技術者試験の区分である「基本情報技術者試験」の2019年度の合格率は25.7%、これよりさらに上級の資格にあたる「応用情報技術者試験」の合格率は22.3%です。同年度の情報処理技術者試験の区分ではプロジェクトマネージャー試験の合格率が最も低く、難易度の高さが伺えます。

勉強方法

プロジェクトマネージャー試験のための勉強方法としては「参考書や過去問で独学をする」「講座やスクールに通う」といったものがあります。自分のライフスタイルや使える時間に合わせて勉強方法を選択するようにしましょう。

参考書や過去問で独学

独学で使う参考書は最新のものを使用しましょう。試験の内容はアップデートされる可能性があるので、参考書の内容は最新にする必要があります。

過去問は、過去何年分か解いておきましょう。最新の過去問では出題傾向が変わっている可能性もあるので、幅広い問題を解いておくのがおすすめです。過去問をまとめているWebサイトもあるため、空いた時間にスマホなどから挑戦することも可能です。

参考書には記述式や論文の解答例がいくつも載っているため、どのように書けばよいかを知ることができます。

講座やスクールに通う

プロジェクトマネージャー試験対策を行っている講座やスクールを探して通って学習する方法です。教材や対策問題が用意されており、本試験の前には模擬試験を受けることも可能です。早いコースであれば3日ほどで終了しますが、数か月程度の期間を見ておくとじっくり学習することができるでしょう。中にはマンツーマンで教えてもらえるスクールもあります。

講座やスクールのメリットは、わからない部分で止まってしまった場合に講師に聞くことができるため、すぐに解決して先に進めやすいこと、スクールから試験の傾向や試験の最新情報を教えてもらえることなどが挙げられます。

関連記事 : フリーランスエンジニアの勉強法

プロジェクトマネージャーに役立つ資格

プロジェクトマネージャーに役立つ資格は、プロジェクトマネージャー試験以外にも、以下のようなものがあります。

  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • 基本情報技術者試験
  • ITストラテジスト試験

下記でそれぞれの資格について解説します。

PMP

PMPはプロジェクトマネジメントの国際資格ともいわれており、アメリカをはじめ海外のエンジニアにも知られている資格です。PMBOK(Project Management Body of Knowledge)という世界の標準的なマネジメント手法の知識体系を学ぶことができるので、海外のスタッフと一緒にプロジェクトを進める際にも有効になるでしょう。

合格率は公表されていませんが、受験資格の段階で「3~5年(4,500~7,500時間)のマネジメント経験が必要」とある通り、ある程度の実務経験を求められるため、未経験の状態から参考書などで試験対策をしても合格が難しい可能性があります。そのため、受験するにはまずマネジメント実務経験を積むことが重要です。

試験はピアソンVUEのテストセンターで受けられます。受験料はPMI会員の場合は405ドル、そうでない場合の一般は555ドルです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアに必要な知識を問う試験です。プロジェクト全体の管理が主な業務であるプロジェクトマネージャーとはいえ、ITエンジニアに指示を出すのですから、ITエンジニアの業務に関する知識を持っていなければ意思の疎通が難しくなってしまいます。基本情報技術者試験の資格を取得していれば、ITエンジニアとしての基礎知識を持っていることを証明できます。

試験は年2回開催され、春期試験が4月の第3日曜日、秋期試験が10月の第3日曜日となっています。受験料は税込5,700円で、試験会場は全国の主要62都市、およびその周辺地域になります。

2019年度の基本情報技術者試験の合格率は25.7%であり、難易度はプロジェクトマネージャー試験よりも低いといえます。ITエンジニアの基礎とはいえ、出題範囲はヒューマン・インタフェースからデータベース、ネットワーク、セキュリティまで幅広いので、過去問や参考書を活用して十分に勉強する必要があります。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験では、エンジニアとしての技術的な領域だけでなく、企業の経営戦略なども含めた幅広い知識が問われます。プロジェクトマネージャーとして質の高い仕事ができることを証明する資格といえるでしょう。

試験は年1回開催され、10月の第3日曜日です。受験料は基本情報技術者試験と同じく税込5,700円で、試験会場は全国の主要62都市、およびその周辺地域です。

2019年度のITストラテジスト試験の合格率は15.4%となっており、合格率から考えると難易度はプロジェクトマネージャー試験と同じく高いといえます。

書籍で過去問を解く、講座を受講するなどの学習に加え、事業企画やIT動向分析などの実務経験があるとより優位になるでしょう。

関連記事:プロジェクトマネージャー(PM)の資格について

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.