プロジェクトマネージャー(PM)の役割とは?仕事内容や年収、なり方を解説

プロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクトの進捗やメンバーへの仕事の割り振りなどを担当する役割を果たします。プロジェクト単位で任命されるマネージャーのため、管理をするのが業務であるものの、役職としての「管理職」ではありません。

プロジェクトマネージャーの役割とは何か、どのような人が向いているのかわかりやすく解説します。また、プロジェクトマネージャーを目指すために取得しておきたい資格についても紹介します。

レバテックフリーランスはフリーランスの
PM・PMO案件をご紹介しています案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

  •  
  •  
  •  

詳しく見る

プロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャー(Project Manager、PM)とは、プロジェクト全体の責任者です。プロジェクトマネージャーという役職があるのではなく、プロジェクト単位で任命した責任者を「プロジェクトマネージャー」と呼びます。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトが完成するまで責任を持ってチームを引率します。進行が遅れているときはスケジュールを見直したり外部戦力を補充したりするなど、こまめな調整を加えて、期日までにクライアントに成果物として提出しなくてはいけません。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトリーダー(Project Leader、PL)は現場の監督的な役割を果たします。一方、プロジェクトマネージャーは、管理者としてプロジェクトを成功に導く役割です。プロジェクトの進行に関する責任を負うのがプロジェクトリーダー、プロジェクトの完成や目的達成に責任を負うのがプロジェクトマネージャーといえます

プロジェクトリーダーについては、次の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
プロジェクトリーダー(PL)とは?役割や仕事内容、スキル、年収などを解説

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーとの違い

プロダクトマネージャー(Product Manager、PdM)とは、プロダクト(製品)の責任者です。製品の開発や販売戦略の立案、マーケティングなど全般を担当します。

プロダクトマネージャーは製品全体の責任を負うため、製品に関わるプロジェクトにも携わることが一般的です。プロジェクトの責任者であるプロジェクトマネージャーと連携し、プロジェクト成功を通してプロダクトの価値増大を目指します。

プロダクトマネージャーについては、次の記事もご覧ください。
PdMとは?仕事内容・役割や必要なスキル、キャリアパスについて解説

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの主な仕事内容は、次の通りです。

  • プロジェクトの目的を定義する
  • チームメンバーを選定する
  • プロジェクトのスケジュールを作成する
  • プロジェクトの進捗を管理する
  • スケジュールを調整する

それぞれの仕事内容について解説します。

プロジェクトの目的を定義する

クライアントからの依頼をプロジェクト化する時点から、プロジェクトマネージャーは関わります。システム開発のプロジェクトであれば、プロジェクトマネージャーが中心となって、なぜシステム開発が必要なのかについて話し合い、システムを開発する目的を明確に定義します。

目的を定義した後で、目的達成によって得られる成果も決めることが一般的です。たとえば、次のようなゴールを明確にしておくと、プロジェクトにおいて何かを決定する必要が生じたときに、メンバーが迷いなく同じ決定を下せるようになります。

  • プロジェクト成功により、実現したい状態
  • プロジェクト成功により、解決したい課題

目的とゴールを定義すると、プロジェクトの規模や予算、完成までにかかる期間も決めやすくなります。プロジェクトを成功させるためにも、丁寧に時間をかけて目的・ゴールを定義することが必要です。

チームメンバーを選定する

プロジェクトのアウトラインを決めた後、どのような人材が何人ほど必要なのかを割り出します。社内ですべてのメンバーを準備できないときは、作業の一部を外注したり、外部人材をメンバーに加えたりすることで調整します。

プロジェクトのスケジュールを作成する

プロジェクトのスケジュールを作成するのも、プロジェクトマネージャーの仕事です。プロジェクトをいくつかの段階やタスクに分け、成果物の納期から逆算して、各段階・タスクを終わらせる期限を決めていきます。

プロジェクトを進めていくうえで、予想しなかったようなトラブルが発生したり、想定したよりも時間がかかったりすることもあるため、余裕を持たせたスケジュールを組むことが大切です。

プロジェクトの進捗を管理する

プロジェクトがスケジュール通りに進んでいるか管理するのも、プロダクトマネージャーの大切な仕事です。まずはメンバー全員にプロジェクトの目的とゴール、スケジュールを周知し、必要な情報すべてを共有します。また、クライアントとも情報を共有し、定期的に進捗を報告します。

スケジュールを調整する

タスク完了にかかる時間は予想が難しいため、スケジュールも予想した通りには進まないことが一般的です。プロジェクトマネージャーは細かく進捗を把握し、メンバーの配置換えや補充なども実施しつつ、スケジュールを調整していきます。

納期までに成果物が完成できなさそうなときは、早めにクライアントに説明し、納期を調整してもらえるように交渉します。また、クライアントからの要望やメンバー側からの質問などを取りまとめ、スムーズにコミュニケーションを取れるように間に立つのも、プロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの3つの役割

プロジェクトマネージャーには、次の3つの役割があります。

  • プロジェクトを滞りなく遂行させる
  • プロジェクトを完成させる
  • 利益を向上させる

それぞれの役割について見ていきましょう。

プロジェクトを滞りなく遂行させる

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトをスムーズに進行させる役割を担います。こまめに進捗を確認してスケジュールを調整するだけでなく、メンバー側の意見や報告に耳を傾け、クライアントとの意思疎通の橋渡し役を務めるなど、プロジェクト遂行に必要なあらゆる業務を請け負います。

プロジェクトを完成させる

プロジェクトを進行させるだけでは、成功とは呼べません。クライアントが満足できる成果物として提出できるよう、プロジェクトを完成させる必要があります。

ただし、すべてのプロジェクトが予定通りに完了するとは限りません。クライアント側の方針の変更やトラブルなどにも対応しつつ、プロジェクトを完成させるためにも、こまめにクライアントとコンタクトを取っておくことが大切です。

利益を向上させる

プロジェクトは、クライアントのニーズや課題を解決するために実施されます。しかし、クライアント側の要望をすべて受け入れていると、自社の利益を確保できない可能性があるため注意が必要です。

所属する企業の一員として、プロジェクトマネージャーには、自社の利益を追求することも求められます。適正な金額をクライアントに請求し、可能な範囲でコストを抑え、利益向上に努めます。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーに向いている人の6つの特徴

プロジェクトを滞りなく遂行し、利益を追求するためにも、プロジェクトマネージャーには次の資質が求められます。

  • 交渉が得意である
  • 論理的に説明できる
  • スケジュール管理が得意である
  • IT全般・プロジェクト全般に対して熟知している
  • ストレス耐性が高い
  • 危機管理能力に秀でている

交渉が得意である

プロジェクトマネージャーの仕事の大半は「交渉」といっても過言ではありません。メンバーやクライアントとの交渉、メンバーとクライアントの間に立って調整するなど、プロジェクトを完成させるために交渉業務のほとんどを引き受ける必要があります。

交渉が得意な人なら、多方面が納得できる形でプロジェクトを進めていけます。プロジェクトマネージャーを目指すなら、聞く力と話す力、交渉する力を身につけておきましょう。

論理的に説明できる

メンバーやクライアントと交渉するためには、相手を納得させるだけの論理的説明力が不可欠です。論理に飛躍や破綻がなく、誰もが納得できるように説明することが求められます

また、IT関係の用語や概念は、あまり得意とする人でなければ理解が難しいものです。クライアントの満足度を高めるためにも、わかりやすい言葉で説明する表現力も求められます。

スケジュール管理が得意である

プロジェクトを滞りなく遂行するためにも、プロジェクトマネージャーには高いスケジュール管理能力が求められます。遅延が生じそうな事態を早急に察知し、対策を講じ、スケジュール通りに業務を進行するように調整します。

スケジュール管理が得意な人なら、プロジェクトマネージャーの仕事にも向いていると考えられるでしょう。また、スケジュール管理ツールやExcelなども活用し、スケジュールをメンバーと共有することも大切です。

IT全般・プロジェクト全般に対して熟知している

プロジェクトをスケジュールに落とし込むには、業務をタスク化するだけでなく、各タスクにかかる工程や時間をある程度は理解しておくことが必要です。そのため、スケジュールを作成・管理するプロジェクトマネージャーは、IT・プロジェクト全般に対しての理解が求められます。

プロジェクトマネージャーを目指すなら、まずはプロジェクトメンバーとしての経験を積みましょう。プロジェクトメンバーとして働いた経験があれば、タスク化やスケジュール作成に必要な知識を習得可能です。

ストレス耐性が高い

メンバーとクライアントの交渉業務や、スケジュール調整は、いずれもストレスフルな仕事です。メンバーもクライアントも思うようには動いてくれなくて当然のため、「なぜそうなる?」「もう少し立場を理解してほしい……」と思うことが多々あるでしょう。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の責任を負うため、ストレスも大きな仕事といえます。ストレス耐性が高く、適度に発散できる性格であることも、プロジェクトマネージャーに求められます。

危機管理能力に秀でている

どんなに熟慮してスケジュールを立てても、予想外のことが起こるものです。システムやネットワークにトラブルが生じてスケジュールが遅れるだけでなく、何らかの事情によりプロジェクトそのものが頓挫することもあるかもしれません。

また、急にクライアントが方針を変えたり、メンバーの急病などにより戦力不足に陥ったりすることも想定されます。プロジェクトマネージャーには、さまざまな危機的状況を想定してスケジュールを組み、トラブルの芽を早急に見つけ、対処する危機管理能力が必要といえるでしょう。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーを目指す際の必要な準備

プロジェクトマネージャーを目指すなら、プロジェクトでの業務経験が必要です。プロジェクトに必要な業務を理解するために「エンジニア」としての立場で、また、プロジェクトをまとめるために「プロジェクトリーダー」としての立場で参加していることが必要になります。

しかし、メンバーとリーダーの両方の立場でプロジェクトに参加するだけでは、プロジェクトマネージャーに必要なすべての経験を積めるとは限りません。交渉力や論理的説明力、スケジュール管理力、危機管理能力なども自主的に身につけ、プロジェクトマネージャーに求められる技量を習得していきましょう。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの年収

プロジェクトマネージャーの年収は、約630万円です。経験が問われるため、20代のプロジェクトマネージャーよりは、30代のプロジェクトマネージャーのほうが高年収の傾向にあります。

一方、フリーランスのプロジェクトマネージャーの平均年収は約948万円です。プロジェクトを自分で探し、自分で応募して勝ち取る必要はありますが、実績を積めば案件獲得も容易になります。

高年収を目指すなら、フリーランスとしての働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。次の記事もぜひご覧ください。
プロジェクトマネージャー(PM)とは?年収・資格・向いている人の特徴も解説

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格3選

プロジェクトマネージャーになるための資格は存在しません。特別な資格を持たなくても、プロジェクトマネージャーに任命されれば、業務を遂行できます。

しかし、プロジェクトマネージャーの業務と関連ある資格を取得していることで、プロジェクトマネージャーに任命されやすくなったり、フリーランスなら案件獲得しやすくなったりすることがあります。以下ではプロジェクトマネージャーにおすすめの資格を紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験とは、システム開発のプロジェクトにおいて管理者に必要な知識やスキルを問う国家試験です。試験は4つの科目から成り、多肢選択式2科目、記述式1科目、論述式1科目を受験して各基準に到達することで合格します。なお、プロジェクトマネージャ試験の合格率は約12~15%です。

参考:情報処理推進機構|プロジェクトマネージャ試験

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験とは、経営とITを結びつける戦略家に必要な知識やスキルを問う国家試験です。試験は4つの科目から成り、多肢選択式2科目、記述式1科目、論述式1科目を受験してそれぞれ基準に到達すると合格になります。

なお、ITストラテジスト試験の合格率は約13~16%です。プロジェクトマネージャ試験と同様、難関資格といえるため、しっかりと準備してから臨みましょう。

参考:情報処理推進機構|ITストラテジスト試験

PMP®試験

PMP(Project Management Professional)®試験とは、プロジェクトマネジメントスキルの国際資格です。プロジェクトやITに関する体系的なスキルや知識を習得できるため、すでにプロジェクトマネージャーにもおすすめです。また、業界内での知名度も高いため、国内外でプロジェクトマネージャーとして活躍したい人にも適しています。

参考:一般社団法人 PMP日本支部|PMP®資格について

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

プロジェクトマネージャーの役割に関するよくある質問

ここでは、プロジェクトマネージャーの役割に関するよくある質問に答えていきます。

Q. プロジェクトマネージャーになるために必要なスキルは何ですか?

プロジェクトマネージャーになるためには、システムや開発環境に関する知識、コミュニケーション力、リーダーシップ、プロジェクト管理力、問題解決能力等のスキルが必要です。

Q. プロジェクトマネージャーとして活動するにあたって、どのような資格を取得した方が良いですか?

プロジェクトマネージャー試験(PM)、P2M資格試験等の資格を取得すると良いでしょう。

Q. プロジェクトマネージャーの役割について教えてください

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの推進と管理、メンバーの選定と担当業務の指示等の役割を担います。

Q. プロジェクトマネージャーに向いている人の特徴は何ですか?

プロジェクトマネージャーに向いている人には責任感が強い、問題解決能力がある、人とのコミュニケーションが得意、客観的・論理的思考ができる、専門的な知識が豊富等の特徴があります。

Q. プロジェクトマネージャーの年収が高めに設定されている理由は何ですか?

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者として、システム開発に関する多種多様なスキルが求められ、仕事の責任の重さと人材市場での価値が高く、それが年収が高めに設定される主な理由です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を
提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら