あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

求められるスキルや役立つ資格もチェック
プロジェクトマネージャー(PM)の役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

プロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクトにおける総責任者です。進捗管理や予算管理、モチベーション管理など作業は多岐にわたります。リーダーシップや決断力がある方が向いているポジションです。

プロジェクトマネージャー案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プロジェクトマネージャーの役割
プロジェクトマネージャーに求められるスキル
プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの計画・実行において総合的な責任を担う人物を指します。

開発プロジェクトなどの計画を立案し、必要な要因・資材を確保。そして計画した予算・納期・品質などを達成させるべく管理・運営するのが使命です。

開発プロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーの作業の流れは、以下の通りです。

①打ち合わせ

クライアント等と打ち合わせをし開発の目的を明確にします。そして開発における優先順位や予算、納期を確認し調整を行います。

②計画

開発プロジェクトの大きな流れを計画します。

プロジェクトマネージャーはまず、それぞれのフェーズの期間を割り当てを行います。そして開発のプロセスから工数を算出。必要な備品や人員を決定し計画書を作成します。

計画書をもとにクライントと納期・予算・内容などの打ち合わせを行い、計画を最終決定します。

③体制の構築

計画書をもとに開発体制を構築します。実際に作業を行うプログラマの人員配置をはじめ、資材の調達、スポンサーや外部のパートナー企業との連携などを行います。

④プロジェクト管理

実際にプロジェクトが開始したら、さまざまな管理を行います。費用のコントロールや、プログラマへの技術的な指導、リスク管理、そして進捗管理などが主な作業です。

予期せぬ進行停滞要因を予測し、いかに先回りして排除しておくかがプロジェクト成功への鍵です。

⑤評価・レビュー

開発作業が完了したら、検討・検査・評価を行います。


このようにプロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの進捗管理だけでなく、各方面への交渉やメンバーのモチベーション管理、予算管理など、多岐にわたる作業を行うポジションなのです。

関連記事:プロジェクトマネージャーとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

プロジェクトマネージャー案件を提案してもらう

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは、決断力やリーダーシップがある人が向いています。

プロジェクトマネージャーの作業は、各開発フェーズの進捗管理、予算管理、そしてクライアントとの交渉など多岐にわたり、その作業のほとんどが管理作業です。メンバーを引っ張って1つの目標に向けて突き進むリーダーシップや不測の事態での決断力が必要となってきます。

また具体的に以下に述べている3つのスキルを持っている人が向いていると言えるでしょう。

対人関係能力

対人関係能力の中で最も大切なのは、コミュニケーション力です。クライアントのニーズのヒアリングや納期・予算の交渉、プレゼンテーション、プログラマやSEへの説明など、プロジェクトマネージャーの作業を円滑に進めるために必要となるスキルです。

状況把握能力

相手の考えや周辺の状況を冷静に捉え、本質を掴むことができるスキルです。クライアントとの会話で本質を掴むことが、よりよい開発への第一歩といえます。また抽象的な意見やアイデアから、具体的な商品を構築するスキルも必要です。

専門知識

IT業界やプログラミング言語、開発環境、作業を行う上で必要となるソフトウェアや機器に関する知識が必要です。プログラマやSEをマネジメントする際、フォローや指導を行う場合もあります。

IT業界である程度経験を積んで、さまざまな事態にも柔軟に対応できるようになれば、プロジェクトマネージャーとして参画することが可能でしょう。

人・モノ・金をコントロールするプロジェクトマネージャーは、プロジェクトの総責任者。ひとつひとつの作業が責任重大ですが、プロジェクトが成功した時の達成感はその分とても大きいです。自身の采配により自身やチームメンバーの成長を感じることができる、やりがいあるポジションです。

関連記事:プロジェクトマネージャーのスキルについて

プロジェクトマネージャーになるには

プロジェクトマネージャーになるには、プログラマとしてIT業界に参画し、SE、プロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャーになるパターンが一般的です。プロジェクトマネージャーは、プログラマやSE、PLに指示を出し円滑な運営を行うポジションなので、各職種の経験がある又は知識があるということが条件になります。

そのため未経験からいきなりプロジェクトマネージャーとして参画するのは厳しいのが現状です。またプロジェクトマネージャーを目指す上でひとつ注意したいのは、プロジェクトマネージャーとは役割の名前であって職種名ではないということです。

プログラマやSEは職種名ですが、プロジェクトマネージャーは各プロジェクトごとに存在している最高責任者のことを指しています。

プロジェクトマネージャーになるために必要なのは、プロジェクトにおけるプログラマやSEなどの幅広い経験です。資格よりも経験が重視されており、必須資格などはありません。しかし資格を技術のアピールために活用することは可能です。

ではプロジェクトマネージャーを目指す際に役立つ資格には何があるでしょうか。

・基本情報技術者試験
・ITストラテジスト試験
・プロジェクトマネージャー試験
・PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

特にプロジェクトマネージャー試験とPMPはプロジェクトマネージャーに特化した試験なのでおすすめです。難易度の高い資格なので、プロジェクトマネージャーの考え方やマネジメント方法などを勉強をする手段として活用するのもいいでしょう。

関連記事:プロジェクトマネージャー(PM)の資格について

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧
プロジェクトマネージャー(PM)の正社員求人一覧

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プロジェクトマネージャー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプロジェクトマネージャー(PM)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.