フリーランスはクレジットカードの発行が難しい?審査を通りやすくするには

フリーランスは、会社員と比較してクレジットカードの審査に通りづらいといわれることがあります。この記事では、フリーランスがクレジットカードを発行しづらい理由や、発行するためのポイントを解説します。また、フリーランスが事業用のクレジットカードを持つメリットについても触れているので、参考にしてください。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

フリーランスのカード審査
カード審査通過の対策
クレジットカード発行のポイント
フリーランスがクレジットカードを発行するメリット

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスのカード審査

左手で携帯電話を持ち、右手でコインが載ったミニチュアショッピングカート触れている人の前に、クレジットカードが置かれている画像

フリーランスがクレジットカードの審査に通りづらいといわれる最大の理由は、収入が不安点なことです。対して、会社員なら毎月安定した収入が見込めるため、フリーランスより審査の通過率は高くなるでしょう。しかし、フリーランスの人がクレジットカードを発行できないわけではありません。フリーランスでも、審査に通過してカードを発行することは可能です。

クレジットカードの審査通過には、安定した収入により返済能力があることを証明することが求められます。よって、フリーランスとして独立したばかりのタイミングでは実績が少なく、信用を得にくいでしょう。しかし、実績があり安定した収入があることを確定申告書などで証明できるようになれば、クレジットカードの発行は決して難しくはありません。

自分に合う案件を提案してもらう

カード審査通過の対策

クレジットカードを持ちながら、ガッツポーズをして喜んでいる女性の画像

実際にクレジットカードの審査に通るためのコツを紹介します。なお、クレジットカードの発行には申込者の信用情報が欠かせません。クレジットカードやローンの審査に落ちたことや、支払いを滞納していた過去があると、審査はより厳しくなるので注意しましょう。

キャッシング枠をゼロで申し込む

クレジットカードは、店頭やインターネットでの買い物の際の代金をあと払いにする「ショッピング枠」と、現金の借り入れに使える「キャッシング枠」があります。カード発行元の金融機関にとって、収入が不安定なフリーランスにキャッシングを利用されることは、貸し倒れのリスクが高く、審査通過を危惧されかねません。借り入れの予定がなければ、キャッシング利用枠を0円にして申請することで、金融機関側からの懸念要素を減らせるので、得策といえます。

カードの申込みを1社に絞る

クレジットカードを発行したいからといって、短期間で複数社のカードに申し込むことは推奨できません。クレジットカードの申込情報は各社で共有されているので、短期間で多くのカードに申し込むと、不正利用や返済能力の低さを疑われ、審査通過の障壁になってしまいます。

事業情報を明示する

クレジットカードの審査通過には、金融機関からの信用が重要です。フリーランスであっても、事務所やオフィスの住所、電話番号、WebサイトのURL、事業内容といった情報を明記することで信頼度を上げられます。

また、開業届を提出して屋号を持っている場合は、屋号も記入するといいでしょう。フリーランスとして活動していることの証明となり、信頼アップに役立ちます。

関連記事 : フリーランスが賃貸契約を結ぶ際に注意すべきこと

クレジットカード発行のポイント

右手にクレジットカード、左手にノートパソコンを持っている男性の画像

クレジットカードはさまざまな金融機関が発行しており、カードによって審査条件や利用のメリットが異なります。ここでは、フリーランスがクレジットカードを発行するときに確認しておきたいポイントを紹介します。

審査の難易度を事前にチェックする

クレジットカードの加入条件は公表されておらず、審査に落ちたとしてもその理由は通知されません。カード会社や国際ブランド、発行元によっても審査基準は異なるため、事前に口コミや経験談をチェックして、審査の難易度を確認しておきましょう。

一般的に、商業施設やインターネットショップサイトと連携した流通系クレジットカードのほうが、銀行が発行するクレジットカードより審査に通りやすいといわれています。また、同じ会社のカードでも、ブラックカードやゴールドカードより、一般カードのほうが審査通過率が高いといった傾向もあるので、参考にしてください。

利用用途や目的を決める

国内で発行されているクレジットカードは、1,000種類を超えるともいわれています。その中から、自分に合ったカードを見つけるのは一苦労です。

カードによって、入会に必要な書類の種類や利用特典が異なります。費用をかけたくなければ入会費・年会費無料のカード、出張が多い人なら交通機関の利用メリットがあるカード、海外に行くことが多いなら海外旅行保険を付帯しているカードなどを選ぶと良いでしょう。クレジットカードを使う目的を明確にしておくことで、自分にあったカードが選べます。入会キャンペーンによって特典が変わる場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。

フリーランスがクレジットカードを発行するメリット

フリーランスの場合、個人利用のクレジットカードだけでなく、事業用のクレジットカードも発行し、使い分けることが可能です。年会費のかかるビジネスカードでなくても、個人向けのカードを事業用とプライベート用で分けると良いでしょう。

事業用のカードを持つメリットは、経費管理が楽になることです。事業に必要な経費をすべて同じカードで決済すれば、それぞれの領収書を確認しなくても、カードの明細で経費を把握できます。経費の把握が楽になれば、確定申告も楽に行えるでしょう。クレジットカードとあわせて、専用の銀行口座を作っておくと、財政状況や会計管理がよりスムーズです。

ビジネスカードは、限度額が高く事業用に用いりやすい反面、支払いは一括払いのみ、一般カードよりもポイント還元率が低いというデメリットもあります。また、プライベート用と事業用を分けることで、ポイントがまとめられず、どちらも貯まりにくいことがデメリットに感じる場合もあるでしょう。事業規模や利用額に応じて、適切なクレジットカードを選びましょう。


※本記事は2021年06月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。