あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスとして開業する時の書類の注意点を解説
フリーランスの職業名の書き方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして働く人の場合、書類の職業欄には「フリーランス」あるいは「自由業」と記載します。ただし「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)の職業欄には職種を記入する必要があるので、システムエンジニアやプログラマー、Webエンジニアなどと書いてください。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスの職業名の書き方
開業届の職種の注意点

フリーランスの職業名の書き方

開業届の職種の注意点まず職業とは、辞書によると生計を立てるために行う日常的な仕事のことを指すとされています。その仕事には会社員や公務員、自営業、アルバイトといったものが挙げられます。

そのため、フリーランスが書く書類に職業欄がある場合はフリーランス、もしくは自由業と記入するといいでしょう。近年ではフリーランスの増加に伴い、選択式の職業欄にはあらかじめフリーランスが追加されている場合もあります。

しかし、「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)の職業欄を記入する場合は、職業ではなく職種を記載することになります。職種とは、辞書によると職業や職務の種類とされています。職種の例として、システムエンジニアやプログラマー、Webエンジニアなどが挙げられます。

記入する職種に迷った際は、「日本標準職業分類」を参考にしてみるのもいいかもしれません。

必ずしもこの「日本標準職業分類」に則った職種を記載しなければならないというわけではなく、できるだけ迷うことなく書類を仕上げたい場合に、上記の中から適切なものを選んで記入するという方法があります。また、もし1つに留まらず複数の職種を考えているのであれば、メインとなる職種を記載しておくといいようです。

関連記事:フリーランスの職業欄の書き方は?

開業届の職種の注意点

「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)職業欄を記載するにあたって、注意しておきたいことがあります。それは各都道府県によって異なりますが、事業所得が290万を超える場合、職種によっては個人事業税がかかってくるということです。

個人事業税は、3%から5%となっています。自分の職種に個人事業税がかかるかどうか、後々慌てずに済むようしっかりと把握しておきましょう。

関連記事:フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

自分に合う案件を提案してもらう

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.