単価アップのポイントもご紹介
フリーランスの単価の決め方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの方が単価を決める際は、自分の能力と照らし合わせて、納品までにかかる時間を考慮することが大切です。クライアントの立場に立ちつつ、モチベーション・生活を維持できる金額とのバランスをとるようにしてください。

高単価案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

0. 目次

1. フリーランスの単価の決め方
2. 単価アップのポイント

1. フリーランスの単価の決め方

単価を決める際は、「自分のスキルで納品までにどれくらいの時間を要するか」を考慮することが大切。クライアントが提示する単価が高くて魅力的に思える案件でも、自分の能力と照らし合わせて作業時間を考えると、割に合わないことがあるかもしれないからです。

適正な単価を考えるためには、自分のスキルを正しく認識することや、案件のタイプ別に所要時間の目安を把握しておくことが必要です。

なお、自分から単価を提示する場合に注意したいのが、発注者の立場に立って考えるということ。

もちろん、単価が低すぎると自分が経済的に苦しくなるほか、クライアントから「自信がないのでは?」と思われるおそれがあります。一方で、あまりに高い単価だとその分クライアントからの期待が大きくなり、強いプレッシャーを感じることもあるということを覚えておきましょう。

「自分がクライアントだったらこの金額で発注したいと思うか」という視点で考えつつ、生活・モチベーションを維持できる金額とのバランスをとるようにしてください。

高単価案件を提案してもらう

2. 単価アップのポイント

まずは日々の業務を着実にこなし、実績を積むことが大切。貢献度を高めるためには、与えられた業務を単にこなすのではなく、課題意識を持って実務に携わることが必要です。

そのほかクライアントの意見に耳を傾けてニーズを的確に把握することや、求められている以上の成果を出すつもりでベストを尽くすことも重要。業務の質を高めるだけでなく、誠実な態度を心がけることも信頼を得るために重要となるでしょう。

単価アップを目指す際は、自分のスキル・強みを把握し、市場価値を知っておくことが大切。その上で、自分の貢献度の高さを言語化できるようにしましょう。業務をこなしつつ自主的に勉強し、日々スキルアップを図ることも心がけてください。

単価交渉のタイミングですが、例として契約更新時が挙げられます。契約を更新してもらえるということは、クライアントは今後の活躍に期待している、自分を高く評価していると考えられるからです。

もちろん企業側には予算などの事情があるので、それを踏まえて交渉することが大切。自分本位の単価交渉にならないように注意しましょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

高単価案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?