フリーランスから転職して正社員になる場合の注意点

フリーランスとして独立して働いてきた方の中には、正社員への転職を考える人もいるでしょう。
本記事では、フリーランスから正社員へ転職するべきかお悩みのエンジニアの方向けに、正社員になる方法や求職活動を行う際の注意点をご紹介しています。フリーランスを続けるメリット・デメリットについても解説していきます。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスから正社員へ転職できる?
フリーランスを続けるメリット・デメリット
フリーランスから正社員に転職する際の注意点

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスから正社員へ転職できる?

結論から述べると、フリーランスから正社員に転職することは不可能ではありません。保有スキルや経験によって実現ハードルは異なりますが、視野を広げて求人を探せば、難しくはないでしょう。
フリーランスの方が正社員へ戻りたいと考える理由や、正社員として再就職する方法について、代表的な例を紹介します。

フリーランスから正社員に転職したいと考える理由

フリーランスから正社員への転向を考える理由は人によって異なります。主だった理由として以下のものがあります。

  • 収入が不安定になるのを解消したい
  • 今と違う環境で技術力を磨きたい
  • 直接コミュニケーションを取りながら案件に関わりたい
  • 別の分野にチャレンジしたい

フリーランスの方が正社員への転向を考える場合、フリーランスとしての働き方や状況に不満を感じている傾向があるようです。正社員は、「収入が安定しやすい」「社会的信用が高い」「教育や評価制度が整備されている場合が多い」というイメージがあります。フリーランスとして何らかの不安や不満を抱く中で、正社員になれば状況を改善できると考える人は少なからずいるようです。

フリーランスが正社員に転職する方法

フリーランスから正社員に転職する方法は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、クライアント先企業やセミナーで知り合った人などから正社員のオファーを受ける方法です。この場合、フリーランスとして携わってきた業務を続けられるケースが多いため、スムーズに正社員に転向できるでしょう。

2つ目は、転職支援のWebサイトや転職エージェントなどを利用して転職活動を行う方法です。自分で求人を探したい場合は転職サイトを、転職のプロからアドバイスや求人紹介を受けたい場合は民間の転職エージェントを利用すると良いでしょう。働きたい業界・職種が決まっているなら、自分の経験やスキルに特化したエージェントを選ぶと、効率的に求人を探せると考えられます。

関連記事:フリーランスから正社員に戻ることは可能か?

フリーランスになれるか相談する

フリーランスを続けるメリット・デメリット

正社員への転職を迷っているなら、フリーランスを続けるメリット・デメリットを見直してみることが大切です。ここでは、フリーランスのメリット・デメリットについて解説していきます。

フリーランスを続けるメリット

フリーランスの働き方には、正社員にはないメリットも多いため、人によってはフリーランスを続けたほうが良い場合もあります。フリーランスを続ける主なメリットは、以下の3つです。

在宅型なら作業場所や時間を自由に選べる

フリーランスには、クライアント先に常駐して作業する常駐型と在宅で作業する在宅型があり、在宅型フリーランスは作業場所や稼働時間を自由に選択しやすいのがメリットです。
スキルや経験が豊富なフリーランスエンジニアなら、効率的に業務を進めて作業時間を短縮することも可能でしょう。「家族と一緒にいる時間を増やしたい」「通勤せず田舎に住みながら働きたい」といった理由で、在宅型を選択するフリーランスのITエンジニアの方も実際にいるようです。プライベートとの両立を図りたい人は、在宅型フリーランスの働き方が適しているといえます。

作業内容を自由に選択できる

フリーランスは、自分のスキル・経験やキャリアプランに合わせて案件を選べるのが特徴です。正社員の場合、企業が人材配置を決定するため、自分の希望とは異なる部署に配属される可能性があります。
その点、フリーランスは自分の得意分野を活かせるものの中から携わる案件を決定することができます。そのため、得意分野を活かし、やりがいを感じやすいと考えられます。

参画する案件次第で収入アップが目指せる

フリーランスは案件ごとに報酬が異なり、参画するプロジェクトによっては高収入を得られる働き方です。正社員も勤続年数やスキルアップに応じて収入が増える場合がありますが、インセンティブや臨時の手当がない限りは、月単位での大幅な収入アップは難しいといえます。
フリーランスの場合は、報酬の高い案件に参画すれば、短期間での収入アップを目指せるたり、案件によっては、クライアント先に報酬額を交渉できる場合もあるようです。

関連記事:フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスを続けるデメリット

フリーランスから正社員への転職を検討している方は、以下のようなデメリットを懸念している場合が多いようです。

収入が不安定になりやすい

フリーランスはプロジェクト単位でクライアント先と契約することが多いため、正社員のように長期的に安定して働けるとは限りません。プロジェクトが終わった時点で次の案件が決まっていなければ、報酬を得られない期間が出てくる可能性もあります。収入に波があっても、慌てずに気持ちを切り替えて次の案件を探すことが大切です。

正社員よりも社会的信用度が低い

フリーランスは、案件の有無などによって収入が変化するため、正社員と比べると社会的信用度が低いとされることもあります。社会的信用度が高ければ住宅ローンやカードの申請が通りやすいため、この点を懸念するフリーランスの方は多いようです。
フリーランスの方が社会的信用を高める対策の一つとして、確定申告書の控えや税金関係の公的書類(課税証明書・所得証明書・納税証明書)を用意し、収入額を証明する方法があります。フリーランスだと住宅ローンやカードの申請が通らないというわけではありませんが、心配な方は収入の証明書類を用意しておくと良いでしょう。

営業を自ら行う必要がある

フリーランスが案件を獲得するためには、基本的には営業活動が必要です。契約中の案件が終了する前に営業活動を行い次の案件を獲得しなければ、報酬を得られない期間が発生してしまいます。
営業活動が苦手という場合は、フリーランス向けのエージェントを活用する方法を選ぶことも選択肢の1つです。エージェントでは、スキルや希望にマッチした案件を提案してもらえるため、営業する時間を確保できない、営業がうまくいかないという人も、案件を獲得しやすくなります。営業活動が苦手な方は、フリーランス向けのサービスを活用すると良いでしょう。

関連記事:フリーエンジニアがエージェントを利用するメリットや登録してからの流れ

フリーランスから正社員に転職する際の注意点

フリーランスが正社員を目指す際に注意したいポイントは、主に3つあります。

協調性を不安視される可能性がある

フリーランスエンジニアによっては、チームで業務に携わった経験が少ない場合もあります。組織でのプロジェクト参画経験が少ない場合、採用担当者は協調性がどの程度あるのかを不安視する可能性があります。採用担当者の懸念を払拭するには、クライアントと連携して業務を進めた経験を伝え、「円滑にコミュニケーションできること」をアピールしましょう。面接で採用担当者の質問に耳を傾け、経歴やスキルを端的に答えることによっても協調性をアピールできると考えられます。

収入ダウンの可能性がある

フリーランスとして高い報酬を得ていた人は、正社員に戻った場合に収入が減る可能性があります。転職を検討する際は、フリーランスで得ていた報酬と正社員として働く場合の給与にどれくらいの差が生じるかを、事前に明らかにしておくと良いでしょう。収入面に折り合いをつけられるかどうかが、フリーランス継続か正社員転向かを決める1つのポイントとなります。

転職理由を深堀りされる

「なぜ正社員として働きたいのか」「その目的はフリーランスだと実現できないのか」を事前に考え、転職理由を質問された際に明確に答えられるよう準備しておきましょう。正社員への転職理由が曖昧だと、「正社員になってもすぐに退職するのでは」と採用担当者に思われる可能性があります。転職理由は、「〇〇ができなかったから」といった表現ではなく、「〇〇のノウハウを活かし、□□したいため」と前向きな言葉で伝えると良いでしょう。

関連記事:フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。