オンラインカウンセリング実施中

保険証の郵送での返却・添え状

保険証は郵送で返却することができますが、その際いくつか注意点があります。返却までの期日や添え状の書き方、被保険者資格喪失後の保険制度についても併せて確認していきましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

保険証郵送時の注意点
添え状の書き方
保険証を郵送で返却する方法
退職後の健康保険

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

保険証郵送時の注意点

退職の際に返却が必要な健康保険証を郵送するまでに、注意するべきポイントを解説します。

返却は退職から5日以内

退職日に直接返却することが理想的ですが、郵送する場合は退職から5日以内に返却しましょう。退職日の翌日から保険証の使用はできなくなります。

退職日の翌日以降は、資格のなくなった保険証を使用しない。

退職日の翌日以降から、前職の保険証は資格を喪失します。資格喪失後の保険証を誤って使用した場合は後日、控除された医療費の返還請求が送付されるので注意が必要です。手元にあると誤って使用してしまう可能性もあるので、速やかに事業所の担当者へ返却するようにしましょう。

郵送方法

郵送する際は事業主に連絡を取り、郵送先の住所や担当部署、担当者名などを確認しましょう。普通郵便では紛失や破損などの危険性がゼロではないため、配達までの過程が確認できる一般書留や、引受と配達のみが記録される簡易書留などを利用して送付するのがよいでしょう。

関連記事 : 退職したらやること

自分に合う案件を提案してもらう

添え状の書き方

健康保険証を郵送で返却する際に同封する、添え状の書き方を解説します。書類送付状や送り状とも呼ばれる添え状は、ビジネス関連で送付する場合、パソコンを使用した横書きが一般的です。書面の左上部に会社名、部署名、担当者名などを記載し、右上部に日付と差出人の住所、氏名を書きます。

宛名を書く際の注意点

郵送で返却する際は、事前に送付先の確認が必要です。担当部署名が分かっている場合は、部署名の後に「御中」を付け、担当者名まで分かれば担当者名の後に「様」を付けます。担当者名がある場合は、会社名や部署名の後に「御中」は付けません。また、はっきりと名前が分からない時は、「○○部長」「○○ご担当者様」などの記載も良いでしょう。

添え状の内容は主に、自分の名前、返却するもの(この場合保険証)、返却理由(退職のため、など)、締めの挨拶、の4つです。

関連記事 : 会社を退職する際にやることまとめ

保険証を郵送で返却する方法

健康保険に加入していた会社を退職した場合に保険証を郵送で返却する方法を、以下の4つの手順に分けて説明します。
 

  • 保険証の失効日を確認する
  • 添え状を作成する
  • 封筒に宛名を書く
  • 簡易書留か一般書留で送る

保険証の失効日を確認する

保険証は通常、退職日の翌日から失効となります。有給休暇の消化期間などがあり、最終出勤日と実際に退職する日が異なる場合は、退職日がいつになるのかしっかりと確認しておきましょう。また、事業主は原則として従業員が退職した翌日から5日以内に健康保険組合に資格喪失届を提出し、保険証を返却する必要があります。保険証が失効したらすみやかに郵送できるように準備しましょう。

添え状を作成する

保険証を郵送で返却するにあたっては、添え状を一緒に封入すると丁寧です。まず送り先の会社名と部署名、分かれば担当者名を記入し、次に日付や自分の住所、氏名などを書きます。文中には保険証を返却する旨のほか、在籍していた部署や退職日を書いておくと親切です。あまりかしこまった文面にする必要はありませんが、最後に一言挨拶文を入れると良いでしょう。

封筒に宛名を書く

封筒は表面の右上に送り先の郵便番号を書き、その下に送り先の住所、会社名を記入します。部署宛に送る場合は「御中」、担当者宛に送る場合は「様」を最後につけましょう。保険証には個人情報が記載されているので封筒に「保険証在中」と書くのは避け、受取人以外に開封されないよう、赤字で「親展」と書いておくと安心です。裏面には自分の住所・氏名を記入し、保険証と送り状を入れて封を閉じたら「〆」のマークを入れましょう。

簡易書留か一般書留で送る

保険証は身分証明書としても使える重要書類なので、封筒はポストに投函するのではなく、対面で受け渡しされる簡易書留か一般書留で送るのが無難といえます。一般書留を利用すると引き受けから配達までの送達過程が記録されますが、基本的には引き受け・配達のみが記録される簡易書留で送れば問題ないでしょう。

関連記事 : 見積書は信書に含まれる?フリーランスなら知っておくべき信書の定義

退職後の健康保険

退職後、フリーランスで仕事を始めた場合に加入できる健康保険制度は、「国民健康保険」「健康保険任意継続」「国民健康保険組合」の3つがあり、それぞれへの切り替え手続きが必要となります。 

国民健康保険

こちらの保険に加入する場合、お住まいの市町村にある国民健康保険係で手続きを行います。 
健康保険被保険者資格喪失日を証明する必要がある場合、年金事務所へ資格喪失証明書の発行を依頼することが可能です。前年の収入によって保険料が変化する特徴があります。 

会社の健康保険に任意継続

退職から2年間限定で加入できる制度。次の2つの条件を満たしている場合、被保険者の資格を継続できます。 
・退職日までに、2ヶ月以上継続した被保険者期間があること 
・退職日から20日以内に、現住所の協会けんぽ支部へ「任意継続被保険者資格取得申出書」を提出すること 

国民健康保険組合

フリーランスで活躍していく中で、職種に応じた団体に所属する場合、その団体の保険組合に加入できるケースがあります。たとえばクリエイターの場合、「文芸美術国民健康保険組合」などがあります。 

以上のように様々な保険制度があるので、保険料や条件を比較しながら最適な健康保険を選択しましょう。

関連記事 : フリーランスの健康保険などの切り替え


※本記事は平成30年12月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.