オンラインカウンセリング実施中

エンジニア・デザイナー・ライターの求人案件数、年収などを紹介

在宅ビジネスにおすすめの仕事|自宅で稼げるIT系案件の特徴・必要スキル

公開日:2020年10月15日

更新日:2020年10月15日

在宅ビジネスとして始めやすい仕事には、エンジニア、Webデザイナー、WebライターといったIT系職種が挙げられます。これらの職種では、作業するためのデバイスとインターネット環境があれば、すぐにスタートできる仕事も多いためです。

本記事では主にIT系の職種について、求人案件数や年収の目安、必要なスキル、どんな人におすすめかなどを解説していきます。

リモート案件について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

在宅ビジネスはIT系がおすすめ
在宅ビジネスにおすすめのIT系の仕事の種類
自分に合った在宅ビジネスを

在宅ビジネスはIT系がおすすめ

在宅ビジネスにはさまざまな種類がありますが、IT系の職種は在宅ビジネスに適していると言えるでしょう。もちろん、職種や業務内容によっては在宅で仕事をするのが難しい場合もありますが、インターネットがつながる環境であれば仕事場所を選ばないケースも多くあります。

在宅ビジネスがしやすい傾向にあるIT系の職種には、主に以下のようなものが挙げられます。

  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター

エンジニアはさまざまな職種に分類されることがあり、業務内容も多岐にわたりますが、基本的には環境を整えれば在宅ビジネスが可能な仕事が多いでしょう。Webデザイナーも、一般的には作業するためのデバイスとインターネット環境があれば在宅でも対応しやすい職種と言えます。Webライターは、クラウドソーシングで在宅案件の募集が行われていることも多くあります。

では、IT系以外の職種はどうでしょうか。たとえば、販売職や一部の営業職など、人と対面することが前提となっている仕事は、在宅ビジネスとして行うのは難しいでしょう。また、持ち運ぶことが不可能な機械などを扱う仕事も、在宅ビジネスには不向きと考えられます。

関連記事 : 在宅エンジニアの仕事とは|求人・案件の募集傾向や年収の目安は?

リモート案件について相談する

在宅ビジネスにおすすめのIT系の仕事の種類

在宅ビジネスに適していると言えるIT系の仕事には、以下のような種類があります。

  • モバイルエンジニア
  • 開発エンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター

上記以外にも在宅ビジネスが可能な職種はたくさんありますが、一例としてこれらの職種の仕事内容や、案件数、年収の目安などを紹介します。

モバイルエンジニア

モバイルエンジニアは、モバイルアプリケーションの企画、設計、開発、運用などを行います。総務省が発表した「平成28年版情報通信白書」では、世界におけるモバイルアプリのダウンロード数とモバイルゲームアプリの売上高は、2013年から2019年までの期間でいずれも2倍以上に伸びると分析されており、IT業界の中でも市場が拡大していると言える領域です。そのため、モバイルエンジニアは今後も高い需要が見込まれるでしょう。

参照 : 総務省「平成28年版情報通信白書

モバイルエンジニアの仕事内容は企業によって異なりますが、どのようなアプリを開発するかを決める企画・設計から、プログラミング、動作確認・デバッグまで、幅広いフェーズに関わる可能性があります。そのため、仕事によっては作業の難易度がそれほど高くないケースもあり、場合によってはエンジニア未経験からでも始めることは可能ですが、どんな案件にも対応できるモバイルエンジニアになるためには、ある程度の実務経験とスキルが必要です。

求人案件数と年収

モバイルエンジニアの求人案件は、業務内容によって「アプリケーションエンジニア」という職種名で募集が出されることもあります。

すべてがモバイルエンジニアの求人案件ではありませんが、2020年9月28日時点でレバテックフリーランスに掲載されているアプリケーションエンジニアの案件数は540件で、平均月額単価は約76万円です。これを12倍して年収換算すると、約912万円になります。

アプリケーションエンジニアの求人・案件一覧

前述のとおり、モバイルエンジニア=アプリケーションエンジニアではないこと、基本的に常駐案件を扱うレバテックフリーランスの案件単価をもとにした金額であること、年収から差し引かれる年金、保険料などを考慮しない金額であることなどを踏まえて、上記の年収はあくまでモバイルエンジニアの平均年収の目安と考えましょう。

必要なスキル

モバイルエンジニアとして在宅の求人案件に応募するためには、基本的にプログラミングスキルが必須です。開発チームの一員として活躍するためには、コミュニケーション能力や企画力、分析力もあるとなお良いでしょう。さまざまなスタッフと関わりながらアプリケーションの開発を進めていくことになるので、協調性や柔軟な思考力が求められるからです。そのほか、求人案件によってはアプリの開発経験を求められるケースもあります。応募する前に、自分のスキルが応募条件を満たしているかよく確認してください。

また、どのプログラミング言語を用いて開発した経験があるかが重要視されることも少なくありません。そのため、開発に必要なプログラミング言語の習得は重要です。モバイルエンジニアの求人案件で需要が高いプログラミング言語は、iOSならObject-C、Swiftなど、AndroidならKotlin、Javaなどが挙げられます。

こんな人におすすめ

モバイルエンジニアの仕事は、常に新しい情報をキャッチし、積極的に知識を得ようとする人に向いていると言えるでしょう。アプリの開発にはスピード感が求められ、常に新しい情報を取り入れていないとユーザーに支持されるアプリをつくることは難しいからです。また、リリースまでのスケジュールがタイトな場合もあるので、集中して物事に取り組める人も向いていると言えるでしょう。

モバイルエンジニアは在宅ビジネスとして副業で行うことも可能ですが、案件や業務内容によっては納期前にタイトなスケジュールになることもあります。そのような案件は、本業が定時で終わるなど、ある程度自分の時間を確保できる人に向いていると言えます。

開発エンジニア

開発エンジニアはWebサイトやアプリケーション、ゲームなどの開発に従事するエンジニアの総称で、仕事は多岐にわたります。たとえば、プログラマーやシステムエンジニア、Webエンジニアなどが挙げられます。

プログラマーは基本的に仕様書にしたがってプログラミングを行う職種で、システムエンジニアはシステムの要件定義・設計など、プログラマーよりも上流の開発工程を担当します。

Webエンジニアは、ユーザーから見える部分の開発を担当するフロントエンドエンジニアと、ユーザーからは見えない部分の開発を担当するバックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)に区分されることがあります。

求人案件数と年収

開発エンジニアの求人案件は、上記のように「プログラマー」「システムエンジニア」「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」といった職種の分類で募集されるのが一般的です。そのため、求人案件数や年収は、開発エンジニアの中でもどの職種に当てはまるのかによって変わってきます。

例として、2020年9月28日時点でレバテックフリーランスに掲載されているシステムエンジニアの案件を見てみると、案件数は2,837件で、平均月額単価は約73万円、平均月額単価を12倍して算出した平均年収は約876万円になります。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

こちらも在宅ビジネスに限ったデータではないため、あくまで目安の平均年収・案件数と考えましょう。

必要なスキル

開発エンジニアに求められるスキルは、職種や業務内容によって異なりますが、基本的にどのような作業においてもプログラミングに関する知識は必要です。また、開発エンジニアの求人案件では、実際に開発プロジェクトに携わった経験が求められることも多くあります。

そのほか、Java、PHP、JavaScript、Python、Rubyなど開発に用いるプログラミング言語やツールの知識、スキルも大切です。

こんな人におすすめ

開発工程では、職種によっては地道な作業の繰り返しになることもあります。そのため、コツコツと作業を積み上げることが得意な人は、開発エンジニアに適していると言えるかもしれません。また、プログラミングに精通している人や、経験が浅くてもプログラミングに関する学習意欲が高い人は、開発プロジェクトでスキルを活かせるでしょう。

開発エンジニアの求人案件は多種多様なので、自分の経験やスキル、働き方の希望などの条件と合致する求人案件も見つけやすいでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・運用・保守などを行う職種です。インフラエンジニアの中でネットワークに特化した業務を行うエンジニアとも言えます。

設計・構築のフェーズでは、必要な要件をまとめて機器の選定、接続の構成設計などを行い、ネットワークを構築します。ネットワークエンジニアは運用開始後に仕様変更やトラブルなどがあった際の対応を任せられることも多く、トラブルの原因を突き止めて解消し、ネットワークを維持することも重要な仕事のひとつです。上流から下流まですべての工程に関わる可能性があるため、ネットワークに関する幅広い知識が必要であり、エンジニアの中でも比較的専門性が高いと言える職種です。

ネットワークエンジニアの求人案件にはどんな業務を行うか詳しく記載されていることが多く、ネットワーク機器についての問い合わせ対応や障害の対応をメインとする場合もあれば、ネットワークの構築がメインの場合もあります。

求人案件数と年収

ネットワークエンジニアの求人案件は、ネットワークの設計から運用、恒常的な保守までを行うケースもあるため、長期間の参画が前提になっていることもあります。そうした求人案件を獲得できると、収入を安定させやすいでしょう。

こちらも参考までに、2020年9月28日時点でレバテックフリーランスに掲載されているネットワークエンジニアの案件を見てみると、案件数は411件で、平均月額単価は約63万円です。12倍して年収換算すると、約756万円となります。

ネットワークエンジニアの求人・案件一覧

必要なスキル

ネットワークエンジニアは、設計段階におけるヒアリングや、ネットワークに詳しくない人への状況説明など、コミュニケーションをとる機会も多いため、一定のコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

ネットワークエンジニアの求人案件では、実際の仕事内容によってネットワークの構築経験のみが求められるケースもあれば、設計から運用・保守までのすべての経験があることが応募条件になっているケースもあります。近年はクラウドサーバーを導入する企業も増えているため、AWS(Amazon Web Services)、GCP(Google Cloud Platform)などに関する知識があると、受注できる案件の幅が広がる可能性もあります。

また、ネットワークエンジニア向けの国家資格として「ネットワークスペシャリスト試験」があります。ネットワークスペシャリストの資格を取得しておくと、ネットワークシステムの企画・要件定義・設計・構築・運用・保守など、あらゆるフェーズにおいて高いスキルを持っていることが証明できます。2019年度の合格率は14.4%と、難易度は高めと言えますが、求人案件に応募するときにもアピールポイントになり得ます。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構「ネットワークスペシャリスト試験

こんな人におすすめ

ネットワークエンジニアは幅広い知識が要求される分、新たに知識を身につけていくことが楽しいという人には向いている職種です。

ただし、ネットワークエンジニアは、ネットワークに緊急性の高いトラブルが発生した場合、昼夜を問わず対応しなくてはいけないケースもあります。また、在宅ではセキュリティ管理の問題も発生するため、ほかのエンジニア職種と比べると、ネットワークエンジニアとして在宅ビジネスを行うのはややハードルが高いと言えるかもしれません。一方で在宅OKの求人案件も存在するので、ネットワークエンジニアとして一定の経験や知識、スキルを持っている人、仕事にやりがいを感じている人などは、在宅でできる求人案件を探してみると良いでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、ユーザーにとっての使いやすさや見やすさなどを考えながら、Webサイトのデザインを行う仕事です。

Webデザイナーの仕事内容はいわゆるWebデザインのほか、Webサイトの企画、コーディングなども行う場合があります。

在宅ビジネスとしてはバナー作成のみ、デザインカンプやワイヤーフレームの作成のみといった求人案件もあり、クラウドソーシングサイトなどでも探すことができるでしょう。

求人案件数と年収

Webデザイナーは常に一定の需要があることに加え、基本的には作業デバイスとインターネット環境があれば在宅で行うことも可能なため、案件数は比較的安定していると言えます。

2020年9月28日時点でレバテックフリーランスに掲載されているWebデザイン案件では、月額単価50万円前後のものが多く見受けられました。月額平均単価を50万円とすると、12倍した平均年収は600万円になります。

チームのマネジメント・ディレクションや、UI/UXデザインまで含むような求人案件では、単価が高くなる傾向にあります。

必要なスキル

Webデザイナーは、デザインに必要なPhotoshop、Illustrator、Sketchなどのソフトや、コーディングに必要なHTML、CSSなどの言語を使いこなせるスキルが求められます。

在宅ビジネスとしてWebデザインをするのであれば、自分のデザインスキルをアピールするためのポートフォリオを用意しておくと、案件獲得がスムーズになる可能性もあります。

こんな人におすすめ

Webデザイナーは、PhotoshopやIllustratorなどのツールを使って細かいデザイン作業をすることが好きな人に向いていると言えるでしょう。また、Webサイト制作の工程ではフェーズごとに納期が設けられていることも多いため、スケジュール管理能力があることも重要です。

Webサイトのデザインをするうえでは、要望を的確にデザインに落とし込むためのヒアリング力が大切なので、コミュニケーション能力が高い人にも向いているでしょう。さらに、Webサイトデザインにはトレンドがあり、移り変わりが早いので、新しい技術やサイトデザインの流行に常にアンテナを張ることも大切です。

受注する案件によりますが、Webデザインに関する知識があれば副業として在宅で仕事をすることも可能です。また、簡単な作業の案件の場合、Webデザイナーの経験がなくても一定の知識やスキルがあれば応募可能なケースもあるので、未経験から始めてみたいときは、まずそういった案件に応募して実績を積んでいくと良いでしょう。

Webライター

Webライターの仕事内容は、Web媒体に掲載される文章を作成することです。基本的にはテーマや文字数などの指示を受け、条件を満たす文章を書くことが求められます。文章を書くことが仕事の内容なので、Webライターになる難易度自体は高くありませんが、記述内容に関する専門性が求められたり、SEOの知識が必要であったりするケースもあります。

たとえば、特定のキーワードで検索結果の上位に来るページを作成したいという要望があれば、SEOを意識した文章の書き方が必要です。また、商品の紹介文を作成する案件の場合には、ターゲット層が商品を購入したいと思うような書き方が求められます。

求人案件数と年収

Webライターには安定した需要があり、クラウドソーシングサイトなどでは、Webライターの案件数は数千件~数万件あるケースもあります。

単価は案件の内容によって大きく変動するため、Webライターの平均年収を算出するのは難しいですが、書けるライターが少ないテーマの記事であったり、求められるクオリティが高かったり、取材や撮影なども含む案件であったりすると、単価が高くなり収入アップにつながる可能性があります。

また、高単価の案件を獲得する以外にも、Webライターとして安定した収入を得るためには、クライアントの信用を得て、継続して案件を受注するための努力が必要になるでしょう。

必要なスキル

Webライターに必要な資格などは特にありませんが、クライアントに求められていることを理解して文章を書くことが求められます。単純に文章力があればいいわけでなく、ターゲット層を理解し、要件に沿った文章を書く必要があります。

また、単価が高いWebライター案件では、実務経験の条件があったり、過去の制作物の提出を求められたりする場合もあります。そのため、Webメディア制作に携わった経験や、実際に執筆した記事がWebサイトに掲載された経験があれば、案件に応募する際に役立つでしょう。

こんな人におすすめ

Webライターの案件は納期が短いことも多いので、タイムマネジメントができる人に向いている仕事です。クライアントからの信頼を得られれば継続して案件を受注できる可能性もありますが、納期を守ることができないと信頼を失ってしまうので、きちんと時間管理を行えることは最低条件と言えるでしょう。

Webライターは、在宅ビジネスとしても始めやすい職種です。ひとつの案件に割く時間は他のIT系職種よりも短いことが多いため、副業でも比較的挑戦しやすいと言えるでしょう。

関連記事 : 在宅ワークのIT系職種

自分に合った在宅ビジネスを

在宅ビジネスに適しているIT系の職種には、上記で紹介した以外にもさまざまな種類があります。ネットワークエンジニアのようにまったくの未経験から在宅ビジネスとして始めるのはハードルが高い職種がある一方、Webライターのように副業でも在宅で始めやすい職種もあります。自分のスキルや経験に見合った在宅ビジネスを選んでチャレンジしてみましょう。

関連記事 : 在宅ワークと相性のいい職業

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.