オンラインカウンセリング実施中

在宅ワークの仕事の種類|パソコンやスマホがあればできるおすすめの仕事は?

新型コロナウイルス感染症の影響で、新しい生活様式が求められる昨今の情勢もあり、いつでもどこでも柔軟に働ける在宅ワークが脚光を浴びています。在宅ワークは通勤時間が不要であるうえ、子育てや介護中でも目の届く範囲で安心して働けるのが魅力です。内職に始まり、特別なスキルが必要となるエンジニアやデザイナー、翻訳業など、さまざまな職種があります。スマホやパソコンがあれば始めることができる在宅ワークの種類や特徴、時給などをご紹介します。

リモート案件について相談する

目次

在宅ワークの仕事の分類
在宅ワークの仕事の種類
在宅ワークならエンジニアがおすすめ?
在宅エンジニアの仕事の種類
エンジニアの在宅ワークに必要なスキル
エンジニアの在宅ワークに必要なもの
エンジニアの在宅ワークで高収入を目指そう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

在宅ワークの仕事の分類

在宅ワークは、政府によるリモートワーク・テレワークの推進もあって近年広がりを見せています。厚生労働省は「在宅就業者総合支援事業」として自営型テレワークの総合支援サイトも開設しています。

参照 : HOME WORKERS Web(ホームワーカーズウェブ)

在宅ワークの求人案件を仕事内容ごとに分けると、大きく以下のような種類に分類できます。

  • 比較的簡単な作業で稼ぐ仕事
  • 持っているスキルを生かせる仕事
  • 品物を販売する仕事

比較的簡単な作業で稼ぐ仕事

データ入力やアンケート、文章入力など、比較的簡単な作業で稼ぐ仕事には、特別なスキルや経験・資格は必要ありません。パソコンやスマホ1台あれば簡単に始められ、すき間時間を活用できるのがメリットですが、そのような仕事は単価が低い傾向にあるのがデメリットです。まとまったお金を稼ぐには根気が必要となります。

持っているスキルを生かせる仕事

翻訳やライター、プログラミングなど、持っているスキルを生かせる仕事は、経験と技術が必要とされる専門性の高い仕事です。特別な資格を持っていることが条件となることも多く、スキル習得には時間とお金がかかるのがデメリットですが、手に職をつけた専門家として活躍することができ、希少なスキルを活かせる仕事は一般的に単価が高めなので高収入を得やすいのがメリットと言えます。

品物を販売する仕事

商品を仕入れたり、自分で作った品物を販売したりする仕事としては、ネットショップを経営する方法があります。その場合、取り扱う商品、ハンドメイドのグッズの売り方や顧客の絞り込みなどといったマーケティング知識や戦略が必要となり、一定の手腕が求められますが、うまくいけば高収入を狙うこともできます。単に自分の好きな商品を売る、というだけでは安定した収入を得て長続きさせることは難しい仕事とも考えられます。

関連記事 : 在宅業務の種類

リモート案件について相談する

在宅ワークの仕事の種類

在宅ワークの仕事の種類には、主に以下のようなものがあります。

  • 内職・軽作業
  • データ入力
  • Webライター
  • 校正・校閲
  • エンジニア
  • シール貼り
  • ハンドメイド
  • ネットショップ経営
  • モニター・アンケート
  • アフィリエイト
  • 文字起こし
  • 翻訳

内職・軽作業

家庭内で行える仕事として昔から続いているのが内職です。ミシン縫製、アクセサリー制作、梱包や箱詰め、封入、検品、組み立て、宛名書きなどがあります。

「内職」や「軽作業」とネットで検索すると、大手求人サイトやクラウドソーシングサイトなどが掲載している多数の求人情報が見つかるでしょう。地元に密着した内職を希望する方はハローワークで探す方法もおすすめです。

内職の単価は低い傾向にあり、制作物1つ当たり1円に満たないものもあります。厚生労働省による令和元年度版の「家内労働のしおり」によると、家内労働者のうち内職を行う人の1時間あたりの平均工賃額は491円となっています。

参照 : 厚生労働省「家内労働のしおり」

データ入力

顧客情報、アンケート結果、名刺や伝票の入力などといったデータ入力をする仕事で、学生や主婦などが多く取り組んでいます。必要なスキルはパソコンでのタイピングができればよく、最近はスマホで入力可能な仕事も増えています。

クラウドソーシングサイトなどに登録するとすぐ仕事を始めることができます。案件数も豊富なため、仕事も見つけやすいでしょう。1文字0.1円~、1件50円~、など単価が低い求人案件も多いですが、パソコンでブラインドタッチができる人は効率よく入力できるため、数をこなして収入アップを目指すことも可能です。

Webライター

Webサイトなどに掲載する文章を書く仕事で、初心者でも気軽に始められることが多い人気の在宅ワークです。ファッション、芸能、ゲーム、アニメ、医療、税金、法律などジャンルも幅広く、一般的には文章を書く能力とネットでのリサーチ能力があればWebライターとして働くことができます。

クラウドソーシングサイトなどにはライティングの求人案件が多数掲載されており、登録してすぐ仕事ができるのも魅力です。文字単価は0.1~1円ほどから、中には3円以上の高単価な求人案件もあります。自分の書きやすいジャンルで書き始められますが、得意分野の知識を身につけると報酬アップが期待できます。

校正・校閲

一般的には誤植や誤字脱字といった文字の誤りを正す仕事が「校正」、表記揺れやファクトチェックも含めて内容の誤りを正したり、不足している内容を補ったりする仕事が「校閲」です。資格は必要ありませんが、ライター経験や校正・校閲のキャリアが求められる求人案件も多く、経験を積むことが大切になるでしょう。

未経験者はクラウドソーシングサイトに登録し、単価の安い案件から始めて実績を積みましょう。1ページ当たりの単価は校正・校閲をする原稿の内容や求められるレベルに応じて幅があります。校閲の仕事は文章のクオリティに関わるため、専門的な内容であれば税理士や弁護士、管理栄養士といった有資格者へ監修を依頼する求人案件も多いようです。

エンジニア

在宅ワークの中でも高収入を狙いやすい職種とされるのがITエンジニアです。プログラミングなどの専門的なスキルを活かすことができるエンジニアの需要は高く、年収も高くなる傾向にあります。一口にエンジニアと言っても、プログラマー、SE(システムエンジニア)、PM(プロジェクトマネージャー)など職種は多岐にわたり、クラウドソーシングサイトなどに登録されている求人案件も多種多様です。

フリーランスエンジニア向けのサイトも豊富にあり、クライアントと契約や交渉を代行してくれるエージェントサイトもありますが、エージェントが取り扱っているのはクライアントのオフィスで作業をする常駐型の案件が多い傾向があります。2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されている案件の平均月額単価はプログラマーが約71万円、システムエンジニアが約73万円となっており、12ヶ月分で年収換算するとそれぞれ約852万円、約876万円です。ただし、これは常駐型フリーランスエンジニアの案件を含めた平均金額であること、年収の中から納めるべき税金などがあることを考慮したうえで目安としてください。

プログラマー(PG)の求人・案件一覧
SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

シール貼り

主婦やシニアに人気のシール貼りも在宅ワークで受注できます。自分のスケジュールに合わせて仕事ができるのが一番の魅力で、子育て中や介護をしている方でも安心して自宅で働くことができるでしょう。

シール貼りの求人案件は3~4月の移動シーズン、お盆前後、年末のクリスマスシーズンなどに増える傾向があるようです。シール貼りの単価はあまり高いとは言えず、1枚あたり0.1~0.5円程度だとすると、200枚シールを貼って20~100円ほどの計算になります。

ハンドメイド

手作りアクセサリーやハーバリウム、革製小物といったハンドメイドグッズをネットショップで販売する仕事です。価格を自分で設定し、ハンドメイド販売アプリ、フリマアプリで販売しすることが可能です。

たとえば、月1万円を目標にスタートしても、最初から売れるとは限りません。インスタグラムやSNSでハンドメイド商品を紹介するなど、話題を集める工夫が大切になるでしょう。

ネットショップ経営

今やスマホひとつあれば個人でもネットショップを開業し、商品を販売することができる時代になりました。さまざまサービスの登場で、在宅でネットショップを運営し、商品を仕入れ、受注し、販売から梱包・出荷までをこなす人も増えています。

フリマアプリなどで不用品を販売することから始め、ある程度規模が大きくなってからインターネット通販サイトに出店したり、WordPressなどを利用してWebサイトを作って商品を販売したりするという方法をとって事業を拡大する人もいるようです。

モニター・アンケート

商品モニターは商品を使用した後、レビューを書く仕事で、アンケートは送られてくる質問に答えてお金を稼ぐ仕事です。Webアンケートサイトではスマホで簡単に答えることができるため、初心者でも始めやすい仕事と言えます。

モニターやアンケートには、基本的に特別なスキルは不要ですが、商品モニターは1件あたり100~200円、アンケートは1件当たり10〜100円程度やポイント制といった単価設定がされているケースもあり、まとまったお金を稼ぐには数をこなす必要があるでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやWebサイトに広告を掲載して、広告がクリックされたり、商品が購入されたりすることで報酬を得られる仕事です。アフィリエイトで一定の収入を得るには、記事を大量に書くなどしてアクセスを集める必要があり、報酬を得るためには時間がかかる傾向にあります。

収入はアクセス数のほか、広告やサービスの種類によっても違いますが、Googleが提供する「Google AdSense」の公式Webサイトから計算可能な見込み収益額を目安として見てみると、サイト訪問者の地域が「アジア太平洋地域の国」でコンテンツのカテゴリが「インターネット、通信」の場合、月間ページビュー数が50,000件であれば、2020年10月時点で年間7,128ドル(同時点の日本円に換算すると約75万円)が見込める収益額となっています。

参照 : Google AdSense

文字起こし

文字起こしは、音源を聞きながら声を文章に起こす仕事で、インタビュー音源、講演会やセミナーの音源など聞きながら作業を行います。

作業スピードを上げるには慣れが必要ですが、特別なスキルは不要で、初心者でも簡単に始めることができます。クラウドソーシングサイトなどに登録し、まずは単価の安い案件から実績を積みましょう。

翻訳

翻訳は語学スキルが必要なため、一般的なライティングに関する求人案件の中では高単価を得やすい仕事と言えます。会社員時代に語学力を活かした仕事をしていた主婦の方や、フリーランスで活躍する翻訳家などが在宅ワークで翻訳業をするケースもあります。

クラウドソーシングサイトなどには英語や中国語などを中心に翻訳の求人案件が掲載されているため、まずは自分の使用言語、レベルに応じた単価相場を調べてみましょう。

関連記事 : 在宅でできる仕事の種類と注意点

在宅ワークならエンジニアがおすすめ?

ITエンジニアの中には、会社員エンジニアとして培ったキャリアや人脈をもとにフリーランスとなり、会社員時代よりも多くの収入を得ている人も少なくありません。

在宅エンジニアになると、通勤時間が不要になるため、仕事にあてる時間を増やすことも可能です。好きな時間、好きな場所で働くことができ、人間関係のストレスからも解放されるため、効率的に集中して仕事に取り組みやすくなるでしょう。

ただし、フリーランスエージェントが取り扱っている案件は従来常駐型が中心であり、テレワーク・リモートワークが普及した昨今においても、在宅ワークができない案件は多く見受けられます。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が発行する「フリーランス白書2019」によると、「IT・エンジニア系」のフリーランスの年収は400万円~600万円未満が全体の22.2%、600万円~800万円未満が18.7%、800万円~1,000万円未満が11.6%、1,000万円以上が10.6%となっており、他の職種のデータと比べても平均年収は高い傾向にあります。

参照 : 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」

エンジニアはITの普及により今後さらに需要が高まることが見込まれている職種であり、在宅ワークとしてもおすすめの職種のひとつと言えます。

関連記事 : 在宅ビジネスにおすすめの仕事|自宅で稼げるIT系案件の特徴・必要スキル

在宅エンジニアの仕事の種類

在宅でできるエンジニアの仕事の種類としては、以下のようなものがあります。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • データベースエンジニア
  • Webディレクター
  • Webデザイナー

フロントエンドエンジニア

Webサイトやアプリケーションなどにおいて、ユーザーが直接触る部分、つまりフロントエンドの設計や構築を行うエンジニアをフロントエンドエンジニアと言います。

主な仕事内容としては、HTML、CSS、JavaScript(jQuery・AngularJS・Vue.js・Reactなどのライブラリ、フレームワーク)などを使った設計や実装、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)構築やカスタマイズなどが挙げられるでしょう。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアとは、一般的にWebサイトなどのユーザーの目につかない側(バックエンド)を担当するエンジニアの総称です。

サーバーやデータベースの構築などを行い、たとえばECサイトの場合、顧客情報の処理、クレジットカード決済の処理といった、ユーザーから見えない部分の開発を行います。

関連記事 : バックエンドエンジニアの仕事内容

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの構築や保守・運用などを行うエンジニアです。近年はビッグデータの活用が注目されていることもあり、将来的な需要にも期待ができる職種のひとつです。

データベースエンジニアとして活躍していくには、Oracle Database、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQLといったRDBMSのほか、NoSQLの知識もあると望ましいでしょう。

関連記事 : データベースエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

Webディレクター

Webディレクターは、厳密にはエンジニアの職種としては扱わないケースもありますが、エンジニアのキャリアパスに含まれることも多い職種です。WebエンジニアやWebデザイナーなどWeb制作に携わる職種をまとめ、マネジメント・進捗管理などを行う責任者と言えます。

さまざまなスタッフをまとめるマネジメント能力、コミュニケーション能力が必要となる職種であり、エンジニアとしての技術も仕事に役立てられます。

関連記事 : フリーランスで働く人も!Webディレクターの仕事内容やスキルを解説

Webデザイナー

Webデザイナーは、PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトを使い、Webサイトのデザインを行います。Webデザイナーも厳密にはエンジニアではありませんが、エンジニアと協働する職種であり、HTMLやCSSなどの言語を使用してコーディングも行う仕事です。

Webサイトは企業や団体の窓口的役割も果たすもので、Webデザインの良し悪しは、集客やイメージづくりに大きな影響を及ぼすこともあるため、重要な役割だと言えます。

関連記事 : 在宅Webデザイナー向け求人・案件|収入や仕事内容、デザインスキル習得方法を紹介

エンジニアの在宅ワークに必要なスキル

在宅エンジニアは、職種によって必要なスキルが異なります。たとえばWebエンジニアでも、フロントエンドエンジニアならHTML・CSSやJavaScriptなどの言語、バックエンドエンジニアならJava、C++、PHP、Ruby、Python、Perlといった言語がよく用いられます。

共通して求められるスキルとしては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • セルフマネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル

セルフマネジメントスキル

在宅ワークは、オフィスと比べて他人の目が届きにくい環境で仕事をすることになります。時間管理や進捗管理などを自分自身で行いながら作業を進められるエンジニアでないと、在宅ワークに適応して成果を出すのは難しくなる可能性があります。

コミュニケーションスキル

在宅ワークとはいえ、オンラインミーティングに参加したり、ビジネスチャットツールを使ったりして他のエンジニアとしてやり取りをしないと進められないプロジェクトもあります。対面でない環境だからこそ、エンジニアには適切にコミュニケーションをとるスキルが求められるでしょう。

関連記事 : リモートワークのエンジニアの求人案件|必要スキルやプログラミング言語を解説

エンジニアの在宅ワークに必要なもの

エンジニアの在宅ワークに最低限必要なものは、以下の通りです。

  • パソコン
  • インターネット環境

リモート会議を頻繁に行う場合などは、Webカメラやマイクなどの機材も必要になる可能性があります。また、本格的に在宅ワークで働く場合、パソコンデスクやチェアーなどの在宅環境も整える必要があるでしょう。

パソコン

在宅エンジニアがパソコンを選ぶ際に、最も気にするべき点と言えるのは以下の3つのスペックです。

  • 1. CPU
  • 2. メモリ
  • 3. ストレージ

エンジニアが作業を進めるときには、同時に複数のアプリケーションを動かしたり、大きなファイルを扱ったりする場面もあります。そのため、作業のスムーズさに影響するこれらのスペックは重要になるでしょう。具体的に必要なスペックは業務内容によって異なりますが、一般的なプログラミングであれば、CPUはIntel社製品ならCore i5以上、メモリは8~16GB以上、ストレージはSSDを選択すると、快適に作業がしやすいと考えられます。

また、自宅以外での作業を考えているのであれば、持ち運びしやすいノートパソコンを1台持っておきましょう。

インターネット環境

在宅エンジニアのインターネット環境には、一定以上の通信速度や安全性、安定性が求められるため、自宅では光回線が望ましいでしょう。

また、外出先でも仕事をしたいのであれば、ポケットWi-Fiも必要になる場合があります。フリーランス向けとして提供されているポケットWi-Fiもあるので、利用を考えている方は料金やデータ容量、通信速度などを調べてみましょう。

関連記事 : 作業環境を快適に。PCやデスク周りの掃除で参考にしたい記事まとめ

エンジニアの在宅ワークで高収入を目指そう

内職や翻訳など、さまざまな職種の在宅ワークをご紹介しましたが、中でもエンジニアは高収入を狙いやすい在宅ワークと言えます。エンジニアの求人案件でも、必要となるスキルや経験は異なるため、自分に適したものがあるか探してみましょう。在宅ワークでも実績を積み、スキルを磨いていけばさらなる高収入が期待できます。

関連記事 : 在宅ワークで稼ぐには|稼ぎやすい、始めやすい仕事とは?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとリモートの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.