在宅ワークできるIT系の職種とは?平均年収や求人・案件の探し方を紹介

この記事のまとめ
  • 在宅でできる仕事はIT系職種を中心に増加傾向にある
  • ITエンジニアの年収は在宅か出社かよりもスキルや経験によるところが大きい
  • 在宅ワークはITに特化したエージェントやクラウドソーシングを利用して探すのがおすすめ

在宅でできるIT系の職種には、エンジニア・Webライター・動画編集などがあります。IT系の業務内容は、パソコンとインターネット環境があればできるため、在宅ワークを導入する企業は増加傾向です。

この記事では、在宅ワークできるIT系の職種や平均年収、求人・案件の探し方のほか、必要なスキルや注意点などについて解説します。

リモート案件について相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

IT系の職種の在宅ワークの現状

近年は働き方の多様化により、IT系の職種を中心に在宅ワークをする人が増加傾向にあります

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が制作した「フリーランス白書 2020」によると、フリーランスで在宅ワークを活用済の人は54.1%、新規活用した人は17.4%、導入検討中の人は4.3%です。会社員の場合でも、在宅ワークは35.9%、新規活用41.7%、導入検討3.6%と高い数値を示しています。

※参照:フリーランス白書2020|一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

IT系の在宅勤務が増えている理由

在宅で仕事をする人が増えた背景には、働き方改革の影響のほか、チャットツールやWeb会議システムが発展したことが挙げられます。遠隔でも、これまでと変わりなく業務が行えると証明できたことが、在宅ワーク推進に拍車をかけたといえるでしょう。

特にIT系の職種は、パソコンとインターネット環境があれば遠隔作業可能な業務が豊富。進捗管理さえ行えれば、トラブルに発展する可能性も低いです。自分の裁量で進められ、現場に出向いたり、出社したりする必要がありません。

このような背景から今後もシステムの発展と、環境整備を進める企業は増え、在宅で仕事をする人も増加していくと考えられます。

在宅ワークが可能なITエンジニアの案件が増加傾向にあることは、「【2020年】リモート案件に関する調査|レバテック」でも紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

リモート案件について相談する

在宅でIT系職種として働くメリットとデメリット

ITエンジニアの年収は在宅か出社かではなく、スキルや経験、実績によるところが大きいようです。

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」をもとに算出した、従業員10名以上の企業で働くITエンジニアの平均年収は約569万円(平均年齢/38.2歳、平均勤続年数/11.4年)です。この結果には、在宅・出社勤務両方のITエンジニアの年収が含まれています。

また、経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、ITエンジニアはスキルにより平均年収が徐々に上がり、1,000万円を超えることも少なくありません。

さらに、一口にITエンジニアと言っても、多様な職種があり、それぞれに平均年収は異なります。正社員、フリーランスなどの働き方によっても年収額は変わるでしょう。職種や働き方別のITエンジニアの平均年収については、「フリーランスの平均年収はいくら?ITエンジニアの相場や会社員との比較」でも詳しく紹介しているので、ぜひご参照ください。

参照:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省
参照:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果|経済産業省

在宅で働くITエンジニアの年収は?

在宅で働きやすいIT系の職種としては、以下のような職種が挙げられます。

  • Webデザイナー
  • プログラマー・SE(システムエンジニア)
  • フロントエンドエンジニア
  • データサイエンティスト
  • ヘルプデスク・テクニカルサポート
  • Webディレクター
  • Webマーケター
  • Webライター
  • 動画編集

ここでは、上記、IT系職種の仕事内容や在宅で仕事がしやすい職種とされる理由について紹介します。

Webデザイナー

Webデザイナーの主な仕事内容はWebサイトのデザインです。近年では、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットが普及したことにより、どの端末でも快適に閲覧できるレスポンシブデザインに対応したWebサイト制作の需要が増加しています。

Webデザイナーは、パソコンとインターネット環境、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトがあれば場所を問わず働けるため、在宅ワークに向いているIT系職種の一つです

プログラマーやシステムエンジニア(SE)

プログラマーはプログラミング言語を用いて仕様書通りのサイト・アプリなどの制作を行う職種です。また、システムエンジニアは仕様書の作成やチーム・スケジュール管理などを担います。

プログラマーとシステムエンジニアは、どちらもプログラミングスキルとコミュニケーション能力があれば、在宅ワークをしやすいIT系職種です

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトの見た目部分の開発を担うエンジニアです。

プログラマーやシステムエンジニアと同様、開発に必要な言語を習得しており、パソコンとネット環境があれば仕事ができるため、在宅ワークに向いている職種といえるでしょう

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、「ビッグデータ」と呼ばれる膨大なデータの分析と解析を行い、その結果をもとに課題解決の仮説検証・提案を行う職種です。

数学をはじめ統計や機械学習などの知識が必要で専門性は高いものの、業務自体はリモートで対応することが可能です。セキュリティ面にさえ気を配れば、問題なく作業を進められるため、在宅で働きやすいIT系職種の一つといえます。

ヘルプデスクやテクニカルサポート

ヘルプデスクやテクニカルサポートは、ユーザーや社員からの問い合わせに対応する職種です。

問い合わせは多くの場合、社内で管理されているマニュアルに沿って対応すれば解決できます。該当のマニュアルは、パソコンの共有フォルダやツールなどで管理する企業が多く、遠隔から確認することが可能なため、在宅ワークしやすいIT系職種です

リモート案件について相談する

Webディレクター

Webディレクターは、Web関連の開発の際に、プロジェクト全体の管理を行う職種です。プロジェクトの進捗状況のほか、チームの統括や人材育成なども担います。

Webディレクターの業務内容は幅広く、人と関わる機会も多いため、在宅ワークには不向きと思われがちです。しかし、大切なのは「現場の指揮を取れるかどうか」。高いマネジメントスキルがあれば、在宅でWebディレクターとして働くことも十分に可能です。

また、企業にもよりますが、プログラマーをはじめとするITエンジニアの多くが、在宅ワークをしている現場であれば、出社が必須ではないことも少なくありません。したがって、Webディレクターも比較的在宅ワークをしやすいIT系職種の一つといえます。

Webマーケター

Webマーケターは、SNSやWebサイトなどを活用してマーケティングを行う職種です。該当ページの訪問数や登録数、需要のある年齢層や性別などのデータを分析し、より効果の高いSNSやWebサイトとなるよう制作を進めます。

Webマーケティングに関する知識やスキルを持ち、作業環境やセキュリティ環境が整っていれば、在宅でも働きやすいIT系職種です

Webライター

Webライターの主な仕事内容は、記事の作成とWebへの投稿です。取材を行うこともあります。タイピングスキルと文章力があれば、未経験でも受注できる案件が多くあり、新規参入しやすいのが特徴です。また、SEOに関する知識やセールスライティングのスキルを磨くと、単価アップが期待できるでしょう。

パソコンとインターネット環境が整っていれば、基本的な作業は進めることができるWebライターは、在宅ワークしやすいIT系職種といえます

動画編集

動画編集の主な仕事内容は、動画カットの繋ぎ合わせ・BGMの挿入・テキスト作成の3つです。動画編集に必要とされる道具は、一般的にカメラ・マイク・ライト・動画編集ソフトと、多くはありません。

作業環境の構築と必要な道具を揃えることができれば、動画編集スキルや知識を活かして在宅ワークすることも可能なIT系職種です。

在宅ワークがしやすい職種については「リモートワークできる職種・できない職種|必要なスキルや注意点は?」でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

リモート案件について相談する

在宅で働きやすいIT系の職種一覧

在宅のIT系案件に対応する際には、以下のようなスキルが求められます。

  • コミュニケーションスキル
  • 各種管理スキル
  • 学習意欲

これらについて、解説していきます。

コミュニケーションスキル

在宅ワークの場合、直接対面で会話ができないため、クライアントとの信頼関係を築き上げることができるコミュニケーションスキルが重要になります。報連相を徹底するほか、納期を厳守し、丁寧な言葉遣いを心がけてください。

各種管理スキル

在宅ワークを行う際には、パソコンやインターネット環境を整備する必要があります。メンテナンスや修理が必要になることもあるため、日頃から環境面の管理には注意しておきましょう。

また、在宅ワークは、基本的に自身の裁量で仕事を進めなければならないため、効率が悪いと長時間労働になってしまうことも。そういった事態を避け、期日内に納品するには、タスクや予定管理のスキルも必要です

学習意欲

高単価の案件を受注する場合には、相応のスキルや実績が求められます。より良い条件かつ高い報酬を得られる案件を受注するためには、常にスキルをアップデートしていく学習意欲が必要です。自己研鑽なしに、在宅ワークのみで稼ぐことは難しいといえます

IT系の在宅案件を受注する際に必要なスキルについては「リモートワークに必要なスキルとは|種類やメリット・デメリットも解説」でもまとめているので、ご覧ください。

在宅OKのIT系求人・案件の探し方

在宅可能なIT系の求人・案件の探し方としては、以下の4つの方法がおすすめです。

  • IT系の案件に強いエージェントを利用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • 勉強会をはじめセミナーや交流会などで人脈を広げる
  • SNSやブログを活用する

それぞれについて詳しく解説していきます。

IT系の案件に強いエージェントを利用する

エージェントや求人サイトは数多くありますが、IT系の案件を探すのであれば、IT・Web系に強みを持っているエージェントや求人サイトを利用するのが有効です。サービス内容はエージェントごとに異なるため、強みや相談実績、求人数、取り扱っている求人の案件単価の平均などを参考にしながら選ぶと良いでしょう

エージェントのメリットは、アドバイザーに相談でき、自分に合う案件を紹介してもらえる点です。「自分ひとりで案件を探すのは不安…」という方や「より多くの情報を得ながら効率良く案件を探したい」という方には最適でしょう。一方、自分のペースで求人を探したいという方には、求人サイトがおすすめです。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングでも在宅でできるIT系の案件が多数展開されています。クラウドソーシングの案件単価は幅が広いため、まずは単価の低い案件や未経験歓迎の案件に応募して、徐々に実績を積み重ねていきましょう。実績やスキルに自信が持てるようになったら、単価の高い案件や、継続案件を選びます

ただし、クラウドソーシングには悪質な案件も多くあるため、案件を獲得する際には注意が必要です。

勉強会をはじめセミナーや交流会などで人脈を広げる

フリーランスの案件獲得には、これまでに培ってきた人脈が縁をつなげてくれることもあります。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の「フリランス白書2022」によると、フリーランスの直近1年間の仕事獲得経路として「人脈(知人の紹介含む)」と回答した人の割合は65.9%。この結果から、案件を獲得するうえで、人脈がいかに重要であるかがわかるでしょう。

人脈を広げるには、交流の場に積極的に参加し、信頼関係を構築することが大切です。特に、勉強会やセミナーの参加者は、自分の興味がある分野と同じ領域に関心を持つ人である場合が多く、お互いへの理解を深めやすいでしょう。交流を通して、案件の依頼やクライアントの紹介などをしてもらえる可能性が高まります

※参照:フリーランス白書2022|一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

SNSやブログなどを活用する

SNSやブログなどで、開発実績や保有スキルなどを紹介し、案件を受注していることをアピールする方法もおすすめです。ひと目で実績を把握してもらいやすい方法なので、IT系職種のなかでも、特にデザイナーやライター、動画編集などに効果的な手段といえるでしょう。

在宅でできるIT系案件を受注するためにSNSやブログを活用する場合は、クライアントと交わした契約内容には気をつけつつ、こまめに情報更新をすることが大切です

IT系の求人・案件を探すなら「在宅フリーランスの案件を探すには|職種例や注意点も紹介」もお役立てください。

リモート案件について相談する

フリーランスでIT関連の在宅案件に携わる際の注意点

IT系の在宅案件に興味があるフリーランスは、以下の2点に注意しましょう。

  • 成果が収入や今後の案件獲得に大きく影響する
  • 在宅ワークに対し準備不足な企業が多いことも課題

それぞれについて、詳しく解説していきます。

成果が収入や今後の案件獲得に大きく影響する

フリーランスの力を求めるクライアントは、即戦力として活躍し、成果を挙げることを期待しています。そのため、成果や納品速度、連絡頻度、人柄などさまざまな要因が、収入や今後の依頼に影響しやすいので注意が必要です。「期日までに指定された成果物を納品する」といった基本を守るのは当然として、「クライアントの期待以上の成果を挙げる」ことを意識すると、継続して案件を受注できる可能性が高まります。

在宅ワークに対し準備不足な企業が多いことも課題

在宅ワークは、近年急速に普及しはじめた働き方であるため、企業側の環境が整いきっていない場合もあります。たとえば、成果物に対する評価や、在宅ワークに対する制度、遠隔でのコミュニケーション方法が定まっていないなどの課題を抱えていることも少なくありません

クライアントがこうした課題を抱える企業の場合、トラブルが発生する可能性が高まってしまいます。クライアントとなり得る企業の在宅ワークに関する制度や案件内容を把握するとともに、契約時の擦り合わせは徹底して行うことを心がけましょう。

在宅ワークに対し不安を感じる人は「リモートワークに問題点はある?導入の動向とデメリットを解消するための方法」も参考にしてみてください。

在宅でIT系職種として働くメリットとデメリット

ここでは、在宅でIT系の案件を進めるメリットとデメリットについてご紹介します。在宅ワークでIT系職種として働きたいと考える方は、メリットだけでなくデメリットについてもきちんと確認しておきましょう。

在宅でIT案件をするメリット

IT系の在宅案件を行うメリットは、以下の3点が挙げられます。

  • 通勤の負担が減り時間を有効に使える
  • 作業時間や場所にとらわれずに仕事を進められる
  • 関心・興味のある分野のスキルを積みやすい

詳細は以下のとおりです。

通勤の負担が減り時間を有効に使える

在宅ワークは通勤時間がないため、時間を有効に使えます。勉強やリフレッシュ、家族とコミュニケーションをとるなど、自分にとって価値ある過ごし方を選べるでしょう。また、通勤自体に精神的・肉体的な負担を感じていた人は、心身のゆとりも得やすくなります。

作業時間や場所にとらわれずに仕事を進められる

クライアントとの契約内容によりますが、IT系の在宅ワークでは勤務時間や場所の制約がないことも。制約がある場合でも、「チームメンバーとの連絡のためコアタイムを設けている」「セキュリティの観点から自宅または指定の場所での作業とする」など、出社時と比べるとやや緩い内容であることが多いようです。そのため、自分の好きな時間と場所で作業をしやすく、より良い成果をあげやすいといえるでしょう

関心・興味のある分野のスキルを積みやすい

IT系のフリーランスの在宅ワーク案件は、自分の好きな内容を選べます。自分のこれまでのスキルや経験を活かすのはもちろん、興味のある領域にチャレンジすることも可能です。状況によっては最先端の技術に触れたり、企業のノウハウを得たりしてスキルアップしていけるでしょう。

また、在宅ワークの仕事の多くは専門的なスキルが要求されるため、スキルアップすることによって、仕事の単価や年収のアップが期待できます

在宅でIT案件を行うデメリット

フリーランスが在宅でIT系の案件を行う主なデメリットは以下の2つです。

  • ほかのメンバーとコミュニケーションがとりにくい
  • 成果が問われるため評価が厳しいこともある

具体的に解説していきます。

ほかのメンバーとコミュニケーションがとりにくい

コミュニケーションツールが進化し、遠隔でも支障なく交流できるようになったとはいえ、対面よりもコミュニケーションエラーが起こりやすい現場も未だにあるのが現状です。そのため、クライアント先の社員とすぐに連絡がつかなかったり、対面での会話がない分、円滑な意思疎通が図れなかったりするなどの問題が発生しやすいというデメリットがあります。

成果が問われるため評価が厳しいこともある

繰り返しになりますが、企業がフリーランスに案件を依頼する場合、依頼額相応の働きと高品質な成果物を期待しています。中には、低単価で高品質な成果を求める企業もあるでしょう。企業が求める成果によっては、「度々修正が発生する」「値切られる」などのリスクもあります

また、在宅ワークに限ったことではありませんが、フリーランスの場合、基本的にはいくら仕事に時間がかかってしまったとしても残業に対する手当はありません。スピーディかつ効率的に仕事を進めながらも、高いクオリティを維持できるスキルがなければ、案件に対応するのは難しいでしょう。

フリーランスのIT系在宅ワークに不安を感じている方は、「リモートワークのメリット・デメリットを解説|その実態は?」もぜひ参考にしてください。

リモート案件について相談する

在宅のIT系職種は未経験でもできる?

未経験でも在宅ワークができるIT系職種に就くことは可能ですが、ハードルは非常に高いです。前述したIT系職種のなかで、「リモートワーク可」「未経験可」での求人募集を比較的多く行っているのは、Webライターやプログラマー、Webデザイナーなどでしょう。

在宅ワークでいずれの仕事をするにしても、一定レベルの知識やスキルは求められます。また、前述したとおり、ITの仕事はトレンドの移り変わりが激しいため、常に新しい知識をキャッチアップしていく姿勢も重要です。より専門性の高い知識を身につけ、スキルを磨く努力をしなければ、案件の受注は困難でしょう。できることの幅を広げれば、それだけ仕事の選択肢も広がり、在宅ワークという働き方の希望も叶いやすくなります。

そのほか、IT系の資格を取得していると、実績がなくてもスキルレベルを客観的に証明できるので案件を獲得しやすくなります。IT系の資格については、「フリーランスが習得すべき資格は?取得のメリットや必要なスキル」で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

在宅のIT系職種に関するよくある質問

ここでは、IT系の在宅ワークに関するよくある質問と、その回答を紹介します。

Q. 在宅でIT系職種の仕事をするために必要な環境は?

A. パソコンのほか、安定したインターネット環境、セキュリティ環境の構築が必要です。そのほか、デザインソフトやカメラ、マイク、動画編集ソフトなど、在宅ワークをするIT 職種によっても違いがあります

自由に働く!在宅・リモートワーク体験談まとめ」では、ITエンジニアのリモートワークの環境についても紹介しているので、ぜひ併せてご参照ください。

Q. 在宅でできるITエンジニアの案件を獲得しやすい言語はありますか?

A. 職種にもよりますが、JavaやPHPのスキルを持つITエンジニアの需要が高い傾向です。そのほか、在宅でWeb作成をするのであればHTMLやCSS、Javascript、データサイエンティストをしたいのであればPythonなどのスキルを磨くと良いでしょう。

ITエンジニアが案件を獲得しやすい言語については、「プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版」も参考にしてください。

Q. 在宅に向いているITの職種にはどういったものがありますか?

A. 在宅ワークに向いているITの職種には、Webデザイナー・フロントエンドエンジニア・Webライター・動画編集などが挙げられるでしょう。一般的に、パソコンとインターネット環境があれば仕事が可能な職種は、在宅ワークに向いています

在宅ビジネスはIT系案件がおすすめ!必要なスキルと仕事の特徴」ではほかの職種についても紹介していますので、ご覧ください。

Q. IT系の在宅ワークの案件の探し方を教えてください。

A. エージェント・求人サイト・クラウドソーシングなどで、在宅ワークが可能な仕事を探してみてください。未経験の場合は、実績を積むために単価が低い案件や、未経験者歓迎の内容を探してみましょう

※本記事は2022年7月時点の情報を基に執筆しています。

リモート案件について相談する

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2017-2023 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。