在宅プログラマーとして始動する際に知っておきたい情報を集めました!
近年注目を浴びている在宅プログラマーの働き方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

 

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

 

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します! 単価相場算出ページへ

 

0. 目次

1. 将来性と高額報酬が望める注目の職種、在宅プログラマーの働き方
2. 需要が高まる在宅プログラマーの案件の探し方
3. 自己裁量に委ねられるところが大きい在宅プログラマーのスキルアップ方法
4. 在宅ではなく、企業常駐型フリーランスという働き方

1. 将来性と高額報酬が望める注目の職種、在宅プログラマーの働き方

プログラマーはシステム開発やアプリケーション開発の流れの中で、システムエンジニアが作成した設計書をもとにプログラム言語を駆使してプログラムを作成する工程を担います。

プログラマーのスキルは専門性が高く習得するのは難しいですが、一度会得すると長く案件に携わることができます。

将来性があり、高い報酬が望める在宅プログラマーは在宅ワークの中でも特に人気の高い職種です。

在宅プログラマーを目指す方の動機は多種多様ですが、最大のメリットである「場所や時間に拘束されることなく自分のペースで作業を進められる点」を重視される方が多いのではないでしょうか。

介護や育児等に時間を割く必要があるため正社員としての勤務が難しい方や、正社員で働いているが副収入が必要という方など、それぞれのライフスタイルに合わせられるため、新しい働き方として選択する方が増えています。

また、在宅プログラマーは技術職であるため、自分のスキルのみで勝負できるという点に魅力を感じる方もいらっしゃるでしょう。
独立してどこまでやれるのか挑戦したいという思いや、自身の技術力をさらに高めたいというモチベーションは長く続けていく上で大変重要となります。

在宅プログラマーの作業は個人で進めていくことになるため、十分なプログラミング能力はもちろんメンタルの強さや責任感が要求されます。

また、独立して在宅プログラマーになった際、自身のみで不具合に対応しなければならないため、万が一のトラブルを予め想定しておき、柔軟に対応する能力も求められるでしょう。

なお、在宅プログラマーの多くは「業務委託」という形態であるため、受け取った報酬は「事業収入」として扱われることになります。

この場合は、自営業として「国民年金」及び「国民健康保険」に加入することになるでしょう。
確定申告なども自己で行う必要が出てくる点も注意が必要です。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 需要が高まる在宅プログラマーの案件の探し方

「平成24・25年度厚生労働省委託事業『在宅就業調査報告書』」によると、在宅ワークの発注内容では、「CADを使った設計・製図」、「HP作成」、「Webデザイン」に次いで、「在宅プログラマー」が多いという結果が出ています。

また、在宅ワーク全般について今後も発注を続けるかという質問に対し、「現状維持」もしくは「増やしたい」と答える企業が6割を占めており、在宅ワーカーは今後更なる需要が見込まれます。

では、実際に在宅プログラマーとして始動したいと考えた場合、どのようなアプローチで案件を探していけばよいでしょうか。

前述の報告書によれば、在宅ワーカーの募集方法で多いのは「社員や取引先からの紹介または退職者からの申し出」となっています。

以前の勤務先や取引先で培った人脈をフルに活用し案件獲得へと繋げる方法は人柄やスキルを見込まれた上での依頼であるため、双方の信頼の上に成り立ちます。

そのため、在宅プログラマーとして活躍を目指される方はあらゆる場面で良好な人間関係を築いておくことも一手だと言えるでしょう。

一方で、インターネット等での公募による募集方法が増加しているという結果が出ていることは特筆すべき点です。

インターネットでの公募という形が誕生した背景には、在宅ワークを探す受注者と案件を依頼する発注者を引き合わせるビジネスマッチングサイトの急速な増加があります。

会員登録料などを必要とせず、案件についてのマッチングが適った場合にアフィリエイトが発生するという形態のサイトもあり、案件を手軽に探す方法として在宅プログラマー志望者に定着しつつあります。

広く募集することで、より高い専門性を持った在宅プログラマーとのマッチングを期待する企業側の思惑もあり、マッチングサイトを通した案件の発注は今後も増加していくでしょう。

単価が高い案件や大手企業の案件など好条件のプロジェクトをめぐる競争は激しく、在宅プログラマー側に求められる要件も厳しいものとなるため、確かなスキルと実績を積み上げていく必要があります。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

3. 自己裁量に委ねられるところが大きい在宅プログラマーのスキルアップ方法

最近では、社内研修の実施や資格取得への補助など社員の技術力向上を全面的にサポートする企業が増えてきています。

そのような環境の中で働いているプログラマーはスキルアップの機会に恵まれていると言えるでしょう。

社内評価やキャリアパスなど目指すところを明確化しやすい点も自身の技術力を高めるきっかけとなり得ます。

その反面、在宅プログラマーは自身でモチベーションを上げながら知識習得やスキル研鑽を継続していく必要があるため、会社に勤務しているプログラマーに比べより自主的な取り組みが必要とされます。

自己裁量権が広い点を活かし、興味のある最新技術や業界のトレンドなどを取り入れながら積極的に立ち回ることで、在宅プログラマーとして成長を遂げることができるでしょう。

前述のビジネスマッチングサイトには、コンペという参画方法を設けている案件が増えてきました。

計画ありきでスタートするやり方とは違い、プロジェクトを生み出すところから始めるコンペは自身のアビリティがどの程度のレベルに達しているか、また、どのようなフィールドでどのスキルを活用するのが最適なのかを知る上でも大変有意義なチャレンジです。

些細なアイディアが巨大プロジェクトへと発展することもあるかもしれません。ゼロから創造できる在宅プログラマーとして活躍の場を広げるため、日頃からコンペ情報にアンテナを張っておくとよいでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

4. 在宅ではなく、企業常駐型フリーランスという働き方

本記事をご覧になった方の中には「フリーランス=在宅ワーク」というイメージをお持ちの方もいるのではないしょうか。たしかに、在宅ワークを行うのは会社員ではなくフリーランス(個人事業主)として活動している方が多いですが、フリーランス(個人事業主)のプログラマーには企業常駐というワークスタイルもあることをご存知でしょうか。

フリーランスのプログラマーが企業常駐で働く場合、クライアントの開発現場にてチームメンバーとともに作業を行います。そのため、一見すると会社員と同じようなワークスタイルになります。それでは、企業常駐型フリーランスにはどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

企業常駐型のメリット

・現場の経験を積める

技術職であるプログラマーにとって自らの経験は大きな武器。仕事をする上で、プログラマーとしての市場価値を意識しつつ、自己研鑽に励んでいる方も少なくないでしょう。独学でのスキルアップが可能なプログラマーとはいえ、企業常駐ならPCやモニタ、有料ツールなどを費用要らずで利用しながら、現場で実務経験が積めることは大きなメリットになります。その他、何か詰まったときにその場で相談できる相手がいるというのも心強い点です。

・モチベーションの維持がしやすい

参画先のメンバーから刺激を受けられるだけでなく、情報のシェアなどを行ってもらえることもある常駐型案件。常に誰かと一緒にいるため、在宅プログラマーと比較してスキルアップのためのモチベーション維持がしやすいといえるでしょう。

・収入の見通しが立ちやすい

常駐型フリーランスの場合は、基本的に「1ヶ月ごとなどの決まった期間」での契約となり、報酬も期間単位で支払われます。そのため、依頼を受けるタイミング次第で大きく収入が変動する在宅ワークと比べ、収入の見通しが立ちやすいといえます。

上記は常駐型フリーランスの特徴の一部です。「常駐型の詳細なメリット」「派遣との違い」「実際に稼働している人の声」など、常駐型フリーランスについて詳しく知りたいという方は、下記のページも併せてご覧ください。

常駐型フリーランスとは
 

常駐型フリーランスに興味をお持ちになった方一度ご相談ください

ここまで「在宅」と「常駐」のワークスタイルを比較してお伝えしましたが、レバテックフリーランスでは在宅型案件ではなく、常駐型案件をご提案しております。常駐型フリーランスに興味をお持ちになった方は、お気軽にご相談ください。

個別相談会についてもっと見る

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します! 単価相場算出ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?