フリーランス挑戦を応援キャンペーン

在宅プログラマーとは?必要な経験や仕事内容/平均年収などを解説

在宅プログラマーとして案件に応募するためには、過去に勤務した経験やプログラマーとしての経験年数、獲得した案件などを開示する必要があります。そして、発注者はその経験をもとに発注するかどうかを判断します。実績が認められると、高収入を得られる可能性もあるでしょう。また、未経験から在宅プログラマーになる方法として、クラウドソーシングで経験を積むこともひとつの方法です。この記事では、在宅で勤務するプログラマーに必要な資格や開発の経験、実際の給与や年収を紹介します。

在宅プログラマー案件について
相談する

目次

在宅プログラマーとは?
在宅プログラマーの年収
在宅プログラマー案件の探し方
在宅プログラマーにおすすめの言語
在宅プログラマーとして重宝される資格や経験
未経験から在宅プログラマーになる方法
在宅プログラマーに関するFAQ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

在宅プログラマーとは?

在宅プログラマーとは、在宅ワークとして自宅でプログラム業務に従事している人のことです。在宅プログラマーには、会社員とフリーランスの2種類が存在します。そのため、フリーランスエンジニアと在宅プログラマーは、少し違う意味合いになります。

在宅での仕事が多いプログラマー案件

在宅でプログラムがしやすい案件は、PCのみでプログラムができる案件です。PCアプリケーション、アプリケーションサーバー、Webページの構築などの案件がこれにあたります。

在宅での仕事が難しいプログラマー案件

在宅で仕事が難しいのは、機材が必要になる案件や厳格なセキュリティ管理が求められる案件です。テスト用の機材が高価で動かせないケース、基板などの秘匿性が高いものを開発するケース、個人情報を取り扱う開発などがこれにあたります。

関連記事 : 在宅プログラマーの仕事内容・探し方

在宅案件について相談する

在宅プログラマーの年収

在宅プログラマーの給与は、会社員としての在宅プログラマーとフリーランスとして在宅プログラマーの場合に分けられます。それぞれ、以下から見ていきましょう。

会社員としてのプログラマーの平均年収

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、規模10人以上の企業に勤務するプログラマーの平均年収は425.8万円です。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」

フリーランスとして在宅プログラマーになる場合の平均年収

フリーランスの働き方は人それぞれなので、プログラマーに限らず、フリーランスの年収を一般化することはできません。そこで、一例として、2021年9月時点でのレバテックフリーランスのプログラマー募集の月単価を参照してみます。平均単価は70万円で、最高単価・最低単価はそれぞれ145万円・30万円でした。

仮に、平均単価を月の給与として算定すると平均年収は840万円になります。フリーランスのプログラマーの報酬は、他業種にくらべて高く、需要が高いことが伺えます。その分、報酬に見合ったスキルが求められるでしょう。

関連記事 : フリーランス・年収500万円の手取りはいくら?会社員との税金・保険料の違い

在宅案件について相談する

在宅プログラマー案件の探し方

ここでは、在宅プログラマーの案件の探し方を紹介します。会社員とフリーランスに分けて解説します。

会社員の場合

プログラマーは、勤務形態について他の職種より比較的柔軟に調整できます。働き方改革の影響もあり、会社員として在宅勤務を希望しやすくなりました。しかし、在宅勤務に対応していない会社も少なくありません。応募要項などで在宅可能かを確認したうえで、在宅勤務の希望を伝える必要があります。

フリーランスの場合

初心者や未経験の人におすすめなのが、クラウドソーシングで仕事の獲得を目指す方法です。クラウドソーシングは複数サイトに登録可能です。気になる案件を見つけたらまずは応募してみてください。何件も案件をこなすと実績ができるので、さらに高単価な案件への応募も可能になります。

また、前職や知人の会社などに外部委託させてもらえないか、交渉するのも有効です。すでに一緒に仕事をしていた経緯や信頼関係があり、実力や実績が認められていれば、発注側も仕事を任せやすいでしょう。

関連記事 : 在宅プログラマーを未経験で目指す方法|求人・案件の探し方は?

在宅案件について相談する

在宅プログラマーにおすすめの言語

案件として多くあるのが、Webを含むアプリケーションサーバーの開発です。サーバーアプリケーションは、Webに表示するフロントエンドの開発とサーバー側の開発であるバックエンドの2種類があります。使われる言語は、HTML、CSS、JavaScript、Rubyなどがあります。各言語の特徴を見ていきましょう。

HTML

HTMLは、Webページを作成するために開発されたマークアップ言語です。ほぼすべてのWebページはHTMLで作成されています。Webページなどのフロントエンド開発で使います。

CSS

Webページのテキストを装飾するためのスタイルシート言語です。テキストはHTMLで入力をし、CSSで読みやすいように装飾します。HTMLと組み合わせて使われるのが一般的です。

在宅案件について相談する

JavaScript

Webページを制作する際に使われる言語で、バックエンドからのデータのやりとりや、Webページにプログラムを挿入するときに使います。Webページのテキストや装飾を作るのがHTMLやCSSで、JavaScriptはWebページに動きを与えるものです。

関連記事 : JavaScriptの資格|入門におすすめの資格は?試験内容・種類・難易度を比較

Ruby

Webのフロントエンドからバックエンド側の開発まで、幅広く使われている言語です。文法も煩わしさがないため、使いやすいのが特長です。Rubyは国産の言語なので、日本語のマニュアルが豊富にある点もおすすめポイントです。

在宅案件について相談する

在宅プログラマーとして重宝される資格や経験

資格を取ることで、一定の知識を持っていることを証明できます。中でも「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」は、プログラマーにとって有効なものです。いずれも合格するには、アプリケーションサーバーの開発経験が必要になるでしょう。それぞれの試験の内容を解説します。

ITパスポート試験

情報処理推進機構が主催する試験です。基本的な情報技術に関する基礎的な知識を持っているかが問われます。

参考:ITパスポート|情報処理推進機構

在宅案件について相談する

基本情報技術者試験

こちらも情報処理推進機構が主催する試験です。高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を獲得しているかを問う試験です。

参考:基本情報技術者試験|情報処理推進機構

アプリケーションサーバーのサーバー開発経験

実際の開発を2~3年経験すると、一通りの業務内容が分かるようになります。開発環境の種類や開発ツールの種類、開発の進め方、開発プロセスの種類などが分かるようになるでしょう。在宅プログラマーを目指すのであれば、開発の流れや開発ツールの知識を獲得しておくことが重要です。

関連記事 : ITエンジニアにおすすめの資格12選|未経験からの転職に役立つ資格は?

在宅案件について相談する

未経験から在宅プログラマーになる方法

応募者の経験年数や資格で採用を判断する企業が多いことから、未経験からすぐに在宅プログラマーになるのは、基本的には難しいです。しかし、可能性がないわけではありません。応募を検討しているのであれば、以下の方法をおすすめします。

  • 未経験可能な求人へ応募する
  • スクールに通う
  • クラウドソーシングで簡単な案件を受注する
  • Webサービスを自身で作る

未経験可能な求人へ応募する

稀に、未経験でも応募できる求人があります。未経験の応募が可能な案件は、研修が充実している場合が多いです。報酬だけではなく、会社の研修体制や福利厚生なども確認したうえで、応募する案件を決めましょう。

スクールに通う

プログラミングスクールでは、各エンジニアや各言語向けに、さまざまなコースが用意されています。プログラミングの世界は、技術や流行の移り変わりが早いのが特徴です。独学で学んでいる間に、技術が古くなってしまうことがないように、スクールで効率的に学習するとよいでしょう。多くのスクールでは、IT企業への就職を支援しています。この点は、未経験者にとっての大きなメリットです。

在宅案件について相談する

クラウドソーシングで簡単な案件を受注する

クラウドソーシングには、プログラミング関連業務の募集があります。報酬が少なくとも小さな業務を獲得し、実績をつけて、徐々に大規模なプログラミング案件の受注を狙うとよいでしょう。

Webサービスを自身で作る

自分で作ったWebサービスは、実績としてアピールできます。Webページの出来がよければ、案件の獲得につながる可能性も高まるでしょう。日ごろからから、Webサービスの更新やSNSでの情報発信をするなど営業力が必要です。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介

在宅案件について相談する

在宅プログラマーに関するFAQ

在宅プログラマーに関するよくある質問と、その回答を紹介します。

Q.未経験から在宅プログラマーになることは可能ですか?

A. 可能ですが、非常に難しいです。依頼者側は経験を重視するため、それに代わるアピールポイントが必要になるでしょう。スクールに通う、資格を取得する、小さい案件で数をこなす、自分でWebページを作るなどして、実績を作る必要があります。

在宅案件について相談する

Q. 在宅プログラマーにおすすめの言語はなんですか?

A. Ruby、HTML、CSS、 JavaScript、Rubyです。在宅プログラマーの案件として多くあるのが、アプリケーションサーバーの開発です。Webに表示するフロントエンドの開発と、サーバー側の開発のバックエンド開発の2種類があり、これらの言語が多く使われています。

Q. 在宅プログラマーの平均年収はどのくらいですか?

A. レバテックフリーランスのプラグラマー募集の月単価に限定すれば、平均単価は70万円です。平均単価をもとに算定すると、年収は840万円になります。

関連記事 : フリーランスとは|なるために必要な手続きなどと合わせて解説

※本記事は2021年9月時点の情報を基に執筆しています。

在宅案件について相談する

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

在宅プログラマー案件について
相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとリモートの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.