オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

未経験からインフラエンジニアになるには|求人数や転職後の年収、おすすめの資格を紹介

未経験からインフラエンジニアになることは可能です。ただし、インフラエンジニアはITシステム・サービスの基盤となるサーバーやネットワークを扱う仕事であるため、多くの専門知識が必要となります。本記事ではインフラエンジニア未経験者に向けて、仕事内容や転職後に見込める年収、未経験から目指す方法などをまとめて解説します。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

目次

未経験からインフラエンジニアになれる?
未経験からインフラエンジニアになるには
インフラエンジニアの種類
インフラエンジニアの仕事内容
インフラエンジニアのやりがい
インフラエンジニアに向いている人
インフラエンジニアの年収
未経験からインフラエンジニアになるのはきつい?
未経験からインフラエンジニアへの転職に必要なスキル
未経験からインフラエンジニアへの転職に役立つ資格
スキルと知識を身につけて転職を目指そう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

未経験からインフラエンジニアになれる?

インフラエンジニアは、ITシステムやサービスの基盤となるネットワーク、サーバーなどを設計・構築・運用する職種です。各分野の専門的な知識が必要とされるため、未経験から転職できる求人数はあまり多いとはいえません。しかし、適切に準備や対策をすれば未経験からインフラエンジニアを目指すことは可能です。

インフラエンジニアを含め、ITエンジニアは需要が高い仕事です。特に近年はIT人材不足が進んでおり、2030年までには最大で約79万人の需給ギャップが生じるという試算もあります。

※参考 : 経済産業省「-IT人材需給に関する調査-調査報告書」

このような状況もあって、ITシステムの基盤を支えるインフラエンジニアは安定した需要が見込める職種であり、未経験でもインフラエンジニアとしての将来性が見込める人材なら確保したいと考える企業も存在しています。

30代・40代で未経験からインフラエンジニアになれる?

未経験者でも年齢不問で転職できるインフラエンジニアの求人は一定数存在しているため、30代・40代で未経験からインフラエンジニアになることは不可能ではないといえます。しかし、将来性を考慮する意図で「未経験者は20代まで」と年齢制限が設けられているケースもあるため、30代や40代の未経験者は応募できない求人があるのも実情です。

30代・40代でインフラエンジニアを目指したい場合は、年齢不問の求人であっても、社会人経験が長いゆえのアピールポイントを準備することが重要です。クライアントとの交渉経験やマネジメント経験など、インフラエンジニアの業務に活かせそうな経験をアピールしましょう。

また、年齢を問わず自らスキルアップしていく姿勢や向上心は重視される傾向があるため、独学で勉強した成果やポートフォリオなどを面接で示せると、選考においてプラス要素になる可能性があります。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

未経験からインフラエンジニアになるには

未経験からインフラエンジニアになる方法としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • 未経験OKの求人に応募する
  • 勉強してから転職を目指す

未経験OKの求人に応募する

実務経験なしでOKというインフラエンジニアの求人は多くありませんが、未経験者歓迎の求人に応募し、入社する方法があります。

未経験OKのインフラエンジニアの求人では、データ集計やPCのセットアップ、テストなど未経験でも対応しやすい作業から始めるケースや、入社後の研修が充実していてサポート体制が整っているケースがあります。後者はそもそも未経験者を受け入れることを前提とした教育体制がある職場といえるので、未経験から採用される可能性も十分にあるでしょう。いずれのケースでも、実際の業務や研修を通して現場で求められるスキルを身につけていきます。

未経験OKの求人に応募する場合、仕事をしながらインフラエンジニアに必要なスキルを身につけていける点がメリットです。一方で、研修制度やサポート体制が整っていない場合はスキルアップしにくいという点はデメリットといえます。

また、未経験の人は、インフラエンジニアに必要なスキルや経験が不足していることから、面接や履歴書で他にアピールできる点を探す必要があります。

アピールポイントの一例としては、コミュニケーション能力やビジネススキル、マネジメントスキル、向上心などが挙げられるでしょう。これらはインフラエンジニアとして働くうえでも大切な能力なので、重視される可能性も高いと考えられます。

面接でのポイント

面接でアピールするときは、「前職では部署の評価業務を担当していたため、相手の本音や要望などを聞き出すコミュニケーションが得意」「インフラエンジニアになるために◯年前から独学を続けており、現在はクラウドサービスの基礎を勉強中」など、具体的かつ詳細にアピールポイントを伝えられるようにしましょう。

志望動機のポイント

志望動機については、インフラエンジニアになりたい理由だけに留まらず、その企業でしか叶えられない点も具体的に伝えると好印象を持たれやすい傾向があります。たとえば「御社が開発している新技術に大変興味を持っている」「御社が扱っている案件を拝見し、前職の業界知識が活かせると感じた」など、自身のアピールポイントとうまく結びつけられるとプラスに働くでしょう。

勉強してから転職を目指す

インフラエンジニア未経験であっても、転職活動を始める前にあらかじめ一定のスキルや知識を身につけておくことは大事です。スキルを習得しておけば採用面接などでアピールできるポイントが増えますが、実際に就職するまでに時間や費用がかかりがちというデメリットもあります。スキルを習得するための方法としては、次のようなものがあります。

  • ITスクールに通う
  • 独学で必要な知識を身につける
  • サーバーOSの操作に慣れておく
  • 自宅サーバーを構築する
  • データベースを構築する
ITスクールに通う

就職前に技術を身につけるためにITスクールに通う方法があります。インフラエンジニアの仕事で役立つ基本的な知識やスキルを一通り習得できるのが、スクールを利用する利点。スクールによっては、通学コースとオンラインコースのどちらか好きな方を選びとることも可能です。エラーなどで詰まってしまったときも、講師から直接アドバイスをもらえるため、途中で挫折しづらいのがメリットといえるでしょう。

独学で必要な知識を身につける

本や学習サイトを活用して、インフラエンジニアの仕事に必要な知識を独学するという方法もあります。独学なら自分にとって都合のいいペースで進められ、特に関心がある部分を集中的に学習することもできるでしょう。時間的にも内容的にも、自由度が高い方法であると考えられます。

サーバーOSの操作に慣れておく

インフラエンジニアの仕事には、サーバーの構築なども含まれます。サーバー構築に際しては、CentOSやUbuntuなどのサーバーOSを使うことがあります。これらのOSは、WindowsやmacOSのようにマウスを使用して操作するのではなく、コマンド入力で操作する必要があります。サーバーOSの中には無料で利用可能なものもあるので、インストールして操作に習熟しておきましょう。

自宅サーバーを構築する

サーバーOSの操作に慣れてきたら、自宅で実際にWebサーバーを作成すると、サーバーやネットワーク構築の練習になるでしょう。Webページが作れる人はアップロードし、ほかのPCなどから閲覧できるか試してみましょう。

データベースを構築する

インフラエンジニアになるには、データベース製品の基本操作も知っておくと役立つでしょう。Microsoft SQL ServerやMySQLは無料でも使用できますし、個人利用に限定すればOracle Databaseも使用可能です。

関連記事 : インフラエンジニアになるための勉強方法|未経験者・初心者はどんな順番で学習する?

インフラエンジニアの種類

インフラエンジニアには明確な定義がありませんが、業務で担う役割によっていくつかの職種に分類されることがあります。

インフラエンジニアの種類として挙げられる場合がある職種には、以下のようなものがあります。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの設計・構築・運用などの業務に特化した職種です。配線やラッキングのような作業も担うことがあります。

関連記事 : サーバーエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築や管理・保守などを担当する職種です。業務では、コンピューターやネットワーク周辺機器の知識が求められます。

関連記事 : ネットワークエンジニアとは?年収や仕事内容、必要な資格・スキルを紹介

データベースエンジニア

データベースの構築や運用・保守を行うデータベースエンジニアも、インフラエンジニアの一種とみなされることがあります。

関連記事 : データベースエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

上記以外に、ITシステムのセキュリティに関する業務を担うセキュリティエンジニアや、利用者からの問い合わせを解決するヘルプデスクのような職種も、インフラエンジニアの一部と認識されることがあるようです。

関連記事 : インフラエンジニアの種類|仕事内容や年収、必要なスキル・資格を種類別に解説

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は案件や職場によって異なるので、求人応募前には、募集要項に掲載されている仕事内容の詳細を確認しましょう。

一般的なインフラエンジニアの仕事内容は、クライアントの事業内容や企業規模、システム環境などについてヒアリングを行い、最適なサーバーやネットワークを設計・構築すること、そして既存のインフラが安定的に稼働するよう運用・保守を行うことです。サーバーはかかるコストが大きくなるので、顧客となる企業の予算にも配慮して構築する必要があります。

近年はサーバーのクラウド化が進んでいることもあり、インフラエンジニアにはAWSやAzure、GCPといったクラウドの知見も必要とされるようになりました。総務省が発表した「令和2年版情報通信白書」によると、2015年時点でクラウドサービスを一部または全社的に利用している企業の割合は44.5%でしたが、2019年には64.7%まで増加しています。

※参考 : 総務省「令和2年版情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向」

インフラエンジニアの仕事に必要な技術は日々進化しているため、常に新しい知識、トレンドのスキルを自主的に習得していく姿勢が大切です。

インフラエンジニア未経験者向け求人の仕事内容

インフラエンジニア未経験者が最初に行うことが多い仕事には、運用・保守のサポートがあります。運用・保守の場合、すでにシステムが稼働しているため、現行の構成を勉強しつつスキルアップしていくことが可能です。

具体的な仕事内容としては、サーバー監視や問い合わせ対応、復旧作業のサポートなどがあります。こうした業務ではチーム内の連携やユーザーとのコミュニケーションも必要になるため、対人スキルを活かすことができるでしょう。

インフラエンジニア未経験者は、このような運用・保守の仕事を経験してから、より高い専門性やスキルが求められる設計・構築のフェーズを担当するようになるのが一般的です。

関連記事 : インフラエンジニアの仕事内容|必要なスキル・資格、求人・案件例を紹介

インフラエンジニアのやりがい

インフラエンジニアの仕事のやりがいとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • クライアントと長期的に付き合いやすい
  • チームとして仕事に取り組める
  • システムが構築できたときに達成感がある

クライアントと長期的に付き合いやすい

インフラエンジニアは仕事の性質上、クライアントとの付き合いが長期に及ぶケースが多いため、相手との信頼関係を構築しやすくなります。システムの運用やトラブルの解決といった仕事を通じて顧客から感謝され、少しずつ信頼してもらえるようになるのは、インフラエンジニアの仕事におけるやりがいのひとつといえるでしょう。

チームとして仕事に取り組める

インフラエンジニアの仕事はひとりで黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、実際はクライアントやチームメンバーとの打ち合わせも発生します。関係者とコミュニケーションを取りながら協力して作業を進めることも、仕事のやりがいにつながるでしょう。

システムが構築できたときに達成感がある

インフラエンジニアは、場合によっては年単位の長い時間をかけてインフラを設計・構築することもあります。運用前にも、考えらえるだけの問題を洗い出して改善していきます。それだけ手をかけてシステムが完成したときの達成感が、大きなやりがいにつながるという人も少なくありません。

関連記事 : インフラエンジニアのやりがいと魅力|仕事内容や将来性も解説

インフラエンジニアに向いている人

仕事内容や特性から、インフラエンジニアに向いている人の特徴としては、次のようなことが挙げられるでしょう。

  • コツコツと作業するのが得意な人
  • 新しいことに挑戦するのが好きな人
  • トラブルに慌てず対応できる人

コツコツと作業するのが得意な人

インフラエンジニアの仕事には、トラブルの原因を特定するためにログを確認したり、膨大な量のテストを実施して不具合の有無をチェックしたりといった地道な作業も含まれます。それらも重要な作業であるため、コツコツと作業をするのが苦にならない人はインフラエンジニアの適性があるといえます。

新しいことに挑戦するのが好きな人

システムの改善にあたっては、AWSやAzure、GCPをはじめとするクラウドサービスや、AI(機械学習)、IoTなどの新しくトレンドとなっている技術への理解が求められる可能性があります。このような新しい環境に接する機会が巡ってきた際に、前向きに取り組める人もインフラエンジニアに向いているでしょう。

トラブルに慌てず対応できる人

インフラエンジニアは、トラブル発生時にはスピードを意識しつつ冷静に対応する必要があります。急なトラブルがあっても慌てず、心を落ち着けて対処できる人も、インフラエンジニアに向いています。

関連記事 : インフラエンジニアに向いている人・向いていない人|適性がないと辛い?

インフラエンジニアの年収

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)に掲載されている情報によると、インフラエンジニアの平均年収は666.9万円となっており、「賃金は勤務先の規定によるが、IT関連産業の職種の中では比較的高い水準にある」と紹介されています。

※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」

未経験からインフラエンジニアに転職後の年収

未経験からインフラエンジニアになった場合の年収や賞与、月給などについては公的なデータがありませんが、経験者と比較すると対応範囲が限られ、難易度が低い作業を担当する傾向にあるので、その分年収が低くなる可能性はあります。

インフラエンジニア限定のデータではないものの、経済産業省が2017年に公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」を見ると、IT関連企業で働くエンジニアのうち、「新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル」のエンジニアの平均年収は437.8万円となっています。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

その後のスキルアップや実績次第で、年収やボーナスの水準が上がることも期待できます。また、資格手当の有無などが年収に影響することもあるので、転職時には入社しようとする企業の昇給基準や給与体系を確認しておきましょう。

関連記事 : インフラエンジニアの平均年収|転職して狙える収入は?年収1000万円は可能?

未経験からインフラエンジニアになるのはきつい?

インターネット上などでは、「未経験からインフラエンジニアになるのはきつい」という意見も見受けられます。理由としては、夜勤を含めて時間帯を問わず仕事が入る場合があることや、想定外のトラブルが発生すると急いで対応しなければならないケースがあることなどが挙げられます。

ITインフラは24時間365日稼働しているものも多く、時間帯を問わずトラブルが起きる可能性があります。情報システムやサービスの基盤であるインフラのトラブルは早急に解決しなければならず、運用・保守を担当する人は急に呼び出しがかかることもあり得るでしょう。加えて、トラブルに想定外のエラーが含まれていた場合、解決方法に悩み、対応に時間がかかってしまうこともあります。

ただし、企業の職場環境によって勤務体制は異なるため、「インフラエンジニアであれば24時間いつでも呼び出される可能性がある」というわけではありません。ブラック企業のように職場環境に問題がある場合、仕事を「きつい」と感じてしまうケースも多いと考えられますが、本人が希望したシフトを可能な限り優先する、もしくは他のエンジニアをサポートにつける企業もあります。

関連記事 : 「インフラエンジニアはきつい」と言われる理由|激務って本当?未経験でも大丈夫?

未経験からインフラエンジニアへの転職に必要なスキル

インフラエンジニアに求めるスキルレベルは、企業ごとに異なります。インフラに関する高度な専門性を求める企業もあれば、技術力よりもコミュニケーション能力を重視する企業もあるでしょう。

インフラエンジニアはネットワークやハードウェアなどの知識、設計・構築スキルなどのほかに、クライアントから要望を引き出すヒアリング能力や、クライアントに納得感のある説明を提示できるプレゼンテーションスキル、構成図などの資料をわかりやすく作成する文書作成能力などが求められます。

運用・保守の仕事でも問題解決力が求められるほか、チームのメンバーや関係者と連携をとるためのコミュニケーション能力は重要になります。

また、近年はクラウドの普及に伴い、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)といったサービスの知識・スキルも求められるようになっています。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル|転職や年収アップに役立つ資格はある?

未経験からインフラエンジニアへの転職に役立つ資格

インフラエンジニアになるために必須の資格は特にありません。しかし、資格を取得することでスキルの証明ができたり、転職意欲の高さを示すアピール材料になったりするため、転職活動が有利になる可能性はあります。

エンジニア向けの資格は多種多様なので、まずは目指したい職種に関連する資格を取りましょう。インフラエンジニアを目指すのに役立つ資格には、以下のようなものがあります。

  • LinuC(Linux技術者認定試験)
  • CCNA(シスコ技術者認定試験)
  • ネットワークスペシャリスト試験

LinuC(Linux技術者認定試験)

LinuC(Linux技術者認定試験)の概要
資格名 Linux技術者認定試験LinuC
運営 NPO法人LPI-Japan
受験料 16,500円(税込)
試験実施日 随時
合格基準 非公開(65~75%程度の正解率が目安)
URL https://linuc.org/

LinuC(リナック)は、NPO法人のLPI-Japanが独自に作成した、日本市場に最適化されたLinuxの資格試験です。仮想環境を含むLinuxシステムの知識に加え、ネットワーク、セキュリティなどの幅広いスキルを証明することができます。

LinuCの特徴は3つのレベルがあり、難易度が異なる点です。レベル1、レベル2、レベル3の試験があり、より高いレベルの資格を取得するには、1つ下のレベルの認定を受けていることが条件となります。たとえば、レベル2の受験には、レベル1合格が必要です。

レベル1ではLinuxのインストールや環境構築、ファイルやディレクションの操作、パッケージ管理(ファイルやライブラリの一括管理)など、Linuxの基本が問われるので、インフラエンジニア未経験の人にもおすすめです。初心者の場合、レベル1の勉強期間の目安は1~3ヶ月ほどとされており、65~75%程度の正解率で合格となるので、比較的難易度は高くない試験といえるでしょう。

CCNA(シスコ技術者認定試験)

CCNA(シスコ技術者認定試験)の概要
資格名 CCNA
運営 Cisco社
受験料 33,600円(税別)
試験実施日 随時
合格基準 非公開
URL https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications/associate/ccna.html


CCNAは、ネットワーク業界で最も知名度が高いベンダー資格のひとつです。資格取得に向けて勉強することにより、ネットワークの基礎知識のほか、セキュリティ、IP接続などの知識も習得できます。

シスコ技術者認定のレベルは、「エントリ」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の5段階に分かれており、この中でCCNAは「アソシエイト」レベルに当たります。なお、合格率は公表されていません。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験の概要
資格名 ネットワークスペシャリスト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
受験料 5,700円(税込)
試験実施日 春期(4月第3日曜日)
合格基準 各試験100点満点中60点以上
URL https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

ネットワークスペシャリスト試験は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する資格試験です。大規模かつ堅牢なネットワークシステムの構築・運用ができるネットワークエンジニアを育成するのが、同試験の目的です。

試験では、ネットワークシステムの企画・要件定義、および設計・構築・運用・保守に関わる知識やスキルが測定されます。ネットワークアプリケーションやネットワークサービス、関連法規などについても出題されます。

2019年度の合格率は14.4%で、難易度は高めといえそうです。ITエンジニアの基礎的な知識が問われる「基本情報技術者試験」(IPA実施)は同年度の合格率が25.7%であり、まったくの未経験者の場合、まずは基本情報技術者試験から合格を目指すのが無難でしょう。

関連記事 : インフラエンジニアの資格|クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を紹介

スキルと知識を身につけて転職を目指そう

未経験からインフラエンジニアになることは可能ですが、求人に応募する前に勉強や選考対策をきちんと行うことが大切です。未経験からインフラエンジニアを目指したい場合は、まずはスクールに通ったり、本などで独学したりといった方法で、最低限の基礎知識を習得しましょう。その後、業務に関連するソフトウェアやツールに慣れてスキルアップを図り、面接ではコミュニケーション力や向上心などを適切にアピールできると、転職成功に近づけるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアのキャリアパス|転職の選択肢や資格、女性のキャリア形成を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.