オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

インフラエンジニアの仕事内容|必要なスキル・資格、求人・案件例を紹介

インフラエンジニアの仕事内容は、一般的にクライアントの要望に合わせてサーバー、ネットワークといったインフラ環境の設計・構築・運用・保守などを行うことです。この記事では、インフラエンジニアの仕事内容の詳細について解説。インフラエンジニアの魅力や必要スキル、求人・案件例なども紹介しています。インフラエンジニアの仕事に興味がある人は、ぜひご覧ください。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

目次

インフラエンジニアの仕事内容
インフラエンジニア未経験者の仕事内容
インフラエンジニアの魅力
インフラエンジニアに必要なスキル
インフラエンジニアに必要な資格
インフラエンジニアの年収
インフラエンジニアの求人・案件例

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの基本的な仕事は「クライアントが求めるインフラ環境を構築し、運用・管理を行うこと」です。インフラエンジニアの仕事内容は企業や案件によって幅がありますが、主に「要件定義」「設計」「構築」「運用・管理」などの工程に分けられます。また、インフラエンジニアは、仕事内容に応じて「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」「データベースエンジニア」「セキュリティエンジニア」などの職種に細分化されることもあります。

厚生労働省の職業情報提供サイトを参照しながら、インフラエンジニアの仕事内容について以下で詳しく説明していきます。

※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」
※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「運用・管理(IT)」

要件定義

インフラエンジニアは、要件定義の工程でクライアントからヒアリングを行い、どのようなシステムが求められているのかを明確にしたうえで、具体的に必要な機能を洗い出していきます。

設計

ITインフラの構築に必要なハードウェアやソフトウェアを選んで構成を決め、設計書の作成に取りかかります。設計書は機能や構成など必要な情報を端的にまとめ、誰が読んでも分かりやすいよう仕上げるのがポイントです。

構築

作成した設計書に沿って、インフラの構築作業を行います。機器の搬入、組み立てだけでなく、OSやミドルウェアのインストール、設定なども、インフラエンジニアの重要な仕事です。システムの構築が完了したら、要件どおり稼働するかどうかのチェックや、動作・負荷のテストも実施します。

運用・管理

インフラ構築を終えた後の運用・管理も、インフラエンジニアの仕事に含まれることがあります。CPU、メモリ、ストレージといったサーバーのリソース監視や、ログファイルの確認などを行うほか、不具合やトラブルが起こったときは、インフラエンジニアはすぐさま原因究明にあたり、対応をしなければなりません。状況次第ではありますが、なるべく短時間でインフラの復旧を行うことが、インフラエンジニアの手腕を問われるポイントといえるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

インフラエンジニア未経験者の仕事内容

インフラエンジニア未経験者の場合、就職・転職後の研修を終えたら、運用・保守の仕事からスタートするケースが多いでしょう。実務経験がないうちから、要件定義・設計といった上流工程の仕事を担うのは基本的に難しいからです。

勤務形態や、システムが24時間365日稼働するものかどうかによっても違いますが、運用・保守の仕事では夜勤を行う場合もあります。また、客先の都合に合わせたり、イレギュラーな障害対応が必要になったりすると、残業や休日出勤が発生することもあるでしょう。

関連記事 : 未経験からインフラエンジニアになるには|求人数や転職後の年収、おすすめの資格を紹介

インフラエンジニアの魅力

ここでは、「将来インフラエンジニアとして活躍したい」と考えている方に向けて、インフラエンジニアとして働く魅力について説明します。

社会への貢献度が高い仕事ができる

インフラエンジニアの仕事は、ITインフラの環境を整備し、さまざまなシステム、サービスの基盤を支えること。現代の社会において、インフラエンジニアが果たす役割は重要なものになっています。社会への貢献度が大きい点は、インフラエンジニアとして働くやりがいのひとつでしょう。

需要が途切れにくい

インフラエンジニアはITシステムの開発・運用に不可欠な存在であるため、役割が変化したとしても、常に一定の需要が見込める職種といえます。厚生労働省の職業情報提供サイトによると、2019年度におけるインフラエンジニアの有効求人倍率は2.11倍となっており、需要の高さがうかがえます(「システムエンジニア(基盤システム)」のページより)。

顧客と長期間付き合いやすい

インフラエンジニアは、エンジニア職種の中でも長期間クライアントと付き合うことが多い傾向にあります。大規模なインフラの構築は1~2年に及ぶこともあるほか、その後の運用・保守も担当すると、さらに長く同じ顧客との付き合いが続くことになります。

高水準の給料が期待できる

厚生労働省の職業情報提供サイトでは、インフラエンジニアの給料は勤務先の規定によるものの、「IT関連産業の職種の中では比較的高い水準にある」と紹介されています(「システムエンジニア(基盤システム)」のページより)。もちろん、未経験から転職したばかりの段階でいきなり高い給料をもらうことは基本的に難しいですが、経験を積んでスキルアップ・キャリアアップしていけば、年収1,000万円を狙うのも不可能ではない仕事といえるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアのやりがいと魅力|仕事内容や将来性も解説

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルの例としては、次のようなものが挙げられます。

サーバーやネットワークなどの設計・構築スキル

インフラエンジニアのベースとなるスキルとして、LinuxなどのOSや、サーバー・ネットワーク機器、ミドルウェアなどについて理解したうえで、インフラを設計・構築していく能力が挙げられます。

クラウド・仮想化技術に関するスキル

従来は自社などにサーバーを構築するオンプレミスが主流でしたが、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)などのクラウドサービスが普及し、インフラエンジニアにもこれらを扱うスキルが求められるようになりました。AWS(Amazon Web Services)、GCP(Google Cloud Platform)、Microsoft Azureなどの主要なクラウドサービスの使用経験がインフラエンジニアの求人応募の条件として設けられているケースもあります。また、DockerやKubernetesなど、コンテナ型仮想化に関するスキルも転職市場では重要になっています。

セキュリティに関するスキル

IoTデバイスの普及によってビッグデータの活用も進んでいる昨今、セキュリティ対策の必要性はますます高まっています。特に日本国内ではセキュリティ対策に必要な人材が不足している傾向があり、セキュリティに関する知識・スキルを持ったインフラエンジニアは転職市場でも重宝される可能性があるでしょう。

※参考 : 総務省「令和2年版 情報通信白書|セキュリティ対策の課題」

コミュニケーションスキル

ヒューマンスキルの面では、コミュニケーション能力が重要になります。現場でのスムーズな情報共有や、クライアントへのヒアリングなど、インフラエンジニアにはコミュニケーション能力が求められる場面が多くあります。

英語力

インフラエンジニアは、英語力があると役立ちます。英語の製品マニュアルを読んだり、海外の製品窓口へ問い合わせをしたりする場面で役立つことが考えられるほか、近年需要が高まっているグローバルな仕事内容にも対応できるようになるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル|転職や年収アップに役立つ資格はある?

インフラエンジニアに必要な資格

インフラエンジニアが取得すると仕事や転職に役立つ可能性がある資格としては、以下のようなものが挙げられます。自身のスキルレベルや仕事内容に応じて取得を検討しましょう。

国家資格

ベンダー資格・民間資格

関連記事 : インフラエンジニアの資格|クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を紹介

インフラエンジニアの年収

ここではインフラエンジニアの年収の参考として、2021年2月時点におけるレバテックフリーランスのインフラエンジニアの公開案件をもとにした年収例(平均月単価の12ヶ月分)をご紹介します。

フリーランスインフラエンジニアの年収相場

参照元 : インフラエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 768万円
最高年収 1620万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスでは税金や保険料の計算が異なる、会社員は月給以外にボーナスもある、など収入の計算の仕方には違いがあるため、両者の年収の金額は単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : インフラエンジニアの平均年収|転職して狙える収入は?年収1000万円は可能?

インフラエンジニアの求人・案件例

インフラエンジニアの具体的な仕事内容や必要なスキルの参考として、レバテックフリーランスに掲載されている求人・案件例を紹介します。

インフラエンジニアの求人・案件一覧

【Linux/UNIX】サービス開発インフラ設計構築の求人・案件

■職種・ポジション
インフラエンジニア/サーバーエンジニア/SE(システムエンジニア)

■単価
〜65万円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■業務内容
・株主向けのデジタルサービスとASPシステム開発にともなう、企画~開発~運用保守まで一貫して携わっていただきます。

■求めるスキル
・サーバ/ネットワーク等インフラの経験3年以上
・Linux/UNIXサーバの知見
・Apache/Tomcat等のAP/WEBサーバの設計/構築経験
・PostgreSQL/MySQL等のリレーショナルデータベースマネジメントシステムの設計/構築経験

■歓迎スキル
・GCP/Azure/AWS等のクラウドサービスを利用したシステム基盤の設計/構築経験
・ネットワークの設計/構築経験
・セキュリティに関する知見
・コンテナ技術(Docker/GKE)の知見/経験
・リーダシップ経験(リーダー/マネジメント経験)

■この会社が扱う技術
・DB
MySQL/PostgreSQL
・OS
Linux/Unix
・その他ツール
Microsoft Azure/Apache/Docker

【AWS】大手広告会社システムインフラサポートの求人・案件

■職種・ポジション
インフラエンジニア

■単価
〜75万円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■業務内容
・主に社内ユーザ向けシステムのインフラ/ミドルウェア環境構築とそれに伴うドキュメントを作成を行っていただきます。
・既存環境(AmazonLinux)からのAmazonLinux2への移行をするプロジェクトです。
・ご経験に応じてプログラムの改修やWebサービスの環境構築もご担当いただきます。

■求めるスキル
・直近5年以内にリーダー(もしくはそれ相応のポジション)でのAWSにおける本番環境構築をした経験
・Java実行環境(JDK)のインストール/設定をした経験
・基盤に対して、可用性やセキュリティを考慮した環境を構築した経験

■歓迎スキル
・OpenVPN/Jenkins/AIDE/ClamAVのインストール/設定をした経験
・Zabbix/Jenkins/Tomcatを利用した経験
・Bashスクリプトを作成した経験

■この会社が扱う技術
・言語
Java/PHP
・その他ツール
AWS/Apache/Jenkins

なお、上記の内容はインフラエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

関連記事 : インフラエンジニアのフリーランス案件や平均単価・年収|今後の需要についても解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.