あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

メリットやデメリットから必要なスキル、資格も
インフラエンジニアのフリーランス案件や平均単価・年収|今後の需要についても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

インフラエンジニアはサーバやネットワーク、ストレージといったシステムにおけるITインフラ全般の設計、構築、運用を担当する職種です。インフラエンジニアの仕事内容やスキルといった基本から、フリーランスインフラエンジニアになることでの違いや単価感などを解説します。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスインフラエンジニアの仕事内容
フリーランスインフラエンジニアのメリット
フリーランスインフラエンジニアのデメリット
フリーランスインフラエンジニアに必要なスキル
フリーランスインフラエンジニアに必要な資格
フリーランスインフラエンジニアの年収
フリーランスインフラエンジニアの年齢
フリーランスインフラエンジニアの求人案件
フリーランスインフラエンジニアの働き方
今後のフリーランスインフラエンジニアの需要
副業としてのフリーランスインフラエンジニア
フリーランスインフラエンジニアになるには

フリーランスインフラエンジニアの仕事内容

フリーランスインフラエンジニアは、通常のインフラエンジニアと仕事内容は変わりません。「そもそもインフラエンジニアって何?」という方のために、インフラエンジニアの仕事内容を説明しましょう。

インフラエンジニアは、通信やネットワークなどに欠かせない基盤に携わる職種です。例えば、今あなたが使っているパソコンまたはスマートフォンがインターネットに接続できるのは、このインフラエンジニアがいてこそ可能になっています。インフラエンジニアが関わる業務は「ITインフラ」とも呼ばれています。仕事内容は、大きく分けると以下の3つです。

  • インフラ設計
  • インフラ構築
  • インフラ運用

「設計→構築→運用」というフローで成り立っており、一口にインフラエンジニアといっても、それぞれ仕事内容が大きく異なります。

フリーランスインフラエンジニアであっても、インフラエンジニアとして関わる業務の内容は変わりません。それぞれの仕事内容をフリーランスとして引き受け、クライアントと連絡をとりながら仕事を進めていくことになります。中には、上流から下流まで一手に引き受けるケースもフリーランスの場合は少なくないので、その後の案件受注の際に大きなメリットになります。

それでは、3つの仕事内容をそれぞれ見ていきましょう。

インフラ設計

インフラ設計とは、ネットワークやサーバーを構築するために、規模感・期間・トラブルの予測など具体的な内容を企画書にまとめ、最終的に設計書に落とし込んでいく業務のことです。

設計するものはネットワークに限らず、使用する機器やソフトウェアなど、使用する環境全てが対象となります。

インフラ設計では様々なトラブルを考慮し、安全で安定した設計をしていかなければなりません。そのため、インフラエンジニアの経験が長い人や資格を保有している人など、高いレベルの知識や経験があると歓迎されます。

給与や待遇は高いことが多いので、将来的にインフラ設計に携わることを目標にしているインフラエンジニアも少なくありません。

インフラ構築

インフラ構築では、インフラ設計から降りてきた設計書を元に、実際にネットワークやサーバーを構築していきます。

主に機器の発注やソフトウェアのインストールのほか、正しく動作するかどうかのテストを行いますが、構築作業は幅広く、ただ単に設計書通りに行うだけとは限りません。
構築している中で設計書通りにいかない場合や、想定していなかったトラブルが発生したときには、以下のような重要な業務も含みます。

  • インフラ設計にフィードバックする
  • 構築しなおす
  • 現場の状況を保持し正しく伝える

難しそうな印象が強いですが、基本的には設計書が正しく作られていればそれに従っていけばよく、インフラ設計に比べ難易度は下がります。

インフラ運用・保守

インフラ設計とインフラ構築の業務で完成したITインフラは、実際に使用を始めて以後もトラブルの発生や、改修が必要になる場合があります。そこを担当するのが、インフラ運用・保守という仕事です。「運用」と「保守」で若干業務内容が異なるので、それぞれ見ていきましょう。

「運用」は、構築されたITインフラが正常に動作しているか、不具合が起きていないかという監視をする業務です。WEBサービスやオンラインゲームなどで「定期メンテナンス」という言葉をよく見かけますが、そこではネットワークやサーバーのチェックが行われています。
「保守」はトラブルが起きた際に原因を特定し、正しく動作するよう対応する業務です。緊急のトラブルにも迅速に対応する必要があります。

インフラ運用・保守は、対応がマニュアル化されていることが多いので、インフラ業務の中では比較的難易度が低い業務と言えるでしょう。しかし、24時間365日監視しなければいけないこともあり、夜勤や土日出勤を求められる現場も少なくありません。
インフラ運用・保守を目指す方は、勤務時間やシフトなどについてしっかりチェックしておきましょう。

関連記事 : インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

フリーランスインフラエンジニアのメリット

フリーランスのインフラエンジニアにはメリットがあります。以下で詳しく紹介します。

正社員のインフラエンジニアより収入が多くなることもある

即戦力として採用されることが多いフリーランスは、キャリアアップの要素を含む正社員よりも収入は多くなるでしょう。他にもフリーランスの方が年収が高くなる要因はいくつかありますが、年収1000万以上を実現しているフリーランスインフラエンジニアも存在します。

休日を自分で決めることができる

正社員であれば会社で定めたカレンダーに従うことになりますが、フリーランスであればスケジュールや現場との相談次第で好きな日に休みを取ることができます。必ずしも希望が通るわけではありませんが、正社員と比べると自由度は高くなります。

自分で仕事を選べる

正社員だと、社内で与えられた案件にしか携わることができません。一方、フリーランスであれば自分で案件を選ぶことができるので、比較的自由度が高く、携わりたい仕事にエントリーできるのが魅力です。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスインフラエンジニアのデメリット

フリーのインフラエンジニアにはメリットだけではなくデメリットもあるので、よく確認しておきましょう。

夜勤や休日出勤などが必要となる場合がある

インフラエンジニアの案件は大規模なプロジェクトもあり、どこか一つの現場でトラブルやイレギュラーな事態が起きてしまうと、ほかの現場にも影響してしまいます。そのため、早期対応が必要になり、残業や土日出勤を求められることも少なくありません。もちろん強要されることはありませんが、求められる可能性があることは知っておく方が良いでしょう。

仕事がない期間ができてしまう

正社員なら仕事の有無に関わらず、固定給が支払われます。一方、フリーランスとなるとの場合は自分で仕事を探さなければなりません。もし仕事がな無い期間がある場合は、その間収入が0になってしまうこともあるので覚悟が必要です。

関連記事 : 在宅フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスインフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルは、知識と能力で大きく分けられます。

ネットワーク・サーバー・セキュリティの知識

インフラエンジニアになるには、ある程度のITインフラに関する知識が必要です。例えば、そもそもインターネットがどういう仕組みで動いているかという知識やサーバーを構築する手順などは、最低限必要とされます。下記のような知識を予め学んでおけば、スムーズに仕事を探すことができるでしょう。

  • LAN
  • IPアドレス
  • イーサネット
  • Linux
  • クラウド

論理的思考とコミュニケーション能力

インフラエンジニアの仕事を進めていく際には、クライアントやチーム間での会議が多く行われます。クライアントの要望を整理してまとめたりチーム間で意見や案を出し合ったりするときには、論理的思考とコミュニケーション能力が欠かせません。

論理的思考と聞くと難しいのかと思われるかもしれませんが、要は情報を整理できる能力があればいいので、訓練次第で改善していくことが可能です。

関連記事 : インフラエンジニアになるにはどんなスキルが必要か

フリーランスインフラエンジニアに必要な資格

フリーランスインフラエンジニアになるのに特別な資格は必要ありません。エンジニアは技術職ということもあり、資格よりもスキルや経験、実績などが重視されやすいです。

ただし、インフラエンジニアとしての知識を深めるという意味であれば、資格取得は無駄になりません。インフラエンジニア向きの資格はいくつもありますが、一例を挙げると以下のような資格があります。
 

  • CCNA
  • LinuC(旧LPIC)

「CCNA」は、世界的に利用されている通信機器メーカーのシスコシステムズ社が認定する、ネットワークや通信機器に関する資格です。若干難易度は高いですが、インフラエンジニアとして働くのであれば、学習した知識は無駄にならないでしょう。

「LinuC」はLinuxというOSに関する技術に関する資格です。インフラエンジニアの多くはLinuxOSに触れることになるので、実用的な資格と言えます。

関連記事 : インフラエンジニアに必要な基礎知識とは

フリーランスインフラエンジニアの年収

レバテックフリーランスでのインフラエンジニア案件のデータでいうと、平均月単価は64万円、年収換算で768万円となっています(2020年4月時点)。

参照 : インフラエンジニアの求人・案件一覧

また、インフラエンジニアの中でも収入差は存在します。例えば、プロジェクトマネジャーとしてのポジションであったり、インフラ設計などの上流から担当する業務であったりと、高いスキルや経験が求められる案件であれば単価も上がる傾向にあります。そうした案件を継続できれば年収1000万円を超えることも少なくありません。

関連記事 : インフラエンジニアの年収

フリーランスインフラエンジニアの年齢

会社員のインフラエンジニアと比べると、フリーランスインフラエンジニアの年齢層は高い傾向にあります。
フリーランスとして働くためには経験や実績が必要となるため、すでにフリーランスインフラエンジニアとして勤めている人の多くは、企業での経験がある場合がほとんどです。そのため、フリーランスインフラエンジニアの全体的な年齢層は必然的に高くなるでしょう。

一部では、年齢が若い方が有利と言われることもありますが、経験が重要視されることもまた事実で、必ずしも若ければいいわけではありません。

自分にしかできないなんらかの付加価値を身につけておくことで、年齢に左右されないフリーランスインフラエンジニアとなることができるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアの将来性について

フリーランスインフラエンジニアの求人案件

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、PHPエンジニアの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。PHPエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【インフラ構築】 自動車販売店向け基幹システム構築の求人・案件

■単価
〜950,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
■職種・ポジション
インフラエンジニア、ネットワークエンジニア
■職務内容
・現行オンプレサーバーに個々に構築された既存アプリケーション(複数)をパブリッククラウド上の共通開発基盤へ再構築するプロジェクトにご参画頂きます。
・DBA担当として、主に下記をご担当頂きます。
-システム構想を目標としたインフラの企画・プロトタイプ作成/検討
-アジャイル、DevOps等最新アプリの開発思想に対応できる柔軟性、機敏性のあるインフラ基盤の検討
■求めるスキル
・インフラ業務におけるシステム導入の経験
・DBA担当の経験
・Unix系システムの経験
■最寄り駅
名古屋(愛知県)

【AWS/NGFW】AI開発基盤向けセキュリティ検証の求人・案件

■単価
〜900,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
■職種・ポジション
インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、テストエンジニア、セキュリティエンジニア、プロジェクトリーダー(PL)
■職務内容
・AI開発基盤におけるセキュリティ検証に、サブリーダーとしてご参画いただきます。
・AWSで構築したAI開発基盤において、下記を行っていただきます。
-想定した攻撃シナリオに対するセキュリティ対策の検証
-機密性が高い情報を扱う上でのアクセス監視や実際の攻撃を想定したテスト
 ※検証シナリオに基づきAWSやNGFW(IDS/IPS)などの製品を用いる
■求めるスキル
・作成済の検証シナリオを理解できること
・セキュリティテストの実施経験
・ネットワークセキュリティに関する知見
【歓迎スキル】
・AWSに関する設計/導入/運用経験
■最寄り駅
神谷町(東京都)


上記の内容はPHPエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

インフラエンジニアの案件をもっとみる

フリーランスインフラエンジニアの働き方

フリーランスインフラエンジニアの働き方は以下の2種類があります。

  • 現場に常駐
  • リモートワーク

従来のインフラエンジニアの仕事は、オンプレミスという、サーバーやネットワーク機器などを自社の建物内で設置し、運用していく方法が主流であったため、現場に常駐した働き方が一般的でした。

しかし近年では、クラウドと呼ばれるインターネットを経由することでサーバーを利用することができるサービスが増えており、物理的にサーバーを設置することがなく比較的安価で、リモートワーク化も可能なため、クラウドの導入が進んでいます。

それを踏まえた上で、常駐とリモートワークの詳細とメリットデメリットを見ていきましょう。

現場に常駐

案件先のクライアントのオフィスに常駐し、現場で作業をする働き方で「客先常駐」ともいいます。

客先常駐のメリットは、多くのエンジニアと関われることや、会議や質問などコミュニケーションが取りやすいことです。一方でデメリットとしては、客先は全員お客様ということや、知らない人だらけの環境となるため、気疲れしてしまうことなどが挙げられます。

しかし、積極的にコミュニケーションを取り緊張を緩和していくことができれば、デメリットはむしろメリットに変わるでしょう。

様々なエンジニアと関わっていきたい、またコミュニケーション能力に自信があるという方は、客先常駐の働き方が向いていると言えるでしょうます。

リモートワーク

リモートワークのインフラエンジニアは、いわゆる在宅勤務やテレワークと同じで、自宅や好きな場所で作業するタイプの働き方をします。

しかし、打ち合わせや不具合対応で現場に行かなければならない日もあるため、完全在宅勤務というわけではなく、「予め決まっている会議の日に出勤する」あるいは「週○日は現場に行く」といった働き方が多いです。

リモートワークの一番のメリットは、自由度の高さです。出勤する移動時間がなくなるため時間的余裕ができたり、自宅以外でも作業ができたりといったことがあります。満員電車に乗ってオフィスへ出向く必要がなく、自宅やカフェなど好きな場所でストレスなく働くことができるからです。さらに移動時間もなくなるので、その分自分の時間にあてられるのも魅力です。

一方でリモートワークのデメリットは、クライアントやほかのエンジニアとの会話の機会が激減するため、コミュニケーションが取りづらくネットワークが作りにくいという点です。出勤するタイミングで積極的にコミュニケーションを取り、距離感を縮めておくと、業務内で協力関係が築けるのでより働きやすい環境を作ることができます。

自由な働き方を実現させたい方や、子どもの面倒を見たり介護したりする必要がある方に向いている働き方だと言えるでしょう。

関連記事 : 客先常駐は楽しい?メリット・デメリットを解説

今後のフリーランスインフラエンジニアの需要

クラウドシステムなどの増加により、インフラエンジニアの活躍の場は増え続けており、今後もインフラエンジニアの需要は伸び続けると予想されています。

また、少子高齢化の影響で人口が減少し、エンジニア全体の数が少なくなることも考えられるため、インフラエンジニアの求人・案件は伸び続けると考えられます。

関連記事 : インフラエンジニアは人材不足か

副業としてのフリーランスインフラエンジニア

副業としてフリーランスインフラエンジニアを始め、経験を身に付けつつ転職に向けて活動することも可能です。インフラエンジニアを副業として始めるなら、以下のような案件を探すことで、経験を積むことができます。
 

  • サーバー構築
  • サーバー移行
  • SSL化業務

ただし、インフラエンジニアの案件はフルタイムで勤務するものがほとんどなので、副業として始められる案件数はそう多くはありません。案件があっても本業との両立が難しいこともあり得ますし、現実的になかなか案件を獲得できないということもあります。

本業に余裕がある方や学生の方などは、副業としてフリーランスインフラエンジニアを始めやすいでしょう。

関連記事 : エンジニアの副業について

フリーランスインフラエンジニアになるには

完全未経験からフリーランスインフラエンジニアになるには、ネットワークやサーバーに関する知識が必要となります。資格の後で紹介した「CCNA」と「LinuC」は、インフラエンジニアになるための基礎知識が学べるだけでなく、スキルの指標として扱うことができるため、学習の一つとして取り組むとよいでしょう。

ただし、プロとしてのスキルを期待されるフリーランス案件において、実務未経験からではなかなか難しいのが現実です。例えば、高負荷に耐えられるインフラの構築、運用が求められる案件で、座学だけの知識では対処が難しいというのはイメージがつきやすいはずです。

フリーランスエンジニアになることを目指すのであれば、インフラエンジニアの実務経験を積むため、会社員として働くの目指すのが第一歩。そのための学習とアウトプットを繰り返すところから始めていきましょう。
 
関連記事 : 個人事業主と会社員の違い

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.