あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

クラウドエンジニアの概要から必要なスキルについても解説
クラウドエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアを指します。クラウドを利用しながら、ネットワーク構築や保守等を行う案件に参画するため、サーバーやネットワークの設計構築の知識が求められるでしょう。

クラウドエンジニア向けの求人や案件は、クラウド化が加速する昨今において増えつつありますが、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ない傾向にあるため、市場価値が高いと言えます。

クラウド案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

クラウドエンジニアとは
クラウドエンジニアの仕事内容
クラウドエンジニアに必要なスキル
フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには

クラウドエンジニアとは

昨今インフラ部分の開発をクラウド環境で行う企業が増加しています。そのためクラウドに精通した「クラウドエンジニア」の需要が高まっています。

システムインフラにクラウドサービスを使うことによって得られるメリットは、「コスト削減」や「システム構築の期間短縮」などが挙げられます。さらにオンプレミスでサーバーやネットワークを設置し、管理・運用する機会が減ることから、インフラエンジニアやネットワークエンジニアの負担も軽減されます。

よって今後クラウド化が進むことにより、インフラエンジニアやネットワークエンジニアも、クラウド技術や知識に精通することが求められます。

関連記事 : インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違い

クラウド案件を提案してもらう

クラウドエンジニアの仕事内容

近年、大企業だけでなく中小企業でもオンプレミスからクラウドに移行する動きがあります。クラウドエンジニア向けの主な求人・案件は、クラウドを利用しながら、クライアントのネットワーク構築や保守、クラウドの設定、最適化を行うものが多いです。

クラウドエンジニア向けの求人・案件は、クラウド化が加速する昨今において増加傾向にあります。しかし、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ないようです。だからこそ、インフラエンジニアやネットワークエンジニアが、クラウドに精通したクラウドエンジニアになることで、市場価値が上がり、キャリアアップすることもできるでしょう。

関連記事 : AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

クラウドエンジニアに必要なスキル

近年需要が高まっているクラウドエンジニアですが、クラウドに関する知識・技術のほかにどのようなスキルが求められるのでしょうか。

クラウドエンジニアの仕事は、クラウドを使用したシステムインフラの構築やストレージ環境構築、クラウドの運用・保守です。クラウド化の目的はさまざまなシステムのインフラやストレージを、低コストかつ短期間で実現することです。これらの目的を効率的に実現するためにクラウドエンジニアには、サーバーやネットワークの設計構築の経験が求められます。特に大規模案件や企業間のネットワーク統合の経験などがあれば、より高度な求人・案件への挑戦も視野に入ります。また、最新ミドルウェアやツールの知見・経験があると、さらにエンジニアとしての評価は高まります。

以上のことから分かるように、今後インフラエンジニア、ネットワークエンジニアが、システムインフラのクラウド化によってクラウドエンジニアにステップアップできると考えられます。またクラウドに特化するだけでなく、少しでも求人・案件に関係する知識やスキルを身に着けておくことがポイントです。そのほか、コンサルやマネジメント経験や顧客折衝などの経験があると、顧客ヒアリングや上流工程の求人・案件に着手する機会が増えるでしょう。

関連記事 : エンジニア専門エージェントが考える『できるエンジニア』の5つの特徴

フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには

フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには、まずシステム開発の基本を押さえ、できればシステムインフラであるネットワークやサーバー構築、データベースなどの知識があることが望ましいです。

フリーランスのクラウドエンジニアが習得すべきスキル

すでに、オンプレミスでシステムインフラの構築をするスキルがあるエンジニアであれば、AWSやAzureなどのIaaSサービスの知見を深めることが大切です。フリーランスのクラウドエンジニアの案件には、オンプレミス環境のシステムをAWSやAzureなどのクラウドサービスに移行する案件が多数あります。

応募条件には、AWSを用いた開発経験が求められることが多いため、チャンスがあれば積極的に応募すると良いでしょう。特に稼働中の案件で、AWSなどを使う機会があれば理想的です。

AWSを用いたシステム開発案件を獲得するために、個人的にAWS環境でWebサービスやアプリケーションを作ってみるのも良いアピールになります。すでにあるWebサービスをコピーで作るという勉強法は特におすすめです。

未経験からフリーランスのクラウドエンジニアを目指す場合

未経験者の場合、AWSなどのクラウドサービスの勉強をしながら、システム開発案件で経験を重ねることが求められます。未経験者でも獲得できるシステム開発案件の多くは運用フェーズのものが多く、クラウドサービスを使っているシステムの運用をする案件に積極的に応募してみると良いでしょう。

また未経験者でも個人でAWSやAzureなどのクラウドサービスを利用することはできるため、スクールでシステム開発やクラウドを学びながら、アウトプットとしてAWSなどを使ったWebサービス開発やスクールで習ったことを応用してみるなど、自学自習することが不可欠です。一見大変に思えるかも知れませんが、クラウドエンジニアはシステム全体を俯瞰的に見るスキルが必要なため、チャレンジしてほしいと思います。

もっともよく利用されるクラウドサービスはAWSですが、AWSには「AWS認定」という試験もあります。実務経験が1年以上など求められるスキル水準は高いですが、実務経験がなくとも、自学自習やAWSから提供されている教材で勉強することで、合格することもできます。AWS認定試験に合格することも、クラウドエンジニアとして案件を獲得するためには良いアピールになります。

クラウドエンジニアは、システムインフラや開発環境をクラウドサービス上に展開する業務を行うため、まずは基礎となるオンプレミスのシステム開発や開発環境構築について学んで経験を積むことが、クラウドエンジニア案件獲得への早道です。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

クラウド案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.