オンラインカウンセリング実施中

クラウドエンジニアとは|年収や資格、仕事内容について

クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアを指します。クラウドを利用しながら、ネットワーク構築や保守等を行う案件に参画するため、サーバーやネットワークの設計構築の知識が求められるでしょう。

クラウドエンジニア向けの求人や案件は、クラウド化が加速する昨今において増えつつありますが、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ない傾向にあるため、市場価値が高いと言えます。

クラウド案件を提案してもらう

目次

クラウドエンジニアとは
クラウドエンジニアの仕事内容
クラウドエンジニアの平均年収
クラウドエンジニアのキャリアパス
クラウドエンジニアに必要なスキル
クラウドエンジニアに必要な資格
クラウドエンジニアの需要と将来性
フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには
フリーランスクラウドエンジニアの仕事の流れ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

クラウドエンジニアとは

近年は、クラウド環境でインフラ開発を実施する企業が増加しています。クラウドを熟知したクラウドエンジニアの需要も高まっていると考えられるでしょう。

システムインフラ開発にクラウドサービスを使うメリットは、「コスト削減」「システム構築の期間短縮」など。オンプレミスでサーバーやネットワークを設置して管理・運用する機会も減ることから、インフラエンジニアやネットワークエンジニアの負担が軽減されるのがポイントです。

今後クラウド化がさらに進めば、インフラエンジニアやネットワークエンジニアにも、クラウドを扱う知識と技術がより求められるようになるでしょう。

関連記事 : AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

クラウド案件を提案してもらう

クラウドエンジニアの仕事内容

現在は大企業だけでなく、中小企業にもオンプレミスからクラウドへ移行する動きがあります。クラウドエンジニアの求人・案件には、クラウドを利用したクライアント先ネットワークの構築や保守、クラウド設定、最適化などを行うものが多いでしょう。

クラウドエンジニア向けの求人・案件は、クラウド化が加速する中で増加しつつあります。一方で、クラウドを専門とするエンジニアの数は充足しているとはいえないようです。

以上を考慮すると、インフラエンジニアやネットワークエンジニアが専門性を高めてクラウドエンジニアになることで、市場価値が上がると考えられます。キャリアアップや、クラウドに特化した人材としてのキャリア形成にもつながるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

クラウドエンジニアの平均年収

企業に勤務するクラウドエンジニアの平均年収や月給について、省庁による公的データは出されていません。参考までに、2017年に経済産業省が発表した資料「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」を見ると、「IT運用・管理」担当のエンジニアの平均年収は608.6万円でした。

※参考 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

続いて、フリーランスのクラウドエンジニアの平均年収も見てみましょう。レバテックフリーランスの案件の月額単価(2021年4月時点)をチェックすると、AWSの開発や運用を行う案件の平均月単価は76万円で、その12ヶ月分である参考年収は912万円です。また、Salesforce CRMに関する案件では、平均月単価が80万円であるため、年収換算すると960万円となります。

AWSの求人・案件一覧
Salesforce CRMの求人・案件一覧

ただし、フリーランスは基本的に年金や税金を自ら納めなくてはならず、年間通して途切れずに案件が受注できるとは限らない点には注意が必要です。上記の年収は、あくまで目安と考えた方が良いでしょう。

関連記事 : クラウドエンジニアの年収|仕事内容や必要なスキル、資格、将来性は?

クラウドエンジニアのキャリアパス

クラウドエンジニアには、クラウド製品の知識やスキルとともに、サーバーやネットワーク、データベース、ミドルウェアソフトやツール、オンプレミスなど幅広い分野の知識やスキルが必要になります。似たようなスキルを要する職種にインフラエンジニアがありますが、実際にインフラエンジニアがクラウドエンジニアに転向するケースもあるようです。

クラウドエンジニアのキャリアパス例としては、クラウドコンサルタントが挙げられます。クライアント企業の課題を解決するべく、オンプレミスからクラウドへの移行や、最適なクラウド設計などを提案する職種です。クライアントから課題や要望などをヒアリングし、クラウド導入のメリットや技術面の説明も行います。

クラウドコンサルタントを目指したい人は、システム開発現場でマネジメントを経験し、インフラやネットワークの知識を身につけ、クライアントとのコミュニケーションスキルも磨いておくことが大切です。

関連記事 : インフラエンジニアのキャリアパス|転職の選択肢や資格、女性のキャリア形成を解説

クラウドエンジニアに必要なスキル

近年需要が高まりつつあるクラウドエンジニアですが、クラウドの知識・技術以外には何のスキルが求められるのでしょうか。

クラウドエンジニアの仕事は、クラウドを利用したシステムインフラやストレージ環境の構築、クラウドの運用・保守などです。クラウド化の目的は、さまざまなシステムのインフラやストレージを低予算、かつ短期間で実現することです。

これらの目的を効率的に実現するため、クラウドエンジニアにはサーバーやネットワークの設計・構築経験が要求されます。特に、プロジェクト規模が大きい案件や企業間ネットワーク統合作業の経験があれば、より難易度が高い求人・案件への挑戦も視野に入ります。また、最新のミドルウェアやツールの知識・経験があれば、エンジニアとしての市場価値はさらに高まるでしょう。

以上のことから分かるように、システムインフラのクラウド化により、今後インフラエンジニアやネットワークエンジニアが、クラウドエンジニアにステップアップできるようになると考えられます。クラウドに特化するだけでなく、それぞれの求人・案件に関連する知識やスキルを少しでも身につけておくのがポイントです。

そのほか、コンサルティングやマネジメント、顧客折衝などの経験がある人は、顧客へのヒアリングや上流工程に従事する求人・案件に参画する機会が多くなるでしょう。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル|転職や年収アップに役立つ資格はある?

クラウドエンジニアに必要な資格

クラウドエンジニアになるのに必須の資格はありません。ただし、クラウドエンジニアとして活躍し続けるにあたり、取得しておくと役立つ資格には、以下のようなものがあります。

  • AWS認定資格
  • Microsoft Azure認定試験
  • Google Cloud認定資格
  • CCSP

上記資格の詳細をそれぞれ説明していきます。

AWS認定資格

AWS認定資格は、AWS (Amazon Web Services)を活用したクラウドの専門知識を証明する制度です。4段階の試験「基礎レベル」「アソシエイトレベル」「プロフェッショナルレベル」「専門知識」が実施されています。

「AWS認定ソリューションアーキテクト」の場合は、アソシエイトレベルに該当します。出題内容は、AWSサービスの知識やシステムの設計・構築・運用時の原則、最適な活用方法(ベストプラクティス)など。アーキテクチャ設計の知識と技能を認定します。

AWSサービスやクラウド、ネットワークの基礎知識があり、実務経験を積んだ人向けの試験なので、難易度は比較的高いといえます。

試験を受けるには、「AWS Certificationアカウント」取得が必要です。受験方法はテストセンター、またはオンラインプロクター試験から選ぶことができ、受験料金は税込16,500円となっています。

資格名 AWS認定ソリューションアーキテクト
試験日 随時
受験料 16,500円
合格基準 1000点満点中720点以上
試験形式 複数選択または複数応答

※参考 : AWS 認定 ソリューションアーキテクト

Microsoft Azure認定試験

「Microsoft認定資格プログラム」は、マイクロソフト製品を扱うスキルを認定する制度です。その中でも「Microsoft Azure認定資格」はマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Azure」に特化しています。2021年4月時点における主なAzure関連認定資格には、以下のようなものがあります。

初級レベル

  • Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)
  • Microsoft Azure AI Fundamentals(AI-900)
  • Microsoft Azure Data Fundamentals(DP-900)

中級レベル

  • Microsoft Azure Administrator(AZ-104)
  • Implementing an Azure Data Solution(DP-200)
  • Data Engineering on Microsoft Azure(DP-203)
  • Designing and Implementing an Azure AI Solution(AI-100)
  • Designing and Implementing a Microsoft Azure AI Solution(AI-102)
  • Microsoft Azure IoT Developer(AZ-220)
  • Microsoft Azure Security Technologies(AZ-500)
  • Microsoft Security Operations Analyst(SC-200)
  • Administering Relational Databases on Microsoft Azure(DP-300)
  • Developing Solutions for Microsoft Azure(AZ-204)
  • Designing and Implementing a Data Science Solution on Azure(DP-100)

上級レベル

  • Designing and Implementing Microsoft DevOps Solutions(AZ-400)
  • Microsoft Azure Architect Technologies(AZ-303)
  • Microsoft Azure Architect Design(AZ-304)
  • Planning and Administering Microsoft Azure for SAP Workloads(AZ-120)
  • Microsoft Identity and Access Administrator(SC-300)
  • Configuring and Operating a Hybrid Cloud with Microsoft Azure Stack Hub(AZ-600)

試験では、クラウドの概要やAzureの知識、セキュリティ、プライバシーなどに対する理解力が問われます。難易度はプログラムにより異なりますが、基本的に初級はAzureを初めて使用する方向け、中級は開発に携わるエンジニア向け、上級はクラウド管理者やAzureのプロフェッショナルを目指したい人向けという位置づけです。

※参考 : Microsoft Certifications | Microsoft Docs

Google Cloud認定資格

Google Cloud認定資格は、Googleが提供するGoogle Cloud Platform(GCP)のスキルを測る認定資格です。同資格取得により、GCPを用いるのに必要な一定レベルの知識を有していることが証明できます。日本語で受験可能な試験は、以下の4つです。

  • Associate Cloud Engineer
  • Professional Cloud Architect
  • Professional Data Engineer
  • Professional Collaboration Engineer

試験内容は、クラウドプロジェクト管理、ソリューション設計、データ処理システム構築、生産性ツールの使用方法など分野ごとに分かれています。「Associate Cloud Engineer」を除く3つの資格では実務経験3年以上を推奨しているため、難易度は高いといえるでしょう。

受験方法は試験により異なりますが、基本的にはテストセンターで受けられます。出題形式はどれも選択式で、試験時間は2時間です。

資格名 Google Cloud認定資格
試験日 随時
受験料 Associate Cloud Engineer…125ドル
Professional Cloud Architect…200ドル
Professional Data Engineer…200ドル
Professional Collaboration Engineer…200ドル
合格基準 非公開
試験形式 選択式

※参考 : Google Cloud 認定資格

CCSP

「CCSP (Certified Cloud Security Professional)」は、クラウドサービスの安全利用に必要な知識を問う資格試験です。同資格取得により、設計や開発に留まらず、セキュリティや法規も含めたクラウド全般の専門知識を持つ人材であることが証明できます。

出題内容は、設計コンセプトやデザイン、データセキュリティ、クラウドプラットフォーム、インフラ、オペレーション、法規とコンプライアンスなど。CCSP認定を受けるためには試験合格のほか、IT業務に従事した経験5年以上、情報セキュリティ関連の業務経験3年以上、または、CCSPで指定される6ドメインのいずれかに関する業務経験1年以上といった要件を満たす必要があります。難易度は高く、クラウド管理者を目指す人にとって実力を測るのに適した試験といえるでしょう。

CCSPはピアソンVUEのテストセンターで受検でき、申し込みの際に会場と日程が選べます。

資格名 CCSP
試験日 随時
受験料 599ドル
合格基準 1000点満点中700点以上
試験形式 選択式

※参考 : CCSPとは|(ISC)2 Japan

関連記事 : クラウドエンジニアにおすすめの資格|未経験からの転職に資格は必要?

クラウドエンジニアの需要と将来性

総務省が発表した「令和2年版情報通信白書」によると、2019年においてクラウドサービスを一部でも利用している企業の割合は64.7%でした。4年前にあたる2015年の44.6%から大きく上昇したのが分かります。近年の傾向を踏まえれば、クラウドエンジニアの需要は引き続き伸びていくことが見込まれるため、将来性も期待できそうです。

※参考 : 総務省「令和2年版情報通信白書」

また、同白書の調査では、クラウドサービスを利用している企業のうち「非常に効果があった」「ある程度効果があった」と回答した割合は85.5%に上ります。2017年には総務省から「IoT総合戦略(改訂)」 案が出され、5Gを活用したIoT技術導入とクラウド活用が推進されるようになりました。この状況からも、今後クラウドサービスを利用したサービスやシステムが増加することが予想されます。

※参考 : 総務省「IoT総合戦略(改訂)」案

関連記事 : インフラエンジニアの需要と将来性|クラウドの登場で環境はどう変わっていく?

フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには

フリーランスのクラウドエンジニアとして案件に参画するには、まずシステム開発の基本を押さえることが重要です。システムインフラであるネットワークやサーバー構築、データベースの知識があればなお望ましいといえます。

フリーランスのクラウドエンジニアが習得すべきスキル

すでにオンプレミスのシステムインフラ構築スキルがあるエンジニアは、AWSやAzure、GCPなどIaaSサービスの知識を深めることが大切です。フリーランスのクラウドエンジニア向け案件には、オンプレミス環境下のシステムをAWSやAzureに移行するものが多くあるとあります。

AWSを用いた開発経験が参画条件に挙げられていることが多いため、チャンスがあれば積極的に応募してみましょう。特に現在稼働中の案件で、AWSのようなクラウドサービスを使う機会があれば理想的です。

AWSを用いたシステム開発案件を獲得するべく、個人的にAWS環境でWebサービスやアプリケーションを作成するのも、アピールにつながる可能性があります。既存のWebサービスをコピーして作成する勉強法も、スキル習得に効果的です。

未経験からフリーランスのクラウドエンジニアを目指せる?

未経験でもフリーランスのクラウドエンジニアは目指せますが、クラウドエンジニアに限らず、企業は自社の業務で即戦力になれる人材を求めるのが一般的。実務経験を重視する傾向があるため、実際に案件を受注するには一定の実務経験とスキルが必要でしょう(※もし未経験歓迎の求人・案件があれば、この限りではありません)。

まずはクラウドエンジニアになるための勉強をし、企業で実務経験を積みながらスキルを身につけるのが得策です。次の項目では、フリーランスのクラウドエンジニアになるための勉強方法を紹介します。

フリーランスのクラウドエンジニアになるために必要な勉強

フリーランスのクラウドエンジニアになるには、多種多様な案件に対応できる知識とスキルの習得が必要です。フリーランスのクラウドエンジニアを目指すための勉強方法には、主として下記の2つがあります。

  • スクールを利用する
  • 企業に就職する

それぞれの方法を以下にまとめました。

スクールを利用する

スクールでは基礎知識から実際に開発をする技術まで、幅広いスキルが学べるでしょう。スクールによっては、AWSやAzure、GCPなどが学べる可能性もあります。ただし、そういった講座で学ぶ前に他の授業を受けなければならない場合もあるため、受講前に履修規定をよく確認しておきましょう。

オンラインスクールであれば受講する場所や時間が自由であるケースも多く、本業が終わった後でも学習に取り組めそうです。スクールは基礎から着実に学びたい人に向いています。

企業に就職する

企業に就職する方法では、事業でクラウドを扱っている企業を選択することで、研修や実務を通して業務フローや各工程での作業が学べます。ただし、クラウドエンジニアの場合、未経験可の求人であっても、エンジニア職の経験がないと就職するのはなかなか難しい場合もあることは覚えておきましょう。

関連記事 : 未経験からインフラエンジニアになるには|求人数や転職後の年収、おすすめの資格を紹介

フリーランスクラウドエンジニアの仕事の流れ

フリーランスのクラウドエンジニアの業務フローはどのようなものでしょうか。通常は他のエンジニア職と同様、以下のような流れです。

1. 案件の受注

クラウドソーシングサイトへの応募、前職の知人経由での受注、フリーランスエージェントからの案件提案といった方法を通して案件を獲得します。契約締結前に、具体的な作業範囲や報酬、納期などを確認しておきましょう。

2. 作業開始

担当する作業を開始します。要件定義・構築・開発・運用・移行・サポートなど、受注内容により作業の進め方や工程はまちまちです。クラウドエンジニア案件では、オンプレミスのサーバーやシステムの操作が必要な場合もあるため、在宅での業務が難しく、客先常駐が基本になることもあります。

3. 業務完了

何をもって業務完了となるかは、契約内容ごとに異なります。フリーランスのクラウドエンジニアとして安定収入を得るなら、ひとつの案件が終わっても、継続的に案件を受注する努力を惜しまないようにしましょう。

関連記事 : フリーランスの案件を初心者が獲得する方法|独立するエンジニアに必要な心構えとは?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

クラウド案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとクラウドサービスの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.