あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

未経験からフリーランスのクラウドエンジニアになるには
クラウドエンジニアとは|年収や資格、仕事内容について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアを指します。クラウドを利用しながら、ネットワーク構築や保守等を行う案件に参画するため、サーバーやネットワークの設計構築の知識が求められるでしょう。

クラウドエンジニア向けの求人や案件は、クラウド化が加速する昨今において増えつつありますが、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ない傾向にあるため、市場価値が高いと言えます。

クラウド案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

クラウドエンジニアとは
クラウドエンジニアの仕事内容
クラウドエンジニアの平均年収
クラウドエンジニアのキャリアパス
クラウドエンジニアに必要なスキル
クラウドエンジニアに必要な資格
クラウドエンジニアの需要と将来性
フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには
フリーランスクラウドエンジニアの仕事の流れ

クラウドエンジニアとは

昨今インフラ部分の開発をクラウド環境で行う企業が増加しています。そのためクラウドに精通した「クラウドエンジニア」の需要が高まっています。

システムインフラにクラウドサービスを使うことによって得られるメリットは、「コスト削減」や「システム構築の期間短縮」などが挙げられます。さらにオンプレミスでサーバーやネットワークを設置し、管理・運用する機会が減ることから、インフラエンジニアやネットワークエンジニアの負担も軽減されます。

よって今後クラウド化が進むことにより、インフラエンジニアやネットワークエンジニアも、クラウド技術や知識に精通することが求められます。

関連記事 : インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違い

クラウド案件を提案してもらう

クラウドエンジニアの仕事内容

近年、大企業だけでなく中小企業でもオンプレミスからクラウドに移行する動きがあります。クラウドエンジニア向けの主な求人・案件は、クラウドを利用しながら、クライアントのネットワーク構築や保守、クラウドの設定、最適化を行うものが多いです。

クラウドエンジニア向けの求人・案件は、クラウド化が加速する昨今において増加傾向にあります。しかし、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ないようです。だからこそ、インフラエンジニアやネットワークエンジニアが、クラウドに精通したクラウドエンジニアになることで、市場価値が上がり、キャリアアップすることもできるでしょう。

関連記事 : AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

クラウドエンジニアの平均年収

企業に勤めるクラウドエンジニアの平均年収について、省庁による公的データは発表されていませんが、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、「IT運用・管理」を担当するエンジニアの平均年収は608.6万円となっています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

フリーランスのクラウドエンジニアの平均年収はどうでしょうか。2020年7月時点におけるレバテックフリーランスの案件の月額単価を見てみると、AWSの開発や運用に関する案件の平均月単価が76万円で、12か月に換算した年収は912万円です。また、Salesforce CRMに関する案件では平均月単価80万円、12か月に換算した年収は960万円となります。

参照 : AWSの求人・案件一覧
参照 : Salesforce CRMの求人・案件一覧

ただし、フリーランスは基本的に年金や税金を自分で納めなくてはならないこと、年間を通して案件を途切れずに受注できるとは限らないことを考慮に入れると、上記の年収はあくまで目安と考えたほうが良いでしょう。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)の税金と計算方法

クラウドエンジニアのキャリアパス

クラウドエンジニアはクラウド製品に関する知識やスキルに加え、サーバーやネットワーク、データベース、ミドルウェアソフトやツール、オンプレミスなどに関する幅広い知識やスキルが必要になります。同じようなスキルを必要とする仕事としてはインフラエンジニアが挙げられますが、実際にインフラエンジニアからクラウドエンジニアへ転向するケースもあるのです。

クラウドエンジニアからのキャリアパスの例としては「クラウドコンサルタント」が挙げられます。企業の課題を解決するために、オンプレミスからクラウドへの移行や最適なクラウド設計などを提案する仕事です。クライアントから課題や要望などを聞き出し、クラウド導入のメリットや技術的な説明も行います。クラウドコンサルタントを目指す場合はシステム開発の現場でマネジメントを経験し、インフラやネットワークに関する知識やクライアントとのコミュニケーションスキルを磨いておくことが必要です。

関連記事 : エンジニアが身につけるべきプラスアルファのスキルまとめ

クラウドエンジニアに必要なスキル

近年需要が高まっているクラウドエンジニアですが、クラウドに関する知識・技術のほかにどのようなスキルが求められるのでしょうか。

クラウドエンジニアの仕事は、クラウドを使用したシステムインフラの構築やストレージ環境構築、クラウドの運用・保守です。クラウド化の目的はさまざまなシステムのインフラやストレージを、低コストかつ短期間で実現することです。これらの目的を効率的に実現するためにクラウドエンジニアには、サーバーやネットワークの設計構築の経験が求められます。特に大規模案件や企業間のネットワーク統合の経験などがあれば、より高度な求人・案件への挑戦も視野に入ります。また、最新ミドルウェアやツールの知見・経験があると、さらにエンジニアとしての評価は高まります。

以上のことから分かるように、今後インフラエンジニア、ネットワークエンジニアが、システムインフラのクラウド化によってクラウドエンジニアにステップアップできると考えられます。またクラウドに特化するだけでなく、少しでも求人・案件に関係する知識やスキルを身に着けておくことがポイントです。そのほか、コンサルやマネジメント経験や顧客折衝などの経験があると、顧客ヒアリングや上流工程の求人・案件に着手する機会が増えるでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントに必要なスキル

クラウドエンジニアに必要な資格

クラウドエンジニアになるために必須の資格はありませんが、クラウドエンジニアとして活躍していくうえで取得しておくと役立つ資格には以下のようなものがあります。

  • AWS認定ソリューションアーキテクト
  • Microsoft Azure認定試験
  • Google Cloud Certified
  • CCSP

上記の資格について、それぞれご説明していきます。

AWS認定ソリューションアーキテクト

AWS認定資格は、AWS (Amazon Web Services)を利用したクラウドに関する専門知識を証明する資格です。「基礎レベル」「アソシエイトレベル」「プロフェッショナルレベル」「専門知識」の4つの試験が開催されています。

「AWS認定ソリューションアーキテクト」はアソシエイトレベルに該当し、アーキテクチャ設計に関する知識や能力を認定する資格です。試験内容は、AWSサービスの知識に加えて、システムを設計、構築、運用していくうえでの原則と最適な活用法(ベストプラクティス)に関する問題が出題されます。

AWSのサービス知識とクラウドやネットワークの基礎知識があり、実務経験を積んだ人向けの試験なので、難易度は比較的高めと言えるかもしれません。

試験に申し込むには「AWS Certificationアカウント」の取得が必要です。受験方法は「テストセンター」または「オンラインプロクター試験」から選択することができ、受験料金は税別15,000円となっています。

参照 : AWS 認定 ソリューションアーキテクト

Microsoft Azure認定資格

「Microsoft認定資格プログラム」は、マイクロソフト製品に関する技術やスキルを認定するものです。その中でもMicrosoft Azure認定資格はマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Azure」に特化しています。2020年7月時点におけるAzure関連のMicrosoft認定資格には以下のようなものがあります。

初級レベル

  • Azure Fundamentals(AZ-900)
  • Azure AI Fundamentals(AI-900)
  • Azure Data Fundamentals(DP-900)

中級レベル

  • Azure Administrator Associate(AZ-104)
  • Azure Data Engineer Associate(DP-200, DP-201)
  • Azure AI Engineer Associate(AI-100)
  • Azure IoT Developer Specialty(AZ-220)
  • Azure Security Engineer Associate(AZ-500)
  • Azure Database Administrator Associate(DP-300)
  • Azure Developer Associate(AZ-204)
  • Azure Data Scientist Associate(DP-100)

上級レベル

  • DevOps Engineer Expert(AZ-400)
  • Azure Solutions Architect Expert(AZ-300, AZ-301)
  • Azure for SAP Workloads Specialty(AZ-120)
  • App Builder(70-357, 70-486, 70-487)
  • Azure DevOps Engineer Expert(AZ-400)

試験では、クラウドの基本概要やAzureに関する知識、セキュリティやプライバシーについての理解などを問われます。難易度はプログラムによって異なりますが、基本的に初級はAzureに初めて関わる方向け、中級は開発エンジニア向け、上級はクラウド管理者やAzureのプロフェッショナルを目指す人向けといった位置づけになっています。

試験は「ピアソンVUE公認テストセンター」または「OnVUEオンライン監督」にて受けることができます。

Google Cloud Certified

「Google Cloud Certified」は、Googleが提供しているGoogle Cloudの認定資格です。この資格を取得すると、Google Cloudにおいて一定の知識を有していることが証明できます。日本語で受験可能な試験は以下の4種類です。

  • Associate Cloud Engineer
  • Professional Cloud Architect
  • Professional Data Engineer
  • Professional Collaboration Engineer

試験内容はクラウドプロジェクト管理やソリューションの設計、データ処理システムの構築、生産性ツールの使い方など種類ごとに分かれています。Associate Cloud Engineerを除く3つの資格では推奨される経験を「実務経験3年以上」としており、難易度は高めと言えます。

受験方法は試験によって異なりますが、基本的にはテストセンターで受験することができます。出題形式はいずれも選択式で、試験時間は2時間です。

CCSP

「CCSP (Certified Cloud Security Professional)」とは、クラウドサービスを安全に利用するために必要な知識を問う資格試験です。この資格を取得することにより、設計や開発だけでなくセキュリティや法規なども含めたクラウド全般に関する専門家であることを証明できます。

試験内容は、設計コンセプトやデザイン、データセキュリティ、クラウドプラットフォーム、インフラ、オペレーションや法規とコンプライアンスにまで及びます。CCSPの認定を受けるためには、試験に合格すること以外に、ITに関する業務に携わった経験が5年以上、情報セキュリティに関する業務経験が3年以上、またはCCSPの6ドメインのいずれかに関する業務が1年以上といった要件を満たすことが必要になります。難易度は高く、クラウドの管理者を目指す人向けの試験と言えるでしょう。

CCSPはピアソンVUEのテストセンターでの受験が可能で、申し込みの際に会場と日程を選べます。

関連記事 : エンジニア専門エージェントが考える『できるエンジニア』の5つの特徴

クラウドエンジニアの需要と将来性

総務省が発表している「令和元年版情報通信白書」によると、2018年においてクラウドサービスを一部でも利用している企業の割合は58.7%であり、4年前にあたる2014年の38.7%から大幅に上昇しています。近年の傾向を踏まえると、クラウドエンジニアの需要は今後も伸びていくと見込まれるため、将来性も十分期待できると言えるでしょう。

参照 : 総務省「令和元年版情報通信白書

また、同白書における調査では、クラウドサービスを利用している企業のうち「非常に効果があった」や「ある程度効果があった」と効果を実感している企業は83.2%にのぼります。2017年には総務省から「IoT総合戦略(改訂)」 案が発表されており、5Gを活用したIoT技術の導入やクラウドの活用が推進されているのです。このことからも、今後もクラウドサービスを利用したサービスやシステムが増えることが予想されます。

参照 : 総務省「IoT総合戦略(改訂)」 案 概要
関連記事 : プログラマとエンジニアの違いと将来性

フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには

フリーランスのクラウドエンジニアとして働くには、まずシステム開発の基本を押さえ、できればシステムインフラであるネットワークやサーバー構築、データベースなどの知識があることが望ましいです。

フリーランスのクラウドエンジニアが習得すべきスキル

すでに、オンプレミスでシステムインフラの構築をするスキルがあるエンジニアであれば、AWSやAzureなどのIaaSサービスの知見を深めることが大切です。フリーランスのクラウドエンジニアの案件には、オンプレミス環境のシステムをAWSやAzureなどのクラウドサービスに移行する案件が多数あります。

応募条件には、AWSを用いた開発経験が求められることが多いため、チャンスがあれば積極的に応募すると良いでしょう。特に稼働中の案件で、AWSなどを使う機会があれば理想的です。

AWSを用いたシステム開発案件を獲得するために、個人的にAWS環境でWebサービスやアプリケーションを作ってみるのも良いアピールになります。すでにあるWebサービスをコピーで作るという勉強法は特におすすめです。

未経験からフリーランスのクラウドエンジニアを目指せる?

未経験からフリーランスのクラウドエンジニアを目指すことはできますが、クラウドエンジニアに限らず、企業は即戦力のフリーランスを求めるのが基本なので、実務経験を重視する傾向があります。実際に案件を受注するにはある程度の実務経験とスキルが必要だと言えるでしょう。

まずはクラウドエンジニアになるために勉強をし、企業で実務経験を積むのがおすすめです。次項ではフリーランスのクラウドエンジニアを目指すための勉強方法についてご紹介します。

フリーランスのクラウドエンジニアになるために必要な勉強

フリーランスのクラウドエンジニアになるためには、さまざまな案件に対応できる知識とスキルを身につけることが必要です。フリーランスのクラウドエンジニアになるために勉強する方法には、主に下記の2通りがあります。

  • スクールを利用する
  • 企業に就職する

それぞれの方法について、以下にまとめました。

スクールを利用する

スクールでは基礎から実際の開発までの知識を幅広く学ぶことが可能です。AWSやGCP(Google Cloud Platform)、Linuxクラウドなどを学べるスクールがあります。ただし、そういった講座を学ぶ前に他の講座を受講しておかなければならない場合もあるため、事前によく調べておきましょう。オンラインスクールであれば受講する場所や時間を選ばないものもあるので、本業の仕事が終わった後でも受講可能です。基礎からしっかり学びたい人に向いています。

企業に就職する

企業に就職する方法では、実際にクラウドを事業として取り扱っている企業に就職し、研修や実務を通して業務の流れや各工程での作業を学ぶことが可能です。ただし、クラウドエンジニアの場合、未経験可の求人であっても、何かしらのエンジニア経験がないと就職するのはなかなか難しいケースがあることを知っておきましょう。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

フリーランスクラウドエンジニアの仕事の流れ

フリーランスのクラウドエンジニアの実際の仕事の流れはどのようなものでしょうか。基本的には他のエンジニア系職種と同様、以下のような流れです。

1. 案件の受注

クラウドソーシングサイトでの応募、前職の知人経由での受注、フリーランスエージェントからの案件紹介などを通して案件を受注します。契約を結ぶ前に、具体的な作業範囲、報酬、納期などについて確認しておきましょう。

 2. 実務開始

担当する業務を開始します。要件定義・構築・開発・運用・移行・サポートなど、受注した内容によって進め方や必要となる工程は異なります。クラウドエンジニア案件では、オンプレミスのサーバーやシステムなどを操作する必要がある場合もあり、在宅での業務が可能な案件はあまりありません。基本的に客先に常駐すると考えておきましょう。

3. 業務完了

何をもって業務完了とするかは契約内容によって違います。また、フリーランスのクラウドエンジニアとして安定した収入を得るなら、ひとつの案件が終わっても、継続して案件を受注するための努力を怠らないようにしましょう。

関連記事 : フリーエンジニアがエージェントを利用するメリットや登録してからの流れ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

クラウド案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.