年収アップに必要なスキルって?
インフラエンジニアの年収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

サーバー、ネットワーク、仮想環境など対応範囲の広いインフラエンジニアは、扱えるカテゴリが増えるほど年収アップを狙いやすくなります。特にミドルウェアやツールの知識・経験があると、高年収を期待できるでしょう。

インフラエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

0. 目次

1. インフラエンジニアの将来性と仕事内容
2. インフラエンジニアの年収アップに役立つスキル
3. 年収アップにつながるキャリアパス
4. フリーランスインフラエンジニアの年収
5. インフラエンジニアの求人・案件例

1. インフラエンジニアの将来性と仕事内容

将来性

サーバー、ネットワーク、仮想環境、クラウドなど、幅広い対応範囲を持つインフラエンジニア。あらゆるアプリケーションの裏にはインフラが必要不可欠なため、システムエンジニアの職種の中では比較的高めの年収を得られる傾向にあるようです。

仕事内容

「インフラエンジニア」は顧客の目的に応じたIT環境・設備の構築およびその管理にあたる職種です。 

1つのインフラを創出するにあたっては多くのプロジェクトメンバーが関わることになるため、まずは要件定義と設計書の作成を行います。次にその設計書をもとに機器を準備したり、必要なソフトウェアをインストール・設定したりといった構築作業をし、インフラ整備を進めていきます。

さらに、インフラ構築後の運用もインフラエンジニアにとって大切な業務。何らかの障害が発生すれば迅速に対応しつつ、キャパシティの過不足がないよう管理にも常に注意を払うようにします。

インフラエンジニア案件を提案してもらう

2. インフラエンジニアの年収アップに役立つスキル

クライアントの求めるITインフラの目的はさまざま。案件ごとに最適なインフラ環境を構築・運用するには、幅広いプラットフォームの構築の知見が必要になります。

特に最近のミドルウェアやツールの知識・経験を持っていれば、スキルの高いインフラエンジニアとして高年収も期待できます。また、クラウドの普及により従来インフラエンジニアが担当してきた仕事が大幅に削減される可能性も指摘されています。

例えば業務自動化により、下流工程にあたる作業の大半が省略できるようになるなどです。しかし、仮想化環境や上流工程などのスキルを身につけ、自動ではできない上流工程での作業に関われるようにしていくことで、インフラエンジニアとしてさらにスキルアップ・年収アップを狙うこともできるといえます。

インフラエンジニアになるために必要な資格は特にありませんが、保持していれば求人・案件参画やスキルアップに際して有利になるものは存在します。例えばベンダー資格であれば、ネットワーク系のCisco技術者認定、データベース関連のオラクル認定資格、そしてサーバー関係ならLinux技術者認定などです。

また、国家資格としては「情報処理技術者試験」が挙げられます。その中でも基本情報技術者試験(FE)はエンジニアにとっての基本的な知識を問うものであるため、最低限これを取得していることが望ましいとされます。

3. 年収アップにつながるキャリアパス

インフラエンジニアとして年収を増加させるためには、最新のミドルウェアやツールのキャッチアップや資格取得など、独力で学ぶ姿勢が重要です。さらに実際の求人・案件に参画し、どのようなスキルを身につけられたかどうかで、その後の年収は大きく変わってくるでしょう。

また、IT分野以外のスキルとしては、顧客の要望を正確に聞き出し発展させることができるヒアリング能力や、誰にでも理解できる内容の資料作成能力、コンサル・マネジメント能力などもあると望ましいでしょう。

クライアントの希望を叶えるため、システム全体を見たインフラの構築や選定などといったコンサルティングができるインフラエンジニアは希少価値が高く、インフラ専門のコンサルタントというキャリアパスもあります。 

その他のインフラエンジニアのキャリアパスとしては、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどがあり、より上流に関わっていくほどに年収も高くなる傾向にあります。

こうした上流工程にあたる職種へキャリアアップするためには、先に述べたように自分自身の力で上流の作業スキルを習得してきた経験に加え、ロジカルシンキングに長けていること、幅広い知識と複数の専門分野を有していることといった諸条件をクリアしていることが理想的といえるでしょう。

4. フリーランスインフラエンジニアの年収

ここではインフラエンジニアの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスインフラエンジニアの平均月単価 : 64万円(12ヶ月分を年収とすると768万円)
最高単価 : 135万円
最低単価 : 32万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
インフラエンジニアの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

5. インフラエンジニアの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、インフラエンジニアの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。インフラエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【VMware/Windows/Linux】インフラ基盤維持/拡張の求人・案件

■単価
〜650,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
インフラエンジニア

■職務内容
・インフラ基盤維持、拡張等、サーバに関わる作業をご担当いただきます。
・システムバックアップ(Avamar/DataDomain)等も行っていただきます。

■求めるスキル
・VMwareまたはLinux構築の経験

■最寄り駅
豊洲(東京都)

【Windows】住宅系企業向けインフラ支援の求人・案件

■単価
〜550,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
インフラエンジニア

■職務内容
・下記を行っていただきます。
①ヘルプデスクサポート対応
-ユーザーを対象とした、端末(PC/プリンター/複合機/携帯端末等)のセットアップ、
交換、設定変更、インストール、操作説明、セキュリティー、障害対応
-問い合わせ対応
-上記作業に係る、マニュアル作成、台帳管理
②システム監視対応、設定管理対応、システム運用/保守対応
-監視ツールを使用しての機器監視、障害監視対応
-管理ツールを使用しての機器監視、障害監視対応
-サポートやマニュアル、ネットを使用しての機器設定方法の調査/実施対応
-障害発生時のログ収集、サポートとのやり取り、障害対応
-バックアップ、セキュリティー、システム定期処理などのシステム運用/保守対応
-上記作業に係る、マニュアル作成、台帳管理対応
③サーバ構築対応
-構築方法調査、検証サーバセットアップ、検証作業、サーバ構築対応
-上記作業に係る、マニュアル作成、台帳作成対応

■求めるスキル
・WindowsServerの実務経験

【歓迎スキル】
・ActiveDirectryの管理、設定経験

■最寄り駅
浜松町(東京都)


上記の内容はインフラエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

インフラエンジニアの案件をもっとみる

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?