オンラインカウンセリング実施中

インフラエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

インフラエンジニアとは、ネットワークやサーバーなどの知識・スキルを駆使して、システムの基盤(ITインフラ)を設計・構築する職種です。インフラエンジニアはアプリケーションや提供するサービスを遅滞なく動かすシステム基盤を整える役割であり、複数の職種にまたがった多くのスキルが求められます。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

目次

インフラエンジニアとは
インフラエンジニアの仕事内容
インフラエンジニアの年収
インフラエンジニアに必要なスキル
インフラエンジニアに役立つ資格
未経験からインフラエンジニアになるには
インフラエンジニアはきつい?
インフラエンジニアの需要・将来性
インフラエンジニアのキャリアパス

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、システムの基盤(ITインフラ)となるネットワークやサーバーの設計・構築を主に担当する職種です。

そもそもインフラとは、「インフラストラクチャー(Infrastructure)」の略で、日本語で「基盤」を意味します。実社会でいうところの、水道や電気、交通網など生活に欠かせない仕組みやモノ、サービスがインフラと呼ばれます。

具体的なインフラを例に挙げると、私たちが生活するために欠かせない上下水道や電気といったライフライン、そして人やモノを運ぶ車が走るための道路、鉄道などの生活基盤がインフラといえます。

インフラエンジニアとSE・プログラマーの違い

システムエンジニア(SE)やプログラマーは、システムのソフトウェア部分の製造(コーディング)や設計を行う職種です。システムエンジニアは、要件や予算に応じて、システムに求められるネットワーク・データベース・サーバーの要件を洗い出して設計することもあります。

それに対し、インフラエンジニアは、一般的にシステムエンジニアが定めた要件に合致するようにネットワークやサーバーなどを設計、構築していく職種といえます。

以上のことから分かるように、インフラエンジニアはシステムエンジニアと協働して、システムのインフラを構築することになります。インフラエンジニアがシステムエンジニアの立場でクライアントから要件をヒアリングしたり、設計したりすることも珍しくありません。

システムエンジニアは顧客の要望やシステムに求められる要件を洗い出して設計書に落とし込むといった上流工程に携わることが多い職種で、プログラマーは、前述のシステムエンジニアが作成した設計書にもとづいてコーディングを行うなど、主に下流工程の作業を担当します。そしてインフラエンジニアは、システムが円滑に稼働するインフラを設計・構築する役割を担います。

関連記事 : インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い|仕事内容や資格、将来性を比較

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違い

インフラエンジニアは、仕事内容に応じて、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアといった種類に細分化されることがあります。

インフラエンジニアはシステムの開発環境や稼働環境のインフラを整備する仕事であるのに対して、サーバーエンジニアはサーバーの設計や構築、ネットワークエンジニアはネットワーク環境の設計や構築に特化した職種である点が異なります。

インフラエンジニアは、サーバーやネットワーク、データベース、開発マシン、本番用マシンの設定・設計など、幅広い領域を担いますが、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアは、それぞれの分野で作業を行うことになります。

たとえば、システムの規模が小規模〜中規模であれば、ネットワークエンジニアの役割をインフラエンジニアが任せられるようなケースもありますが、ネットワーク品質がシステム品質に直結する場合などもあり、大規模な案件では専門のネットワークエンジニアが配置されることが多いでしょう。

サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア以外にも、インフラエンジニアはデータベースエンジニア、セキュリティエンジニア、クラウドエンジニアなどの職種に分けられるケースがあります。

関連記事 : インフラエンジニアの種類|仕事内容や年収、必要なスキル・資格を種類別に解説

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

インフラエンジニアの仕事内容

ITシステムにおける「基盤」とは、一般的にネットワークとサーバーを指すことが多いです。つまりインフラエンジニアの代表的な仕事内容としては、システムのインフラであるネットワークやサーバーの設計・構築など挙げられます。

そのほかにも、運用開始後にアクシデントなどによって障害が発生した場合の対処など、インフラエンジニアはシステムを支える基盤に関わる仕事に幅広く携わることから、求められる知識や経験も広範囲に渡ります。

インフラエンジニアの具体的な仕事内容の例を挙げると、

  • 機器の設置
  • ネットワーク設計
  • システムのパフォーマンスチューニング
  • 仮想環境の構築
  • ネットワークやサーバーのトラブル対応

など、システム開発・運用を支える業務がインフラエンジニアの仕事に含まれます。

関連記事 : インフラエンジニアの仕事内容|必要なスキル・資格、求人・案件例を紹介

インフラエンジニアの年収

ここではインフラエンジニアの年収の参考として、2021年2月時点でレバテックフリーランスに掲載されている公開案件をもとにした単価・年収例をご紹介します。

フリーランスインフラエンジニアの年収相場

参照元 : インフラエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 768万円
最高年収 1620万円
最低年収 360万円


なお、上記は税金や社会保険料が差し引かれる前のレバテックフリーランスの単価をもとにした目安の年収であるため、会社員の給与とは単純比較できない点はご留意ください。

関連記事 : インフラエンジニアの平均年収|転職して狙える収入は?年収1000万円は可能?

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアが担当する仕事の領域は、ネットワークやデータベースなど特定の分野に限ったものではありません。システムの基盤に関連する技術は一通り押さえ、スキル・能力として習得していることが望ましいでしょう。

ネットワークのスキル

ネットワークはサーバー、クライアント、デバイスなどの通信に使われる技術のため、インフラエンジニアとして重要度の高いスキルといえます。

ネットワークのスキルには、ルーター・スイッチ・ファイアウォール・負荷分散などの知識が含まれます。運用・保守を行うことを考えると、機器設定のスキルも求められるでしょう。

サーバー・データベース・フロントエンドのスキル

インフラエンジニアには仕事を進めるうえで、インフラ以外のエンジニアとも連携する必要があります。そのため、Webサーバー、データベース、Webサービスのフロントエンドなどの知識も理解しておくことが求められます。

サーバー技術にはLinuxやWindowsServer、ActiveDirectryなどがあり、データベースにはMySQLやOracle Databaseなどが挙げられます。どのようなOS、データベースを使うかはシステムごとに違うため、知識や経験が多いほど、インフラエンジニアとして活躍できる場面は広がるでしょう。

また、インフラエンジニアとしてWebサービスやWebアプリケーションの開発に携わる場合、フロントエンド側で使うPHPなどのプログラミング言語の知識があると役立つシーンもあります。

クラウドサービス・仮想化のスキル

昨今のシステム開発では、開発環境、本番環境にクラウドサービスを使用するのが当たり前になりつつあります。オンプレミスだけでなくクラウド環境にも対応できることは、インフラエンジニアにとって重要なスキルといえます。

総務省が2020年に発表した「情報通信白書」によれば、2015年時点でクラウドサービスを利用している企業の割合は44.5%でしたが、2019年には64.7%まで伸びており、逆に「利用していないし、今後も利用する予定もない」「クラウドサービスについてよく分からない」という企業の割合は減少傾向にあります。

※参考 : 総務省「令和2年版 情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向」

システムのインフラとして使われる代表的なクラウドサービスとしてはAWS(Amazon Web Services)Microsoft AzureGCP(Google Cloud Platform)などがあります。特にAWSは大手クラウドサービスの先駆け的な存在であり、AWSでシステム基盤を構築できるインフラエンジニアは求人・案件数も多く、業界のなかでも比較的就職先の選択肢が充実している傾向にあるといえます。

また、クラウドサービスを使う目的のひとつは、環境の仮想化です。よって、Docker、Kubernetesなどコンテナ型仮想化に関わる技術も、インフラエンジニアが身につけておきたいスキルに挙げられます。

セキュリティのスキル

セキュリティ上の脅威がシステムのインフラ(ネットワークやサーバー)に与えるインパクトは強大であり、インフラエンジニアにはセキュリティのスキルも求められます。「令和2年版情報通信白書」にも示されているように、特に近年は、IoT機器の普及などに伴うセキュリティリスクの増大が懸念されています。

※参考 : 総務省「令和2年版 情報通信白書|5G時代に高まるサイバーセキュリティのリスク」

インフラエンジニアはシステムの要件を理解し、考えられる脅威と必要なセキュリティ対策を洗い出して、システム基盤の設計に反映させなければいけません。ランサムウェア対策などを考えて、UTMなどセキュリティ機能を統合したハードウェアを選定・導入できるスキルがあると役立つでしょう。

また、セキュアプログラミングのスキルとしてSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング対策などが考えられます。構築するシステムに必要なセキュリティ対策を見極めることが重要です。

インフラエンジニアの仕事には、システム基盤のセキュリティ強度をテストすることも含まれます。インフラエンジニア自ら、あるいは専門家とともに疑似攻撃などを行い、セキュリティ上の弱点を洗い出すことも仕事のうちです。

インフラエンジニアのセキュリティスキルは、システム全体のセキュリティ強度に関わるため、重要度が高いといえます。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル|転職や年収アップに役立つ資格はある?

インフラエンジニアに役立つ資格

資格はスキルを証明できるだけでなく、資格取得に向けて勉強をしていく過程で体系的に知識を身につけられます。業務を通じて得た知識やスキルの向上を確認する方法のひとつとしても、資格取得を目指してみるのはおすすめです。

ここではインフラエンジニアに求められるスキルに関連する資格をまとめています。

CCNA(シスコ技術者認定資格)

シスコ技術者認定資格は、シスコ製品の選定、導入・設定作業スキル、ネットワーク設計スキルの証明に使える資格です。インフラエンジニアの場合、ネットワークの導入や運用スキルを証明するCCNA資格や、その上位資格であるCCNP、CCIEの取得を視野に入れると良いでしょう。

CCNAやCCNP、CCIEなどシスコ技術者認定資格を取ることで、ネットワークのチューニングや負荷分散、クラウドなどの知識を習得、証明できます。

※参考 : シスコ技術者認定 - トレーニング & 認定 - Cisco

AWS認定資格

AWS認定資格を取得することで、既存システムをAWSへ移行する案件や、システム基盤をAWSで構築する案件など、インフラエンジニアとして対応できる案件の幅が広がり、転職市場における価値の向上・スキルアップが見込めるでしょう。

インフラエンジニアが押さえておきたいAWS認定資格としては、以下の3つが挙げられます。

AWSはさまざまなサービスをクラウドで提供しており、システムの要件をAWSで設計・構築するには、豊富な知識と経験が必要になるでしょう。

AWSは常に最新の技術を取り入れ、進化を続けているサービスであることから、AWSを使えるインフラエンジニアの転職市場における需要はしばらく尽きないと考えられます。

※参考 : AWS「AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム」

オラクルマスター

システム基盤にオラクル製品を利用する企業は多くあります。オラクルマスター(ORACLE MASTER)の資格を取得することで、インフラエンジニアとしてのスキルの証明や、知識の習得によるスキルアップに役立ちます。

オラクルマスターの資格は、難易度が低い順からブロンズ(Bronze)、シルバー(Silver)、ゴールド(Gold)、プラチナム(Platinum)の4つのレベルに分かれています。未経験者や初心者の場合は、まずブロンズから資格取得を目指していきましょう。

※参考 : Oracle University「ORACLE MASTER Portal - be an ORACLE MASTER -」

関連記事 : インフラエンジニアの資格|クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を紹介

未経験からインフラエンジニアになるには

システム基盤の設計・構築を行うインフラエンジニアの仕事は、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、ネットワークエンジニアの仕事内容と重なる部分もあります。よって、これらのエンジニア経験を積むことが、インフラエンジニアを目指す足がかりになるでしょう。

逆に、まったくの未経験からいきなりインフラエンジニアとして転職するのはなかなか難しいでしょう。まずはITスクールを活用するなどして、ネットワークやサーバーの知識を身につけることで、インフラエンジニアへの道が開かれます。そして、インフラエンジニアに必要なネットワークやサーバー、セキュリティ、クラウドサービスなどのスキルを、実務や独学で磨いていくことが大切になります。

関連記事 : 未経験からインフラエンジニアになるには|求人数や転職後の年収、おすすめの資格を紹介

インフラエンジニアになるための勉強に役立つ本

未経験からインフラエンジニアになるための勉強に役立つ代表的な書籍としては、以下のようなものがあります。インフラエンジニアになるにあたって、実務に勝る勉強方法はありませんが、実務をスムーズに進めるためにも本などを使って独学し、一般論や体系的な知識を蓄えておくことは有用です。

インフラエンジニアの教科書(佐野裕著、シーアンドアール研究所刊)

本書はシステムインフラの管理や構築に携わっている著者が、実務的視点から「インフラエンジニアとはどういう仕事なのか」を解説した書籍です。

インフラエンジニアに求められる知識やスキルなど、未経験からインフラエンジニアを目指している方だけでなく、現役のインフラエンジニアにも役立つ情報とエッセンスが詰まっているため、あらゆるスキルレベルの方におすすめといえる本です。また、本記事で解説したインフラエンジニアの仕事内容や役割などを、さらに深堀りしたい方にもおすすめです。

※参考 : インフラエンジニアの教科書(佐野裕著、シーアンドアール研究所刊)

改訂3版 サーバ/インフラエンジニア養成読本(養成読本編集部編、技術評論社刊)

本書はインフラエンジニアとして職務をこなすために、実践的な講座やコマンド入門などが紹介されている本です。

新人エンジニアのための基礎講座や自習用のサーバ構築法、AWS移行・運用事例、クラウド/仮想化など実務に生かせる内容が充実しています。

これからインフラエンジニアを目指す方や、インフラエンジニアとしてさらに成長したい方におすすめの1冊です。

※参考 : 改訂3版 サーバ/インフラエンジニア養成読本(養成読本編集部編、技術評論社刊)

関連記事 : インフラエンジニアになるための勉強方法|未経験者・初心者はどんな順番で学習する?

インフラエンジニアはきつい?

インフラエンジニアはシステムの基盤を支える重要な役目を担う職種であり、責任とともにやりがいが多くある仕事です。一方で、やりがいが大きい分、場合によってはシステム稼働の要として仕事が「きつい」「辛い」と感じてしまうこともあるでしょう。

インフラエンジニアは万が一のトラブルに備えるだけでなく、システムを安定して稼働させるためのメンテナンスやアップデートなど、システムが稼働している間は常に何らかの役割を担っているといえます。

残業や夜勤、急な呼び出しによる休日出勤が発生する場合もあり、システム稼働を最優先に仕事をこなさないといけないため、体力的にきついと感じることもあるかもしれません。また、勤務先の会社がブラック企業だったために激務を強いられたなど、個別の職場環境が原因で辛いと感じてしまうケースもあるでしょう。

さらに、インフラエンジニアはあらゆる部署と連携を取る必要があるため、顧客や社内の他エンジニアの要望を聞き、調整に走り回ることもあります。

このように、インフラエンジニアはシステムの稼働に対して大きな責任を負うことから、やりがいを感じられる一方で、仕事の大変さを感じる可能性もある職業といえますが、適性としてインフラエンジニアに向いているかどうかや、職場の状況にもよっても違うため、一概に「インフラエンジニアはきつい仕事」とは言い切れないことは留意しておきましょう。

関連記事 : 「インフラエンジニアはきつい」と言われる理由|激務って本当?未経験でも大丈夫?

インフラエンジニアの需要・将来性

インフラエンジニアの需要がただちに尽きることは考えづらく、基本的には将来性も高い仕事だと考えられます。すでにオンプレミスで稼働しているシステムをクラウドに移行する案件や、基幹システムを全面改修する案件における需要は、今後も続くでしょう。

インフラの老朽化はシステムのパフォーマンス低下を招くことから、インフラエンジニアは常に最新の技術をキャッチアップし、システムの改修や新規開発のたびに適切な技術を投入する必要もあります。しかし、厚生労働省の職業情報提供サイトでも「仕事内容は変化しているが、ITの根幹を担うエンジニアとして需要は高い」という説明があるように、いずれにせよインフラエンジニアの需要は底堅く、安定していると考えられます。

※参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」

昨今はAWSなどのクラウドへの移行や仮想化に関する求人・案件が多いですが、これらのニーズが尽きる兆しはありません。また、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の「IT人材白書2020」でも紹介されているように、DXを推進する企業も増加しているため、インフラエンジニアの経験やスキルが必要となるシーンもさらに増えていくことが見込まれ、将来性が期待できるでしょう。

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)「IT人材白書2020」

関連記事 : インフラエンジニアの将来性|クラウド化で今後の需要や転職に必要なスキルは変わる?

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアはシステム基盤を設計・構築する仕事のため、幅広い知識とスキルを身につけているエンジニアも多いでしょう。そのため、インフラエンジニアのキャリアパスには、高いスキルが求められるシステム開発プロジェクトのリーダーやマネージャー、経営者視点でITシステムを検討するITコンサルタント、より専門分野のスキルに特化したITスペシャリストなど、さまざまな選択肢が考えられます。

プロジェクトリーダー(PL)・プロジェクトマネージャー(PM)

インフラエンジニアはシステムを俯瞰的に見ることを求められるため、社内の部署間の調整や進捗確認、予算管理といった業務と親和性が高いといえます。よってインフラエンジニアのキャリアパスには、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーが含まれます。

IT業界のエンジニア不足などもあって、システム開発の現場は高い生産性と効率性がいっそう求められており、DevOpsのような手法も広がっています。インフラエンジニアとしてシステム基盤を開発するスキルや、関係部署と調整をして効率良く仕事を進めるスキルは、プロジェクト運営にも役立ちます。

インフラエンジニアの経験を活かして、システム開発の陣頭指揮を執る立場に立つことは、現実的かつやりがいのあるキャリアパスといえるでしょう。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

ITコンサルタント

インフラエンジニアはシステムの要件定義や設計にも関わる仕事のため、努力次第でITコンサルタントへのキャリアパスを歩むチャンスもあります。

ITコンサルタントの主な仕事は、経営の効率化や課題解決のために、経営に資するシステムを提案・導入することです。そのため、インフラエンジニアとして培ったスキルをより経営に近い領域で活かしたいという人に向いているキャリアパスだといえるでしょう。

関連記事 : ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、プラットフォーム、ネットワーク、データベース、アプリケーション共通基盤、システム管理、セキュリティの各分野でハードウェア、ソフトウェアに関する専門スキルを活用し、クライアントの環境に最適なシステム基盤を設計・構築する職種です。

※参考 : 経済産業省、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)「職種の概要と達成度指標(6)ITスペシャリスト」

インフラエンジニアとして培ってきた知識やスキルをさらに突き詰めたいというスペシャリスト志向の人に向いているキャリアパスです。

関連記事 : インフラエンジニアのキャリアパス|転職の選択肢や資格、女性のキャリア形成を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.