あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

業務内容や必要なスキルは?
インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システムエンジニア(SE)はシステム全般を扱う職種の総称であることに対し、インフラエンジニアはインフラを対象とするのが主な違いです。ここでは、インフラエンジニアやシステムエンジニアの業務内容、必要なスキルなどを確認しましょう。

インフラエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

システムエンジニアの役割
インフラエンジニアの役割

システムエンジニアの役割

システムエンジニアの業務内容

システムエンジニアはシステム開発に関わる職種であり、システム開発において要件定義、基本設計といった上流工程を主に担当します。そしてシステムエンジニアが作成した仕様書に基づき、プログラマーが詳細設計・開発(プログラミング)・テストといった下流工程を担当します。

なお、システムエンジニア、プログラマーが各工程をどこまで担当するかはさまざまで、プロジェクトによってはシステムエンジニアが上流工程から下流工程まで一貫して担当するケースもあります。

システムエンジニアに必要なスキル

システムエンジニアに必要なスキルとして、以下のような例が挙げられます。

・プログラミングに関する知識、技能
・コミュニケーション能力
・マネジメント能力

業務を円滑に進めるために、要望を的確に把握する力や、プロジェクトメンバーを統率する力が必要です。また、プログラマーへの指示を効率的に行うために、プログラミングについての知識が大切になります。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは

インフラエンジニア案件を提案してもらう

インフラエンジニアの役割

インフラエンジニアの業務内容

インフラエンジニアは、クライアントのニーズに沿ったインフラを構築し、運用・管理を行う職種のことです。具体的な業務内容は、以下のとおりです。

・要件定義
・構築
・運用、管理

まず、クライアントが求めるインフラ環境にどのような機能・性能が必要か把握し、設計書を作成します。設計書に基づいて構築した後は、動作テストを実施します。システムの開発後にトラブルが生じた際は、原因の分析や復旧作業を行います。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルとして、以下のようなものが挙げられます。

・ネットワークやサーバに関する知識、技術
・コミュニケーション能力
・安定したインフラ開発のスキル

インフラエンジニアは、チームのメンバーだけでなく、クライアントや他部署の社員との関わりが多い傾向があります。スムーズに業務を進めるために、傾聴する姿勢やわかりやすく伝える力が大切になります。

また、クライアントとの信頼関係を築けるよう、負荷に強く安定したインフラ開発のスキルが必要です。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方はこちら
インフラエンジニアの求人・案件
SE (システムエンジニア)の求人・案件
東京エリアでのSE(システムエンジニア)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.