オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

インフラエンジニアのキャリアパス|転職の選択肢や資格、女性のキャリア形成を解説

インフラエンジニアは、ITサービスが成り立つ基盤を取り扱います。キャリアアップのためや、スキルアップのために関連資格の取得を検討している人も多いでしょう。インフラエンジニアには近年、クラウドの知識も必要となってきており、クラウドに関する資格も多くの人が取得を目指しています。今回はインフラエンジニアの資格について、クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を含めご紹介します。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

目次

インフラエンジニアのキャリアパス
未経験からインフラエンジニアになるキャリアパス
女性インフラエンジニアのキャリア形成
インフラエンジニアのキャリアアップに役立つ資格
インフラエンジニアの将来性
将来のビジョンを持ってキャリアプランを考えよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスには、大きく分けて下記のような選択肢があります。

  • 転職してキャリアチェンジする
  • インフラエンジニアからキャリアアップする

インフラエンジニアからのキャリアパスでは、専門職、マネジメント職、コンサルタント職などが挙げられます。

転職してキャリアチェンジする

インフラエンジニアは、転職によりキャリアチェンジをすることができます。ただし、どのような職種でも転職しやすいというわけではなく、インフラエンジニアのスキルを活かせる職種を選ぶことが大事になるでしょう。インフラエンジニアから転職してキャリアチェンジしやすい仕事としては、下記のような職種が挙げられます。

  • 社内SE
  • セキュリティエンジニア
  • フリーランスとして独立
社内SE

「社内SE」とは、企業の情報システム部(情シス)などに所属し、自社のシステムの企画、開発、保守などを担当するエンジニアのことです。

企業の社内システムの開発には、サーバーやネットワークなど、インフラの開発も含まれます。また、社内のインフラの設定変更、保守などの仕事もあり、インフラエンジニアのスキルを活かしやすい職種のひとつといえます。社内SEの中には、自身は開発に携わらず、外部に開発業務を委託するケースもありますが、そのような場合でもインフラエンジニアとしての要件定義や設計、あるいはプロジェクトのマネジメントなどの実務経験が役立つでしょう。

関連記事 :社内SEとは|仕事内容やメリット・デメリット、転職のポイントを解説

セキュリティエンジニア

「セキュリティエンジニア」とは、情報セキュリティに特化したエンジニアのことです。企業のシステムをサイバー攻撃から守るために、システムのネットワークやサーバーなどに対して、セキュリティ対策を講じる役割を担います。

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーの開発においてセキュリティを考慮した設計を行う必要があるため、セキュリティエンジニアになった際にも、培ってきた経験やスキルを活かせるでしょう。

関連記事 :セキュリティエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フリーランスとして独立

インフラエンジニアのキャリアパスには、ほかの企業への転職や違う職種へのキャリアアップだけでなく、「フリーランスとして独立する」という方法もあります。インフラエンジニアとしての一定のスキルと経験があれば、独立することも可能です。

実績やスキルによっては会社員より高い報酬を得ることも可能ですが、その代わり基本的に自ら営業して案件を探す必要があるため、受注を安定させなくてはなりません。また、スキルや人脈がないと、案件が見つからずに収入を絶たれるというリスクもあります。案件を継続して受注するためには、独立前にスキルアップに励み、仕事につながる人脈を築いておく必要があるでしょう。

関連記事 :インフラエンジニアのフリーランス案件や平均単価・年収|今後の需要についても解説

インフラエンジニアからキャリアアップする

インフラエンジニアとしてある程度経験を積んだ人は、上位職種へとキャリアアップすることも可能です。インフラエンジニアからキャリアアップを目指せる仕事としては、以下のような職種が挙げられます。

  • プロジェクトマネージャー
  • ITスペシャリスト
  • ITアーキテクト
  • ITコンサルタント

「プロジェクトマネージャー」は、現場で開発業務を担当するというよりは、プロジェクト全体を管理する役職です。「ITスペシャリスト」は、ネットワーク、セキュリティ、データベースなどの各分野の専門的な技術を持つエンジニアです。「ITアーキテクト」と「ITコンサルタント」は、その会社全体のシステムを見直すような、大きな規模の開発に携わります。

プロジェクトマネージャー

「プロジェクトマネージャー」は、システム開発に関わる予算、スケジュール、開発要員などを決定し、マネジメントスキルを活かしてプロジェクトを管理・遂行していく役割を担います。

プロジェクトマネージャーは、アプリケーション開発経験が必要なイメージがあるかもしれません。しかし、インフラ主体のプロジェクトや大規模開発では、アプリケーション開発とインフラ開発とでプロジェクトマネージャーを分け、複数立てるという場合もあります。そのため、アプリケーション開発経験が少ないインフラエンジニアでも、プロジェクトマネージャーにキャリアアップできる余地はあります。ただし、マネジメントスキルやリーダーシップが必要であるため、インフラエンジニアとしてのチームリーダーやマネジメントの経験が必要になるでしょう。

関連記事 :プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

ITスペシャリスト

「ITスペシャリスト」とは、プラットフォーム、ネットワーク、システム管理などの専門分野で高い専門性を発揮し、プロジェクトで要件定義や設計といった上流工程はもちろん、エンジニアへの技術指導なども担当する場合があるエンジニアです。既存のネットワーク基盤の見直し、システムのアーキテクチャ設計など、比較的大きな案件に携わる機会が得られるでしょう。

ITスペシャリストの分野では、ネットワーク、データベース、セキュリティなどで、インフラエンジニアとしての知識やスキルを活かすことができるため、インフラエンジニアからのキャリアアップが望める職種といえます。ただし、それぞれの専門分野において高い専門性を求められるため、技術のトレンドに対して高くアンテナを張り、常に情報収集や学習を継続する意欲が必要です。

ITアーキテクト

「ITアーキテクト」とは、企業のビジネスにおける戦略や課題に応じた最適なシステムを企画・立案する役割を担う職種です。一般的なインフラエンジニアやITスペシャリストと異なるのは、技術、ユーザー、ステークホルダーなど、さまざまな要素を踏まえたうえで、開発から運用の工程において、効率的かつ最適化された構成と設計を追求するという点です。インフラエンジニアとして、要件定義や設計などの上流工程を経験していれば、ITアーキテクトへのキャリアパスも見えてくるでしょう。

最適なアーキテクチャ設計を行うためには、要件を決めるためのモデリング技法などのスキルを習得する必要があります。また、ITアーキテクトは、顧客、プロジェクトメンバー、関連部署、外部組織などとやりとりする必要もあるため、さまざまな人とスムーズにコミュニケーションが取れるスキルが必要です。ITアーキテクトへのキャリアアップのためには、インフラチームリーダーの経験や、顧客とのコミュニケーション経験を積むことが望ましいでしょう。

関連記事 :ITアーキテクトとは|仕事内容・年収・必要なスキルや資格を解説

ITコンサルタント

「ITコンサルタント」とは、企業の経営やビジネスにおける課題を解決するために、最善のIT活用手段を提案する役割があります。企業のビジネス戦略に沿ったIT戦略を策定し、各部門における業務内容やシステムの役割を調査し、必要となるシステム開発、最適化の提案、企画を行います。また、企画や構成にもとづいて、要件定義などの上流工程を担当し、プロジェクト完了までのマネジメントも担当することがあります。

上流工程を担うインフラエンジニアが経験する要求分析、提案、要件定義といったフェーズの業務は、ITコンサルタントの仕事と重なる部分もあるため、インフラエンジニアでこれらの経験を積んでいれば、ITコンサルタント業務に活かせるでしょう。また、インフラエンジニアとして仮想化、クラウド、セキュリティなどの最新技術の知識を身につけていれば、ITコンサルタントの仕事にも役立ちます。

関連記事 : ITコンサルタントとは|仕事内容、年収、転職に役立つスキルや資格など

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

未経験からインフラエンジニアになるキャリアパス

インフラエンジニアは高い専門性を求められるため、未経験者にはハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、下記のようなキャリアパスを踏むことで、未経験からインフラエンジニアになることは可能です。

  • インフラ運用監視
  • インフラ運用保守
  • インフラ構築
  • インフラ設計

未経験者はスキルが不足しているため、いきなり設計や構築を担当するインフラエンジニアとして採用されるのは難しいでしょう。そのため、開発業務がほとんどない運用監視から始めるケースが一般的といえます。

インフラ運用監視

インフラ運用監視とは、サーバーやネットワーク、アプリケーションなどの状態をチェックし、システムが正常に動作しているかどうかを監視します。監視用ソフトウェアを通じて、ネットワーク機器の稼働状況、CPU・メモリなどのリソース状況をチェックし、問題がないかどうかを判断する必要があります。エラーが発生したら、運用保守を担当するエンジニアへ速やかに連絡し、場合によっては外部対応なども行います。

LinuxやWindowsコマンドの基本的な知識が必要ですが、一般的には高いスキルは求められないため、未経験者がインフラエンジニアを目指す足掛かりとなり得るでしょう。

インフラ運用保守

インフラ運用保守とは、稼働中のシステムが長期間継続してサービスを提供できるように、インフラの運用保守作業を行う仕事のことです。主に、下記のような作業を行います。

  • サーバーやネットワーク機器のアップデートや障害対応
  • システムのアカウント管理
  • ログファイルや業務データの取得などの運用作業

インフラ運用保守では、「JP1」や「Zabbix」などの運用監視ツール、OSコマンドなど、基礎的なインフラの知識が必要ですが、業務経験を通じて知識を学びやすく、経験を積んでいけば将来的に構築や設計の仕事もできるようになるでしょう。

インフラ構築

インフラ構築とは、設計書にしたがってインフラを構築する業務のことで、OS、ミドルウェア、ネットワーク機器の設定作業などを行います。LinuxやWindowsのコマンドの知識が必要であり、また、手順書通りに確実に作業を行う慎重さも必要です。

インフラ構築では、インフラ運用監視や運用保守で培った技術を活かせますが、将来的にインフラ設計を任せられるようになるためにはさらなる知識の研鑽も重要です。

インフラ設計

「インフラ設計」とは、状況やクライアントの要望に応じた適切なインフラを設計する業務のことです。要件定義を行い、システム構成に対する要求、アプリケーションの規模に合わせたサーバー、ネットワーク機器、ストレージ装置などのスペックと構成を決め、設計書を作成します。

インフラ設計は、インフラエンジニアとしての高い専門性を要求される業務であるため、十分に運用保守や構築の経験を積み、サーバー、ネットワーク、ストレージなど、それぞれのインフラの知識を習得している必要があります。

関連記事 :インフラエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

女性インフラエンジニアのキャリア形成

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、インフラエンジニアの女性比率は「数パーセント程度」とされており、男性の割合が高い職種です。

参考 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(基盤システム)」

しかし、女性活躍推進法の制定・改正、働き方改革の促進といった政府の施策の影響もあり、女性のキャリア形成の選択肢は広がりつつあります。

参考 : 厚生労働省「女性活躍推進法特集ページ(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定)」
参考 : 厚生労働省「「働き方改革」の実現に向けて」

また、2019年には「育児・介護休業法」が改正され、2021年1月から育児休暇や介護休暇が時間単位で取れるようになりました。子育てに取り組んでいる女性も、インフラエンジニアとしてのキャリア形成がしやすくなることが考えられます。

参考 : 厚生労働省「育児・介護休業法について」

ただし、インフラエンジニアは、システムのメンテナンスや急なトラブル対応など、夜勤や突発的な勤務もある仕事なので、家事や育児の比重が大きいなど家庭の事情によっては、両立が難しくなる可能性もあります。このような場合は、時短勤務などを利用するか、夜勤がない職種へのキャリアチェンジを検討するのもひとつの方法です。

関連記事 :「インフラエンジニアはきつい」と言われる理由|激務って本当?未経験でも大丈夫?

インフラエンジニアのキャリアアップに役立つ資格

インフラエンジニアのキャリアアップのために、スキルの証明につながる資格を取得することは有効です。インフラエンジニアのキャリアアップにつながる可能性のある資格としては、下記のものが挙げられます。

  • Linux技術者認定試験LinuC
  • CCNA(シスコ技術者認定試験)
  • AWS認定試験

「LinuC」はサーバーOSに使われるLinuxに関する資格、「CCNA」はシスコ社のネットワーク製品も含めたネットワークの知識などを問われる資格、「AWS認定試験」は、Amazonのクラウドコンピューティングサービスに関する資格です。

Linux技術者認定試験LinuC

Linux技術者認定試験LinuC(Linux Professional Certification)は、かつて「LPIC」を取り扱っていた「NPO法人LPI-Japan」により主催されているLinux技術者向けの認定試験です。

LinuCは、日本向けにクラウドや仮想化の知識を問う問題も多く取り混ぜた試験となっています。レベルは1から3まであり、基本的な構築・運用から専門家レベルまで、Linux技術者の技術力を3つのレベルで証明することができます。

レベル1では、仮想環境も含めたLinuxサーバーの構築・運用、レベル2では、仮想マシン、コンテナの内容を含むLinuxシステム、ネットワークの設計・構築に関するスキルが問われます。レベル3は、3つの試験に分かれており、それぞれLinux、Windows、UNIXの混在環境でのシステム構築(Mixed Environment)、セキュリティを考慮したシステム構築(Security)、Linux/OSSを使った仮想化システムの構築・運用(Virtualization & High Availability)などについてのスキルを証明できます。

LinuCは、クラウド時代の仮想化技術やLinuxOSの設計・構築・運用業務に役立つ可能性の高い、インフラエンジニアのスキルアップ・キャリアアップに適した資格です。

CCNA(シスコ技術者認定試験)

「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、世界最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークやソフトウェア開発の技能を認定する試験です。CCNAの試験では、ネットワークやIPアドレス、セキュリティなどの基礎的な知識を問われます。

なお、CCNAは、シスコ技術者認定の中では入門的な資格という位置づけであり、上級試験として「CCNP」「CCIE」の資格が用意されています。

シスコ社のネットワーク機器はデファクト・スタンダードともいえる存在であり、CCNAで問われるネットワークの基礎知識は、インフラエンジニアにとって汎用性が高いスキルといえるでしょう。インフラエンジニアは、ぜひ取得しておきたい資格です。

AWS認定試験

「AWS認定試験」は、代表的なクラウドコンピューティングサービスであるAWSの公式認定資格で、AWSの専門知識を体系的に身につけていることを認定するものです。

レベルは「基礎」「アソシエイト」「プロフェッショナル」に「専門知識」を加えた4種類があり、アソシエイトとプロフェッショナルは「アーキテクト(設計者)」「運用」「デベロッパー(開発者)」の役割別に資格が用意されています。

  • Solutions Architect Associate : 設計者向け
  • Solutions Architect Professional : 設計者向け(上級)
  • SysOps Administrator Associate : 運用者向け
  • Developer Associate : 開発者向け
  • DevOps Engineer Professional : 運用者・開発者向け(上級)

これらの資格を取得することで、AWSを使用したソリューション設計や構築といった業務に役立つでしょう。

関連記事 :インフラエンジニアの資格|クラウド系などおすすめの資格一覧と難易度を紹介

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアは、クラウド需要の高まりもあり、今後も需要が見込まれる「将来性のある職種」といえます。総務省の「令和2年版情報通信白書」によると、2015年から2019年の間に、クラウドサービスを導入する企業は20%以上も増加しているため、新規構築案件だけではなく、リプレイス案件や運用監視案件なども増えると予想できるでしょう。

インフラエンジニアの5年後はどう変わる?

近年のITインフラの変化をもとに、5年後のインフラエンジニアの将来性を想定してみましょう。

総務省の「令和2年版情報通信白書」によると、何らかのクラウドサービスを利用している企業は、2015年の44.6%から、2019年は64.7%と20%以上も増えており、今後も増え続けると予測されます。

参考 : 総務省「令和2年版 情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向」

また、厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)では、インフラエンジニアの仕事について「顧客の施設に物理的にサーバーを設置する仕事は減少しているが、クラウドを利用したIoT、フィンテック(金融とITを結びつけた新しいサービス)等、新しい分野でITインフラが求められるようになっている」とも書かれています。

近年のインフラエンジニアの仕事は、従来の物理的なサーバーを利用したオンプレミスのインフラから、クラウドサービスを利用したインフラへと変化していることが分かります。このことから、インフラエンジニアとして5年後も活躍するためには、クラウドのスキルを持ち合わせていることが重要になってくるでしょう。

インフラエンジニアの今後の需要

企業のクラウドサービスの利用は、今後も増えると考えられます。従来のオンプレミスからクラウドへシステムを移行させるために、インフラエンジニアの需要がさらに増加していく可能性があるでしょう。

しかし、システムをクラウドへ移行するには、クラウドのスキルだけではなく、従来のサーバー、ネットワークといったオンプレミスのスキルも必要です。スムーズにシステムを移行するためにも、オンプレミスとクラウドの知識を合わせ持ったインフラエンジニアの需要は、特に高まっていくことが考えられます。

関連記事 :インフラエンジニアの将来性|クラウド化で今後の需要や転職に必要なスキルは変わる?

将来のビジョンを持ってキャリアプランを考えよう

インフラエンジニアは、ITの根幹を担う重要な役割であり、将来性の高い職種であるといえます。しかし、時代の変化と技術の進歩に合わせて、必要とされるスキルやキャリアパスが変化しやすい職種でもあります。市場価値の高いインフラエンジニアとして成長し続けるためには、将来のビジョンを持ってキャリアプランを考えていくことが重要です。

関連記事 :インフラエンジニアのスペシャリスト以外のキャリアパス

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとインフラエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.