オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

サーバーサイドエンジニアの役割は、Webアプリケーション開発やシステム開発において、サーバー側の処理設計や実装、運用、保守などを行うことです。この記事では、将来サーバーエンジニアになろうと考えている人に向けて、サーバーサイドエンジニアの仕事内容や、業務で必要とされる能力について解説。学習に役立つ資格についてもまとめました。「サーバーサイドエンジニアになる方法が知りたい」「自分に向いているか判断したい」という人は、参考にしてみてください。

サーバーサイドエンジニア案件を
提案してもらう

目次

サーバーサイドエンジニアの仕事内容
サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い
サーバーサイドエンジニアに必要なスキル
サーバーサイドエンジニアに役立つ資格
サーバーサイドエンジニアのキャリアパス
フリーランスのサーバーサイドエンジニアとして働くには
サーバーサイドエンジニアの単価・年収
サーバーサイドエンジニアの求人・案件例

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

サーバーサイドエンジニアの仕事内容

サーバーサイドエンジニアは、大きく4つの業務を担当します。以下でそれぞれの工程について確認しましょう。

システムのインフラ設計

システムのインフラとは、システムを稼働させる基盤のことです。一般的には交通網や電気・水道・ガスなど、私たちの生活を支えるもののことをインフラと呼びますが、これをシステムに置き換えると、ネットワークやサーバーなどがシステムのインフラと呼ばれます。

インフラ設計では、システムエンジニア(SE)をはじめとした他エンジニアとともに、システム開発やシステム稼働後のサーバー運用を効率化するための提案を行います。

サーバー処理の設計

サーバーの処理設計も、サーバーサイドエンジニアの重要な仕事です。処理の例としては、ECサイトの購買処理や、SNSサイトにおけるユーザー投稿の処理などが挙げられます。これらの例では、システム利用者がシステムを使用する際の、サーバーで行う処理を設計します。

サーバー処理の設計はシステムの設計に含まれるため、仕事内容としてはシステムエンジニアと職域が重複しますが、システムエンジニアが基本設計を行うのに対して、サーバーサイドエンジニアは基本設計をもとにした詳細設計以降の工程を担当するケースが多いでしょう。

データベースの設計・実装

データベースの設計作業を行うエンジニアをデータベースエンジニアと呼ぶこともありますが、データベースの処理はサーバーサイドの処理となるため、サーバーサイドエンジニアの仕事に含まれるケースも多くあります。具体的には、以下のような作業を担当します。

  • テーブルの設計や検索処理
  • レコードの追加
  • 論理削除などの処理の実装
  • 処理速度のチューニング

また、近年はデータベースはスケーラビリティを考慮して、クラウドサービス上にオブジェクトとして配置されることも増えてきました(オブジェクトストレージ)。そのため、データベース設計において、システム要件や基本設計と照らし合わせながら、スケーラビリティや堅牢性を考慮した設計を行うことが重要となります。

サーバー運用(ソフトウェアやセキュリティーのアップデートなど)

サーバー運用では、OSやデータベースツール、セキュリティーソフトウェアといった、サーバーに使用されるソフトウェアのバージョンアップ作業などを行います。特に、セキュリティーに関わるアップデートは迅速に行わなければならないため、常に情報のアンテナを張っておかなければなりません。

また、この工程では、基本的に本番環境でソフトウェアアップデートを行う前に、いったんテスト環境でアップデートしても支障がないか確認するため、テスト環境のサーバーも運用に含まれます。

関連記事 : システムにおけるバックエンド/フロントエンド

サーバーサイドエンジニア案件を
提案してもらう

サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

サーバーサイドエンジニアと似た職種として、バックエンドエンジニアが挙げられます。職域が重なっていることもあるため、混同されることもしばしばあります。

サーバーサイドエンジニアはクライアントサーバー型システムやWebシステムにおいて、サーバー側の処理やデータベースシステムの処理、データベースなどの設計・保守といった業務を行います。その中でも、Web領域でサーバーとインフラを担当するエンジニアをバックエンドエンジニアと呼ぶことが多いです。

サーバーサイドエンジニアも必要とされる知識は似ていますが、一般的にはWeb領域だけでなく、クライアントサーバー型システムも担当するという点に違いがあるといえるでしょう。

関連記事 : バックエンドエンジニアとは?仕事内容や将来性、必要なスキル、転職方法を解説

サーバーサイドエンジニアに必要なスキル

サーバーサイドエンジニアの業務では、主にサーバーを構築・運用する知識、スキルが求められます。以下では、具体的なスキルを解説します。

サーバーOSの知識(Linux、Windows Serverなど)

まず必要なのは、サーバーOSに関する知識です。サーバーに使われるOSは大きく分けて、Linux系とWindows系の2つが挙げられます。サーバーサイドエンジニアならば、どちらのサーバーOSにも精通しておきたいところです。

Linux系サーバーのバージョンやディストリビューションの知識だけでなく、実務で使用する基本的なコマンドを扱ったり、機器のマウントを行ったり、ファイル処理用のバッチを書いたりする程度のスキルがあることが望ましいでしょう。

プログラミングスキル(Java/C/C++/Python/PHPなど)

プログラミングスキルは、サーバー処理を実装したり、改修したりするために必要です。サーバーサイドエンジニアが使う場合があるプログラミング言語には、JavaやC、C++などのコンパイラ型言語や、PythonやPHPといったインタープリタ型言語が挙げられます。

コンパイラ型言語は処理速度が速いため、比較的大規模なシステムに用いられることが多いです。対してインタープリタ型言語は処理速度が遅いですが、改修しやすいことがメリットといえるでしょう。

サーバーエンジニアが使うインタープリタ型言語の中で、近年需要が高まっている言語には「Python」が挙げられます。Pythonは科学計算処理や人工知能に用いられる言語であるため、人気を集めています。

ただし、プログラミング言語には流行りがあるため、このトレンドが今後も続くかどうかは未知数の部分もあります。フリーランスとして獲得できる案件の幅を広げるため、最新のプログラミング言語をキャッチアップしておくと良いでしょう。

開発フレームワークのスキル

サーバーサイドエンジニアの業務には、開発フレームワークの知識も必要になるでしょう。使用するフレームワークの例としては、RubyのRuby on Rails、PHPのCakePHP、Laravelのほか、JavaであればSpring Framework、PythonであればFlaskやDjangoなどが挙げられます。使用するフレームワークは案件によって異なるため、複数のフレームワークに関する知識を身につけておくと良いでしょう。

データベース(MySQLなど)

データベースはサーバーサイドエンジニアの業務に含まれるため、MySQLやOracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQLなどのRDBMSを扱うためのSQLの知識も必要となります。

レコードの追加や削除だけでなく、テーブルの追加や結合など、サーバーサイドではあらゆるデータベース処理を行います。また、システムの拡張に伴って、データベースのチューニングも行うことがあり、データベースのチューニングができる程度のスキルを求める案件もあります。また、近年では、MongoDBなどのNoSQLが使われることもあります。

クラウドを利用した分散処理(AWS、Azure、GCPなど)

サーバーサイドの処理を、クラウド上で分散して行うこともあります。また、クラウドを利用することで、開発や運用コストを削減したいクライアントもいるため、クラウドの知識はぜひ身につけておきたいところです。

さらに、サーバーサイドの処理だけでなく、ストレージをクラウド上に配置して、スケーラビリティやデータ維持コストを削減することもあります。

仮想化技術

サーバーの仮想化によって、開発効率や運用コストを削減することも珍しくありません。また、サーバー処理の開発環境を仮想化することもあり、開発から運用まで仮想化技術は用いられます。

関連記事 : 未経験からサーバーサイドエンジニアになるには|求人応募・転職前の勉強方法は?

サーバーサイドエンジニアに役立つ資格

サーバーサイドエンジニアとしての知識やスキルを証明するために、資格を取得するのも一案です。以下では、サーバーサイドエンジニアの業務に役立つ資格をご紹介します。

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)

まずは「マイクロソフト認定資格プログラム」、通称「MCP」の資格群が挙げられます。MCPは主に、マイクロソフト製品を使ったシステム構築や、運用のスキルを証明する資格です。

初心者はまず、基礎スキルを証明できるMCSAから目指し、MCSA認定後はより高いレベルのMCSEやMCSDを目指すのが一般的な流れとなっていましたが、これらの資格は2021年1月31日をもって廃止されており、マイクロソフトではロールベースの認定制度へ移行していくことを発表しています。

また、Windows Server 2019に関する認定は、AzureのApps & InfrastructureやData & AIソリューション領域におけるロールベースの認定に組み込まれることも発表されています。

※参考 : Microsoft Certifications | Microsoft Docs
※参考 : MCSA、MCSD、MCSE 認定制度の終了について ~ ロールベースの認定制度へ移行 - MPN Japan 公式ブログ - Microsoft Partner Network
※参考 : マイクロソフトのトレーニング、認定に関する重要なアップデートについて - MPN Japan 公式ブログ - Microsoft Partner Network

AWS認定

AWSは、システム基盤として用いられるクラウドサービスの中で、最も人気のあるサービスです。AWS認定では、専門性や難易度によってさまざまな試験が用意されています。

AWSに触れるのが初めてという人は、まず最も基礎となる「クラウドプラクティショナー試験」の合格を目指しましょう。その後、アーキテクトやセキュリティなど、サーバーサイドエンジニアとして目指したい方向性に応じて、試験を選んでください。

※参考 : AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム | AWS

LinuC

「LinuC」は、オンプレミスだけではなくクラウド環境も含め、Linux技術者にとって必要なスキルを有していることを証明できる資格です。

試験は難易度によって「LinuC-1」「LinuC-2」「LinuC-3」の3段階に分かれています。ただし、LPIC-1で証明できるスキルレベルは、基本コマンドの理解やシステム管理ができる程度です。サーバーサイドの開発スキルを証明する場合は、LPIC-2、3レベルを目指しましょう。

※参考 : IT資格といえば LinuC | Linux技術者認定試験 リナック | LPI-Japan

Oracle認定Javaプログラマーなど言語系資格

言語系資格を取得することで、サーバーサイドエンジニアとしてのプログラミングスキルを客観的に証明できるでしょう。

プログラミング言語系の試験としては、Oracle認定Javaプログラマーや、Pythonエンジニア認定試験などが挙げられます。Pythonには、「Python Certifications」という世界共通試験もあります。AIや科学計算分野に関心のある方は、ぜひ合格を目指してみましょう。

関連記事 : Pythonの資格|入門におすすめの資格は?試験内容や種類、難易度を比較

サーバーサイドエンジニアのキャリアパス

この項では、サーバーサイドエンジニアのキャリアパスについて解説します。

インフラエンジニア

サーバーはシステムインフラの一部です。そのため、サーバーサイドエンジニアとしてのキャリアを積むことで、サーバーやネットワークなどのシステムインフラを担当するインフラエンジニアへ進むというキャリアパスが考えられます。

インフラエンジニアは要件定義、基本設計といった上流工程を担当するほか、顧客へのヒアリングなども手掛けることがあります。サーバーエンジニアの知識を活かして、効率的なシステムインフラを構築できれば、より高収入を得られるようになるでしょう。

インフラエンジニアの求人・案件一覧

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)は、システム開発の上流工程に携わるエンジニアです。サーバーサイドエンジニアやネットワークエンジニアに指示をしたり、協働したりしてシステム開発を行います。

サーバーサイドエンジニアで得た経験は、システムエンジニアとして上流工程を担当する際に役立ちます。とくに下流工程の工数を削減できるような基本設計や詳細設計ができたり、効率的なシステムインフラを構築できたりすると強みになるでしょう。

また、システムエンジニアは、ほかのエンジニアとコミュニケーションを取る場面が多い職種です。サーバーサイドエンジニアとしての実務経験は、システムエンジニアになってからサーバーサイドエンジニアとのコミュニケーションを円滑にする上でも役立つでしょう。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

プロジェクトリーダー・マネージャー(PL・PM)

サーバーサイドエンジニアからキャリアをスタートして、上級エンジニアの経験を重ねていくと、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーの案件を獲得できるようになります。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーは、主に予算や人員の管理、プロジェクトの問題点およびボトルネックの洗い出し、問題解決などを担当する職種です。システム開発の責任者として開発を推進する立場に、やりがいや魅力を感じる人も多いようです。

プロジェクトリーダー(PL)の求人・案件一覧
プロジェクトマネージャー(PM)の求人・案件一覧

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス|向いている仕事内容は?キャリアプランの考え方

フリーランスのサーバーサイドエンジニアとして働くには

ここでは、フリーランスのサーバーサイドエンジニアとして働く方法について解説します。

最初は広く浅くスキルを身につける

サーバーサイドエンジニアの業務では、サーバーの知識をはじめ、プログラミング言語やデータベース、クラウドといった幅広い知識が求められます。フリーランスとして活躍したい人は、一通りのスキルを身につけておきましょう。

スキルを身につける方法のひとつとしては、資格試験を利用する方法が挙げられます。また、案件を通してスキルを身につけたい場合は、サーバーサイドエンジニアの案件だけにこだわらず、さまざまな仕事を経験するのも近道といえるでしょう。

未経験の方であれば、サーバーサイドエンジニアの養成スクールを利用したり、会社員のサーバーサイドエンジニアとして勤務しながらスキルを養うのも有効です。

サーバー運用・保守などの案件を請け負って経験を積む

初心者はとくに、サーバー運用・保守の案件で経験を積むと良いでしょう。サーバーサイドエンジニアの仕事内容には、サーバーの運用や保守も含まれます。開発の業務に比べるとルーティン的、マニュアル的な仕事も多いため、初心者がサーバーサイドの業務に慣れるために有効です。

エージェントを使う

エージェントを利用して、フリーランスのサーバーサイドエンジニアを目指すのも良いでしょう。エージェントは多くのシステム開発案件を抱えており、その中にはサーバーサイドエンジニアを必要とする案件が多くあります。

また、エージェントを利用することで、クライアントとのマッチ度を高められる可能性もあります。エージェントはクライアント(企業)の状況や雰囲気などに精通しているため、志望する業務内容に合った案件を紹介してもらいやすいのがメリットです。固定のクライアントを持つフリーランスも、エージェントを並行利用することで、受注が安定することもあります。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22のチェックリスト

サーバーサイドエンジニアの単価・年収

ここではサーバーサイドエンジニアの年収の参考として、2021年4月時点においてレバテックフリーランスで公開されている「サーバーサイド開発」の求人・案件の月単価をもとに算出した、サーバーサイドエンジニアの年収例をご紹介します。

サーバーサイドエンジニアの年収相場

参照元 : サーバーサイド開発の求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 876万円
最高年収 1440万円
最低年収 420万円


なお、会社員とフリーランスとでは社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : サーバーサイドエンジニアの平均年収|仕事内容や必要なスキル、資格も解説

サーバーサイドエンジニアの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスのサーバーサイド開発の案件を例にして、サーバーサイド開発の作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。サーバーサイドエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【Python】toBWebアプリバックエンド開発の求人・案件

■単価
〜90万円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)

■職務内容
・大手通信系企業の法人向け社会インフラWebアプリ開発にバックエンドエンジニアとして携わっていただきます。
・スクラムを取り入れての開発を行っております。
・開発PCはMacをご用意します。

■求めるスキル
・Pythonでの商用サービスの開発経験
・SQLでの商用サービスの開発経験
・AWSなどのクラウドサービスを使った商用サービスの開発経験
・スクラムに対する理解
・Githubのオペレーション

■歓迎スキル
・フロントエンド開発
・AWS上でのEC2を使った開発経験
・FlaskなどのWebアプリケーション用のミドルウェアを使った開発経験
・Lambda、Fargeteなどのサーバレスでの開発経験
・スクラムによる開発経験

■最寄り駅
虎ノ門(東京都)

【Ruby】ファンコミュニケーション/プラットフォーム開発の求人・案件

■単価
〜75万円/月
※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
・アプリケーションエンジニア
・SE (システムエンジニア)
・プログラマー(PG)

■職務内容
・オウンドプラットフォームのサーバサイド開発を担当していただきます。
・具体的な作業は下記でございます。
-システムの設計、開発
-ブログ機能の設計、開発
-チャット機能の設計、開発
-イベント機能の設計、開発
-カートレスEC機能の設計、開発
-決済システムの設計、開発
-ポイントシステムの設計、開発
-プラットフォームシステムのインフラの設計・開発

■求めるスキル
・RubyなどのWeb系プログラミング言語での開発経験
・サーバーサイドエンジニアとしてWebアプリケーション開発経験2年以上

■歓迎スキル
・Gitを利用したチームでの実務経験
・Webアプリケーションフレームワークやライブラリなどの実務経験
・高トラフィックサービスの開発、運用経験
・AWSやAzure等のクラウドでのインフラ運用・構築経験
・OSSの公開やコントリビュートの経験

■最寄り駅
渋谷(東京都)

関連記事 : PHPエンジニアとは|未経験からなることは可能?仕事内容や転職方法を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

サーバーサイドエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.