オンラインカウンセリング実施中

リモートワークにストレスを感じる理由は?ストレス解消法も紹介

働き方改革の推進や感染症予防の観点から、リモートワーク(テレワーク)を検討する人も多いのではないでしょうか。とはいえ、在宅でリモートワークを行う際に何らかのストレスを感じている人は少なくありません。そこで本記事では、リモートワーク下で生じるストレスの原因や、ストレスを感じやすい人の特徴をまとめました。リモートワーク中のストレス解消法の例もご紹介していますので、在宅のフリーランスエンジニアなどを希望されている方はぜひ参考にしてみてください。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

リモートワークにストレスを感じる理由
リモートワークでストレスを感じやすい人の特徴
リモートワークのストレス解消法

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

リモートワークにストレスを感じる理由

リモートワークにストレスを感じる原因としては、以下のようなものがあります。

作業場とプライベート空間が一緒

リモートワークを自宅で行う場合は、作業場とプライベート空間が一緒という人も一定数いるでしょう。出社する場合は、通勤中に歩いたり電車に乗ったりすることが気分転換になることもありますが、リモートワーク中は通勤の必要はなく、稼働時間と生活とのメリハリがつきにくい可能性があります。そのため「作業が完了しても終わった感じがしない」という気分になる人は少なくありません。

運動・外出不足

リモートワーク中は出社のために外へ出る必要はありません。そのため、普段から意識的に体を動かしていない場合は運動不足になりやすいといえます。慢性的な運動不足は、体調不良やストレスの原因になることも。健康的な生活を送るためには、適度な運動を意識することも大切でしょう。

コミュニケーション不足

リモートワーク中は基本的に1人で作業を行います。会社員の場合、出社すれば上司や同僚がいるため、分からないことがあれば誰かに相談することができますが、リモートワーク中は周りに訊ける人がいないため、困ったことがあっても誰かに頼りづらいという事情があるようです。また、人と接することが好きな人は、リモートワーク中に感じる孤独感がストレスになってしまう場合もあるでしょう。

家庭内の環境

家族やパートナーと暮らしている場合は、生活音や人の動きが気になり作業に集中できない可能性も。リモートワークの利点は、家族やパートナーと過ごせる時間が増えることが一つとされていますが、気持ちの切り替えがうまくいかない場合はストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

長時間作業

個人の裁量でリモートワークしている場合は、タスクや時間の管理を自ら行う必要があります。自分のさじ加減で作業時間を決められるということは、長時間作業することも可能ということ。「切り良いところまで作業したい」という気持ちがあると、ついつい長時間作業をしてしまうこともあるようです。長時間作業による疲労は、ストレスの原因にもなるでしょう。

関連記事 : リモートワークのメリット・デメリットを解説|その実態は?

自分に合う案件を提案してもらう

リモートワークでストレスを感じやすい人の特徴

リモートワークでストレスを感じやすい人の特徴をご紹介します。これからリモートワークをスタートさせようとお考えの方は、参考にしてみてください。

仕事に慣れていない

その作業自体に慣れていなければ、出社・リモートワークに関わらず作業がうまく進まず、ストレスを感じることもあるでしょう。経験が浅く不慣れな時期は、分からないことや不安を感じることもあるはずです。十分に経験を積まないうちに、1人で作業を行うリモートワークに移行するのは、それだけストレスを感じてしまう可能性もあります。

コミュニケーションを重視している

仕事においても直接的なコミュニケーションを重視している人は、リモートワークという環境にストレスを感じてしまうことになるでしょう。とくに、リモートワーク前はチームでプロジェクトを遂行するために対面での会話を前提として仕事を進めていた人は、在宅に移行することで作業がスムーズに進行せず、ストレスの一因になってしまうことも。リモート中も、チャットツールを使った連絡やオンライン会議などを行うことは可能ですが、直接的なコミュニケーションと比べると、やや物足りなさを感じるという人もいるでしょう。

リモートワークの環境を整えていない

リモートワークを行う場合、ネット環境や周辺環境を整備しておかなければ、スムーズに作業できません。インターネット環境が整っていなければ作業中に接続が切れてしまう恐れがありますし、部屋が散らかっていれば集中力が削がれる可能性もあります。自分に合っていない椅子や机を使っている場合は、無理な姿勢を続けることになり、身体的なつらさを感じることもあるでしょう。

不規則な生活を送っている

作業する日とそうでない日とで起床時間や就寝時間、食事のタイミングを変えているという人は、生活リズムが乱れている可能性があります。不規則な生活を送っていると心身の健康に悪影響を及ぼす場合もあるので、気をつけたほうが良いでしょう。

関連記事 : リモートワークのデメリット

リモートワークのストレス解消法

リモートワーク中のストレス対策の例をいくつかご紹介します。現在リモートワーク中の人も、これからリモートに入る方も、自分が取り組みやすいがあれば試してみてください。

作業環境を整える

自宅でリモートワークを快適に行うには、作業環境を整えることも重要です。厚生労働省は、適切にリモートワーク(ガイドライン上ではテレワーク)を導入するための作業環境整備のポイントとして、以下のような項目を挙げています。

  • 部屋は設備を除き10立方メートル以上の空間にする
  • 机上の照明は照度300ルクス以上とする
  • 窓などの換気設備を設ける
  • 椅子は安定していて簡単に移動できるものを用意する
  • 机は必要なものが配置できる広さがある
  • 室温は17℃から28℃、湿度は40%から70%

参照 : 厚生労働省「自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備」

上記のほか、作業中の姿勢に気をつける、作業時間に注意することなども盛り込まれています。リモートワークの作業環境を整える際はぜひチェックしてみましょう。

生活リズムを整える

リモートワーク中は、生活リズムを整えましょう。不規則な生活をしている人は、起床時間と就寝時間を合わせることからはじめるのも手。慣れてきたら、バランスの良い食事も意識してみてください。

適度な気分転換を図る

とくにエンジニアの場合、仕事はパソコン作業がメインなので、一日中椅子に座りっぱなしということも少なくありません。合間に軽いストレッチを行ったり外の空気を吸ったりして、適度に気分転換を図りましょう。契約上問題がなければ、カフェやシェアオフィスを活用して自宅以外の場所で作業するのも良い方法です。

作業中のルールを明確化する

先述したように、自分でタスクや時間の管理をしている場合は、ついつい作業時間が長くなってしまう人もいます。そういった場合は、「午後20時以降は作業しない」「◯時間作業を続けたら必ず休憩をはさむ」など、作業中のルールを決めると良いでしょう。「このタスクが終わったら今日は終わりにする」などその日ごとの目標でもかまいません。長時間作業にならないよう努めることが大切です。

相談相手を見つける

リモートワークのストレスについて、気軽に相談できる相手がいると心強いでしょう。先述のとおり、リモートワークは基本的に1人での業務が中心となるため、出社時よりも相談しづらさを感じる場合があります。相手の顔が見えない分気を遣ってしまったり、コミュニケーション不足により聞く相手がいなかったりするためです。業務上の悩みや疑問点を抱えているとストレスにつながることも。相談できる友人や同職種の仲間の存在が、リモートワーク中の励みになるはずです。

家族に協力を求める

家族やパートナーと同居している場合は、「作業中はこの部屋には入らないで欲しい」「楽器やゲームで遊ぶときはこの時間帯にして欲しい」など、事前に協力を仰いでおきましょう。小さな子どもやペットがいる場合など、協力が必要なことは、あらかじめ頼んでおくとよいでしょう。

常駐型の働き方を検討する

ご紹介した対処法を試してみても、どうしてもリモートワークに馴染めない人は、常駐型の働き方を検討することもできます。たとえば、フリーランスエンジニアであれば、常駐型としてクライアントのオフィスに出社するスタイルで働く人も多くいます。フリーランスのなかで「自分にはリモートワークは向いていない」と感じている人は、常駐型の働き方を視野に入れてみるのもひとつの方法です。

関連記事 : リモートワークでのエンジニアの働き方

※本記事は2020年11月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.