オンラインカウンセリング実施中

求人状況やメリット・デメリットも解説!
リモートワーク向きの職種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

働き方改革や、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から「リモートワーク」という言葉をよく聞くようになりました。「リモートワーク」とはその名の通り、会社ではなく遠隔で業務を行える画期的な働き方です。通勤のストレスから解放される、育児をしながら働きやすいなどの大きなメリットがあります。今回はそのリモートワークを実現しやすい職種を紹介します。

リモート案件について相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

リモートワークの概要
リモートワークのメリット
リモートワークのデメリット
リモートワークに適した職種の条件
リモートワークできない職種の特徴
リモートワーク向きの職種
リモートワークで能率を上げる方法
リモートワークするためのスキル
リモートワークの求人・案件数
リモートワークの今後

リモートワークの概要

リモートワークとは、直訳すると「遠隔で働くこと」全般をさす言葉です。一口にリモートワークといっても、実はいくつか種類があります。まずは、リモートワークにはどのような種類があるのか見てみましょう。

ハイブリット・リモートワーク

正社員としてオフィスに席を持ちつつ、週に何日かだけリモートワークを行うことを指します。

大手企業などでも、広まりつつある働き方の1つで、出社の際には、進捗報告のミーティングやお客様とのプロジェクトの重要な会議を入れ、1人で行える業務や分業できている業務は自宅などオフィス以外で進行します。

育児や介護をしていて、週の何日かは自宅にいなければならない状況でも正社員として仕事を続けられる働き方です。

フルタイム・リモートワーク

正社員として、オフィスに出社せず、完全にリモートで働きます。重要な会議などもオンラインで行える環境が整っています。海外常勤をされている方などがこの形態を取っていることが多いですが、最近は日本のなかでも全社員フルタイム・リモートワークを実現している会社もあります。

リモート・アウトソース

フルタイム・リモートワークとは異なり、正規雇用者ではなく業務委託としてリモートで業務に携わります。決められたタスクごとに受注する成果主義の働き方が多いです。いわゆる「フリーランス」と言われている方達が、この形態を取っています。

テンポラリー・リモートワーク

文字通り一時的な対応としてリモートワークを行うことを指します。家族の看病などの事情でリモートワークを採用します。

関連記事 : リモートワークとは

リモート案件について相談する

リモートワークのメリット

リモートワークによる主なメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  • 通勤コストを削減できる
  • リラックスできる空間で仕事に臨める
  • 生産性を向上させられる

では、それぞれについて見ていきましょう。

通勤コストを削減できる

リモートワークによって自宅で仕事をするようになると、通勤にかかるコストを削減できます。時間的コストだけでなく、満員電車に乗る負担が軽減されますし、交通費も必要なくなるのがメリットです。これまで通勤にかかっていた時間を家事や育児、介護、あるいは趣味や勉強などに充てることができます。

リラックスできる空間で仕事に臨める

リモートワークなら、自宅やカフェ、コワーキングスペースなどお気に入りの場所で仕事をすることができます。また、対人関係のストレスを感じにくいため、リラックスして仕事に取り組めることもメリットです。

生産性を向上させられる

リモートワークは、仕事の生産性向上にも寄与するとされています。リモートワークの導入によって無駄な会議が減り、必要な会議のみがオンラインで行われるようになったり同僚との雑談にとられる時間が減るので、オフィスにいるときよりも自分のペースで仕事を集中して進めやすくなったりする場合があります。また、軽く休憩を挟むなどしてオンオフの切り替えがしやすいこともメリットに挙げられます。

実際に、総務省による「平成28年通信利用動向調査」では、リモートワークを導入している企業の一社あたりの労働生産性は、未導入企業の1.6倍という結果でした。

参照 : 総務省「平成28年通信利用動向調査

また、厚生労働省が発表している「テレワークではじめる働き方改革 テレワークの導入・運用ガイドブック」によると、リモートワークを取り入れている企業のうち、リモートワークを実施することによって雇用面で得られた・得られつつある成果として「働き方の変革による生産性向上」を挙げた企業は37.6%に上りました。さらに、リモートワーク導入企業で働く従業員のうち、46.0%が「生産性・創造性が向上している」ことをリモートワークのメリットに挙げています。

参照 : 厚生労働省「テレワークではじめる働き方改革 テレワークの導入・運用ガイドブック
関連記事 : リモートワークのメリット・デメリットを解説|その実態は?

リモートワークのデメリット

一方、リモートワークには主に3つのデメリットがあります。

  • モチベーションを保ちにくい
  • セキュリティ管理が必要になる
  • プライベートと仕事の区別がつけにくい

以下、ひとつずつ見ていきましょう。

モチベーションを保ちにくい

リモートワークでは上司や同僚が周囲にいないため、多少さぼっていてもばれないという心理が働く人もいます。また、上司や同僚とコミュニケーションを取る機会が減ることで孤独感を感じることもあり得るため、人によっては仕事へのモチベーションを保ちにくいことがデメリットです。

セキュリティ管理が必要になる

リモートワークでは、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど社外で業務を行うため、会社内よりも第三者に機密情報が触れやすい状況となり、情報漏洩リスクが生じます。そのため、特定の端末でのみログインを許可する、セキュリティソフトをインストールするを義務付けるなど、オフィスで仕事をするとき以上に厳密なセキュリティ管理を求められるケースがあります。

プライベートと仕事の区別がつけにくい

リモートワークを自宅で行うと、1日中、食事や家事、趣味などのプライベートの時間を過ごす場所と同じ空間で仕事をすることになります。そのため、プライベートと仕事の区別がつきにくく、生活にメリハリが出ないという点もデメリットです。

関連記事 : リモートワークのデメリット

リモートワークに適した職種の条件

普段一緒に働いている上司や同僚と離れて業務を行うリモートワーク。物理的にリモートワークが不可能な場合や、面と向かって話したり、机を並べたりして業務に取り組んだ方が良い場合もあります。リモートワークを行える職種の条件を見てみましょう。

リモートワークの条件
  • 物理的に拘束される職種ではない
  • 仕事の成果として、納品物がある職種
  • 情報の共有がオンラインで完結する職種

物理的に拘束される職種ではない

人が物理的に拘束されない職種である必要があります。たとえば警備員の方がリモートワークを行うのは難しいでしょう。また、デスクワークでも、社内環境でしかアクセスできない情報やツールを使っている場合、リモートワークのハードルがあがります。

仕事の成果として、納品物がある職種

「仕事の成果=目に見える納品物」であるかどうかも、リモートワークを行える条件の1つにあげられます。離れていると業務の進行状況などを把握しにくいのが実情です。そのため、成果物で業務状況を管理することができると、リモートワークがしやすいと言えるでしょう。

たとえば、ライターの方であれば記事を納品することで仕事が完了になり業務の成果がわかりやすいです。

情報の共有がオンラインで完結する職種

書類やデータの共有がオンラインでスムーズに行える職種もリモートワークしやすい職種の条件の1つです。

関連記事 : リモートワーカーとは

リモートワークできない職種の特徴

リモートワークできない職種には、主に以下のような特徴があります。

  • 対面で人と接する必要がある
  • 物を直接受け渡す必要がある
  • 物や人を運搬する
  • 持ち運びが不可能な機械を扱う

具体的には、以下のような職種が挙げられます。

  • 調理スタッフ、ホールスタッフ、接客スタッフ
  • 医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師
  • 介護スタッフ
  • 教師、保育士
  • 倉庫の軽作業スタッフ、配送ドライバー
  • 鉄道、バス、タクシーなどの運転手
  • 製造業の生産スタッフ

関連記事 : リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも

リモートワーク向きの職種

これらの条件から、具体的にどんな職種がリモートワークに向いているかを次から説明します。

リモートワークに適した職種例
  • プログラマー・エンジニア
  • デザイナー・イラストレーター
  • Webディレクター
  • ライター・編集者
  • マーケター

プログラマー・エンジニア

リモートワークに向いている職種の1つが、プログラマー・エンジニアです。プログラマーは業種にもよりますが、パソコンを持っていればどこでも作業できるという点でリモートワークに向いていると言えます。

プログラマー・エンジニア業務の「モノを作り上げて納品する」という成果主義な性質からも、しっかり納品されれば良いという風土ができており、リモートワークを行うエンジニアが増えています。

Githubなどのオンライン上共有サービスで納品ができたり、業務連絡もチャットツールなどを通じてできたりするため、リモートワークに向いていると言えるでしょう。

デザイナー・イラストレーター

デザイナー・イラストレーターの方もリモートワークに向いています。プログラマー・エンジニアと同じく、業務成果が納品物としてはっきりしているため、リモートワークが叶うケースが多いです。

ただしプログラマーと違い、お客様からのフィードバックが多い業種でもあるため、必要に応じては打ち合わせの回数が多くなる点は否めません。

Webディレクター

プログラマー、デザイナーがリモート向けの業種であるように、その2つを束ねるWebディレクターもまたリモートワークに向いています。

ディレクターが行う業務は、プロジェクト進行と品質管理の2つです。納品物をオンラインで確認できて、コミュニケーションもチャットツールなどでスムーズに行えるのであれば、Webディレクターも場所に囚われることなく業務ができます。

ライター・編集者

ライター・編集者の人も、成果物を業務進行の成果として判断できる働き方のため、リモートワークで働くことができます。パソコン1つで業務ができるので、より自由な働き方ができると言えるでしょう。

マーケター

マーケターは、市場調査や企画など、専門的な知識を用いて調査分析を行い、マーケティング戦略を立案・提案することが業務です。分析資料の共有と企画提案資料の作成など、1人で完結できることも多く、リモートワークに向いていると言えるでしょう。

関連記事 : リモートワークでのエンジニアの働き方

リモートワークで能率を上げる方法

リモートワークを自宅で行う場合、働きやすい環境づくりや働き方を意識することが大切です。リモートワークで能率アップする方法として、以下が挙げられます。

  • 作業用スペースを見直す
  • 意識的に休憩を取る
  • 集中できる音の環境を整える
  • ツールを導入する

作業用スペースを見直す

リモートワークに使うデスクやチェア、パソコン周辺機器などが快適に使えるか確認して、作業環境を見直すことが大切です。例えば、オフィス用の椅子は長時間使っても疲れにくいつくりになっているため、リモートワークによって腰やお尻に傷みがある場合は、椅子を変えることで改善することがあります。また、デスクの収納が足りない場合は、ワゴンなどで収納スペースを新たに用意して、デスクの作業スペースを確保しましょう。

意識的に休憩を取る

リモートワークの場合、オフィスよりも業務に集中しやすい環境だと休憩を取らずに業務を続けてしまうことがあるかもしれません。しかし、1時間に1回程度、定期的に休憩を取るほうが集中力を回復させることができ、効率アップにつながるでしょう。休憩時間には水分をとったり、ストレッチをしたりするほか、昼休みにはウォーキングをするのもおすすめです。

集中できる音の環境を整える

自宅でのリモートワークで、家族などの同居人がいたり騒音が気になったりして作業に集中できない場合は、BGMを流すのも一つの方法です。イヤホンでBGMを聴く場合は、話声など周囲の音も聞こえるタイプと、騒音を遮断するノイズキャンセリングイヤホンなどを使い分けられます。もし無音のほうが集中できるなら、耳栓の使用も解決策です。

ツールを導入する

リモートワークの際には、ITツールを導入すると業務を効率よく進められます。チャットツールを導入すると、わからないことがあったときにメールよりも速く個別に相談しやすいですし、チーム単位での情報供給もしやすいので便利です。チャットツールは「Chatwork」や「Slack」が代表的です。

「Zoom」や「Skype」などのWeb会議ツールは専用の機材を用意することなく、パソコンやスマートフォンでオンライン会議ができます。

タスク管理ツールはチームやプロジェクトでタスクを管理し、進捗を確認できる点で便利です。タスク管理ツールには、「Trello」や「Team Hack」といったものがあります。

関連記事 : 作業スペースを探す在宅フリーランスの参考になる記事特集

リモートワークするためのスキル

リモートワークを実現するためには、「信頼関係」が構築されていなければなりません。一口に「信頼関係」といっても、どのようなアピールをすれば信頼関係は築けるのでしょうか? リモートワーカーの人にもっていてほしいスキルをご紹介します。

リモートワーカーに求められるスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 報連相・勤怠管理などの業務管理スキル
  • セキュリティ管理スキル

コミュニケーションスキル

リモートワークを行う上で、最も大切なことの1つが先述の通り「信頼関係」です。
納期を必ず守ることはもちろん、レスポンスの速さや、わかりやすい説明の仕方など、コミュニケーションが普段から問題なく行える人は「この人ならリモートワークでも問題ない」と判断してもらいやすくなります。

報連相・勤怠管理などの業務管理スキル

成果型ではなく労働時間型の契約を行っている場合、リモートワークを行っていると「本当にその時間に稼働していたか?」という点が問題になりやすいです。

たとえば稼働時間以上の残業が発生した場合に、残業申請をしても「稼働時間が信頼できないので受理できない」と言われてしまうなどのトラブルが起こり得ます。

勤怠管理のトラブルを防ぐためにも、労働時間型の契約を行っている場合には以下のような対策を行いましょう。

  • 業務チャットツールで稼働開始時、稼働終了時の報告を行う
  • パソコン稼働時間がわかるツールで勤怠時間を申請する
  • 報告した稼働時間は時間管理ツールにまとめる

セキュリティ管理スキル

注意しなければいけない問題の1つとしてあげられるのがセキュリティです。社外秘情報を会社の外に出してしまったり、閲覧可能な状態にしてしまったりすると、情報漏洩のリスクは高まります。

セキュリティ関連の事故が発生しないためにも、以下のような対策をしましょう。

  • 重要な機密情報をハードディスクにバックアップしておく
  • データやファイルは暗号化を行ってから送信する
  • 暗号化されていなかったり、パスワードが公開されていたりする公共Wi-Fiは業務の際には利用しない
  • パスワードのセキュリティ強度が弱い場合は設定できないようにする

エンジニア向け・リモートワークと相性の良いスキル

以下に、特にエンジニアにとってリモートワークに適しているスキルをご紹介します。

  • Ruby
  • PHP
  • JavaScript
Ruby

Rubyは日本人によって開発されたプログラミング言語で、世界で最も人気のWebフレームワークの一つであるRuby on Railsに用いられています。

特徴として、小規模から大規模なシステムを開発できる拡張性と、豊富なライブラリがあることによる短い記述と時間で開発できる点があげられます。そのため、多くの企業で採用されていることもあり、リモートワークの案件を獲得しやすいです。

PHP

PHPは世界で最も使用されているサーバーサイドプログラミング言語であり、数多くのWebフレームワークを有しています。また、PHPで構築されているCMS(コンテンツマネージメントシステム)であるWordPressは、世界のWebサイトの34%を占めているという統計データ※もあるほどにシェアが高いです。活かせる案件の数が多いのがPHPの特徴の一つといえます。

※参考 : Historical yearly trends in the usage of content management systems, September 2019 |  W3Techs

JavaScript

JavaScriptはWebサイトに動きをつける言語で、現在のWebサイト制作で必要になる言語です。Ruby, PHPに限らずWebサイト制作に用いられることを考えると、リモートワーク案件を獲得したい人にとっては身につけておいた方がいい言語といえるでしょう。

また、現在ではフロントエンド技術だけではなく、サーバーサイドや、アプリ開発にも用いられています。幅広い技術を身につけることでより多くの案件を獲得できる可能性を広げられます。

リモートワークには主にエンジニアやデザイナーなど、成果を分かりやすく形にできる職種の方が向いているといえるでしょう。しかし、なかなか初心者の方は実績が少なく案件を獲得することが難しいという現実もあります。

関連記事 : リモートワークでのエンジニアの働き方

リモートワークの求人・案件数

2020年6月時点で求人サイトやクラウドソーシングサイト、フリーランス向けエージェントサイトなどにおけるリモートワーク可能な求人・案件を見てみると、東京を中心とする都市部のエリアで求人数、案件数が多い傾向があります。

職種はITエンジニアが多く、Web・インターネット関係、ゲーム関係、営業、事務、カスタマーサポートなどの募集も多い傾向です。東京の次にリモートワーク可能な求人数、案件数が多いのは大阪で、営業の求人のほか、ITエンジニアの求人やカスタマーサポートなどの募集も目立ちます。

このほか、札幌や仙台、名古屋、福岡といった主要都市でも、リモートワークの求人は少なくありません。リモートワークの求人で未経験から応募しやすいのは、Webライターやカスタマーサポートの仕事などです。

関連記事 : 自由に働く!在宅・リモートワーク体験談まとめ

リモートワークの今後

政府は働き方改革の一環として、リモートワークを推進しています。今後、少子高齢化が進んでいくにあたって、人手不足の解消や介護と仕事の両立を図るためにも、リモートワークは有効な方法のひとつです。

参照 : 総務省「テレワークの推進」
参照 : 厚生労働省「テレワーク普及推進関連事業」

また、リモートワークは労働生産性を高めて、国際競争力をつけて行く手段にもなるとされているので、今後さらに広まっていくと考えられます。

関連記事 : どこでもリモートで働ける!地方で働くフリーランサーまとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとリモートの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.