リモートワークが可能な職種・できない職種|必要なスキルや注意点も解説

「リモートワークしたい」と考えている方に向けて、リモートワークしやすい職種・できない職種を紹介します。

リモートで働くために必要なスキルや注意点もまとめたので、働き方を変えたい方は参考にしてください。近年はリモートワークに対応する企業が増えているため、転職や職種の変更によって希望する働き方を実現できるでしょう。

リモート案件について相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

そもそもリモートワークとは

リモートワークとは、自宅やレンタルオフィスなど、会社以外の場所で仕事をする働き方を指しています

近年、リモートワークが増加している背景にはインターネットの普及があり、リモートワーク中はオンライン会議ツールや社内のコミュニケーションツールを使って社員同士が連携をとることが多いようです。また、最近は新型コロナウィルス感染症の予防のため、リモートワークを取り入れる企業が増えています。

リモートワークは働き手にとって、「通勤時間を減らせる」「ワークライフバランスを保ちやすくなる」などのメリットがあり、企業にとっても「優秀な人材が確保できる」「オフィスコストを削減できる」などのメリットが見込めるため、今後も普及していくことが想像できます。

テレワークや在宅勤務との違い

リモートワークと似た言葉に「テレワーク」があります。厚生労働省のテレワーク総合ポータルサイトでは、テレワークを以下のように定義しています。

情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方

引用元: 厚生労働省のテレワーク総合ポータルサイト

テレワークは主に国や自治体で使用される言葉ですが、リモートワークの一種であると考えて良いでしょう

また、「在宅勤務」は働く場所が自宅に限定されるものの、こちらもオフィス以外の場所で働くという意味でリモートワークの一種だといえます

リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも解説」では、リモートワークとそのほかの働き方の違いをまとめました。詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

リモート案件について相談する

どんな職種がリモートワークに向いている?

リモートワークでは対面でのやり取りの機会がなくなるため、向いている職種もあれば、向いていない職種もあります。以下のような職種は、リモートワークと相性が良いといえるでしょう。

  • 場所や時間による制約がない職種
  • オンラインで成果物を完成させる職種
  • 各タスクが明確な職種
  • 専門性が高く絶対数が少ない職種

それぞれ詳しく説明していきます。

場所や時間による制約がない職種

リモートワークに理想的なのは、いつでもどこでも「パソコンさえあれば作業ができる」仕事です

直接人に会ったり、店舗でないとできない業務が含まれていたりする仕事は、リモートワークに不向きです。ただ、かつては職場で行う必要があった業務も、環境を整えてテレワーク化した企業も少なくありません。

オンラインで成果物を完成させる職種

パソコンを使ったオンライン作業のみで成果物を完成できる仕事は、リモートワーク向きです。近年のデジタル化により、「モノやサービスをお客さまに提供する」ような仕事も、オンライン環境で完結できるものが増えています。

各タスクが明確な職種

一人ひとりのやるべきこと(タスク)が明確な仕事は、リモートワークに向いています

頻繁にコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく職場もありますが、一人ひとりの役割分担が明確な仕事は個人で進めやすくリモートワークが可能です。それぞれが自分の役割をこなすことで全体の業務が進む職種であれば、リモートワークのみでも質の高い仕事ができるでしょう。

専門性が高く絶対数が少ない職種

難関国家資格の有資格者やコンサルタント、エンジニアなどの職種はリモートワークがしやすいといえます。こうした専門性が高く、人材が少ない職種は採用が難しいため、リモートワークを導入することで、遠方の優秀な人材を確保しようと考える企業があるためです。

リモート案件について相談する

リモートワークができる職種の具体例

ここでは、リモートワークに向いている仕事の特徴を踏まえた上で、リモートワーク向けの職種をいくつかご紹介します。

  • エンジニア(IT系)
  • データサイエンティスト
  • プロジェクトマネージャー
  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • Webディレクター
  • コンサルタント
  • 秘書・経理
  • 翻訳
  • ライター・編集者
  • 営業
  • カスタマーサポート

それぞれの仕事内容とリモートワークで働ける理由は以下でまとめました。

エンジニア(IT系)

IT系のエンジニアは、顧客となる企業のネットワーク設計やWebサイト制作、プログラミングなどを請け負う職種です。

パソコンで作業を行う職種であるため、リモートワーク向きの職種といえます。基礎的なIT知識やプログラミングに関する専門知識、スキルなどを持っているのであれば、リモートワークを視野に入れて転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

システムエンジニアのリモート案件を知りたい方は、システムエンジニアの案件一覧ページをご覧ください。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、企業が保有する大量のデータを分析し、その中から意味のある情報を導き企業の意思決定をサポートする職種です。近年はビッグデータと呼ばれる大量のデータが集まるようになり、データサイエンティストはニーズが高まっています。

データサイエンティストの仕事は基本的にパソコンで行えるため、リモートワークができる職種の一つとなります。

データサイエンティストのリモート案件を知りたい方は、 データサイエンティストの案件一覧ページをご覧ください。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、IT分野のシステム開発において、予算や人員確保、スケジュール調整などの面からプロジェクト全体の管理を行う職種です。

プロジェクトのメンバーとのやり取りが多い職種ですが、オンラインツールなどを使いこなせばリモートワークで働けるでしょう。

プロジェクトマネージャーのリモート案件を知りたい方は、プロジェクトマネージャーの案件一覧ページをご覧ください。

リモート案件について相談する

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントの要望に沿ってWebサイトのデザインを行う職種です。どのようなデザインにするか打合せを行った後は個人で作業を進めるため、リモートワーク向きの仕事といえます。求められるスキルとしては、デザインやITに関する基礎知識や、デザインツールの使用経験などが挙げられるでしょう。

Webマーケター

Webマーケターは、企業のWebサイトやSNS、メールマガジン、Web広告など、オンラインで行うマーケティング全般を担う職種です。Webの特性を理解したうえで企業の利益に貢献する役割があり、SEOの知識を活かしてコンテンツの企画やサイト設計を行ったり、アクセス数などのデータを分析して改善を図ったりします。

WebマーケターはWeb上のマーケティングを行うため、パソコンがあればどこでも働ける職種だといえます。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイトの制作における進行管理を行う職種です。クライアントの希望を聞いてライターやデザイナーに指示を出し、スケジュールや予算、品質の管理を行います。

Webディレクターはサイト制作にかかわるメンバーを束ねる役割がありますが、デザイナーなどほかの職種がリモートで働いている場合、自身もリモートワークで仕事を進められるでしょう。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアントの相談に対して、解決手段や解決方法を提案し、課題を解決に導く仕事です。専門知識やコミュニケーションスキルがあれば、職場にいなくてもチャットやオンライン会議のみで仕事を進められるため、リモートワーク向きでしょう。

ITコンサルタントのリモート案件を知りたい方は、ITコンサルタントの案件一覧ページをご覧ください。

リモート案件について相談する

秘書・経理

データ入力や数字の管理、関係者との連絡といった事務的作業が多い秘書や経理などの仕事はリモートワーク向きです。

ただし、会社に届いた書類を確認する業務がある場合、まったく出社をしないフルリモートワークの働き方は難しいかもしれません。書類の確認や来客対応がある場合は、一部をリモートワークで対応し、残りは出社する働き方となるでしょう。

翻訳

一人で作業を進める翻訳もリモートワーク向きの仕事です。パソコンを使ってオンラインで連絡・納品ができれば職場に行く必要はなく、リモートワークとの相性は良いといえます。

ライター・編集者

コラムや記事の執筆、編集を行いメディアに掲載するライターや編集者の仕事も、その多くがリモートワークで働けます。作業に必要なパソコンソフトやツールの使い方を覚える必要があるものの、仕事をこなしながらスキルを身につけていけるでしょう。

身につけたいスキルとしては、ライティングスキルのほか、情報収集スキル、SEOに関する知見などが挙げられます。

ライター・編集のリモート案件を知りたい方は、ライター・編集の案件一覧ページをご覧ください。

営業

顧客とコミュニケーションをとる場面が多い営業は、リモートワークが難しい印象を持つ人もいるでしょう。しかし、営業は仕事の状況に応じて柔軟にリモートで働ける可能性があります。

たとえば、客先に出向くことはあっても自社のオフィスに行くことが少ない状況であれば、喫茶店やコワーキングスペースを活用して仕事ができます。また、最近はオンラインでの商談も一般的になってきており、顧客への対応をリモートワークで行うことも可能です。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは顧客からの問い合わせに対応する職種です。こちらもオフィスで働いているイメージがありますが、企業によってはメールやチャットでのみ対応を行う場合もあり、インターネット環境とパソコンがあればリモートワークできるでしょう。

カスタマーサポートのリモート案件を知りたい方は、カスタマーサポートの案件一覧ページをご覧ください。

リモート案件について相談する

リモートワークができない職種とは

インターネットの普及でリモートワークが広まりつつある一方で、リモートで働くのが難しい職種もあります。

たとえば、店舗で接客や窓口対応を行う職種は対面でのやり取りが基本となり、リモートワークは難しいでしょう。また、患者の診察を行う医療関係の職種、利用者の介護を行う福祉関係の職種もリモートワークには向いていません。

加えて、工場などで物理的に製品の生産を行う製造業に携わる職種もリモートワークで対応できない業務が多いです。ほかには、トラックの運転手や保育士など、現場でなければ業務に対応できない職種はリモートワークができません。

リモートワークを希望して仕事を探す方は、自分がやりたい仕事とリモートワークの相性を考えることがポイントとなります

リモート案件について相談する

リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークには、ワークライフバランスがとりやすくなるなどのメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。リモートワークの職種に就いた後で後悔することのないよう、メリット・デメリットの両方を確認しておきましょう。

リモートワークのメリット

リモートワークの職種には以下のようなメリットがあります。

  • 通勤時間がなくなる
  • 環境の制約を受けない
  • 人間関係に悩みにくくなる

それぞれ詳しく説明していきます。

通勤時間がなくなる

リモートワークでは通勤時間がなくなり、始業前・終業後の自由な時間を増やせます。特に、通勤に時間がかかっている人にとっては、通勤に伴う身体的な負担がなくなり快適に働けるようになるでしょう。

環境の制約を受けない

リモートワークでオフィスへの出社が減った場合、居住地を会社との距離や交通アクセスで決める必要がなくなり、自分が好きな場所に住める可能性が高くなります。実際に、コロナ禍で始まったリモートワークをきっかけに、住宅購入が安価な郊外に引っ越す人も増えているようです。

また、リモートワークは通勤がなくなるため、「大雪で電車が止まったらどうしよう…」とその日の天候を気にする必要もありません。

このように、通勤による環境の制約を受けなくなる点は、自分はもちろん家族へのメリットも大きく、リモートワークの魅力といえるでしょう。

人間関係に悩みにくくなる

リモートワークをすることにより、社員同士で直接顔を合わせる機会が減ります。そのため、苦手な同僚や上司がいる場合、毎日顔を合わせなくなることで人間関係における煩わしさが軽減されるでしょう。

なお、誰とも直接顔を合わせたことがない状態でリモートワークを開始すると、チャットツール上での印象があなたのイメージになってしまう可能性があります。文字でのコミュニケーションだけでは伝わりにくいニュアンスもあるため、相手への配慮を忘れないようにしましょう。

リモート案件について相談する

リモートワークのデメリット

一方で、リモートワークには以下のようなデメリットがあります。

  • 人とのコミュニケーションが減ることがある
  • 仕事の態度を評価されにくい
  • スキルアップが難しいことがある

デメリットを払拭するためのポイントも合わせて確認していきましょう。

人とのコミュニケーションが減ることがある

リモートワークは毎日オフィスに行かなくなる分、人との交流が減る可能性が高いでしょう。もちろん、リモートワークを導入する職場は、チャットツールやオンライン会議ツールでコミュニケーションをとれる体制を整えている場合が多いです。ただ、誰かとランチに行ったり、ちょっとした雑談をしたりする機会は減ることが想像されます

そのため、リモートワークは、「どちらかというと一人でいることが好き」「単独行動が苦ではない」といった人の方が向いているといえるでしょう。

仕事の態度を評価されにくい

リモートワークは勤務中の働きぶりがほかの人に見えにくく、成果のみで評価される傾向があります。そのため、成果がないと「ちゃんと働いていたのだろうか?」と思われる恐れがあります。

結果重視で仕事の過程を評価されない可能性があるのは、リモートワークの懸念点の一つです。これからリモートワークを導入する職場に転職する場合、どのような評価制度がとられているかは事前に確認する必要があるでしょう。

スキルアップが難しいことがある

慣れていない仕事を行う場合、周りに直接指導してくれる先輩がいないリモートワークはスキルアップに時間がかかることがあります。リモートワークでは他人の仕事のやり方を目にする機会が減るため、上司や先輩の働き方から学ぶことも難しくなるかもしれません。

ただ、職場によってはリモートワーク下での教育体制を充実させたり、仕事に慣れるまでは出社したりする場合もあるので、こちらも事前に確認すると良いでしょう。

リモート案件について相談する

リモートワークで働く方法

では、リモートワークの職種で働きたい場合、どのように仕事を探せば良いのでしょうか。会社員の方がリモートワークを実現する方法をまとめました。

  • 副業で準備を始める
  • リモートワークができる企業に転職する
  • フリーランスとして独立する

リモートワークを目指す方法は、自分の経験やスキルによって決定するのがおすすめです。

副業で準備を始める

リモートワークができる職種への転職を望んでいるなら、まずは副業としてリモートワークにチャレンジする方法が考えられます。オフィス以外の場所で働くやり方が自分に合っているか確かめるためにも、副業は有効です

副業としてリモートワークを行う場合、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 職場で副業が認められている
  • 本業の仕事を終えた上で、時間的・精神的余裕がある
  • テレワークが可能な環境が整っている
  • 収入につながるスキルを持っているか、身につけていくことが可能

副業しやすいリモートワークの職種は、エンジニアやライター、データ入力、翻訳などの「ネットワーク環境とパソコンさえあれば作業が可能な職種」です。

副業の案件は、求人サイトやクラウドソーシングで探せます。クラウドソーシングには、未経験で受注できる簡単な案件も多いので、副業初心者の方にもおすすめです。特に、リモートワークで働きたい職種が未経験の場合、副業から始めて適性を確かめたり、転職に有利になるスキルを磨いたりすると良いでしょう

会社員が副業する際の注意点については「会社員が副業フリーランスになるメリット・デメリットは?注意点や案件の探し方」の記事を参考にしてください。

リモートワークができる企業に転職する

現在の職種がリモートワークが可能なタイプの仕事であれば、スキルを磨いてリモートワークができる会社への転職を目指しましょう。

未経験の職種にチャレンジする場合は、求人サイトや転職エージェントを活用し、未経験者を歓迎する求人を探すのが一般的といえます。近年はIT業界の人材が不足しているため、IT系の職種であれば未経験からでも挑戦できる求人を見つけやすいでしょう。

リモートワークの仕事を見つけるときの注意点

リモートワークをどの程度導入しているかは、企業によって異なります。ほとんど出社をしない「フルリモート」を導入している企業もあれば、「週2日は出社する」といった方針をとる企業もあります。自分がどの程度リモートワークで働きたいか考えたうえで、条件を満たす職場を探しましょう。

また、業務形態に関しても注意が必要です。正社員やパートのほか、フリーランスとして業務を行う場合もあるため、自身の希望と合っているか事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

フリーランスとして独立する

リモートワークで働きたい職種での経験やスキルが充分にある場合、フリーランスとして独立する道もあります。特に、エンジニアやWebデザイナーなどのIT系職種はリモートワークで働ける案件が多く、独立によって希望する働き方を叶えられる可能性が高いです

フリーランスは働く時間や場所の自由度が高いほか、自分がやりたい案件だけを選択できるメリットがあります。会社員と比べて収入が不安定になるリスクはありますが、案件を受注したい分野のスキルが身についている場合は、実力が収入に直結するやりがいがあるでしょう。

フリーランスのITエンジニアを支援するエージェントサービス・レバテックフリーランスでは、リモートで対応できる案件の提案を行っています。興味がある方は、「リモートの求人・案件一覧」で具体的な案件例を確認してください。

リモート案件について相談する

リモートワークをするために必要な環境

ここでは、リモートワークをするために必要な環境や道具、準備を紹介します。

  • 仕事をしやすい環境と通信機器
  • セキュリティの確保
  • ルールやスケジュールの制定

転職・独立によるリモートワークを考えている方は、以下の詳細を参考にしてください。

仕事をしやすい環境と通信機器

テレワークでの作業は、長時間パソコンの前に座ることになります。自分の身長や行う作業に合った疲れにくい机と椅子を選ぶことは、作業効率化に繋がるポイントの一つです。特に椅子は重要で、安易に安い椅子を選んでしまうと、体を痛めてしまうかもしれません。値段が高くても必要な投資と考え、自分に合った椅子を選んでください。

また、安定した通信手段を確保する必要もあります。固定回線のほか、必要に応じてポケットWi-Fiや、スマートフォンのテザリングを利用できるよう準備しましょう。

セキュリティの確保

リモートワークはインターネット環境をフル活用して作業をするため、セキュリティの強化が欠かせません。フルリモートではなく、時々出社して職場から機密性の高い資料やデータを持ち帰ることがある場合は、特に高いセキュリティ意識が必要です。

具体的には、「プライベートと仕事用でパソコンを分ける」「情報漏洩の危険がないハードディスクやメモリを保存用として用意する」「予測されにくいパスワードにする」といった対策を行いましょう。

ルールやスケジュールの制定

リモートワークは、職場で働く場合と異なり、いつ仕事をし、どのようなペースで作業をするかを自分自身で決定しなければなりません。

会社員であれば、「始業・終業の連絡を行う」「定期的に進捗報告をする」など職場のルールに従う必要があります。これから転職する方は、転職先のルールをしっかり確認しておく必要があるでしょう。

また、個人(フリーランス)として仕事を請け負う場合も、期日までに仕事をやり遂げる必要があり、タスクとスケジュールの管理が重要になります。特に、フリーランスは案件をこなした分だけ収入を伸ばせるため、効率を意識して働くことが大切です。

リモートワークで収入アップをはかる方法は、「在宅ワークで稼ぐには|稼ぎやすい、始めやすい仕事とは?」を参考にしてください。

リモート案件について相談する

リモートワークをする際に必要な能力

最後に、リモートワークをする際に求められる能力や姿勢を紹介します。

  • 自己管理能力
  • 成果を出す姿勢
  • コミュニケーション能力

これらのスキルがあると、リモートワークに移行した後も順調に働くことができるでしょう。

自己管理能力

リモートワークでは、高い自己管理能力が求められます。特に、自宅で作業をする場合は、プライベートも合わせたスケジュール管理が必要です

「〇時まで仕事、〇時から自由時間」というように、仕事とプライベートの境目を明らかにし、メリハリをつけて働けるようにしましょう。

副業としてリモートワークを行う際はプライベートの時間が削られがちなので、無理をしないよう注意する必要があります。

成果を出す姿勢

リモートワークは成果物で仕事ぶりを評価される一面があるため、結果にこだわる姿勢が求められます。フリーランスの場合は、自分と相性の良い案件を見つけられれば、持っているスキルを最大限に活かせるでしょう。

コミュニケーション能力

リモートワークでは、チャットやメール、オンライン会議ツールを使ってほかのメンバーとやり取りすることになります。コミュニケーションが対面でない分、相手の言おうとすることを正確に汲み取ったり、自分の意見を伝えたりする力がより重要になるでしょう

こんな人はリモートワークに向いていないかも

人に見られていないと集中して仕事ができないタイプの人は、リモートワークに向いていない可能性が高いです。また、人と顔を合わせて話すのが好き、周りの人と相談しながら仕事を進めたいという人も、リモートワークに向いていない可能性があります。

自分がリモートワークに向いているか確かめたい方は、「リモートワークに必要なスキルとは|種類やメリット・デメリットも解説」の記事もご覧ください。

リモート案件について相談する

リモートワークの職種に関するよくある質問

ここでは、リモートワーク(在宅でできるITの仕事)に関する質問で特に多いものと、その回答を紹介します。

Q. リモートワークの職種にはどのようなものがありますか?

A. エンジニア・Webデザイナー・ライター・編集者・翻訳・秘書・経理・コンサルタント・クリエイターなどがあります。フルリモートで働けるかどうかは、作業内容や企業により異なるので、転職の際は注意してください。

Q. リモートワークできる会社にはどのようなものがありますか?

A. 通信環境が整ったパソコンさえあれば成果物を提出できる職種ならリモートワークがしやすいでしょう。職種の例としては、エンジニア・Webデザイナー・ライター・編集者・翻訳などが挙げられます。

Q. リモートワークは未経験でもできますか?

A.自己管理がしっかりできる人、無理をしすぎない人であれば未経験からでもリモートワークができるでしょう。反対に、パソコンの操作が苦手な人や、タスク管理が雑な人、自分の限界を超えて案件を請け負ってしまう人は、リモートワークに向いていない可能性が高いです。

※本記事は2022年8月時点の情報を基に執筆しています。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。