経験者だからわかるメリット・デメリットを踏まえて解説
リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

リモートワークとは、「従業員が、会社以外の遠隔の場所で仕事をする」   という働き方のことです。現在は、遠隔で働くことを実現するためのICT(情報通信技術)環境が整ってきました。本記事を通して、リモートワークとは何か、よく似たテレワークや在宅勤務などの言葉の意味を整理していきます。そのうえで、リモートワークの働き方のメリットとデメリットに注目し、おすすめの働き方をご紹介していきます。

フリーランスになれるか相談する
 


本記事の執筆者
ウェブクリエイター 代表 江藤 義也(えとう よしや)

1971年生まれ。2002年10月よりウェブクリエイターとして、ウェブ制作、基幹システムやECサイト、各種業務システムの設計・開発・導入などを担当。プロジェクトマネージャーとして、多くのプロジェクトを担当。2010年7月に、フィルタリング推進機関に登録され、総務省主催の、インターネット利用の安心安全の分野の講演活動を取り組む。2019年に、ネット広告の方法に関する特許取得。ITコンサルタントして、中小企業の経営改革やシステム開発を手がけている。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

リモートワークとは
リモートワークと似た言葉との違い
リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークとは

リモートワークという言葉には厳密な定義はありませんが、多くの場合、リモートワークとは「従業員が、会社以外の遠隔の場所で仕事をする」ことを指します。主に従業員である会社員に当てはまりますが、一部フリーランスでも該当する場合があります。

インターネットでのテレビ会議や、チャット、メールなどを用い、遠隔地でありながら、隣のデスクにいるかのように仕事をするという点が特徴的です。回数等の制限がないフルフレックスでリモートワークをする場合もあれば、週何日など限定された時間だけリモートワークをする場合もあります。

各企業が実施するリモートワーク制度には、対象者や勤務場所や利用機会などの点で違いがあり、また働き手側がイメージするリモートワークにも解釈に違いがあるため、求人・案件を探す際などは詳細を確認するようにするとよいでしょう。

リモートワークを導入する会社側のメリットの一つとして、人材不足のなか、通勤可能圏以外にいる方や育児・介護などで出社が難しい優秀な人材を確保しやすくなるという点が挙げられます。また、会社内で勤務する社員が減るので、その分の備品や消耗品、水道光熱費や、通勤手当などの経費が削減できます。

リモートワークを行う際の注意点

自宅や、レンタルオフィス、コワーキングスペースなど、会社以外の場所でリモートワークをするためには、社内規定の範囲で安全・安定的に仕事ができる環境の構築をすることが必須です。

オフィス勤務と比べ、部外者が情報に触れやすくなるため、リモートワークをする上で情報漏えい対策には特に気を配る必要があります。

例えば、パソコンに自動でロックがかかるよう設定し、自分以外の人がファイルにアクセスしたり、メールを打ったりできないようにすることは基本的な対策です。また、フリーWi-Fiは、基本的に使用しないほうが良いでしょう。

自分が管理していないプリンター複合機を使用する際は、ファイルデータやスキャンデータを記憶したり、バックアップしたりしていないか気をつけましょう。すべてのデータをメール転送している場合もありますから、本当に要注意です。

また、出力した書類にも注意しなければなりません。私の場合、重要な書類を廃棄する場合は、シュレッダーを活用しますが、念のためなるべく別々のゴミ袋に分けて廃棄しています。

クラウドにも書類を保管するので、インターネットの回線速度も、大切な要素になってきました。複数の端末でクラウド上の大きなファイルを共有するようなときは時間がかかります。私の場合、クラウド上のファイルを複数台の端末で同期するために、パソコンも24時間つけっぱなしにしておくことで、常に同期された状態を保つことができています。 

災害などで停電したときに復旧しやすい地域かどうかも、作業する拠点を定める際に検討するようにしています。このようにリモートワークには、社内規定に沿った安定した安心できる環境構築が必要です。

関連記事 : リモートワークとは

フリーランスになれるか相談する

リモートワークと似た言葉との違い

テレワークとの違い

テレワークの「テレ」には「離れた場所」という意味があります。テレワークは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を選ばず、それらを有効に活用できる柔軟な働き方を指します。

参考 : 総務省|テレワークの推進|テレワークの意義・効果

テレワークは、都心部にあるメインのオフィスではなく、郊外にあるオフィス(サテライトオフィス)での勤務や外出先で働くこと(モバイルワーク)、雇用関係にないフリーランスがクライアントの業務を離れた場所で仕事する場合(自営型)なども含めており、リモートワークより広義な意味があるといえます。

在宅勤務との違い

会社で定めたルールに沿って、会社ではなく、自宅で業務を行う働き方です。ICT(情報通信技術)を活用して、子育てや介護などの理由で、また最近では、会社側の働き方改革の一環として、在宅勤務を導入しているところもあります。リモートワークは、社内規定の可能な範囲の場所で仕事をすることですが、在宅勤務は自宅で仕事をすることに限定しています。

関連記事 : 在宅業務の種類

ノマドワークとの違い

ノマドとは、英語で「遊牧民」を意味し、好きな時間や好きな場所で働く働き方のことです。例えば、コンセントやWi-Fiといった環境が整っている行きつけのカフェや、空港やホテルのラウンジなどを利用します。好きな場所で、自由な時間に、取引先の近くなどで、効率よく仕事ができるのが特徴です。リモートワークの定義と比較すると、「従業員」であるということに限定されません。

ノマドワークは、テレワークと、ほぼ同義語といえるでしょう。テレワークという言葉は、インターネット以前から使われてきましたが、ノマドワークは、よりスタイリッシュなイメージで、使われ始めたという背景があります。私も、いまだにノマドワーカーというと、ビジネス版ミニマリストのように、必要最低限の仕事道具で、仕事をしている人という洗練された印象があります。

関連記事 : ノマドワーカーになるには

SOHO、HOHOとの違い

SOHO(Small Office Home Office)は、一人で、あるいは少数人数で、自宅をオフィスにして、仕事をするスタイルを指す言葉です。私がフリーランスになるときも、この言葉に集約された、コンセプトやライフスタイルに憧れたのがきっかけでした。

HOHO(His Office Her Office)は、定年退職などをした夫婦それぞれが自宅をオフィスにして、それぞれの仕事をするというスタイルを指す言葉です。女性が高齢になっても能力を発揮する場所を作るという意味で、魅力的な形態だと思います。

もともとSOHO、HOHOの言葉の成り立ちからすると、会社から独立したフリーランスの要素が強いので、リモートワークではなく、テレワークに該当するといえるでしょう。

関連記事 : フリーランスとSOHOの違い

リモートワークのメリット・デメリット

会社以外の場所で働くというリモートワークの特徴を踏まえ、筆者の実体験から感じたメリット・デメリットをご紹介します。

リモートワークのメリット

メリット1. 自分の好きな空間で作業できる

リモートワークの一番のメリットは、何といっても、自分の落ち着くスペースで、仕事ができることではないでしょうか。会社の空間と違って、周りの目を気にせずに、照明や香りや音楽などの好きなものに囲まれながら、仕事ができるのは、本当に最高です。

私の場合、空気清浄機を稼働させた状態で働けているので、花粉症の症状も出なくなりました。環境面では、会社配給のパソコンではなく、自分でチョイスした、パソコンや、マウス、キーボードを使用できるので、モチベーションが上がります。

メリット2. 通勤時間の短縮・省力化がはかれる

通勤の往復時間と労力の短縮、これも大きなメリットです。毎朝、着替えて、自転車をこいで駅に向かい、電車を待って、乗り換えて…よくやっていたなと我ながら思います。この通勤の時間と労力がなくなるのです。人と接することが少なくなったので、風邪やインフルエンザにもかかりにくくなりました。

実際、エンジニアの仕事は、決められた時間のなかだけで行うのが難しいときが多いものです。やれるときに、やれるところまで、しっかりと、やっておきたいことがあります。時間と労力の無駄な配分を失くすことで、仕事の質を上げることができ、結果として、充実感が向上します。

メリット3. 家族との時間をとりやすくなる

家族との時間を取ることができることは、大きなメリットです。子育てをしているときは、病院や学校など、仕事を休むほどではないものの、休まないと時間が取れないようなことがたくさんありました。

自宅で働いていれば、少しの時間で用事を済ますことができるようになります。母親が、長期入院した際にも、高齢の父親の世話をしながら仕事もこなすことができたので、さらに介護が必要になっても、無理なく両立できるという安心感があります。

関連記事 : 在宅フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

リモートワークのデメリット

デメリット1. 関係者とのコミュニケーションが取りにくい

一方、コミュニケーションの問題は、小さいとはいえ大きなデメリットになりえます。ちょっとしたことですが、目の前に同僚がいない分、孤立してしまい、メールの返信が遅いだけで、大丈夫かなという不安に陥ることもあります。

また、表情が見えないことで言葉の伝わり方が淡白になるので、余計な神経を使うこともあります。軽く相談したいことでも、迷惑ではないかと考えてしまい、躊躇するこもがあります。一緒に同じ空間で働いている場合と比べて、コミュニケーション不全は起きやすいです。

そのほか、小さなことかもしれませんが、環境の違いが生み出すデメリットもあります。例えば、お互いのパソコンの設定が違うために、表示されるものが異なったり、動作が違ったりすることです。  隣にいて画面を見ればすぐに気づくことでも、言葉のやり取りだけでは解決に時間がかかることがあります。

何か頼み事をする際でも、お願いしたい相手が手が離せないときに、オフィスであれば近くにいる別の同僚へお願いできるという状況でも、リモートワークだと簡単にはいかないということもリモートワークのデメリットの一つといえるでしょう。

デメリット2. 仕事とプライベートの区別が曖昧になる

仕事とプライベートの差がなくなるというデメリットもあります。人によるかと思いますが、きちんとネクタイを締めて出勤することで「仕事モード」に切り替わり、電車で帰宅するまでに「自宅モード」に切り替わるという、オンとオフのスイッチのタイミングがリモートワークだと難しいときがあります。

リモートワークのメリットとして挙げた、エンジニアとして徹底してやれるところまでやるという働き方が、休憩も取らずに仕事に集中し、疲れ切ってしまうというデメリットにもなりかねません。

関連記事 : リモートワークのデメリット
 



最後に、リモートワークに関連した会社側の事情を知っておくことは、リモートワークを理解するうえで必要なことです。会社からすると、従業員が給料の対価に応じて、きちんと仕事をしてくれているかどうかが気になるところでしょう。

会社側のデメリットとして、すぐに目が行き届く場所で働いているわけではないので、監督体制を確立し、維持するのが大変だということが挙げられます。業務をフリーランスに外注することも想定されますが、一つの業務を数回会っただけの個人に任せても大丈夫かどうかが気になるところでしょう。外注で大きな案件を託すにはリスクが伴うので、フリーランスに委託することに対し二の足を踏まれることは容易に想像がつきます。

最近では、このような会社側の視点を踏まえたうえで、リモートワークを導入し活用できるようにする働き方が注目されています。

はじめはフリーランスとしてクライアントの会社内で仕事をし、その後、許可される範囲で、自宅などの遠隔地で仕事をするという形です。このような場合、準委任型で契約しているので、会社員とフリーランスの良いところをうまく取り入れた働き方ができるようになります。まずは現場で働き、実績や信頼を積んでから、その後、時間や場所を拘束されずにリモートワークへとシフトしていくことができるのでおすすめの働き方です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとリモートの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?