オンラインカウンセリング実施中

Go言語エンジニアの仕事内容|求人・案件事情や年収、未経験からの転職なども解説

Go言語は2009年にGoogleによって開発された比較的新しいプログラミング言語であり、サーバーサイド開発やクラウドアプリ開発などといった仕事に向いていることから、注目を集めています。今回はそんなGo言語について、その特徴や仕事内容、ニーズ、将来性などを解説するとともに、「未経験でGoエンジニアを目指すには」についても触れ、その魅力に迫っていきます。

Go言語案件を提案してもらう

目次

Go言語とは?Go言語でできることは?
Go言語エンジニアの仕事内容
Go言語の求人・案件事情
Go言語エンジニアの年収
Go言語のフリーランス単価相場
未経験からGo言語エンジニアへの転職
Go言語入門のための勉強方法
Go言語の仕事に関するFAQ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Go言語とは?Go言語でできることは?

Go言語は、Googleによって、2009年に開発されたオープンソースのプログラミング言語で、「Go」や「golang」とも呼ばれています。特徴を説明していきましょう。

高速で動作する

Go言語は、CやC++などと同様、プログラムコードを一括してマシンコードに変換して実行するコンパイラ言語です。PythonやJavaScriptなどといったプログラムコードを一行ずつマシンコードに変換して実行するインタープリター言語と比べて高速で動作するという特徴があり、スピードが要求される処理に向いています。また、コンパイル自体も早く済みますので、大規模な開発にも向いています。

見やすい・少ないコードで記述できる

Go言語はシンプルな言語仕様になっており、最小限の構文でプログラムコードを記述することができます。構文がシンプルなだけに、プログラマーによるコーディングのバラつきが抑えられ、結果としてコードの視認性や保守性の向上に結びつきます。

安全性が考えられている

Go言語は、不正なメモリ操作を防ぐしくみが搭載されており、安全性が高いという利点があります。また、それによってコーディングミスによるプログラムの暴走など危険を回避することが可能となります。

Go言語案件を提案してもらう

Go言語エンジニアの仕事内容

ここからは具体例をもとにGo言語はどのような仕事で活かされているのかを見ていきましょう。

サーバーサイドシステム開発

Go言語は処理速度が速く、並列処理にも強いため、大量のデータを処理するAPIサーバー等のサーバーサイドのシステム構築で威力を発揮します。大量のデータを処理するWebサーバー開発では、データベースや負荷分散等の知識も大切であり、これらを踏まえた設計・開発を行っていきます。

Webアプリケーション開発

Go言語は「Gin」「Echo」「Revel」といったWebアプリケーションのフレームワークが豊富にそろっており、これらを用いることで効率的にアプリ開発が行えます。なお、開発ツールが豊富に存在するため、開発ターゲットに最適なフレームワークやライブラリを選定することも大切な仕事の一つとなります。

クラウドアプリ開発

Go言語には「Go Cloud」というクラウド開発ツールが用意されており、これを用いることで、オンラインストレージサービスやオンラインデジタルノートサービスといったクラウドアプリ開発を行うこともできます。クラウドアプリは、アプリケーション部分だけでなく、インフラの設計・構築やクラウド環境の構築など、業務範囲が広いことが特徴です。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

Go言語の求人・案件事情

Goエンジニアの求人事情についても見ていきましょう。レバテックが2020年7月に発表した「プログラミング言語別求人案件ランキング」を参考に、Goエンジニアのニーズを解説していきます。

今後、本格的にニーズが高まっていく見込み

「プログラミング言語別求人案件ランキング」の中の「プログラミング言語別新規求人割合」を見ると、Go言語エンジニアは11位とあまり高くはありません。しかし、開発元であるGoogleが自社のサービス開発に積極的に用いている点や、需要の高いサーバーサイド開発や、今後需要が高まっていくであろうクラウドアプリ開発で威力を発揮する言語であることを考えると、今後、そのニーズは高まっていくことが予想されます。

実務経験は必須

レバテックキャリアの求人やレバテックフリーランスの案件では、Webアプリ開発、ゲームアプリ開発など、多くの場合、開発実務経験が必須となっています。

ただし、Go言語は比較的新しい言語であることから、案件によっては「サーバーサイド開発の実務経験」「Webアプリの開発経験」といったように、言語の種類は問わず、開発ジャンルにひも付いた実務経験があれば応募可能なものもあります。もちろんGo言語の開発経験があれば、確実に武器になることは間違いありません。

関連記事 : ITエンジニアのフリーランス案件の実態|求人数や内容は?安定した収入は可能?

Go言語の年収

これから本格的にGoエンジニアを目指そうと思っている方は、収入も、気になる点の一つでしょう。

経験の少ない方はおおむね300万円台からスタート

開発ジャンルや経験年数によりGoエンジニアの年収は幅がありますが、実務経験が浅い方の場合は300万円台からスタートすることが多い傾向にあります。なお、Go言語を用いた開発経験があり、それに付随してクラウドサービスや他のサーバーサイド開発言語などの使用経験があれば、年収レベルはもっとアップしていくことでしょう。

より高い年収を狙うには

より高い年収を狙うならば、プログラミングスキルだけでなく、要件定義や基本設計といった上流工程や、プロジェクトリーダーもしくはプロジェクトマネジメントのスキルはもちろん、業務分析を通じた課題抽出および、それを技術面に落とし込めるようなITコンサルタントとしてのスキルなどが大きな武器となります。

レバテックフリーランスの「Goの求人・案件一覧」を見てみると、ウォレットアプリのサーバーサイド開発やBtoB向けのWEBサービス開発、決済系システム開発はじめ、なんらかのビジネス実現やサービス展開を支援するような目的の開発案件が多い傾向にあります。

それだけに技術面だけでなく開発を業務面から考える視点が重要になります。そういったハイスペックなスキルを持っていれば、高年収を狙うことも可能でしょう。

関連記事 : Go言語エンジニアの年収は?将来性やフリーランス案件事情と合わせて検証

Go言語のフリーランス単価相場

フリーランスのGoエンジニアを目指している方に向けて、単価相場も紹介します。

2020年12月時点でのレバテックフリーランスのGo言語案件ではGoエンジニアの平均単価は81万円となっています。これはJavaの70万円、PHPの72万円、Pythonの77万円といった人気の高いプログラミング言語よりも高いレベルにあります。

これはGo言語がまだまだ新しいプログラミング言語であり、エンジニアの数が少ないがためと考えられます。Go言語の案件の多くが「要実務経験者」となっており、経験者であれば、条件の良い案件と巡り会える可能性は大きいでしょう。

関連記事 : フリーランスの種類別・職種別平均年収|年収1000万円を目指す方法も解説

未経験からGo言語エンジニアへの転職

その将来性や今後のニーズ増加の可能性から、「未経験だけど、Goエンジニアを目指したい」と思っている方も少なくはないでしょう。そんな方に向け、ここでは未経験からGoエンジニアへの転職について解説します。

いきなりGo言語エンジニアとして転職するのは難しい

先にも触れたように、正社員・フリーランスともにGo言語の求人・案件では実務経験者を求めている傾向が強く「未経験でいきなりGo言語エンジニアとして活躍するのは難しい」といわざるを得ません。経験者が少ないため、教えることが難しいというのも一因です。

また、一口に「未経験」といってもGo言語自体の実務経験がなくとも、他のサーバーサイド言語での開発実務経験があれば応募可能というケースもありますが、エンジニアとしての実務経験なしの状態から独学でGo言語エンジニアを目指すのはかなりハードルが高いといえます。

エンジニア実務経験がない方であれば、まずはGo言語にこだわらずに他の言語も含めて勉強し、未経験可の求人を探す、というところから始めるのが無難でしょう。

実務経験を積むことが第一歩

実務未経験者はまず「実務経験を積む」ことが何よりも重要です。方法としては、アルバイトやエンジニア派遣など、未経験者の受け入れが大きい募集を見つけ、そこで実務経験を積んでいくことがGoエンジニアを目指す上での第一歩となるでしょう。その際は、Go言語にこだわらずに他の言語も含めて勉強し、未経験可の求人を探すというスタンスだと可能性が上がります。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介

Go言語入門のための勉強方法

では、未経験の方は初心者の方がGo言語を学ぶにはどんな方法があるのでしょうか。
ここではGo言語の基礎を学ぶ上で有効となる方法をいくつか紹介していきます。

オンラインの学習サイトを利用

Go言語は、無料でプログラミングを学べる学習サイトが豊富にあり、これを利用することで基礎を身に付けることができます。学習サイトによっては、プログラムを実行できる機能を搭載したものもあり、これを利用すれば、自分が組んだプログラムを実際に動かしながら学ぶことができます。

代表的なものでは、Go言語の公式サイト「The Go Programming Language」があります。この公式サイトを日本語に訳したサイトもあるので、そちらも利用するといいでしょう。この他にもGo言語の無料学習サイトはいくつもあるので、自分に合ったものを探してみることをおすすめします。

入門書で基礎を学ぶ

Go言語に限らず、プログラミング学習の王道といえば「関連書籍を読む」ことでしょう。注目の言語だけにGo言語の学習書籍は豊富にあり、初心者向けのものも多いので、まずは書籍からGo言語の世界に入っていくのも一つの手です。

この際、注意すべきは、「なるべく新しい発行年月日のものを選ぶ」ということです。Go言語は定期的にバージョンアップされており、それにともない言語仕様が変更されたり、新機能が追加されたりしているので、新しいバージョンに沿った書籍で学習しましょう。

はじめてみることが重要

この他、Go言語をテーマにしたプログラミングスクールや講習などに参加するという方法もあり、上記の方法である程度の基礎を固めたら、参加してみるのも手です。ぜひ、自分に合った学習方法を見つけ、Go言語の世界に飛び込んでいってください。

関連記事 : プログラミングを独学で学習できる無料サービス12選

Go言語の仕事に関するFAQ

ここからはGo言語の仕事についての代表的な質問に答えていきます。

Q. Go言語エンジニアの仕事内容はどのようなものですか?

A. サーバーサイドシステム開発やWebアプリケーション開発を筆頭に、クラウドアプリ開発などの案件が多い傾向にあります。これ以外にもiOS/Androidのスマートデバイスアプリケーション開発などもあります。

Q. Go言語と他の言語と比べた場合、どのような特徴がありますか?

A. CやC++などと同様のコンパイラ言語であり、インタープリター言語と比較すると高速で動作するほか、シンプルな構文で記述できる点、不正なメモリ操作を防ぐしくみが搭載されており安全性が高い点などが挙げられます。

Q. Go言語の需要・将来性はどのようなものでしょうか?

A. Googleが自社のサービス開発に利用している点で実績や信頼性があり、サーバーサイドやWebアプリ、クラウドアプリといったニーズの高い開発で威力を発揮することから、今後、さらなるニーズ増加が見込まれるでしょう。まだ市場にGoエンジニアが少ないため、平均単価も高めであり、これから本格的にプログラマーを目指そうと思っている方は要注目だと言えるでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Go言語案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとGo言語の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.