オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

Kotlinエンジニアの年収|求人・案件事情や他言語との比較も解説

Kotlinは比較的新しい言語で、Google社がAndroid開発における公式開発言語として採用したことから、大きな注目を集めています。若い言語のため、Kotlinの実務経験者はまだまだ少なく、相対的に高めな年収・単価になる傾向が見られます。今回は、そんなKotlinの特徴や案件、Kotlinエンジニアの年収面などについて解説しましょう。

Kotlin案件を提案してもらう

目次

Kotlinとは?
Kotlinエンジニアの年収
Kotlinと他言語の年収比較
Kotlinエンジニアの仕事内容
Kotlinエンジニアの求人・案件
Kotlinエンジニアが年収アップを狙うには
Kotlinエンジニアの年収に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Kotlinとは?

KotlinはJetBrainにより公開されたプログラミング言語です。Google社がAndroid開発の公式開発言語に採用したことでよく知られています。

参考 : Android の Kotlin ファースト アプローチ | Android デベロッパー | Android Developers

「シンプル、分かりやすい、安全」という特徴を持つ

これまでAndroidの開発といえば、長らくJavaが主流でしたが、近年、Javaと高い互換性を持つKotlinが大きな注目を集めています。KotlinはJavaよりもシンプルに書ける、Null安全(Null Safety)といった仕組みでエラーを起きにくくする、といった特徴を持ち、人気を伸ばしています。

こうした点から、Kotlinは比較的初心者や未経験者が入っていきやすいプログラミング言語だと言えます。

Javaとの親和性の高さも特徴の一つ

KotlinはJavaの仮想マシン(JVM)上で動作するJVM言語であり、Javaのライブラリやフレームワークを使うことができ、プログラミングにおいてもJavaとKotlinを混在させることができるという特徴があります。そのためJavaで書かれたプログラムにKotlinで機能追加を行ったり、KotlinからJavaのコードを呼び出したりといった柔軟な開発が行なうことができ、プログラミング経験者にとって習得するメリットが大きいと考えられます。

またKotlinは、GoogleがAndroid開発における公式開発言語に採用したことから世界で急速に普及しており、大きな将来性を持った言語だといえます。

関連記事 : スマートフォンアプリ開発に用いられる言語

Kotlin案件を提案してもらう

Kotlinエンジニアの年収

2020年12月時点でレバテックフリーランスに掲載されているKotlin案件の単価相場によると、Kotlinエンジニアの平均月額単価は83万円となっています。最高単価は125万円、最低単価は45万円です。この平均単価で12カ月稼働したとすると、年収は996万円となります。

参照 : Kotlinの求人・案件一覧

平均単価である83万円近辺の案件を見てみると、Kotlinを用いた1~3年程度のネイティブアプリの開発経験を必要とするものが多いといえます。高単価に近い案件では、Kotlinのスキルに加え、以下のような要件のあるものも比較的多く見受けられます。

  • JavaやGo、Scala、PHPなど複数の言語を扱える
  • 実装フェーズだけでなく、企画からリリースまで一貫したサービス開発に対応できる
  • 要件定義や基本設計、プロジェクト管理といった上流工程に対応できる

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

Kotlinと他言語の年収比較

ここでは前項と同様に、レバテックフリーランスの公開案件の単価を基に、Kotlinと他のプログラミング言語におけるエンジニアの年収を比較してみましょう。

Goエンジニアとの比較

Go(Go言語、golang)の特徴

Go(Go言語、golang)はGoogle社が開発したオープンソースのプログラミング言語です。エンジニアの生産性向上を目的に設計されており、シンプル・軽量・高速処理ができるといった特徴があります。もともとGoogle社内のソフトウェア開発のために開発された経緯があるため、Webサービスやサーバー開発などで威力を発揮します。

Goエンジニアの年収

Go案件の平均月額単価は81万円、最高単価は125万円、最低単価は39万円となっています。

参照 : Goの求人・案件一覧

KotlinはAndroid開発で、GoはWebサービス開発で採用されることが多いといった違いはありますが、Kotlinエンジニアと同程度の収入レベルということがわかるでしょう。

関連記事 : Go言語エンジニアの年収は?将来性やフリーランス案件事情と合わせて検証

Javaとの比較

Javaの特徴

Javaは、1995年にSun Microsystems社によってリリースされたプログラミング言語です。実行環境に依存しないマルチプラットフォーム性を持ち、デスクトップ向けOSからスマートフォン向けアプリケーション開発、家電やOA、自動車向けの組み込み開発まで、幅広いジャンルの開発に対応できることが特徴です。

Javaエンジニアの年収

Java案件の平均月額単価は70万円、最高単価は145万円、最低単価は25万円となっています。Kotlinと比べると、最高単価と最低単価の開きが大きいといえるでしょう。

参照 : Javaの求人・案件一覧

これは、幅広いジャンルの開発に対応できるというJavaの特性から、開発案件の幅が広いためと考えられます。

関連記事 : Javaエンジニアの年収|未経験から転職して高収入を目指すには

COBOLとの比較

COBOLの特徴

COBOLは1959年にアメリカで生まれた歴史あるプログラミング言語で、主に事務処理を担っています。銀行や証券といった金融系や生保系など、大量のデータを扱うシステム開発で用いられることが多いでしょう。

COBOLエンジニアの年収

COBOL案件の平均月額単価は61万円、最高単価は95万円、最低単価は37万円となっており、Kotlinよりも低い傾向にあります。

参照 : COBOLの求人・案件一覧

これは、COBOLがメインフレーム(大型汎用機)というレガシーな環境で運用されることが多く、新規開発案件が減少傾向にあるためと考えられます。

Kotlinエンジニアの仕事内容

Kotlinを用いた開発には、大きく分けて「Android向けのアプリケーション開発」とWebサービス開発における「サーバーサイドシステム開発」があります。ここでは、それぞれの作業内容やニーズなどについて解説しましょう。

Androidエンジニア

Kotlinを用いてAndroidアプリ開発を行うには、Android アプリ公式の開発環境である Android Studioを用いるケースが一般的です。加えて、KotlinはJavaの仮想マシン(JVM)上で動作することから、Java実行に必要なJDK(Java SE Development Kit)も欠かせません。

作業はAndroid Studioを用いることで、コーディング、テスト、デバッグといった工程を効率的に進めることができ、最終的なリリースまで行うことができます。

Google社がAndroid開発における公式開発言語として採用したKotlinは、Androidアプリ開発におけるデファクトスタンダードな言語であり、今後もニーズは高まっていくでしょう。

関連記事 : Androidエンジニアの仕事内容

サーバーサイドエンジニア

先述のように、Kotlinにはプログラミングミスを防ぐ仕組みが搭載されています。このことから、高い信頼性が求められるサーバーサイドのシステム開発においてもニーズが高まりつつあります。

Kotlinを用いたサーバーサイド開発では通常、Javaの統合開発環境である「IntelliJ IDEA」を用い、コーディングからテスト、デバッグまで一通りの工程を進めていきます。Kotlinで書かれたプログラムを実行するためには、Androidアプリ開発と同様にJDKが必要であり、事前に環境設定を行っておく必要があります。

関連記事 : サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

Kotlinエンジニアの求人・案件

2020年12月現在、レバテックフリーランスのKotlinの公開案件は約300件です。傾向としてAndroidを用いたスマホアプリ開発が多いといえます。

そのうち高単価の案件には、新規開発において、企画や基本設計などの上流工程から担当していくものが多い傾向にあります。

こうした高単価案件は、条件として「Androidの開発経験3年以上」「Javaを用いた開発経験3年以上」など、一定年数以上の実務経験を要するものが多いです。また、Android SDKやJDKなど、JavaやKotlin開発で必要な開発ツールの使用経験も求められます。

一方で単価の低い案件は、詳細設計、製造、テストといった実装工程での業務が中心となります。こちらも、Androidの開発経験やJavaを用いた開発経験を必須とする場合がほとんどです。KotlinはJavaと親和性の高いプログラミング言語であるため、応募条件にJavaのスキルを設けている案件が多く、この点でJavaエンジニアは有利といえるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアのフリーランス案件の実態|求人数や内容は?安定した収入は可能?

Kotlinエンジニアが年収アップを狙うには

Kotlinエンジニアが収入アップを目指すには、どんなことが必要となるのでしょうか。ここでは「スキル」「キャリア」「資格」という3つの面から、収入アップを実現する上で必要とされることを解説していきます。

スキル

Kotlinの開発案件を見てみると、JavaとKotlinを併用するといった案件が多い傾向にあり、Javaの開発経験は武器となるでしょう。また、AndroidアプリとiOSアプリを並行して開発する案件も多く、SwiftなどiOSアプリに対応した開発環境を扱えるスキルも持っていると、収入アップへつながる可能性があります。

キャリア

高単価のKotlin案件は、上流工程から関わるものが多い傾向にあります。そのため、システム構想や基本設計といった上流工程における実務経験があると、大きな武器になるでしょう。基本設計から実装、リリースに至るまで、一連の工程すべてに対応できる実務経験を積むことが理想的です。

資格

Kotlin案件にはAndroidアプリ開発に関わるものが多いため、Android開発に関連した資格を取得していると、より有利になるといえます。代表的なものに「Android 技術者認定試験」があります。

また、KotlinはJavaと互換性が高いことから、「Javaプログラミング能力認定試験
も有用でしょう。この資格があると一定レベル以上のJavaプログラミング能力があると判断され、有利な案件を獲得できる可能性が上がります。

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

Kotlinエンジニアの年収に関するよくある質問

ここでは、Kotlinエンジニアの年収に関してよくある質問に答えていきましょう。

Q. Kotlinエンジニアの平均年収はいくらですか?

A. フリーランス向けエンジニア募集サービス「レバテックフリーランス」に掲載されている「Kotlin求人・案件の月額単価相場」によると、Kotlin案件の平均単価は83万円となっています。この平均単価で12カ月働くと、年収は996万円となります。

Q. Kotlinエンジニアが年収アップを目指す方法は何ですか?

A. 年収アップを目指すのであれば、一定期間以上のJavaの開発経験を積むことや、スマートフォンアプリの開発スキルを磨くことに加え、上流工程からの開発経験が重要です。また、JavaやAndroidに関連した資格があると有利に働く可能性があります。

Q. 単価が高いKotlinのフリーランス案件にはどのようなものがありますか?

A. Kotlin案件のうち単価が高いものには、Androidアプリの新規開発で企画や基本設計といった上流工程から、実装、リリースまで全行程に関わっていくものが多い傾向にあります。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Kotlin案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとKotlinの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.