Javaプログラマーの仕事内容|未経験から仕事で使えるレベルになるには

Javaプログラマーの仕事は、基幹系システム、Web系システム、Androidアプリなど幅広い系統や規模のシステム構築業務があることが特徴です。Javaは金融機関向けなど信頼性が重視されるシステムにおいて、今後も需要が見込まれる言語です。また、多くの既存システム向けに改修や運用保守のニーズが存在するほか、Androidアプリの構築言語でもあるためスマホアプリ業界でも活用されています。本記事では、Javaプログラマーの仕事の概要、役立つスキル、よくある質問などについて説明いたします。

Java案件を提案してもらう

目次

Javaとは?
Javaプログラマーの仕事内容
Javaプログラマーの求人案件
Javaプログラマーの平均年収
未経験からJavaの求人に応募できる?
未経験からJavaを仕事で使えるレベルになるには
Javaプログラマーへの就職・転職に役立つ資格
Javaを使う仕事に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Javaとは?

Javaとは、世界中で広く利用されているプログラミング言語のひとつです。汎用性が高く、Web、バッチ、クライアントサーバー、組み込みプログラムなど、とても幅広い用途で活用されています。今回は、その大きな特徴について、ポイントを確認しておきましょう。

オブジェクト指向

Javaは、オブジェクト指向という設計上の考え方を採用したプログラミング言語です。クラスという単位でモジュールを作り、モジュール間での依存度合いを下げています。大規模なシステム開発でも開発単位を分割しやすいという利点があります。

プラットフォームに依存しない

JavaはWORA(Write once, run anywhere)という考え方のもとで実装されており、Javaの実行環境をインストールすることで、サーバーやコンピューターの種類、OSなどのプラットフォームを選ばずに稼働させやすいのが特徴です。

充実したAPI、フレームワーク

Java開発元およびオープンソースのソフトウェアプロジェクト支援団体により提供されるAPIが充実していることも、Javaの特徴のひとつです。APIとはクラスライブラリや部品化されている機能のことを指しており、実績のあるAPIを利用することにより開発の難易度を下げ、効率的な開発をサポートしてくれます。

ソフトウェア開発において、汎用的に利用可能な骨組みをフレームワークといい、これを利用することで作業効率の向上、プログラムの品質の向上を見込むことができます。Javaは、このフレームワークについても充実しているのが特徴です。

このAPIやフレームワークを利用することで、Web、Androidアプリ、クライアントアプリ、バッチ形式などといったプログラムを作成することが可能です。

関連記事 : Javaエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

Java案件を提案してもらう

Javaプログラマーの仕事内容

Javaはこれまで、堅牢性の高さや大規模開発に向いていることなどを理由に、信頼性が必要なシステム構築の場で活躍してきました。

多くの企業でJavaによるシステムを採用してきた経緯があり、現在もその改修や運用保守のニーズが高い言語です。また、スマホなどで利用されるAndroidアプリの開発においても多く使われています。

Webシステム

JavaはWebシステム構築のためのAPIおよびフレームワークが充実しており、企業のWebシステムの構築に利用されていることが多いです。代表的なWebフレームワークとしてはSpring Boot、Spring MVC、JSF、Strutsなどが挙げられます。

フレームワークを利用したWebの新規開発案件の場合、Javaプログラマーの仕事は要件定義、UIの設計といった基本的な設計を、Javaで利用するクラスベースに落とし込むことから始まることが多いでしょう。Javaとして実装可能な設計後にプログラミングを行い、テスト実施へとつなげていきます。

Javaプログラマーが仕事で扱うプログラムの範囲としては、Web画面周り、業務ロジック、データベースアクセスなどにモジュールで分割されている場合や、対象の画面や機能ごとにプログラマーが分かれている場合もあります。また、Webの場合はHTML、CSS、JavaScriptなどの周辺言語も扱うことが多いです。

企業の基幹系システム

Javaは1995年のリリースから歴史を積み上げてきた言語であり、官公庁や企業の基幹系システムに利用されていることも多いです。

業務の中心的機能を担っているシステムであるため、改修や運用保守などのニーズも安定しています。

Webであったりクライアントサーバーであったりと形式はさまざまですが、Webシステムで挙げたフレームワーク以外にも、開発ベンダーにより独自のフレームワークを利用していることもあり、各システムのプログラムの特徴を把握したうえでの対応が必須といえます。

Androidアプリ

JavaはAndroidスマートフォンで利用されるAndroidアプリの主要開発言語でもあります。その理由は、Androidアプリ用のAPI、ライブラリが充実していること、堅牢性、モジュール間の依存が少なく作業単位を分割しやすいため大規模開発にも向いていることなどです。

Androidアプリでは、企画、設計、開発、リリースといった順序でJavaプログラマーの仕事は進行していきます。ほかのWeb開発などとの違いとしては、統合開発環境Android Studioが多くの場合で利用されていること、GooglePlay Storeなどへのリリース作業が存在することなどです。

なお、GoogleではAndroid開発におけるKotlinファーストの強化が進んでおり、Kotlinが利用されるケースも増えています。

※参考 : Android の Kotlin ファースト アプローチ | Android デベロッパー | Android Developers

関連記事 : Androidエンジニアの仕事内容

Javaプログラマーの求人案件

2021年5月24日時点でレバテックフリーランスに掲載されているJavaの求人・案件数は5947件でした。これは、全プログラミング言語のなかでも最多の求人・案件数となっています。また、案件数と比例してエリアも幅広く、比較的活躍の場が選びやすいと言えるでしょう。

Javaの求人・案件一覧

なおJavaは、レバテックフリーランスの「プログラミング言語別案件ランキング」(2018年度)で1位を獲得しています。2021年においても、その人気、需要は保たれていると言えるでしょう。

案件の価格帯としては、最低単価で月30万円、最高単価では月165万円という案件もありました。単価の高い案件ほど上流工程と呼ばれる要件定義や基本設計といった工程からの参画となる傾向があります。

上記以外にも、単価の高い案件ではJavaの実務経験年数やフレームワークの利用経験などの経歴、自発的な行動やコミュニケーション能力も求められる傾向があります。単価の低い案件では、Webシステムにおけるプログラミングやテストといった工程が主な業務内容であることが多いようです。

関連記事 : Javaの在宅ワーク・副業が可能な求人・案件はある?リモートワークOKの仕事を探すには

Javaプログラマーの平均年収

2021年5月24日時点でレバテックフリーランスに掲載されているJava案件の平均月額単価は69万円です。この平均月額単価で12ヶ月稼働した場合、税金や保険料を差し引く前の年収は828万円となります。

Javaエンジニアの年収相場

参照元 : Javaの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 828万円
最高年収 1980万円
最低年収 360万円


また、厚生労働省が発表した2019年度の「賃金構造基本統計調査」によると、Javaに限らないプログラマーの平均給与をもとに計算した平均年収は約426万円でした。

※参考 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

関連記事 : Javaエンジニアの年収|未経験から転職して高収入を目指すには

未経験からJavaの求人に応募できる?

未経験でJavaの正社員の求人に応募しようとする場合、新卒の場合と転職の場合で大きく条件は変わります。

未経験から新卒でJavaプログラマーの求人に応募する場合

新卒の場合、未経験からJavaのプログラマー、エンジニアを目指すことに大きな障壁はありません。IT人材が不足している状況ですので、新卒の若手であれば理系、文系を問わず、未経験からの採用の募集を探すのは難しくないでしょう。スキル、知識の不足は入社後の研修、サポート制度などで埋めることが可能です。

新卒、未経験でJavaのプログラマーを目指すならば、ITリテラシーを身につけ、学ぶことをいとわない姿勢が必須といえるでしょう。

未経験から転職でJavaプログラマーの求人に応募する場合

転職の場合、「未経験歓迎」「未経験OK」といった条件のJavaプログラマーの求人数は、それほど豊富とはいえないでしょう。一般的に、ほかのプログラミング言語を含めた実務経験、学習経験が必要となる場合が多いです。

まったくの未経験の場合、支援業務、テスト案件、ヘルプデスクなどの限られた業務から始まることが多いため、給与も最初は高くない傾向があります。それでも未経験から求人に応募する場合、自分で技術情報を学べるスキル、自分から動けるマインドセットなどが評価対象になるでしょう。

独学でも何らかのプログラムを作ってポートフォリオのように示せれば、入社後に活躍できることの証明にもなり、自分の価値をアピールする意味で選考対策になります。

関連記事 : フリーランス向けJava案件の動向・需要解説

未経験からJavaを仕事で使えるレベルになるには

未経験の状態からJavaを仕事で使えるレベルで身につけるには、主に教育機関で学ぶ方法と独学の2つ方法があります。ここでは、それぞれのメリット、デメリットを含めて紹介します。

学校やプログラミングスクールなどの教育機関で学ぶ

情報系の専門学校、大学やプログラミングスクールなどの教育機関を利用してプログラミングスキルを身につけるのが1つの有効な方法です。

メリット
  • 学ぶべき内容が体系づけられて整理されている
  • 現在のトレンドの技術が学べる
  • 学習に詰まったときに質問できる相手がいる
  • 卒業後の就職・転職支援がある
デメリット
  • 金銭的負担
  • 拘束時間

以上のように、負担はあるものの手厚いサポートがあり、知りたいことを効率よく学べることが魅力です。

Webサイトを利用して独学する

Javaはメジャーなプログラミング言語であるため、独学のためのWebサイトが多く存在します。PCとインターネット接続環境があれば、自分の手元でプログラムを動かしながら学ぶことも可能です。

メリット
  • 金銭的負担は少ない
  • 自分の学びたい時間に効率的に学べる
  • 自分でスキル、技術を学ぶ能力をつけられる
デメリット
  • 行き詰まりが発生すると、解決するのが難しい
  • 困難にぶつかった場合、サポートがなく挫折しやすい
  • 学ぶ内容を選択するのが難しい

注意点としては、PCを使って環境を作り、プログラムを記載して、実行しながら学ぶ必要があることです。いくらWebサイトを熟読しても、実際に手を動かさないかぎり開発現場で役立つレベルのスキルを身につけることは難しいでしょう。Javaを使ってバックエンドにDBのあるWebサイトが作れるようであれば、仕事ですぐに役立つレベルのスキルが身についていると考えられます。

関連記事 : Javaの勉強方法|独学で入門するための学習のコツとステップアップの流れ

Javaプログラマーへの就職・転職に役立つ資格

Javaプログラマーに就職、転職するために役に立つ資格としては、Oracle認定Javaプログラマー、Javaプログラミング能力認定試験、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験、Android技術者認定試験制度などがあります。

Oracle認定Javaプログラマー

Oracle認定Javaプログラマーは、Oracle社が行っている認定資格です。Javaの言語およびオブジェクト指向でのプログラミングに関するスキル、知識が問われる試験となります。Bronze、Silver、Goldと3つの認定資格に分かれており、下位の資格を取得しなければ上位の資格を受験することはできません。

※参考 : Java SE 11 認定資格 | オラクル認定資格制度 | Oracle University

プログラミング言語としてのJavaの開発元であるOracleが自社で運営している認定資格制度であるため、Javaに対するスキル、知識を示す資格のなかでも権威のある資格となっています。Javaプログラマーとして就職、転職する際には、Javaに関するスキル、知識の保有を客観的に示すことができます。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、サーティファイが提供している認定資格です。Javaについての基本知識を持ち、オブジェクト指向にもとづくアプレットや、アプリケーションプログラムを作成できる能力を認定しています。試験は難易度に応じて3級~1級に分かれています。

※参考 : 試験概要【Javaプログラミング能力認定試験】

3級と2級は筆記試験、1級は事前に公開している2200行程度のテーマプログラムに対する仕様変更・仕様追加に対応したプログラム作成(コーディング・入力・コンパイル・デバッグを含む)および変更仕様書の作成を行う実技試験となっており、1級を取得していると高度なスキルを持ったJavaプログラマーであることを証明できるでしょう。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が運営する日本の国家資格試験です。基本情報技術者試験はIT技術者としての基礎レベル、応用情報技術者試験はより高度で幅広いスキルと知識の保有を示すことができる資格です。

本試験ではプログラミングに関する設問があり、プログラミング言語を選択して解答を行います。そのうちの1つとしてJavaが取り入れられています。

※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験
※参考 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:応用情報技術者試験

IT技術者として働く際に必要なスキル、知識がソフトウェア、ハードウェア、システム設計、プロジェクトマネジメントなどと幅広く問われるため、保持していればIT技術者として一定のスキルを持っていることを示せます。Javaに限らず、プログラマー、システムエンジニアなどへの就職、転職には有用な資格です。

Android技術者認定試験

一般社団法人 IT職業能力支援機構 Android技術者認定試験制度委員会が実施している、Androidエンジニアのスキルを認定する試験です。この試験は、アプリケーション開発者向けとプラットフォーム技術者向けに分かれており、レベルもベーシックとプロフェッショナルの2段階があります。AndroidはJavaにより開発されているため、Javaについての能力、スキルも問われる内容となっています。

※参考 : Android技術者認定試験制度 | Authorized Certification of Engineer for Android

Javaを使ったAndroidアプリの開発者への就職、転職を目指す場合は、その素養を示せる認定資格です。

関連記事 : Javaの資格|入門におすすめの資格一覧と試験内容・種類・難易度比較

Javaを使う仕事に関するよくある質問

ここでは、Javaを使う仕事に関する、よくある質問をご紹介します。

Q. Javaはどのような開発の仕事に使われますか?

A. Javaは汎用性が高いプログラミング言語です。Javaは、Webシステム、クライアントサーバーシステム、組み込みアプリ、Androidアプリなど幅広い開発に使用されます。

また、フレームワーク、APIも充実しており、モジュール分割しやすい構造のため、大規模な開発でも適用可能という特徴も持っています。小規模なアプリから大企業の基幹系システムでも利用されているプログラミング言語です。

Q. Javaプログラマーの求人に未経験で応募することは可能ですか?

A. 新卒の場合は、基本的には未経験からの応募が想定されているといえます。企業によっては、入社後の研修やサポートが手厚く、スキルを身につけながら働ける環境が用意されている場合も多いでしょう。

転職の場合は、なんらかのプログラミング経験や学習経験などの経歴が必要となることが多いです。ほかのプログラミング言語も未経験という状況から応募する場合は、自ら学ぶ姿勢を示し、条件が悪いところからでも自分の価値を上げるような努力が必要になるでしょう。

Q. 未経験から独学で仕事でも使えるレベルのJavaのスキルを習得できますか?

A. 未経験かつ独学でも、仕事で使えるレベルのJavaのスキルを習得することは可能です。PCとインターネット環境を用意し、Webサイトや参考書によってプログラミングを体系立てて学ぶことができます。

ただし、プログラミングはテキストを読むだけでは身につきません。実際にプログラムを書いてPC上で動かしながら理解していく必要があります。また、学習コスト、時間がかかることも考慮する必要があるでしょう。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Java案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとJavaの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。