あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

iOSエンジニアになる手段やスキルも解説
iOSエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

iOSエンジニアの主な業務は、iPhoneやiPadなどのアプリ開発です。iOSとは、Apple端末に搭載されているオペレーティングシステムのことをいいます。iOSアプリの開発には、Objective-CやSwiftといったプログラミング言語の知識が必要です。

iOS案件を提案してもらう

本記事の監修
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

iOSエンジニアとは
iOSエンジニアの仕事内容
iOSエンジニアに必要なスキル
フリーランスのiOSエンジニアとして働くには
フリーランスiOSエンジニアの年収
iOSの求人・案件例

iOSエンジニアとは

iOSエンジニアとは、Apple社が提供するiPhoneやiPodなどの製品に搭載されているOS『iOS』上で動くアプリケーションの設計や開発を行う技術者です。

デザイナーやプランナー、ディレクターなどと連携しながら、ユーザにとって魅力的なアプリを開発することが主な業務となります。iOSの魅力を生かすために、ユーザにとって使いやすいUI/UXを考慮することも重要です。

iOSアプリの開発にはObjective-C/SwiftといったiOS用のプログラミング言語が用いられるため、iOSエンジニアとして働くためにはこれらのスキルを習得しておく必要があります。

iOS向けの開発案件はスマートフォンやタブレットの爆発的な普及に伴って増加しており、iOSエンジニアは未だ人手不足の状況が続いています。

市場全体で見ると、iOSのプログラミング言語であるObjective-CやSwiftを専門として扱える技術者は少ないため、他言語から移行するエンジニアが歓迎されています。C言語をもとに開発された新言語のため、C言語やC++などを用いた開発経験を求められることもあります。

今後も新たにサービスへ参入してくる企業が増加していくと予測されるため、iOSエンジニアが活躍できるフィールドはますます広がっていくでしょう。

関連記事 :  スマートフォンアプリ開発に用いられる言語

iOS案件を提案してもらう

iOSエンジニアの仕事内容

iOSエンジニアはObjective-CやSwiftを用いたアプリの開発を担当します。それに加えて、案件によりサーバサイドの開発を担う場合もあります。

Objective-CとSwiftはiPhone向けのネイティブアプリ開発から大規模なBtoCサイトの開発にまで幅広く用いられているため、自身の経験に応じてさまざまな案件での活躍が期待できます。

iOSエンジニアとして幅広く活躍したい場合には、Objective-CとSwiftの両方のスキルを身につけると良いでしょう。

iOSエンジニアはゲーム業界を筆頭としてエンターテインメント系や通信系などのさまざまな分野で活躍している職種です。主な活躍の場は「ソーシャルゲーム系」、「管理アプリ系」、「受託開発系」の3つに分けることができます。

ゲーム業界ではソーシャルゲームの開発案件に携わっていることが多く、管理系アプリの開発では各業界向けのソリューションに携わるケースが多いでしょう。受託開発案件では比較的小規模な環境での開発が多いため、参画先で密な連携を取りながら開発を進めていくことになります。

今後は個人ユーザ向けだけでなく企業向け業務系アプリの開発も増えていくと予測されており、将来性の高い職種だと言えます。

関連記事 :  iOSエンジニアの仕事内容

iOSエンジニアに必要なスキル

iOSエンジニアがiOSアプリの開発に用いるプログラミング言語『Objective-C』『Swift』は必須スキルです。

特にSwiftはApple製品向けの言語ですが、Webを使うことが前提とされているため、サーバ側の処理を得意とする言語の開発経験やスキルを求められます。実状、iOSエンジニアを募集しているほとんどの求人・案件で、合わせてC/C#/C++/Java/PHP/VBなどのスキルが求められます。

iOS開発で必要となるSDKの解説やサンプルコード、WWDC(Appleが毎年開催している、開発者向けカンファレンス)のVTRなどはすべて英語で記述されているため、英語ドキュメントの読解力も欠かせません。日本語で書かれたドキュメントもありますが、技術のキャッチアップを考えると英語読解力があると対応しやすくなります。

iOSアプリの開発では一般的に「GUIプログラミング」と呼ばれる開発方式が用いられており、Ajaxやバッチ処理をほとんど使わないWebアプリとは大幅に違うスタイルでの開発となります。GUIアプリの開発経験は必ずしも必要なわけではありませんが、あればより歓迎されます。

iOSエンジニアにはプログラミングスキルはもちろんのこと、専門性の高いスキルと知識、ニーズに合わせた機能の落とし込みを行うための幅広い見識や感覚も必要になります。
自分の得手不得手をしっかりと把握し、これからどのようなスキルを習得していけば良いか考えておくと、自身のキャリアパスが描きやすいです。

関連記事 : プログラマのスキルや能力について

フリーランスのiOSエンジニアとして働くには

iOSアプリケーションの開発にはSwiftや開発環境のXCodeを使いこなすことが求められるため、iOSエンジニアに必要なスキルを満たしている人材が不足しています。よって上で述べたiOSアプリケーション開発に必要なスキルを身に付けることで、iOSエンジニア案件に参画できる可能性は高いと考えられます。

iOSアプリケーション開発に不可欠なSwiftやXCodeはメジャーアップデートで仕様が大きく変わることがあります。よって常に最新のSwiftやXCodeをキャッチアップしていなければいけません。

特にフリーランスは即戦力であることを求められるため、最新のSwiftやXCodeをマスターしておくことは、案件獲得に不可欠です。

またiOSアプリケーションはUI/UXのクオリティの高さが求められ、一般のアプリケーション開発とは一線を画するものです。デザインセンスやUI/UXのデザイナーとコミュニケーションをしっかり取れるスキルが求められます。その意味でも、フリーランスとして案件に参画するには、ある程度のiOSアプリケーション開発経験が必要とされます。

iOSエンジニアとして働くには、理想はiOSエンジニアとして企業に所属し、実績をもとにフリーランスになることをおすすめします。iOSエンジニアとして就職することがひとつの壁になりますが、就職を斡旋するスクールを利用する手段があります。オンライン授業で完結するスクールもあるため、現在の仕事と並行してSwiftを学ぶこともできます。スクールを利用できない場合は、個人でiOSアプリケーションを開発し、SwiftやXCodeを使えるスキルがあることをアピールすると良いでしょう。

未経験からiOSエンジニアになるには

エンジニア未経験者がフリーランスのiOSエンジニアになるのであれば、iOSアプリケーション開発の実績が必須です。既に述べたとおり、フリーランスは即戦力が求められることを考えると、まずは企業に就職することをおすすめします。

iOSエンジニアの在宅(リモート)案件と常駐案件の特徴

フリーランスとしての働き方には、常駐型案件とリモート(在宅)案件があります。案件としてはクライアントとコミュニケーションが取りやすいことから常駐型案件が多いです。また開発中のアプリケーションや仕様書の流出を防ぐ意味でも、リモート案件は敬遠されがちです。

リモート案件を獲得するのであれば、人脈を使って案件の紹介を受ける、あるいはフリーランスと企業をマッチングするサービスを利用して、エージェントに要望を伝えてください。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスiOSエンジニアの年収

ここではiOSエンジニアの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスiOSエンジニアの平均月単価 : 78万円(12ヶ月分を年収とすると936万円)
最高単価 : 125万円
最低単価 : 36万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
iOSエンジニアの求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

iOSの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、iOSエンジニアの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。iOSエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【Unity】スマートフォン向けゲーム新規開発の求人・案件

■単価
〜800,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職務内容
・スマートフォン向けゲームの新規開発に携わって頂きます。
・設計から幅広く担当して頂きます。
・課題解決のため、様々なアプローチを検討し、最適化して頂きます。
※担当範囲は、スキルや経験および進捗状況により変動いたします。

■求めるスキル
・C、C++、C#のいずれかを用いたゲーム開発の実務経験
【下記から1点必須】
・設計の実務経験
・SwiftやKotlinを用いたネイティブアプリ開発の実務経験
・CPU、GPU、メモリ、ネットワークの知見
・開発用ツール作成の実務経験
・Shader開発の実務経験
・算術、幾何プログラムの実装経験
・MAYA、MAXなどCGツールの拡張機能を作成した実務経験
・コンシューマゲームやソーシャルゲームでクライアント開発の実務経験
・サーバサイド開発の実務経験

【歓迎スキル】
・継続的インテグレーションの実務経験
・Elixir、Go、Rubyの実務経験
・Havok、Physics、Bullet、CRIWare、WWiseの実務経験
・AWSやGCPの実務経験
・インフラの実務経験
・CI/CD環境構築の実務経験
・マイクロサービスアーキテクチャやクリーンアーキテクチャーの実務経験
・GitHubやスクラムを用いたチーム開発の実務経験
・リーダーやリードエンジニアの実務経験
・コードレビューの実務経験
・OSSなどへのコントリビュートやオーナーシップの経験

■最寄り駅
渋谷(東京都)

【Objective-C/Swift】事業者向けWebサービス開発の求人・案件

■単価
〜800,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)

■職務内容
・EC/O2O事業者向けのWebサービスに付随する、モバイルアプリの開発に携わってただきます。
・大部分はObjective-Cでの開発になりますが、一部Swiftでの開発もございます。

■求めるスキル
・Swift又は、Objective-Cを用いたiOSアプリの開発経験1年以上
・Web技術(HTTP、HTML、Web APIなど)についての知識

【歓迎スキル】
・UNIX系OSの開発、オペレーションスキル
・PHPやRubyのWebアプリケーションフレームワークを使った開発経験
・MySQL等RDBMSの利用した経験
・GitやMercurial等、VCSを使った開発の経験

■最寄り駅
渋谷(東京都)


上記の内容はiOSエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

iOSエンジニアの案件をもっとみる

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

iOS案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとiOSの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.