Javaの将来性は?Javaエンジニアの今後の需要やJavaを学ぶメリットは?

Javaは歴史のあるオブジェクト指向言語として、登場から今なお幅広く活用されています。多くの案件や求人が出ている点は、これからJavaエンジニアを目指す方にとって魅力的な点だといえるでしょう。

Javaエンジニアとしての価値を高めるためには、他の言語との違いやデメリットなどを正しく理解しておく必要があります。今回は、Javaの将来性が高いとされる理由や反対に時代遅れとされる理由、Javaエンジニアの年収事情などを解説します。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

Javaは将来性の高い言語

コーディングのイメージ背景

現在すでにプログラミング言語として高いシェア率を獲得しているJavaですが、今後もその需要は続くと考えられています。Javaが将来性の高い言語だとされる理由は、主に次の5つです。

  • 歴史があり世界中で利用されている
  • 求人数や案件数が多い
  • サーバーサイドでの需要が高い
  • 大規模開発に向いている
  • Webのみならずモバイルアプリも開発できる

Javaが広く活用されている背景を知ることで、より具体的にプログラミング言語選びを進めることができるでしょう。それぞれのポイントを解説します。

歴史があり、世界中で利用されている

Javaは開発されてからある程度の時間が経過しているものの、今なお多くの開発現場で用いられている言語です。ひとえにプログラミング言語とはいっても、世界中には数多くの特徴が異なる言語が存在しています。

技術の進歩が早いIT業界においては、新たなプログラミング言語が次々と登場し、流行の移り変わりが激しいのが特徴です。そのような競争率の高い状況でJavaが継続して高いシェアを維持しているのは、汎用性が高い点が挙げられます。

ベーシックでありながら、さまざまな用途で用いることができるJavaは、世界中で広く使われている言語の1つです。そのシェア率の高さは、Javaの高い需要を象徴しているといっても過言ではないでしょう。

求人数や案件数が多い

Javaは多くの開発現場で使用されているため、安定して求人数や案件数が多い点も将来性の高さにつながっています。ある分野に特化したプログラミング言語と比べると、扱える範囲が広がり案件獲得や転職も有利に進められる可能性があるでしょう。

多くの案件や求人が出されているという背景の一つに、Javaで開発ができるエンジニアが足りていないことが挙げられます。Javaを学んで幅広い案件に対応できるスキルをつけることができれば、IT市場においての価値を高めることができるかもしれません。

新たな言語が登場してくることを加味しても、ベーシックな性質をもつJavaの需要はこれからも続くでしょう。

サーバーサイドでの需要が高い

Javaの将来性が高いとされている理由の1つとして、サーバーサイドでの需要の高さが挙げられます。そもそもサーバーサイドとは、実際にユーザーが見て操作するフロントサイド(フロントエンド)の対極にある部分を指し、フロントサイドからの要求に応える形でサーバー側の操作や情報の出し入れなどを担当する領域のことです。

ECサイトで買い物をするような場合、サーバーサイドの動きが正常でなければ、データを送信したり支払いを完了したりすることができません。Webサイトやアプリケーションにおいて、欠かすことのできない重要な役割を果たしているといっていいでしょう。

JavaはさまざまなWebサイトやシステム、アプリケーションを司るサーバーサイドでの利用も多く、需要の高い言語です。

大規模開発に向いている

Javaはオブジェクト指向の言語であるため、大規模開発と相性がよいのも将来性が高いとされる理由です。オブジェクト指向とは、設計しようとするシステムなどを、何かしらの役割をもったモノに分割したうえで、モノとモノとの関係性を定義することで開発を進める概念を意味します。

効率的かつ安全にシステム開発がおこなえる考え方として、開発現場で重視されているのが事実です。プログラミング言語の中にも、オブジェクト指向のものとそうでないものが存在します。

Javaはオブジェクト指向言語であるというだけではなく、高い拡張性やメンテナンス性をもち、ライブラリやフレームワークが豊富な点からも需要が高まっています。

Webのみならずモバイルアプリも開発できる

Javaは環境に依存しないプログラミング言語であるため、Webだけではなくモバイルアプリ開発も可能です。特に近年ではスマホの所持率が高まっていることもあり、モバイルアプリ市場の高需要が続いており、開発に用いられる言語のニーズも高まっています。

そのような注目度の高まっているモバイルアプリ市場において、Javaのシェア率がトップとなっているのが事実です。モバイルアプリの大半は、Googleが提供する「Android Studio」で制作されているといわれているほどで、ツールの開発言語としてJavaが搭載されています。

Java案件を提案してもらう

Javaと他の言語との違い

キーボードの上に置かれた若葉マーク

Javaの将来性の高さが確認できたところで、他の言語との違いを簡単におさらいしておきましょう。今回は、次の4つの言語との違いを解説します。

  • JavaScript
  • C言語
  • Python
  • Kotlin

先にも触れたとおり、世界中には数多くのプログラミング言語が存在しています。システム開発を効率的に進めるためには、それぞれの言語の特徴を熟知しておくことが重要です

Javaに興味をもっている場合は、似た性質をもつとされる言語をチェックしておきましょう。

JavaScript

JavaScriptは、Javaと名前が似ているため混同されがちですが、全く異なるプログラミング言語です。インタプリタ型の言語であるJavaScriptは、主に動きのあるUIを実現するために用いられます。

Webサイトの他にも、モバイルアプリケーションやゲーム開発に用いられるケースも多いようです。Javaがサーバーサイドでの利用率が高い言語であるのに対して、JavaScriptはフロントサイドのUIに用いられる言語としてそれぞれ高いシェア率を誇っています。

JavaとJavaScriptは違う領域で用いられることが多いことから、両者が共存する形で開発が進められるケースも多いでしょう。

JavaScriptに関しては、こちらの記事でも詳しく解説しています。
JavaScript入門ガイド!初心者におすすめの勉強方法や学習サイトを紹介

C言語

1972年に開発されたC言語は、長い歴史をもつだけではなく、さまざまな開発案件に用いられる汎用性の高さが特徴です。新しいプログラミング言語が登場している状況下においても、根強い人気を誇っています。

汎用性が高いという点ではJavaとも共通点があるものの、C言語はオブジェクト指向の言語ではありません。オブジェクト指向での開発が必須な場合は、C言語にオブジェクト指向の機能を拡張した言語である「C++」を用いる必要があります。

そのため、大規模開発という面においては、C言語よりもJavaのほうが需要が高いと考えられるでしょう。C言語の需要についてより詳しく知りたい場合は、次の記事を参考にしてみてください。
C言語の需要はある?将来性や今後の動向など転職前に知りたいポイントを解説

Python

Pythonは世界的な大企業であるGoogleがシステム開発に用いている言語としても有名な、オブジェクト指向の言語です。汎用性が高くライブラリやフレームワークが充実している点も、Javaとの共通点だといえるでしょう。

Pythonは、近年注目が高まっているAI分野や機械学習分野でも活用されているのが特徴です。Javaと比べるとソースコードがシンプルにまとまっているため、初心者向きだともされています。

PythonもJavaと同じく将来性が高い言語の1つとされており、注目が集まっています。両者の比較に関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。
Pythonの将来性は?Ruby・Javaとの比較や需要、転職のメリットを解説

Kotlin

Kotlinは2011年に開発された、比較的新しいプログラミング言語です。Javaと同じくオブジェクト指向の言語として、広く活用されています。

Javaよりもコード記述がシンプルで済むため、簡単かつ安全に開発が進められるのが特徴です。Javaとの相互運用性も確保されており、システム開発において両者を混在させることができます。

現在高いシェアを誇っているJavaを代替する言語候補として、注目されています。Kotlinを学んだエンジニアの就職・年収事情などは、こちらの記事でチェックしてみてください。
Kotlinを使う仕事の内容は?求人案件の特徴や未経験からのスキルアップ方法

Java案件を提案してもらう

Javaが時代遅れといわれる3つの理由

プログラミングコードを記述する手元

Javaは将来性が高いとされる一方で、時代遅れとの声が聞かれるのも事実です。Javaが時代遅れとされてしまうのには、次の3つの理由があります。

  • Javaの欠点を補う代替言語が多く登場している
  • セキュリティ面での課題が指摘されている
  • Javaエンジニアの収入は比較的低めである

Javaを学びエンジニアとして活躍するためには、Javaの懸念点についても把握しておくことが重要です。3つの点を詳しく解説します。

1.Javaの欠点を補う代替言語が多く登場している

Javaは登場からすでに長い年月を経ている言語であるため、現在に至るまで数多くの類似言語が開発されており、シェア率が奪われてしまう可能性があります。中でもScalaやKotlinは、Javaよりも高性能かつ扱いやすい言語としての位置を確立しつつあるでしょう。

Javaの後継言語といわれるScalaは、オブジェクト指向型プログラミングと関数型プログラミングの両方に対応しているのが大きな特徴です。さらに、Javaの仮想マシンJVM(Java Virtual Machine)上での動作も可能であるため、Javaに代わる言語の有力候補とされています。

一方のKotlinは、そもそもがJavaの改良版として開発された言語です。Javaとの相互性を持ち合わせているのはもちろん、より簡潔で効率的なシステム開発が期待できます。

これらの代替言語の登場により、Javaが時代遅れの言語とみなされる場合があります。

2.セキュリティ面での課題が指摘されている

Javaは基本的には安全に開発ができる言語ではあるものの、これまでにセキュリティ問題が発生してしまった過去をもっています。問題が指摘される度にアップデートがおこなわれていますが、新たな脆弱性が見つかるなど、Javaのセキュリティ性を危惧する流れも出ているのが事実です。

セキュリティ対策や技術が更新を続けるIT業界において、Javaのセキュリティが万全でないとの判断が下される場合、時代遅れの言語とされてしまうでしょう。

3.Javaエンジニアの収入は比較的低めである

Javaは案件や求人数が多く需要の高い言語である一方で、Javaエンジニアの収入は他の言語と比べてやや低めであるケースが多いようです。2022年12月に発表されたITmediaビジネスONLINEの調査によると、Javaエンジニアの平均年収は17言語の中で10位を記録しています。

ITエンジニアの年収は、一般的な平均年収より高めに設定されている傾向がありますが、言語別にも年収差が出てしまう点は忘れないようにしましょう。需要の高さに対して、Javaエンジニアの年収が低いことから、時代遅れの言語といわれてしまうのかもしれません。
参照:ITmediaビジネスONLINE【平均年収が高いプログラミング言語 3位「Go」、2位「TypeScript」、1位は?】

Java案件を提案してもらう

エンジニアとしてJavaを習得するメリット

汎用性が高く広く用いられるJavaを習得するメリットは、主に次の3つです。

  • ライブラリが充実している
  • ネットでも関連情報を得やすい
  • 企業からの採用率が高い

将来的なスキルアップとして、プログラミング言語の習得を目指している方も多いでしょう。プログラミング言語は、それぞれに特徴や性質が異なるため、それらを正しく理解して検討することが重要です。

ここでは、エンジニアとしてJavaを学ぶメリットを詳しく解説します。

ライブラリが充実している

Javaには、システム開発をサポートしてくれるライブラリが充実しているため、Javaエンジニアは機能やユーティリティを手軽に実装できるのがメリットです。長い歴史をもつ言語だけあって、さまざまなシステム開発に対応してきたノウハウが蓄積されており、幅広いニーズに応えるライブラリが揃っています。

システム開発に利用できる既存のライブラリが多くあればあるほど、エンジニアは労力を費やすことなく、スムーズに開発を進めることができるでしょう。たとえば、データベース接続やグラフィック処理、ネットワーク通信などのライブラリが利用可能です。

ネットでも関連情報を得やすい

これまでにもご紹介したとおり、Javaはさまざまな案件で広く活用されているプログラミング言語です。ありとあらゆるケースでの情報やノウハウが蓄積されているため、エンジニアとして開発を進める際にネットから簡単に情報を仕入れることができます。

日本での利用率も高いため、日本語の解説を確認することができるのもメリットです。言語の壁を感じることなく、必要な情報にスムーズにアクセスできれば、開発作業に集中できるでしょう。

新しい言語がいくら便利であっても、情報が乏しい場合は利用を躊躇してしまうこともありますが、。その点Javaであれば、安心してシステム開発ができるのがポイントです。

企業からの採用率が高い

Javaエンジニアになることで、転職活動を有利に進められる可能性があるのがメリットです。Javaは長い歴史や充実したフレームワークなどの特徴から、多くの企業や公的機関のシステム開発を支えています。

特に大規模システムを抱える企業や機関では、利用しているプログラミング言語を変更するのには多くのリスクが伴うでしょう。そこで、すでに広く利用されているJavaは、これからもビジネスシーンを支える言語として活用されることが見込まれます。

エンジニアとしてJavaでの開発ができれば、それだけ任せられる業務が増えるため、エンジニアとしての価値が高められるでしょう。

Java案件を提案してもらう

エンジニアとしてJavaを習得するデメリット

ビジネスパーソンの机の上

Javaを習得するにはメリットがある一方で、次のようなデメリットがある点に注意しましょう。

  • すでに多くのJavaエンジニアが活躍している
  • 高単価案件・ポジションを獲得するのが難しい

メリットだけを優先してJavaエンジニアになった場合、その後ミスマッチが生じてしまう恐れがあります。ご紹介するデメリットを参考にし、Javaエンジニアへの道を検討してみてください。

すでに多くのJavaエンジニアが活躍している

Javaは案件や求人数が多い分、すでに実績を積んだエンジニアが多く存在しているのが事実です。Javaを学んだからといって、それだけですぐにエンジニアとして重宝されるわけではありません。

中には、Javaをエンジニアの新人研修として教育している企業もあるなど、エンジニアとしてはJavaを扱えて当たり前という流れもみられます。Javaエンジニアは、多くの案件に携われる可能性があるものの、希少価値という面では劣る可能性があるでしょう。

高単価案件・ポジションを獲得するのが難しい

先にも触れたように、Javaエンジニアの収入は他の言語に比べると決して高くはありません。さらに、Javaを扱えるエンジニアは数多く存在するため、すでに高収入が見込めるポジションは埋まってしまっている可能性があります。

Javaを学んだからといって、知識やノウハウを積んできたエンジニアを相手に高単価の案件やポジションを獲得するのは容易ではないでしょう。Javaエンジニアとしての価値を高めるためには、さまざまな案件をこなし、自分だけのスキルを身につけていくことが重要です。

詳しくは後ほど解説します。

Java案件を提案してもらう

Javaを習得したエンジニアの年収事情

パソコンでビジネスデータを分析している手元

TECH Streetが実施した「2020年プログラミング言語別年収ランキング」によると、正社員Javaエンジニアの年代別年収ランキングは次のとおりです。

  Javaエンジニアの平均年収 Javaエンジニアの年収ランキング(全21言語) 年代別1位言語と平均年収
20代 380万円 17位 R:476万円
30代 505万円 12位 R:569万円
40代 608万円 5位 R:753万円
50代 629万円 2位 C++:635万円

こちらの結果から、年代が上がるごとに年収ランキングも上昇していることがわかります。つまり、20~30代の実績が浅いJavaエンジニアは収入が低い傾向がある一方で、スキルや実績をもつ40~50代のJavaエンジニアは高収入を得ていると推測できるでしょう。

Javaエンジニアは数が多いため、基礎的な知識や力をもっているだけでは、なかなか満足できるポジションに就くことが難しいかもしれません。Javaエンジニアとして年収を上げるためには、他と差別化できる力をつける必要があります

参照:TECH Street「2020年プログラミング言語別年収ランキング」

Java案件を提案してもらう

Javaエンジニアとしての価値を上げる方法

真剣な表情でパソコンに向かう男性

Javaは広く用いられている言語である一方で、すでに多くのエンジニアが活躍しているため、Javaを学んだからといって希少価値が高い存在になれるわけではありません。満足できるだけの収入を得るためには、次の3つのポイントを意識してJavaエンジニアとして価値を上げる努力が必要です。

  • マネジメントスキルをつける
  • 関連資格を取得する
  • フリーランスでさまざまな案件に携わる

それぞれのポイントを解説します。

マネジメントスキルをつける

Javaエンジニアとしての価値を上げる1つ目の方法は、マネジメントスキルの養成です。いちエンジニアとして開発に携わるだけではなく、関わるメンバーをまとめてプロジェクトを率いることができる力があれば、エンジニアとして一目置かれるでしょう。

具体的には、PM(プロジェクトマネージャー)やPL(プロジェクトリーダー)として役割が果たせるかどうかがポイントです。マネジメントポジションに就く場合は、設計された開発を黙々とこなすというエンジニア職よりも、いかに効率的かつスムーズにプロジェクトを成功させられるかが求められます。

Javaエンジニアとしての基本的なスキルに、コミュニケーション能力や理論的思考能力などマネジメントスキルが加われば、市場価値を大きく高められるでしょう。

関連資格を取得する

Javaエンジニアの能力を証明するために、関連資格を取得する方法もあります。エンジニアのスキルは言葉だけでは説明できない場合も多く、その点資格があれば第三者に簡潔に自分のスキルを証明できるのがメリットです。

また、会社員の場合は資格取得により資格手当が支給されるケースもあり、収入面のプラスにも働きます。フリーランスの場合であっても、クライアント獲得に向けたアピールとして、資格は有効です

フリーランスでさまざまな案件に携わる

JavaはWebサービスのみならず、モバイルアプリや家電の組み込みシステムなどさまざまな開発に用いられる言語です。幅広い領域での経験があれば、それだけJavaエンジニアとしての希少価値を上げられるでしょう。

ただし、会社員Javaエンジニアの場合は、任された業務をこなす必要があるため、似通った業務ばかりになってしまう恐れがあります。自身のスキルアップを図りたいという場合は、フリーランスで幅広い案件に着手してみるのも手です。

正社員エンジニアとしては携われないような案件も多いため、経験を積むにはおすすめだといえるでしょう。また、フリーランスは契約の獲得から納品、クロージングまで責任をもって対応する必要があるため、総合的なビジネススキルをつけることができます

Java案件を提案してもらう

Javaの将来性に関するよくある質問

ここでは、Javaの将来性に関するよくある質問に答えていきます。

Q. スマホアプリ開発において、Java以外に使用されるプログラミング言語はありますか?

KotlinやSwiftが代表的なJava以外のプログラミング言語です。

Q. 初心者がJavaを学ぶ場合、おすすめの学習方法は何ですか?

初心者におすすめの学習方法は、基本的なプログラミングの概念を身につけた後、Java入門書を読んで実際にコードを書いてみることです。

Q. Javaエンジニアが高収入を得るためには、どのような方法がありますか?

資格の取得や複数の開発ツールの使用スキルの習得が必要です。また、プロジェクトマネジメントの経験も重要です。

Q. Javaエンジニアに必要な知識やスキルは何ですか?

Javaエンジニアには、オブジェクト指向の理解やフレームワークの知識、データベースの知識などが必要です。

Q. Javaエンジニアが利用しているフレームワークにはどのようなものがありますか?それぞれのフレームワークの特徴を教えてください。

Javaエンジニアがよく利用するフレームワークには、Spring Framework、Hibernate、Apache Strutsなどがあります。Spring Frameworkはコンポーネントベースで柔軟であることが特徴的であり、Hibernateはオブジェクト関係マッピング(ORM)をサポートしています。StrutsはMVCフレームワークであり、Webアプリケーションの開発に便利です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Java案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら