オンラインカウンセリング実施中

Webエンジニアの平均年収・給料|転職・中途採用で年収はどこまで上がる?

Webエンジニアの平均年収は、他の職業と比較すると低い訳ではないと考えられますが、習得しているスキル、実務経験の長さ、働き方などによって給料の額は変わってきます。

Webエンジニアは、WebサイトやWebサービスの構築や運用保守などを行う職種です。業務の分野がWebに特化しているので、ITエンジニアの中では未経験からでも転職を目指しやすい職種のひとつと言えますが、充分な収入を得るには、仕事内容を知って必要なスキルを習得しておくことが重要です。本記事では、Webエンジニアの平均年収や給料についてご紹介します。

Webエンジニア案件を提案してもらう

目次

Webエンジニアの平均年収は低い?
年収1,000万円のWebエンジニアの割合
年収1,000万円のWebエンジニアの特徴
Webエンジニアの仕事内容
未経験からWebエンジニアになる方法
Webエンジニアの将来性
Webエンジニアのキャリアパス
見込める年収を事前にリサーチしよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアの平均年収は低い?

Webエンジニアに限定して年収をまとめた官公庁などの公的なデータはないため、経済産業省が2017年に発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から近いと考えられる職種の平均年収を紹介します。

職種 年収
インターネット関連企業のエンジニア・プログラマー 592.2万円
SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装) 593.7万円
SE・プログラマ(ソフトウェア製品の開発・実装) 568.5万円

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

国税庁が発表した2018年分の「民間給与実態統計調査」によれば、同年の給与所得者の平均年収は約441万円なので、Webエンジニアの平均年収が500万円~600万円前後だとすると、他の職業と比較した場合のWebエンジニアの平均年収は決して低いとは言えないでしょう。

参照 : 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」

なお、働き方や案件の内容、能力や成果などによってWebエンジニアの年収は変動する傾向にあります。会社に勤めるのかフリーランスで働くのか、デザインやSEOまで対応できるか、フロントエンドかバックエンドか、などによっても収入は変わってくるでしょう。

20代のWebエンジニアの平均年収

20代のWebエンジニアの平均年収の目安として、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発行した「IT人材白書2017」から、IT企業で働く20代のエンジニアの平均年収を紹介します。

平均年収 割合
300万円未満 26.5%
300万円以上500万円未満 55.6%
500万円以上700万円未満 5.1%
700万円以上1,000万円未満 3.4%
1,000万円以上 1.7%

参照 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「IT人材白書2017」

20代のエンジニアの年収は、300万~500万円未満に当てはまる人が一番多く、55.6%と全体の半分以上を占めています。

20代のエンジニアは、他の年代のエンジニアと比べてコーディングやテスト業務など実作業を担当することが多い傾向にあり、仕事量が膨大になると残業が増えて収入が上がることがあるようです。プロジェクトの納期前などは残業だけでなく、休日出勤をする可能性もあります。Webエンジニアにおいても、同様の傾向が考えられるでしょう。

30代のWebエンジニアの平均年収

30代のWebエンジニアの平均年収の目安として、同じく独立行政法人情報処理推進機構が発行した「IT人材白書2017」から、IT企業で働く30代のエンジニアの平均年収をご紹介します。

平均年収 割合
300万円未満 8.3%
300万円以上500万円未満 46.8%
500万円以上700万円未満 26.6%
700万円以上1,000万円未満 9.2%
1,000万円以上 2.3%


30代のエンジニアの年収も、20代と同じように300万~500万円未満が一番多く、全体の46.8%を占めています。

30代になるとリーダー候補になったり、役職が上がっていったりする人も出てきます。このような立場のエンジニアは現場をまとめる業務を担当することになり、設計などの上流工程に携わるようになると打ち合わせなどの時間が増えていきます。そのため、コーディングやテストなどの実作業に携わる時間が少し減る可能性もあるでしょう。Webエンジニアにおいても、同様の状況が考えられます。

40代のWebエンジニアの平均年収

40代のWebエンジニアの平均年収の目安として、20代、30代と同様に「IT人材白書2017」から、IT企業で働く40代のエンジニアの平均年収をご紹介します。

平均年収 割合
300万円未満 3.2%
300万円以上500万円未満 23.7%
500万円以上700万円未満 34.4%
700万円以上1,000万円未満 17.2%
1,000万円以上 9.7%


40代のエンジニアの年収は、500万~700万円未満が一番多く全体の34.4%となっており、30代と比べて年収700万円以上の割合が増加しています。

Webエンジニアを含め、40代のエンジニアは、プロジェクトリーダーや役員といった立場で管理業務や経営戦略に携わることもあり得ます。そのような立場になると現場での実作業よりも、打ち合わせや緊急時の対応などが主な業務となる場合があり、マネジメントスキルが評価に反映され、給与が変動する可能性があるでしょう。

転職したWebエンジニアの平均年収

転職したWebエンジニアの平均年収の目安として、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」から、IT企業で働くエンジニアのITスキル標準(ITSS)別の平均年収を紹介します。

ITスキル標準レベル1にあたる新人や初心者レベルのIT人材では、平均年収が437.8万円となっています。ITスキル標準レベル3にあたる中堅人材レベルになると576.0万円となり、新人レベルに比べると約1.3倍の年収です。さらにITスキル標準レベル4にあたるチームリーダーレベルになると平均年収は726.1万円となり、新人レベルの年収と比較すると1.6倍以上になっています。Webエンジニアにおいても、転職したばかりの頃は年収が低くても、スキルが上がっていくにつれて年収も上がる傾向があると考えられるでしょう。

Webエンジニアに転職したときの年齢や実務経験の有無、扱える言語やスキルによって年収は変動しますし、企業の昇給方針によっても見込める年収は異なるでしょう。たとえば、年功よりも能力や成果を重視する企業であれば、勤務年数が増えたからといってその分年収がアップし続けるとは限らないようです。

関連記事 : フリーランスの種類別・職種別平均年収|年収1000万円を目指す方法も解説

Webエンジニア案件を提案してもらう

年収1,000万円のWebエンジニアの割合

Webエンジニアのみの年収分布をまとめた官公庁などの公的なデータはないので、IT企業で働くIT技術者全体の年収分布を紹介します。

「IT人材白書2017」によると、年収1,000万円を超えるIT技術者の割合は、全体のうち5.5%となっています。

Webエンジニアの年収は、会社員かフリーランスかといった働き方によっても異なります。フリーランスになれば、会社員の月給以上の報酬を得られる高単価案件を見つけられる可能性もあるので、年収1,000万円を超えることは難しいと決めつけてしまう必要はありません。人によって年収の目標金額や自分に合った働き方も違うので、広い視野を持って自分のキャリアパスを考えていくことが重要です。

関連記事 : フリーランスWebエンジニアの年収や案件獲得方法|未経験でなれるかも紹介

年収1,000万円のWebエンジニアの特徴

年収1,000万円のWebエンジニアになる方法として、以下の3つを紹介します。

  • 給料水準が高い会社に就職・転職する
  • フリーランスとして独立する
  • 経験を積んでキャリアアップを目指す

給料水準が高い会社に就職・転職する

まずはWebエンジニアとして「給料水準が高い会社に就職・転職する」方法が考えられます。Webエンジニアとして同じレベルのスキルを持った人でも、就職する企業によって給料が変わるケースがあるためです。企業規模やプロジェクトの内容、Webエンジニアが担当する業務範囲などによって、企業からWebエンジニアに支払われる給料は変動します。企業が年功を重視するか能力や成果を重視するかによっても給料水準は異なるでしょう。なるべく給料水準が高い企業に就職することで、年収1,000万円を目指しやすくなります。

フリーランスとして独立する

次に「フリーランスとして独立する」方法があります。Webエンジニアとして一定年数の実務経験を持ち、ひとりで業務を遂行できるだけのスキルがある人は、フリーランス案件を受注することもできるでしょう。フリーランス案件では会社員の月給相場を上回るような月額単価が設定されていることもあり、このような案件を継続して受注できれば会社員よりも高い年収を得られる可能性があります。十分なスキルや経験があるWebエンジニアであれば、フリーランスで年収1,000万円を目指すのもひとつの方法です。

経験を積んでキャリアアップを目指す

最後は「経験を積んでキャリアアップを目指す」方法です。一企業のWebエンジニアとして長く働き、さまざまな案件を経験して実務経験やスキルを積み上げていきます。スキルが身について上流工程に関われるようになると、プロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャーなど上位のポジションを任される可能性も高くなるでしょう。このように、転職ではなく会社の中でキャリアアップすることで年収を上げ、年収1,000万円を目指すという方法もあります。

関連記事 : フリーランスエンジニアの年収・収入|年収1000万円を目指すための働き方とは

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの主な仕事内容は、WebサイトやWebサービスの開発です。Webエンジニアは仕事の内容によって、以下の2種類に分類されることがあります。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトなどでユーザーが実際に触る部分の開発を主に担当します。基本的にはWebデザイナーが考案したデザインにもとづいて、表示される画面やユーザーが操作したときの処理などをプログラミングして実装していきます。フロントエンドエンジニアの仕事内容には以下のようなものが挙げられます。

  • HTML・CSS、JavaScriptなどを用いたプログラミング
  • Webサイトの運用保守
  • Webデザインに関する業務
  • 導入前のテスト
  • 不具合対応

フロントエンドエンジニアは、より見やすく使いやすいWebページを制作するために、WebデザインやUI(ユーザーインターフェース)などに関する知識やスキルも求められることがあります。そのため、PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトのスキルや、トレンドのデザインなども把握しておくと業務に役立つでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収

2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されているフロントエンドエンジニア案件の平均月額単価は73万円となっており、差し引かれる税金や保険料などを考慮せず、単純に12ヶ月換算した場合の年収は876万円です。

フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、Webサイトのユーザーに見えない部分の開発を担当します。バックエンドにあたるものとしては、サーバーやデータベース、ミドルウェアなどが挙げられます。バックエンドエンジニアの主な仕事内容には、以下のようなものがあります。

  • PHP、Ruby、Perlなどを用いたプログラミング
  • サーバー構築
  • データベース構築
  • 運用保守

バックエンドエンジニアは、システムやデータベースなどの構築が主な業務となるため、それぞれの構築で用いるプログラミング言語のスキルは必須です。また、システムやサービスの運用保守も業務に含まれることがあり、保守管理に関する知識・経験も求められる場合があります。

バックエンドエンジニアの年収

バックエンドエンジニアは、「サーバーサイドエンジニア」と呼ばれることもあります。2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されているサーバーサイド開発案件の平均月額単価は72万円となっており、単純に12ヶ月換算した場合の年収は864万円です。

サーバーサイド開発の求人・案件一覧

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

未経験からWebエンジニアになる方法

未経験からWebエンジニアになるには、主に以下の2つの方法が挙げられます。

  • 未経験OKの会社に入社
  • 独学でスキルを上げる

未経験OKの会社に入社

未経験者OKの求人に応募して、働きながらWebエンジニアのスキルを習得する方法です。会社の研修で基礎を学んだ後、スムーズに実務経験を積むことができる点が大きなメリットです。

一方、デメリットは、未経験OKの求人でも採用されるとは限らない点です。人を採用するときにはコストがかかるので、企業は今後活躍できそうな人材を選ぶ傾向にあります。そのため、面接では向上心があることや強い意欲があることをアピールすることが大切です。日頃から自分で学習していることや、以前の職種での経験でWebエンジニアに活かせる要素があればアピールするのも効果的です。

独学でスキルを上げる

独学でスキルを上げてから求人に応募する方法もあります。Webエンジニアに求められるスキルのうち、プログラミングスキルはプログラミングスクールで学ぶことが可能です。最近ではオンラインスクールも増えており、比較的安価で受講できるコースもあります。また、無料でプログラミングを学べるWebサービスを利用して勉強を進めるのもひとつの方法です。

プログラミングができると、まずは開発の下流工程に入れるようになるため、独学でスキルを上げておくと採用される確率が上がるというメリットがあります。また、ある程度プログラミングができればポートフォリオの作成が可能になるでしょう。実際に、企業に提出したポートフォリオが評価されて採用されたというケースもあるようです。

一方、デメリットは働き始めるまでに時間と労力がかかる点です。独学で勉強する場合、本業の仕事と両立している人は1日の中で多くの時間を勉強に充てるのは難しいでしょう。焦らず長期的な目標を立てることが大切です。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

Webエンジニアの将来性

スマホの普及や近年のIT市場の成長に伴い、さまざまな業界の企業でWebアプリやWebサービスが取り入れられるようになりました。そのため、これらを開発するWebエンジニアの需要は安定している傾向にあります。

実際に世界で利益を上げている企業の上位には、AmazonやFacebookといったWebサービス関連の企業がランクインしています。また、近年ではAIなどの新しい技術を利用したWebサイトやWebアプリの開発も積極的に行われています。

それらの開発を行うWebエンジニアは今後も一定の需要が見込まれるため、将来性は安定していると考えられます。

関連記事 : Webエンジニアの将来性

Webエンジニアのキャリアパス

Webエンジニアのキャリアパスとしては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • ITコンサルタント
  • ITスペシャリスト
  • フリーランスとして独立

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、クライアントの経営課題などに対してITを用いた解決方法を提案します。Webエンジニアとして経験を積み、クライアントへのヒアリング、要件定義、設計などができるようになると、ITコンサルタントを目指すというキャリアパスも視野に入れられます。ITコンサルタントは最上流の工程を担当することになるので、Webエンジニアより高い年収を得ることも期待できます。ITコンサルタントはWebエンジニアよりも営業的な要素が必要となる職なので、人とのコミュニケーションが好きな人に向いているでしょう。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、システム開発において特定の分野に関する専門家のような役割を担うエンジニアです。経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構の定義によると、ITスペシャリストの分野はプラットフォーム、ネットワーク、データベース、セキュリティ、アプリケーション共通基盤、システム管理の6つとされています。Webエンジニアとして、Webアプリやデータベースなどの開発経験を積んでいけば目指すことも可能と言えるでしょう。ITスペシャリストになるキャリアパスは、Webエンジニアで培ったスキルをより専門的に極めていきたい人に向いています。

参照 : 経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構「スキル領域とスキル熟達度(6)ITスペシャリスト」

フリーランスとして独立

Webエンジニアとして経験があり、ある程度のスキルが身についていれば、フリーランスとして独立するキャリアパスもあります。フリーランスになれば、基本的には自分がやりたい案件や自分のレベルに合った案件を自由に選ぶことができるようになります。高いスキルや長い実務経験があるほど好条件の案件を受注しやすくなり、収入アップも見込めるでしょう。会社員以上の収入を目指す人や、比較的自由な働き方を実現したい人に向いていると言えます。

関連記事 : Webエンジニアのキャリアパス

見込める年収を事前にリサーチしよう

Webエンジニアは一定の将来性があり、今後も需要が高まっていくことが期待できる職種のひとつです。未経験からWebエンジニアを目指すことも可能なので、興味がある人はWebエンジニアとして必要な知識を身につけていきましょう。ただし、Webエンジニアの年収は働き方やスキル、企業の給料水準などによって変わってくるので、少しでも好条件で転職したいのであれば、自己学習で十分なスキルを習得し、転職前にリサーチを行うことが大切です。

関連記事 : Webエンジニアの仕事がきついって本当?転職前のチェックポイントと将来性

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとWebサイトの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.