初心者必見Rubyの勉強方法!おすすめ学習サイトや独学のポイントを解説

日本生まれのRubyは、プログラミング言語の中でも学びやすい言語だとされています。フレームワークも豊富で、Rubyを習得することで効率的にさまざまな開発に携われるようになるのがメリットです。

すでにさまざまな知名度あるサービスの開発に採用されており、現在注目度が高まっているプログラミング言語です。今回は、Rubyの概要や勉強のステップ、おすすめの学習サイトなどをご紹介します。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

勉強しやすい?Rubyの特徴とは

Rubyは初心者でも扱いやすいプログラミング言語として、近年人気が高まりつつあります。Rubyの特徴は次の4つです。

  • Rubyは日本発祥の言語
  • コードの記述量が少なくて済む
  • Ruby on Railsとの違い
  • Rubyの需要は高まっている

Rubyの特徴を正しく把握することで、自分にとって学ぶべき言語であるかどうかを判断しやすくなるでしょう。以下では4つの特徴を詳しく解説します。

Rubyは日本発祥の言語

Rubyは、まつもとゆきひろ氏が開発した日本生まれのプログラミング言語です。まつもと氏が、複数の言語のよい点を組み合わせて出来上がったという背景から、非常に扱いやすく開発がしやすい言語に仕上がっています。

日本国内での使用にとどまらず、Rubyにまつわる情報は積極的に英語で海外に向けて発信されていたというのもポイントです。おかげでさまざまな国の開発者がRubyの存在を知ることとなり、その知名度も高まっています。

開発者のまつもと氏は、Rubyについて「楽しさを第一の目標としたプログラミング言語」と表現しているなど、細部まで開発のしやすさにこだわって開発されているのが特徴です。プログラミング初心者であっても、プログラミングの楽しさを感じられるRubyは、これから勉強を始めてみようと考えている方にもおすすめです。

コードの記述量が少なくて済む

Rubyの代表的な特徴として挙げられるのが、シンプルで美しいコードの記述方式です。難易度の高い他のプログラミング言語と比較すると、圧倒的に記述量が少ないため、人的なミスを減らし効率的に開発を進めるのに役立ちます。

また、コード記述にまつわるルールもゆるいことから、規則に縛られすぎずに自由にプログラミングができるのが特徴です。特に個人で開発する場合は、Rubyのようなコード記述における自由度が高い点はメリットだといえるでしょう。

また、オブジェクト指向言語であることから、効率よく開発ができる点も人気の理由です。オブジェクト指向とは、機能1つひとつをモノとして捉え、それらを組み合わせてプログラミングを進める概念を意味します。

オブジェクト指向は、近年システム開発で重要視されている概念です。

Ruby on Railsとの違い

Ruby on Railsは、Rubyを利用して作られたフレームワークのことです。2004年にデンマークのDavid Heinemeier Hansson氏が開発しました。

そもそもフレームワークとは、開発の基礎となる機能がまとめられている枠組みを意味します。フレームワークを上手く活用すれば、それらの細かい機能をいちいち開発する必要がなくなるため、効率的に作業を進められるのがメリットです。

実際のシステム開発においても、RubyとRuby on Railsが一緒に用いられることが一般的で、知名度のあるサービス開発にもRuby on Railsが活用されています。そのため、Rubyを使いこなすエンジニアになるためには、Ruby on Railsに関する知識も求められると認識しておくとよいでしょう。

Rubyの需要は高まっている

Rubyの需要の高さは、実際に開発・提供されているサービスからも伺い知ることができます。たとえば、料理レシピのコミュニティサイト「クックパッド」や世界中のゲストハウスが検索ができる「Airbnb」などがその一例です。

知名度のあるサービスがすでにRubyやRubyとRuby on Railsを用いて開発をおこなっていることから、需要が高まっていることがわかります。

さらに、ビジネス用のシステムやWebサイト、アプリケーションとして利用するためには、使いやすさだけではなく安全性なども求められるのが一般的です。Rubyはその点でも、ビジネスに利用して問題ないと認められる言語に成長しているといえるでしょう。

Ruby案件を提案してもらう

Rubyを勉強する4つのステップ

Rubyに関する基礎知識を確認したところで、早速具体的な勉強方法に移りましょう。Rubyを勉強するための4つのステップは、次のとおりです。

  • 基本的な文法を理解する
  • コードを写経する
  • Webアプリケーションを作ってみる
  • Ruby on Railsを学ぶ

RubyやRuby on Railsを活用してシステム開発をするためには、しっかりと基礎を固めてから次のステップに進むよう心がけることが大切です。Rubyを勉強する際の4つのステップを詳しく解説します。

1.基本的な文法を理解する

まずは本や学習サイトなどを活用して、Rubyの基本的な文法を理解するのが最初のステップです。基本文法を正しく理解できないと、実際のコード記述や開発に移った際に何度も戻って確認する必要が出てしまい、効率よく開発ができなくなってしまいます。

その後のステップをスムーズに進めるためにも、基礎をしっかりと固めるようにしましょう。プログラミング自体が初めての場合は、特に教材選びを慎重におこなう必要があります。

いきなり中級以上の本や学習サイトに手をつけてしまうと、細かい部分の疑問が解決できずに挫折してしまうからです。教材によって学習の進め方の特徴が異なるため、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

2.コードを写経する

本や学習サイトを使ってある程度Rubyの基礎を押さえることができたら、見本のコードを参考にしながら実際にコードを書いてみる段階です。プログラミングの勉強においては、いつまでも知識のインプットばかりを続けているのにも問題があります。

アウトプットする経験が不足していると、いざコードを記述しようとしたときにガイドがなければ何もできなくなってしまうケースが多いでしょう。そのため、まずはサンプルコードを全く同じように書き写すことから試してみます。

プログラミング言語の知識を学んだからといって、すぐに開発に必要なコードを記述できるようにはなりません。まずはどういったコードを記述することで、どのような動きや機能が実現できるのかを理解することが重要です。

その第一歩として、サンプルコードを写経することで、機能や意味を理解しながらアウトプットする方法を学ぶことができます

3.Webアプリケーションを作ってみる

サンプルコードの写経がスムーズにできるようになり、アウトプットする経験をある程度積めたら、実際に簡単なWebアプリケーションを作ってみるとよいでしょう。一見難解に思えるプログラミング言語の勉強をモチベーション高く継続するためには、「自分で何かを作れた」という経験も重要です。

開発方法が丁寧に解説されているものを選び、指示どおりにWebアプリケーションの開発をしてみてください。頭では理解できたと思っている部分であっても、実際に手を動かしてみると、理解不足であったことを認識できるケースもあるでしょう。

最初から難しいWebアプリケーションや、完全オリジナルのものに挑戦する必要はありません。既存のものを参考にし、知識を確認しつつ進めるようにしましょう。

Webアプリケーション制作の実績ができれば、転職や案件獲得の際のポートフォリオで紹介することも可能です。

4.Ruby on Railsを学ぶ

Rubyを使ったWebアプリケーション開発に慣れたら、最後にRuby on Railsの知識をつけておきましょう。先にご紹介したように、実際の開発においてはRubyだけではなく、Ruby on Railsも併用されるケースが一般的です。

より効率的かつ高性能なシステム開発に挑戦するためには、Ruby on Railsの習得が欠かせないといえます。有名な学習教材としては、 YassLab 社のRuby on Railsチュートリアルが挙げられます。

開発環境の基本やWebサービス作成、プロダクト開発の流れなどを総合的に学ぶことができるRuby on Rails学習サービスです。難易度が高く挫折してしまうユーザーも出るといわれるものの、実際に大学や社員研修に採用されているなどの実績があります。

Rubyを使いこなすエンジニアのステップアップとして、Ruby on Railsをしっかりと学んでおきましょう。

Ruby案件を提案してもらう

Rubyの勉強方法

Rubyの勉強ステップについて解説してきましたが、それぞれの段階でどのように学ぶかは自分で選ぶことができます。具体的なRubyの勉強方法は、次の2つです。

  • 学習サイトや書籍で勉強する
  • プログラミングスクールで勉強する

どちらもメリット・デメリットがあるため、自分の生活スタイルや目標によって選ぶべき勉強方法が異なります。両方の勉強方法を知り、自分に合った勉強方法を見つけてみてください。

学習サイトや書籍で勉強する

手軽かつコストをかけずにRubyを学びたいと考えている場合には、学習サイトや書籍での勉強がおすすめです。入門レベルから応用レベルまで、さまざまな学習者に向けた教材が揃っているため、自分のレベルに合ったところから勉強を進められます。

思い立ったらすぐ始めやすいのも特徴で、「まずは試しに…」という気持ちで続けられそうかどうかを判断するケースもあるでしょう。自分で計画的に勉強を進められるのであれば、学習サイトや書籍はコスパのよい方法だといえます。

ただし、学習サイトや書籍でRubyを勉強する場合、モチベーションの維持が難しいのがデメリットです。決められた時間に他の受講者と一緒に学ぶわけではないため、忙しかったり疲れていたりという理由でRubyの勉強を後回しにしてしまう恐れがあります。

プログラミングスクールで勉強する

学習サイトや書籍を使った独学よりも、より効率的にRubyを学びたいと考えている場合は、プログラミングスクールが適しています。プログラミングスクールでは、現状に合わせたレベルのクラスが用意されているのはもちろん、一緒に学ぶ仲間を得られるのもメリットです。

同じ目標を目指して切磋琢磨することで、モチベーションが維持しやすくなるでしょう。また、プログラミングスクールは独自のノウハウや実績を活かした指導をしてくれるため、より実践的なスキルを得られる可能性があります。

就職斡旋をしてくれるサービスもあるなど、Rubyエンジニアとしてすぐに転職を考えているケースなどでは、プログラミングスクールを利用するのも1つの手段です。しかし、プログラミングスクールでの勉強はある程度の費用がかかります。

メリットとデメリットを比較し、自分に合った勉強方法を見つけてみましょう。プログラミングスクールをお探しの場合は、次の記事も参考にしてみてください。
プログラミングを学習したい方におすすめのプログラミングスクール

Ruby案件を提案してもらう

Rubyを学べるおすすめ学習サイト

Rubyは日本生まれのプログラム言語であることもあり、日本語で解説されている学習サイトが多く存在します。ここからは、Rubyを学べるおすすめ学習サイトを5つご紹介します。

  • Progate(プロゲート)
  • ドットインストール
  • 侍テラコヤ
  • 20分ではじめるRuby
  • Let’sプログラミング

学習サイトごとの特徴を把握し、自分にとって使いやすいサービスを探すことが重要です。需要の高いRubyをマスターする第一歩として、学習サイトについて知っておきましょう。

Progate(プロゲート)

Progateは、イラスト中心のスライドで視覚的にプログラミングを学べる学習サイトです。解説の後にすぐアウトプットしてコードを記述する形式が取られているため、知識の定着を促してくれるでしょう。

また、Progate内ではプログラミングをする際に欠かせない環境構築をする必要がありません。特にプログラミング初心者の場合は、環境構築をすること自体のハードルが高く挫折してしまう恐れがあります。

その点Progateであれば、すぐにRubyの勉強をスタートできるのがメリットです。また、基本コースは無料でも利用できるため、使用感を試してから有料プランを契約できる安心感もあります。

参考:Progate

ドットインストール

ドットインストールは、3分という短い動画でプログラミングを学べる学習サービスです。Rubyはもちろん、さまざまなプログラミング言語を勉強することができます。

動画という形式であるため、通勤や通学の時間を利用し学習を進めることもできるでしょう。実際にWebサイトやサービスの制作をとおして、実践的なスキルを養成することができるのがポイントです。

有料のプレミアムプラン会員であれば、疑問点はすぐにエンジニアに質問できます。プログラミング言語の勉強において大きなハードルとなり得る、疑問点の解決サポートがある点では、プログラミング初心者も学びやすいでしょう。

参考:ドットインストール

侍テラコヤ

侍テラコヤは、未経験でも始められる定額のプログラミング学習サービスです。45,000人以上の指導実績がある学習サイトで、学習を進める中で生じた疑問はエンジニアに質問できる仕組みを取っています。

プログラミングスクールよりも手軽に、かつ効率的に目標を達成したいという方に選ばれているようです。本格的にRubyの勉強をするためには、有料プランの契約をする必要があります。

ただし、まずは無料で使用感を確認できるため、いきなりプラン契約するのは避けたいという場合にもおすすめです。

参考:侍テラコヤ

20分ではじめるRuby

20分ではじめるRubyは、その名のとおり20分程度で確認できるようにまとめられた、Rubyのチュートリアルです。利用する前に、パソコンにRubyをインストールしておく必要があります。

20分ではじめるRubyを活用すれば、短時間でRubyの基礎を確認できるため、手っ取り早く概要を掴みたい場合に適しています。ただし、学習を進める際のサポートなどは充実していないため、より比較勉強する溜めには他のサービスを併用するのがおすすめです。

参考:20分ではじめるRuby

Let’sプログラミング

Let’sプログラミングとは、全ての内容を無料で利用できるプログラミング学習サービスです。想定しているユーザーは、プログラミング学習の初心者で、Rubyをはじめとする多くの言語のわかりやすい解説が揃っています。

Rubyに関しては、Ruby入門コースとRuby on Rails入門コースが準備されています。サービス利用に費用がかからないため、コストを心配することなくプログラミング学習に集中できるのがメリットです。

表示されるテキストと画像を元に学習を進めていけば、基礎からきっちりとスキルをつけられるでしょう。

参考:Let’sプログラミング

Ruby案件を提案してもらう

Rubyを勉強する4つのメリット

ここまでRubyの概要や勉強方法についてご紹介しましたが、まだ決めかねているという方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、Rubyを勉強することの4つのメリットをご紹介します。

  • 初心者でも比較的学びやすい
  • 大きなコストをかけずに学べる
  • 転職を有利に進められる可能性がある
  • 効率的にWebサービスを開発できる

プログラミング言語は、どの言語を学ぶかによってエンジニアとしての仕事内容が異なってきます。Rubyを勉強することのメリットを知り、自分にとって適した言語であるかどうかを再確認してみましょう。

1.初心者でも比較的学びやすい

Rubyはコードがシンプルで記述量も少ないことから、初心者でも勉強しやすいのがメリットです。プログラミング初心者の場合は、「なんとなく難しそう」という思いでプログラミングの勉強を敬遠してしまうケースもあるかもしれません。

実際のところ、プログラミングの難易度は勉強するプログラミング言語によって異なります。初めから難しいプログラミング言語に挑戦してしまうと、基本をマスターする前に嫌気がさしてしまう恐れがあるでしょう。

その点Rubyは、楽しくプログラミングをすることを目指して作られている言語であるだけに、初心者であっても扱いやすいように作られています。Rubyを学んで、自分でWebサイトやアプリケーションを作れるようになれば、その後もモチベーション高くプログラミングを続けられる可能性があります。

2.大きなコストをかけずに学べる

Rubyにまつわる情報はインターネットに多く存在するため、大きな費用負担なしで勉強できるのもメリットだといえるでしょう。Rubyは日本発祥のプログラミング言語であるため、日本語での解説を見つけるのも簡単です。

プログラミングスクールに通う費用を工面するのが難しい場合でも、無料の学習サイトを利用したりインターネットで情報収集をしたりすることで、勉強することができるでしょう。書籍もプログラミングスクールと比較すれば安価であるため、上手く活用するのがおすすめです。

Rubyの情報の多さを利用すれば、他のプログラミング言語よりもコスパよく学ぶことができます。

3.転職を有利に進められる可能性がある

Rubyは大規模Webシステムへの利用が進むなど、昨今注目度が高まっているプログラミング言語です。Rubyを扱えるエンジニアになれば、転職を有利に進められる可能性があるでしょう。

実際に、多くのサービス開発を進めている企業では、シンプルかつ効率的に開発が可能なRubyを積極的に活用している傾向がみられます。Webやアプリケーションの需要が高くなっている現代では、Rubyで開発ができるエンジニアの需要も高い状態が続くと期待できます

Rubyを習得することで、転職市場での価値が高められ、より多くのポジションで働けるチャンスが増えるでしょう。

4.効率的にWebサービスを開発できる

Rubyは、開発に際して少ないコード記述でシステムやアプリケーションを作り上げることができるプログラミング言語です。Rubyを上手く活用することで、開発スピードを上げられるでしょう。

また、Rubyはフレームワークやライブラリが豊富であるため、それらを使って簡単に機能を搭載させることも可能です。情報量が多く利用ユーザーが多いRubyだからこそ、開発者にとって使いやすいプログラミング言語の1つとなっています

効率的に開発が進めば、エンジニアが他のプロジェクトに注力する余裕が生まれるなど、さまざまな効果が期待できます。エンジニアにとっても企業にとっても、Rubyの扱いやすさはメリットだといえるでしょう。

Ruby案件を提案してもらう

Rubyの勉強時間は約300~1,000時間

Rubyを習得するために必要な勉強時間は、300~1,000時間程度だといわれています。必要な勉強時間に差があるため、3ヵ月程度で終わる場合もあれば、1年以上の時間が必要な場合もあるようです。

特に独学の場合は、日常の中でRubyを勉強する時間を捻出する必要があるため、なかなか思いどおりに進まないケースも考えられます。Rubyは比較的学びやすいプログラミング言語であるものの、使いこなせるまでマスターしようと考える場合は、しっかりと腰を据えて勉強する姿勢が大切です。

特にプログラミング初心者の場合は、基礎を理解し身につけるまでに多くの時間がかかってしまうでしょう。しかし、じっくりと向き合い、Rubyをマスターできればエンジニアとしてのスキルアップを果たすことができます。

学びやすいプログラミング言語を探している場合は、一度Rubyを検討してみるのもおすすめです。

Ruby案件を提案してもらう

Rubyの勉強に関するよくある質問

Rubyの勉強について、よくある質問と回答をまとめました。

Q. Rubyの勉強時間はどのくらい必要ですか?

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)にある「プログラマー」の職種説明によると、入職前の訓練期間は「1ヶ月超〜6ヶ月以下」が27.1%と最も多くなっています。Rubyも一般的には同様の勉強時間が必要と推測できます。

Q. 独学でRubyエンジニアに転職することはできますか?

プログラミングがまったくの初めての場合、独学でRubyエンジニアに転職するのはハードルが高いといえますが、未経験者歓迎の求人が見つかれば転職できる可能性はあります。また、プログラミングスクールに通うと、修了後に転職のサポートを受けられる場合があるため、必要に応じて検討しましょう。Ruby以外の言語の実務経験があれば、まったくの未経験よりも、独学でRubyエンジニアに転職できる可能性は高くなります。

Q. Ruby on Railsの勉強方法にはどのようなものがありますか?

Ruby on RailsはWeb開発において広く使われているフレームワークであるため、教材も豊富にあります。書籍、Webサイト、動画、勉強会、プログラミングスクールなど、さまざまな勉強方法が考えられるため、自分に合った方法を探してみましょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Ruby案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら