QAエンジニアの将来性について|年収、キャリアパス、関連資格なども解説

QAエンジニアとは、完成したシステムやサービスに対しその品質を客観的に判断し保証するための業務を行うエンジニアです。この記事では、QAエンジニアの業務内容や、将来性や年収を紹介していきます。またスキルアップするにはどのようなキャリアパスをたどればいいか、必要な資格などについても解説します。

QAエンジニア案件を提案してもらう

目次

QAエンジニアとは?
QAエンジニアの将来性について
QAエンジニアの年収
未経験からQAエンジニアになるには?
QAエンジニアとして活躍するために必要なスキル
QAエンジニアのキャリアアップに必要な資格
QAエンジニアのキャリアパス
QAエンジニアの将来性についてのよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

QAエンジニアとは?

QAエンジニアの「QA」とは「Quality Assurance」の略で、品質保証を意味します。QAエンジニアは、システム全体としての動きを見る総合テストのほか、顧客目線での使用感や予期せぬ挙動がないかなどのテストを行い、不具合を見つけるといった仕事を担当しています。

個々のプログラムでは問題になりにくい不具合も、組み合わせてシステム化した際に重大な不具合として問題になることは往々にしてあります。また、実際に使うユーザーは、技術者の想定とは異なる操作をすることもあり、ユーザー目線で使いにくいシステムになっていないか、問題なくシステムが動くかをテストする必要があります。不具合が見つかればそれをレポートし、どのような箇所が原因なのか検証し、改善案を開発技術者にレポートするところまでがQAエンジニアの仕事となります。

よく混同されやすい「テストエンジニア」との違いは、QAエンジニアはユーザーに対する品質保証の一環としてテストを含めた業務全般を行うという点です。テストエンジニアはあくまで仕様書通りにシステムが動いているかの検証テストを行うのに対し、QAエンジニアのほうがより業務範囲が広く、開発者ではなく一般ユーザーとしての目線で使いやすいかどうかを検証テストをするという特徴があります。

関連記事 : QAエンジニアの仕事内容

QAエンジニア案件を提案してもらう

QAエンジニアの将来性について

一般的に、開発する製品の種類や組み合わせが増えると、組み合わせに伴う不具合や使いにくさが露呈しやすくなります。その結果、ユーザー目線による品質保証の作業も増えることになります。総務省の情報通信白書によると、IoTデバイスの普及がさらに広がり、今後も一般産業用だけでなく自動車などの製品や医療現場、宇宙航空技術などにも浸透していくとされています。また、品質上の問題による製品リコールや安全性を脅かすニュースが世間を賑わしております。セキュリティ対策の問題や権限周りの不具合などによって、ユーザーに謝罪や返金を要求されるケースも増え、システムの品質が売上に関係するようにもなってきています。

このことからも、QAエンジニアの業務はシステムに対する品質保証の要とも言えます。今後も多くのIoTデバイスやシステムの開発が進むにつれ、QAエンジニアによるテスト需要は高まると想定されます。

※参考:令和2年版情報通信白書|総務省

関連記事 : ITエンジニアのフリーランス案件の実態|求人数や内容は?安定した収入は可能?

QAエンジニアの年収

2021年6月時点のレバテックフリーランスのQAエンジニアの求人・案件を見ると、平均月額単価は59万円、最高単価は95万円・最低単価は20万円となっています。レバテックフリーランスに掲載されている2021年6月時点の求人・案件の月額平均単価は59万円であるため、仮にこの数値をもとにして概算すると、平均年収は約710万と計算できます。

フリーランスQAエンジニアの年収相場

参照元 : QAエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 708万円
最高年収 1140万円
最低年収 240万円


ただしこれは、レバテックフリーランスの求人・案件をもとにしたデータです。QAエンジニア全体の平均年収とは異なる点にご注意ください。

単価が高い案件は、QAエンジニア・テストエンジニアの経験のほか、開発経験やプロジェクトリーダーの経験を求めている傾向にあります。

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

未経験からQAエンジニアになるには?

一般的に、IT業界で技術者として業務経験を積んだ人が転職してQAエンジニアとして活躍する傾向にあります。未経験であっても、プログラミングのスキルがあり品質保証に関する知識を習得しているとみなされれば、QAエンジニアに転職できる可能性はないわけではありません。

いずれにしても、業務においてはソフトやシステムに関する技術や深い知識を必要とします。プログラマーや他のIT技術者を経験した上でQAエンジニアとして転職するか、もしくは知識を習得できると証明できる資格勉強をした上でキャリアアップすることをおすすめします。

関連記事 : 品質保証エンジニアとは?仕事内容を解説

QAエンジニアとして活躍するために必要なスキル

QAエンジニアに必要なスキルとして、プログラミング・ソフトウェア開発知識、品質保証に関する知識、テスト技法に関する知識、コミュニケーション能力などが挙げられます。ここでは、これらのスキルについて紹介していきます。

プログラミング・ソフトウェア開発知識

開発資料やコードを読み解くことで、テスト箇所の検討を行ったり不具合箇所を特定したりします。そのため、QAエンジニアにはプログラミング技術やソフトウェアの開発知識が必要です。なお、システムの開発言語がいくつかにまたがっているケースもあります。そのため、開発に使用されている言語すべてを読み解けるだけの知識が必要となります。さらに、コストダウンや省力化のため、テスト業務を自動化するツールを作成する必要もあります。

品質保証に関する知識

品質保証には、さまざまな規格や社内ルールが存在します。品質保証のプロセスを理解し、プロセスに沿った対応を行い、エビデンスを準備する必要があります。

テスト技法に関する知識

テスト技法を知っていれば、短時間でテストを行えます。たとえば、ある範囲の設定値のテストをするときには、境界値分析や同値分割法を使用してテストケースを選びます。テスト技法を知っていれば、少ない回数で網羅的にテストすることができるでしょう。

コミュニケーション能力

テストの設計・実施・確認など、テストをスムーズに行うには、顧客と継続した関係を保ちつつ、場合によっては不具合などを開発者や利害関係者に説明する必要があります。良好な関係を築くために、コミュニケーション能力が求められるでしょう。

QAエンジニアのキャリアアップに必要な資格

キャリアアップに使えるスキルとして、JSTQB認定テスト技術者資格・ソフトウェア品質技術者資格認定・QC検定などが挙げられます。ここではこれらの資格について紹介します。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQBとは、日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織です。各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQBの加盟組織であり、JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資格は海外でも有効な資格となっています。

※参考:JSTQB認定テスト技術者資格|JSTQB

ソフトウェア品質技術者資格認定

日本科学技術連盟が認定する技術者資格です。すべてのソフトウェア技術者に品質技術を身につけ、実践することにより、ソフトウェア品質の向上を実現することを目的としています。品質保証部門のほか、開発者、テストエンジニアなどソフトウェア品質に携わるすべての方を対象とした資格です。合格することで、ソフトウェアの品質技術に対する専門知識を有していることを証明できます。

※参考:ソフトウェア品質技術者資格認定|JCSQE

QC検定

品質管理検定(QC検定)とは、品質管理に関する知識をどの程度持っているか客観的に評価を行うもので、日本規格協会グループが認定する検定です。品質管理能力や改善能力を発揮するために、一番の基本となるのは品質管理に関する知識であるという考えのもと、その知識が問われる試験となっています。

※参考:QC検定|JSA GROUP

QAエンジニアのキャリアパス

キャリアパスとしては、QAコンサルタント・QAマネージャー・シニアQAエンジニア・テストアナリストなどが挙げられます。ここでは、この4つのキャリアパスについて紹介していきます。

QAコンサルタント

品質の良いプロダクトを生み出すために必要なプロセス品質をどう構築するか。プロセス品質およびプロダクト品質を向上させ、顧客のオペレーションを確立させます。

QAマネージャー

製品のテスト計画の立案や作成や品質向上や保証のための企業戦略の策定、品質向上のための業務フローの提案を行います。

シニアQAエンジニア

プロダクトの品質保証管理業務に、横断的に携わります。プロダクトごとに品質目標を定め、テスト戦略・テスト計画を策定・運用し、リリース時には品質分析を実施し、品質評価をステークホルダーに報告します。自動テスト開発や継続的インテグレーションについてチーム戦略に基づき、実際の計画に落とし込み実行します。

テストアナリスト

テスト活動を推進するために、必要な情報の分析を行い、分析結果を共有します。テストアナリストは、テストアナリストの役割と貢献に特に焦点を置くことで、テストプロセス全体を通して関与します。

関連記事 : テストエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

QAエンジニアの将来性についてのよくある質問

QAエンジニアの将来性についてのよくある質問をまとめました。

Q. QAエンジニアは将来性が期待できる仕事ですか?

A.IoTデバイスの普及はさらに進むとされており、開発におけるテスト需要はますます増えていくと予測できます。また、昨今の品質上の問題によるニュースを見てもわかるように、ソフトの品質が以前よりもまして売上に関係するようになってきます。品質保証の要であるQAエンジニアの需要は、高まり続けるものと想定できるでしょう。

Q. QAエンジニアの年収はどれぐらいですか?

A.QAエンジニアの求人・案件の月額平均単価は59万円です。仮にこの数値をもとにして概算すると、平均年収は約710万と計算できます。これは、あくまで現時点での求人・案件をもとにしたデータとなり、QAエンジニア全体の平均年収とは異なるためご注意ください。

Q. 未経験からQAエンジニアになるにはどんなスキルや資格があると役立ちますか?

A.未経験の方はまず、ソフトウェア開発に関する知識や技術をつけ、プログラマーになった後にQAエンジニアを目指すのがおすすめです。

キャリアアップに使える資格としては、JSTQB認定テスト技術者資格・ソフトウェア品質技術者資格認定・QC検定などがあります。

関連記事 : ITエンジニアの将来性|今後の需要が見込める仕事の種類やスキルを紹介

※本記事は2021年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

QAエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとQAエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。