あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスが資格を取得するメリットや必要なスキルについても解説
フリーランスが習得すべき資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして活動する場合、職種にあわせた資格を取得しましょう。連携作業が多いため、資格と併せてコミュニケーション力や理解力を磨いておくと、業務をスムーズに進めることが出来ます。

自分に合う案件を探してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスにおすすめの資格
フリーランスに必要なスキル
フリーランスが資格を取得するメリットは?

フリーランスにおすすめの資格

フリーランスとして取得しておくべき資格は、職種によって異なります。当記事では、Webエンジニア向きの資格と、Webデザイナー向きの資格をご紹介します。

フリーランスWebエンジニア向きの資格

Webエンジニアとは、Web系の開発・設計などに携わるプログラマ(PG)やシステムエンジニア(SE)のことをいいます。Webエンジニアが取得しておくと良いとされる資格には、「基本情報処理技術者」「応用情報技術者」「システム監査技術者」があります。

基本情報処理技術者

基本情報処理技術者の資格を保有していると、開発に必要な基本的知識を身につけているという証明になります。同資格で求められる技術水準は以下の通りです。同資格で求められる技術水準は以下の通りです。

・プログラミングに関する基礎知識を持っている
・プログラム設計書を作成できる
・1つ以上のプログラミング言語を習得しており、プログラムを組める
・単体テストを実施できる

応用情報技術者

上記の基本情報処理技術者の上位資格として、応用情報技術者があります。同資格は、担当分野の安定稼働、リーダーの指示に従った管理、技術的問題を解決できる能力等が求められます。具体的な技術水準は以下の通りです。

・アーキテクチャの設計における要求を整理し、適用可能な技術の調査が行える
・運用管理チームをはじめとする各担当分野において、サービス提供と安定稼働が確保できる
・PM(PL)の下でスコープや予算、品質、工程などの管理が行える
・システムの設計開発、運用保守において、上位者の方針を理解しつつ、自ら技術的問題を解決できる

システム監査技術者

システム監査技術者は、応用情報技術者と同様、基本情報処理技術者の上位資格です。専門的な立場で、情報システムや組込みシステムを監査する業務に携わる人が対象となっています。具体的な技術水準は以下の通りです。

・情報システムや組込みシステムに関して、幅広く深い専門知識を持っている
・業務プロセスや、企業戦略上のリスクの評価、問題点分析のための判断基準を形成できる
・ビジネス要件や情報セキュリティなどに合致した監査計画を立案、実施、管理できる
・監査要点を適切に設定し、監査技法を正しく適用できる
・監査結果に基づいて、有益で説得力のある改善提案を行い、フォローアップができる

フリーランスWebデザイナー向きの資格

Webデザイナーとしての実務経験を持っている人なら「ウェブデザイン技能検定」、実務経験がないという人は「Webクリエイター能力認定試験」がおすすめです。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は国家資格で、取得すればWebページのデザインを行う能力を証明することができます。試験は1級~3級があり、1、2級は実務経験2年以上など受験資格が定められています。3級は未経験の人でも受験可能ですが、指定された作業ができるかどうかを問う入門的な内容となっており、デザインの能力は求められないので、取得するとしたら2級以上を目指しましょう。

Webクリエイター能力認定試験


「Webクリエイター能力認定試験」は、サーティファイ Web利用・技術認定委員会が認定する資格です。取得することで、Webクリエイターに求められる「Webサイト制作のデザイン能力」「Webページのコーディング能力」を証明できます。レベルはスタンダードとエキスパートがあり、受験資格は特に有りません。同試験に合格試験は実技を重視したものとなっているためHTML・CSSの腕試しにもなるでしょう。

これからフリーランスとして独立しようと考えている方は仕事をしつつ勉強し、必要な資格を取得した後に独立されることをおすすめします。資格を保有していると、企業からの評価UPが期待できるのではないでしょうか。

関連記事 : フリーランスエンジニアに資格は必要か

自分に合う案件を探してもらう

フリーランスに必要なスキル

WebエンジニアやWebデザイナーには資格以外に必要なものが多数あります。今回はその中で代表的なものをそれぞれ3つずつ取り上げます。

Webエンジニア:「営業力」「人脈」「コーディング力」

フリーランスの場合、自分で案件を取ってこなければなりません。

クライアントに認められる「コーディング力」はもちろん、「営業力」と「人脈」も重要になってきます。知人の紹介で案件をもらうケースなども多いです。

また、これら以外にも、近年Web業界は海外進出が活発になっているため、不自由なく通訳できるレベルの英語力があるとプラスαとして大きな魅力になります。英語ができる人材は、今後益々需要が高くなっていくのではないかと思われます。

Webデザイナー:「理解力」「色彩感覚」「HTML/CSSの知識」

Webデザイナーの場合、「理解力」「色彩感覚」「HTML/CSSの知識」などがあると良いのではないでしょうか。

Webデザイナーと一口にいっても、仕事内容は多岐に渡ります。サイトのデザインをする人、HTMLやCSSでコーディングする人、コンテンツ画像や動画を作る人など。それぞれの業務内容で、共通して重要になるのは『依頼者の要望に沿っていること』です。

創るものが多岐に渡ったとしても要望に柔軟に適切に答えて行くために、何を求めているのか/どうしたいのかを把握する「理解力」が必要になります。

また、近年ではデザイナーでもHTMLやCSSでコーディングをすることが多くなっているようです。 デザイナーとして、デザインを洗練させる「色彩感覚」はもちろん、デザイン力と併せて「HTML/CSSの知識」があり、コーディング力のある人材は仕事の幅を広げることができます。

関連記事 : ITエンジニアのスキルアップ

フリーランスが資格を取得するメリットは?

「業務をこなせる実力さえあれば、フリーランスに資格なんて必要ないのでは?」と感じている人も少なくないでしょう。会社員であれば資格手当が出る場合もあるので、取得する価値はありそうですが、フリーランスにとって資格を取るメリットはあるのでしょうか。

知識やスキルの証明になる

企業側からすると、初めて依頼するフリーランスが業務に必要な知識やスキルを持っているかを判断するのは難しいといえます。そこで一つの目安になるのが資格です。「営業してもなかなか仕事が取れない」と悩むフリーランスの方は、資格を取得し企業に専門性の高さを示すことで、契約を結びやすくなる可能性があります。

スキルアップや自信につながる

自分のフリーランスとしての将来像を明確にし、その目標に辿り着くための資格を選択して取得することで、自身のスキルアップにつながります。スキルアップできれば、受注できる案件の幅も広がるでしょう。また、資格取得のためには継続的な学習が必要になりますから、自主的に勉強する習慣をつけやすくなります。資格取得後は、「目標を定めて達成した」という自信にもなるでしょう。

関連記事 : 学習効率を上げる!勉強テクニックまとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を探してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.