オンラインカウンセリング実施中

インフラエンジニアとSREの違いなど、仕事内容についても解説

SREの年収|エンジニアとして必要なスキル・資格や求人状況は?

公開日:2020年10月15日

更新日:2020年10月15日

SREの年収は実際の業務内容、担当領域によっても異なりますが、スキルや経験次第では高収入を狙えるエンジニア職種のひとつです。

SREはWebサイトやサーバー、あるいはサービスそのものなどの開発や構築・運用を幅広く行いながら、その信頼性を高めるという役割を持つ職種です。本記事ではSREの年収に加え、仕事内容や必要なスキル、関連資格、求人状況、需要と将来性などについても解説します。

高単価案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

SREとは
SREの収入
SREの仕事内容
SREに求められるスキル
SREに必要な資格
SREに転職するには
SREの求人募集状況
SREの将来性と今後の需要
年収高めのSREは狙い目

SREとは

SREとは、Webサイトやサービスなどの信頼性を高めることを目的とした高度なシステム開発や、それに伴う運用業務などに携わる職種です。システムをスピーディーかつ安定的に稼働させ、Webサイトやサービスなどの信頼性を高めるという「サイト・リライアビリティ・エンジニアリング(Site Reliability Engineering)」の概念は、Googleにより提唱されて広がったものです。すでに一定の需要があるSREは、将来的にも需要が高くなると見込まれるエンジニア職種のひとつです。

SREはシステムの設計から運用までに関わり、設計の段階から運用時のトラブルなども見越して開発します。運用後も人の手によって行わなければならない運用業務やアップデートが発生するようならば、ツールなどを用いて自動化していきます。

大規模なWebサービスになるほど、安定した継続稼働を求められます。そのため、SREは大企業を中心に需要がありますが、将来的には中小企業にもニーズが広がり、国内でのSREの需要はさらに高まっていく可能性もあります。

SREとインフラエンジニアの違い

エンジニアの職種は仕事内容で細分化されることがあります。「インフラエンジニア」と「SRE」は混同されがちな職種です。

Web上でサービスを提供するためには、ネットワークやサーバーなどのインフラを整備する必要があります。インフラエンジニアは、これらのインフラの設計・開発・運用などを担当します。

一方でSREはインフラにとどまらず、サービスの安定した運用のためにシステムの改善を行います。稼働率やレスポンスタイムなどの改善、自動化などを実現するために、ソフトウェアやツールの開発業務なども行う場合があります。SREは、一般的にはインフラエンジニアよりも広い範囲の開発や運用を担うと言えるでしょう。

SREとDevOpsの違い 

「DevOps」も「SRE」と混同されやすい言葉のひとつです。DevOpsは、「Development(開発)」と「Operations(運用)」を合わせた造語であるため、たしかに開発と運用を行うSREと似通った意味を持つ部分もあります。

DevOpsにはユーザーに対して価値あるWebサービスを提供するという目的があり、そのためには開発・運用において両チームが連携することが必要という考え方です。SREはその考えにもとづいて、より安定したWebサービスを継続して提供するために、開発・運用の両方の視点からシステムの構築や改善を行います。

関連記事 : SREとはどんなエンジニア?仕事内容や必要な資格、求人状況を解説

高単価案件を提案してもらう

SREの収入

SREは、エンジニアの中でも年収に個人差が出やすい職種のひとつと言えるかもしれません。その人の経験やスキルによって、業務範囲が変わりやすいからです。そのため、SREとしての就職や転職を検討している場合は、自分がどれくらいの年収が期待できるのか、あらかじめ把握しておくことも大切です。SREの収入相場を知るために、下記の3つについて紹介します。

  • SREの平均年収
  • SREの案件単価
  • 年収アップのポイント

SREの平均年収

職種ごとの平均年収は、厚生労働省が毎年「賃金構造基本統計調査」で発表していますが、2020年時点でSREという職種に関するデータはありません。しかし、SREの仕事は広い意味でエンジニアの業務に含まれると考えられることから、SREの平均年収を知るうえでは、プログラマーやエンジニアの平均年収をひとつの目安とすることができるかもしれません。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、企業規模10名以上の会社で働くシステムエンジニアの「きまって支給する現金給与総額」の平均は約38万円で、12ヶ月分の現金給与総額と「年間賞与その他特別給与額」を足して算出した平均年収は約569万円です。また、上記と同様に算出したプログラマーの平均年収は約426万円でした。

また、年齢や経験年数に応じてエンジニアの年収はアップする傾向にあり、「令和元年賃金構造基本統計調査」のデータから上記と同様に年収を計算してみると、20歳から24歳の男性システムエンジニアの平均年収は約339万円でしたが、50歳から54歳の平均年収は約727万円になります。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査

また、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」でもSREの平均年収のデータはありませんが、IT企業で働くエンジニアの職種やスキルレベルごとの平均年収が掲載されています。

たとえば、仕事に慣れ始めた「新人・初級者レベル」のエンジニアの平均年収は約438万円で、「独立して仕事ができる中堅人材レベル」になると平均年収は約576万円、「部下を指導できるチームリーダーレベル」になると平均年収は約726万円となっています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

SREとしての平均年収の相場を考えるうえでは、上記のような調査を参考にするとよいでしょう。

SREの案件単価

2020年9月時点でレバテックフリーランスに掲載されているフリーランスのSRE向け案件の月額単価は、55万円から95万円まで幅がありました。

以下に2つの案件例を見てみましょう。

【Ruby/Shell】ツール構築/保守/運用

■単価
~550,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種
インフラエンジニア

■職務内容
・監視運用、輪番、原価管理などのSRE業務において、ツール構築を行っていただきます。
・既存ソースを読んで設計ドキュメント起こしもご担当いただきます。

■言語
Ruby / SQL / Shell

■DB
Access

■その他ツール
AWS

■求めるスキル
・下記ツールでの開発経験
 - シェル
 - Ruby
 - GAS(Google App Script)
 - システム運用

■歓迎スキル
・下記のご経験
 - アプリケーション開発、設計
 - AWSインフラ構築、運用
 - SQL操作
 - Access

【Ruby/Shell】ツール構築/保守/運用の求人・案件

【AWS/SRE】金融会社向けシステム開発

■単価
~950,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種
インフラエンジニア / SE (システムエンジニア)

■職務内容
・金融向けのシステムにてSREをご担当いただきます。
多様なステークホルダーとコミュニケーションを取りながら作業を進めていただきます。
※担当範囲はスキルや経験および進捗状況により変動いたします。

■言語
Java / SQL

■その他ツール
AWS

■求めるスキル 
・AWSを用いたシステム運用経験2年以上
・Javaを用いた開発経験

■歓迎スキル
・SQL解析経験
・リモートでの開発実務経験
・インフラ構築、運用経験5年以上
・Linuxの実務経験5年以上
・Containerを用いたアプリケーションの運用経験
・Datadog等の監視ツールを用いた経験
・SREの経験
・チームリーダーの経験

【AWS/SRE】金融会社向けシステム開発の求人・案件

月額単価55万円のSRE案件では、RubyやSQLを用いた監視運用ツール・原価管理ツールの構築、設計ドキュメントの作成など、部分的な業務内容になっています。求めるスキルとしてはShellやRubyでの開発経験が挙げられており、経験年数の指定はありません

一方、月額単価95万円のSRE案件は、担当範囲はスキルや経験などによって変動するとされていますが、より広い領域の業務を担当することがうかがえます。また、スキル面でもAWS、Linuxの実務経験年数などの条件が設けられています。

年収アップのポイント

SREの案件例からもわかるとおり、SREの仕事では個人の開発経験や技術力が年収に反映されるといえます。すでにインフラエンジニアやアプリケーションエンジニアとして働いた経験を持っている人であれば、習得したスキルや経験年数、取得している資格などによっては、高収入を目指しやすいかもしれません。

実際に高単価のSRE案件を見てみると、GCPやAWSといったクラウドサービスの開発経験がある、Webサービスの運用経験が2年以上ある、Linuxやシェルスクリプト、MySQL、Rubyなどの経験がある、といった条件が提示されています。他のエンジニア職種でも同じことが言えますが、年収アップを狙うにはSREの仕事に関連する分野で経験を積み、実用性の高いスキルを身につけることが必要と言えそうです。

関連記事 : GCP(Google Cloud Platform)導入の参考になる記事まとめ

SREの仕事内容

SREの仕事は幅が広く、企業や案件によっても異なりますが、主な仕事内容としては以下のものが挙げられます。

  • 運用業務の環境整備
  • 運用の自動化
  • 障害対応
  • 異常の監視・探知と復旧

以下で、これらの仕事内容の詳細を見ていきましょう。

運用業務の環境整備

SREが行う仕事のひとつが、運用業務を円滑に行うための環境整備です。開発されたシステムを円滑に運用するために、使用するOS・ミドルウェア・データベースの設定、ログ収集やログ分析基盤の構築、モニタリングやアラートなどの開発や整備、情報の暗号化やセキュア情報の保護、脆弱性のチェックなどを行います。

これらの業務では、必要に応じたツールやソフトウェアの開発や実装、運用でのテストなどを担当します。自分が構築したシステムが問題なく稼働すると達成感につながり、やりがいを感じられるでしょう。

運用の自動化

システムを安定させるには、人の手によって行われる業務をできるだけ減らし、自動で処理することが大切です。人の手を介することで、対応が遅れる、あるいは人的ミスが発生する可能性が高くなるためです。SREにはこのような運用業務の自動化を実現することが求められ、こちらも重要な仕事のひとつといえます。

具体的には、障害発生時に自動で修復する仕組みづくりや、人が対応していたルーチンワークやタスクの自動化ツールの開発などを行います。課題を調査して解決するのが好きな人にとっては、特にやりがいを感じられる仕事です。

障害対応

システムを運用していると、少なからず障害が発生することがあります。基本的に障害対応は運用担当者によって行われますが、障害の性質によってはSREが対応しなければならないケースもあります。

システム上で発生した障害はサービスの停止などにもつながる恐れがあり、ユーザーへ安定したサービスの提供が行えなくなります。SREはそれを避けるために、できるだけサービスを止めずに障害を解決しなければなりません。トラブル対応や障害対応などの経験がある人は、培ってきたノウハウなどを生かすことができます。

異常の監視・探知と復旧

障害の原因となる異常を早い段階で発見し、それらをすぐに解消することもまたSREの仕事です。サービスが正常に提供できているかをチェックするために、モニタリングも重要な業務となります。日ごろから監視を行い、正常な状態を把握する必要があるため、リクエストへの応答時間とリクエストエラーの割合、トラフィック(リクエストの集中度合)、CPUやストレージなどの使用率など、さまざまな項目をモニタリングします。

また、少しでも普段とは違うエラーなどが発生したら、深刻な障害につながる可能性があるかどうかを考えて頻度や状況を把握し、迅速な対応が必要か否かを判断します。対応が必要であれば発生条件を解明し、復旧のためのアクションを開始します。

小さな異常からその先に起こり得る状況を予測し、修復が必要かをすばやく判断しなくてはならないため、SREには決断力が求められる場面もあるでしょう。

関連記事 : RPAエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

SREに求められるスキル

SREでは、特定のスキルを身につけていること大きなアピールポイントとなります。とりわけ次の3つのスキルについては、SREの業務でも活用することが多いため、大切なスキルであるといえるでしょう。

  • Webアプリ開発・運用経験
  • サーバー構築・運用経験
  • ネットワーク・IP・データベースの知識

それぞれのスキルの詳細や役立てられる業務の内容などについては「SREとはどんなエンジニア?仕事内容や必要な資格、求人状況を解説」の記事もご参照ください。

関連記事 : Webアプリケーションエンジニアの仕事内容

SREに必要な資格

SREという職種に就くうえで取得しておかなければならない資格は存在しません。しかし、SREの仕事で生かすことのできる資格、あるいは就職・転職活動で強みになる可能性がある資格としては以下のようなものがあります。

  • DevOpsプロフェッショナル
  • LPIC・LinuC
  • シスコ技術者認定
  • クラウドサービスの認定資格(AWS・Azure・GCP)

以下で、資格の内容や、試験の実施状況などについて見ていきましょう。

DevOpsプロフェッショナル

上述したようにSREはDevOpsと関連する業務であるため、DevOpsの知識はSREの仕事でも活用することができます。そのため、DevOps関連の資格を所持していることはSREとして働くうえでも強みになるでしょう。

DevOps関連の資格のなかでも特に有名なもののひとつが、EXIN社によって認定されている「DevOpsプロフェッショナル」です。2018年から日本語にも対応しています。

DevOpsプロフェッショナルの試験ではDevOpsの基本概念、遠隔計測や自動通信、仮説駆動開発やA/Bテスト、情報セキュリティなどについて出題されます。試験時間は90分で、合格に必要な正解率は65%以上です。トレーニングプログラムで試験の予習をすることもできます。さらに、EXIN社では「DevOpsマスター」という資格の認定も行っているため、SREとしてより高度な知識を身につけたい方はこちらの認定資格取得も目指すとよいでしょう。

参照 : EXIN Japan「EXIN DevOps Professional

LinuC

SREの仕事では、Linuxの認定資格を所持していることも強みとなり得ます。「LinuC」は3段階に分かれた認定が行われており、Linuxサーバーの構築・運用や、システム・ネットワークの設計・構築にかかわる知識を証明することが可能です。

LinuCの資格試験は日本全国のピアソンVUEテストセンターで行われており、基本的に受験者が希望する日時で受験できるようになっています。受験を希望される方は、まずは近隣のテストセンターを探してみましょう。

参照 : LPI-Japan「IT資格といえば LinuC | Linux技術者認定試験 リナック

シスコ技術者認定

IT関連資格の認定を行っているCisco Systems社の認定資格の中にも、SREの業務との関係が深いものがあります。シスコ技術者認定では、エンジニアとしての専門的な技術を証明できる多数の資格認定が行われているため、それらを取得しておくことはSREの仕事においてもプラスになるでしょう。

シスコ技術者認定は、基本的に5段階のレベルに分かれています。特にSREに関連するといえる試験は、「アソシエイト」レベルの「Cisco Certified DevNet Associate認定」、「プロフェッショナル」レベルの「Cisco Certified DevNet Professional認定」で、さらに「シスコスペシャリスト認定」にあたる「Cisco Certified DevNet Specialist認定」も用意されています。

Cisco Certified DevNet Associate認定試験では、APIの理解と活用、アプリケーション開発やセキュリティの知識、自動化などに関する問題が出題されます。合格率や合格点は非公開となっていますが、前提条件となっている1年以上のPythonプログラミングを含むソフトウェア開発経験があり、しっかり勉強していれば合格することは難しくないでしょう。

参照 : Cisco「シスコ技術者認定

各種クラウドサービスの認定資格

SREの仕事では各種クラウドサービスを使用することも多くあります。クラウドサービスの中には、そのサービスに特化した資格の認定を行っているものも。そうしたクラウドサービスの認定資格を取得することも、SREとして働くためには有効です。資格の認定をしているクラウドサービスには、Amazonの「AWS(Amazon Web Services)」、Microsoftの「Azure」、Googleの「GCP(Google Cloud Platform)」などがあります。

AWS

AWS認定は、アソシエイトレベル以上を取得するとよいでしょう。AWSの設計や開発、セキュリティ、最適化、モニタリングなどに関する知識を問われるため、実務にも役立ちます。たとえばAWS認定SysOpsアドミニストレーターの資格は、1000点満点中720点以上で合格です。随時試験が開催されており、オンラインでの受験と試験会場での受験が選べます。

参照 : AWS「AWS 認定

Azure

Microsoft認定試験でSRE向けといえる資格のひとつが「Designing and Implementing Microsoft DevOps Solutions」です。SRE戦略を開発するスキルに加え、セキュリティ・コンプライアンス計画の策定、ソース制御の管理、コミュニケーション・コラボレーションの促進、継続的統合の定義・実装などについての能力が証明されます。

参照 : Microsoft「Exam AZ-400: Designing and Implementing Microsoft DevOps Solutions

GCP

Google Cloud認定資格のひとつである「Professional Cloud Architect」では、組織としてGCPの技術を活用するために必要なクラウドアーキテクチャの実装・管理や、セキュリティとコンプライアンスに対応した設計などについての能力を証明できます。試験は選択式で、時間は120分です。オンラインと会場での受験が選べます。

参照 : Google Cloud「Professional Cloud Architect 認定資格
関連記事 : インフラエンジニアにおすすめの資格はあるか

SREに転職するには

ITエンジニア職の中でも、SREは将来性が高いとされていることから、他職種からSREへの転職を考えているエンジニアも多いでしょう。SREの仕事は基本的にエンジニアが行っていることの延長線上にあるため、まずは開発・構築・運用といった基本的なエンジニア業務の経験を積んでいくことが大切です。十分な実務経験を積んでキャリアアップを見据える段階になったら、資格なども取得しながら本格的にSREを目指すとよいでしょう。

一方、全く違う職種や業界からSREを目指す場合は、すぐにこの職種に就くことは非常に難しいといえます。まずは下流工程のエンジニアからスタートして、経験を積んでからSREへの転職を考えるのが無難といえます。

関連記事 : フリーランスから正社員に戻ることは可能か?

SREの求人募集状況

企業によっては、エンジニアや開発チームが存在していても、SREというポジション自体が存在していないこともあります。そのため、一般的なプログラマーやシステムエンジニアなどの職種に比べると、SREの求人件数は少なめであるといえるでしょう。しかし、近年はSREの重要性も認識されつつあるため、今後は求人件数の増加も期待できるでしょう。

また、SREの求人や案件で求められる条件にはさまざまなものがあります。一般的に求められる経験としては、インフラエンジニア・アプリケーションエンジニア・クラウドエンジニアとしてシステムの設計・開発・運用経験、Java・Linux・Rubyなどの実務経験、ミドルウェア・APIなどの開発経験などが挙げられます。

さらに、求められる技術レベルも求人によって違うので、自身のレベルに合う求人へ応募することが大切です。特に新たなサービスの開発に伴ってSREを募集するようなケースでは、高い技術と経験を兼ね備えたSREが必要とされることも多いため、SREとして働いた経験のない方が応募するのは難しいかもしれません。SREは実力次第で高収入を狙える反面、新たなスキルの習得などに消極的でいると、条件の良い求人に応募しづらくなる可能性もあるので、日頃から自らの知識とスキルを研鑽することを心がけましょう。

関連記事 : インフラエンジニアとは?仕事内容、年収、未経験からの勉強法などを徹底解説

SREの将来性と今後の需要

2020年時点では、SREはメジャーなエンジニア職種とはいえないので、求人市場におけるSREの需要は限られているという見方もできます。しかし、Webサイトやサービスなどを安定・継続して提供することは、企業の利益や顧客の確保にもつながる重要な事柄であり、SREという職種への需要はさらに高まっていくことも考えられます。

実際にさまざまな大手WebサービスがSREの活用をスタートしており、今後は中小企業においてもSREが必要とされていくことになるかもしれません。SREは将来性の見込まれるエンジニア職種のひとつといえるでしょう。

関連記事 : エンジニアの種類

年収高めのSREは狙い目

SREの年収は幅が広いですが、スキル次第で高収入を狙える職種であり、着実に経験を積んでいけば年収1000万円を実現することも不可能ではないでしょう。今後も需要が増加することが想定できるため、将来性も高い職種といえます。現在エンジニアとしてキャリアを積んでいる人は、キャリアパスの選択肢にSREを加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事 : フリーランスエンジニアの年収・収入|年収1000万円を目指すための働き方とは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

高単価案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとSREの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.