サイバーセキュリティの求人や案件に携わる際に役立つ資格
サイバーセキュリティの資格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

サイバーセキュリティに関する資格は、初心者向けから国家資格まで、いくつかのレベルのものが展開されています。当記事では、それらの中から代表的な資格をピックアップし、ご紹介します。また、サイバーセキュリティに関連するスキルについても解説していますので、そちらも合わせて確認してみてください。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. サイバーセキュリティ分野の主な資格
2. サイバーセキュリティ分野で求められるスキル

1. サイバーセキュリティ分野の主な資格

サイバーセキュリティ分野の資格は、初心者向けの検定から国家資格まで、いくつかの段階を踏んだ試験があります。そのため、自分のレベルに適したものからチャレンジし、ステップアップしていくことができるでしょう。こちらでは、代表的なものを4つピックアップしてご紹介します。 

SPREAD情報セキュリティサポーター検定

一般社団法人が主催する検定です。インターネット初心者が感じる疑問や悩みを解決し、必要なセキュリティ対策のアドバイスをしながら、安全で快適な環境づくりをサポートできるくらいのレベルです。難易度は比較的低めなので、セキュリティ関連試験の入門となるでしょう。 

<取得方法> 
検定はオンラインでの実施です。検定取得に必要な資格はないので、誰でも受験することができます。パソコンやインターネットの仕組み・活用法について初心者レベルまでの知識を確かめる試験内容で、テキストを用いた学習がメインです。 

ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)

情報セキュリティ管理者やセキュリティエンジニアを育成することを目的として開始された資格です。基礎や実践など6つの資格から成り立っており、クラッカーやサイバー攻撃の脅威を対処できる、情報セキュリティのスペシャリストとしてキャリアアップに繋がるでしょう。 

<取得方法> 
NISM推進委員会が主催する数日間の講習会を受講し、最終日に認定試験を受験します。講習会では、実機を用いた実習やモデルケースに対する演習などを行い、実践的な技術と知識を習得します。

情報セキュリティ管理士(ISME)

ネットワーク技術者だけでなく、事務や管理系の職場からの情報漏洩を防ぐために始まった資格制度です。ヒューマンエラー防止のために、会社全体で情報の保護意識を向上させることを目的としています。 

<取得方法> 
情報セキュリティや情報資産に対する知識に関する問題が、マークシート形式で出題されます。個人情報保護士会が主催する「認定試験対策講座」もあります。 

情報処理安全確保支援士(RISS)

経済産業省により創設された、サイバーセキュリティ分野で初めての国家資格です。情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)をベースとした資格となっています。 

<取得方法> 
試験は午前と午後に分かれており、午前は小問形式、午後は大問形式です。技術や運用、管理などに関する基礎知識から応用まで幅広く出題される問題を、選択式もしくは記述式で解答していきます。最終ページは問題文が10ページ以上に及ぶものもあるので、要点をピックアップする読解力も必要です。情報セキュリティスペシャリスト試験の過去問題なども活用できます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. サイバーセキュリティ分野で求められるスキル

企業の機密事項を守る立場として、普段から常に心がけておきたいポイントを紹介します。

注意力

多様化が進むサイバー攻撃に対し、あらゆる可能性を考え、不備を排除していくために鋭敏な注意力が必要となります。ごく僅かな問題点も見逃さず、そして、注意深く疑うことが大切です。

プログラミングスキル

通常のプログラミングとは異なるセキュアプログラミングを行なう際には、脆弱性のある関数を避けたプログラミングを使った設計スキルが求められます。

洞察力

もし何かのミスが見つかった場合、いち早く原因を把握し、問題を解決する必要があります。新種のウィルスなどにも臨機応変な対応ができるように常に最新の情報を取り入れ、さらに、過去の経験も活かしながら、さまざまなパターンを推察していく力が重要です。

コンサルティングスキル

クライアントの依頼を集積し分析を行いながら、最適なセキュリティシステムを提案していくために必要なスキルです。ISMSやプライバシーマークの取得を目指す企業も増えてきているので、セキュリティエンジニアの需要も増えてきています。クライアントの信頼を集めるためには、セキュリティの弱点を把握し、理解しやすい言葉を使った企画の提案を行なうことが重要です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?