自分の個人事業の「財務諸表」、読み解けますか?
個人事業主なら知っておきたい「財務諸表」の見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

事業の経理には欠かせない「財務諸表」。この書類の見方を知るだけで、個人事業のお金の動きを理解できるようになります。
取引先企業の財政を正確に判断するのにも役立ちますので、ぜひ身に着けましょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. 「財務諸表」は、個人事業の経理の要
2. 財務三表について
3. その他の書類

 

1. 「財務諸表」は、個人事業の経理の要

財務諸表の読み解き方を見ていく前に、まずは財務諸表の概要について確認しましょう。

財務諸表の概要

財務諸表とは、企業が第三者(取引先、従業員、株主など)に向けて、その企業の経理の状況を報告する決算書です。
財務諸表の中身には、以下の5項目があります。
 
・損益計算書
・貸借対照表
・キャッシュフロー計算書
・附属明細表
・株主資本等変動計算書

なぜフリーランスに財務諸表への理解が必要なのか

フリーランスとして1年以上ご活躍されている方は、確定申告の際に決算書を提出している方もいると思います。

一般に「青色申告決算書」と呼ばれるものです。

中でも「青色申告決算書」で申告する内容は、財務諸表を簡易にしたものですので、財務諸表の見方を知ることで、個人事業の現在の資産やキャッシュフロー(現金の流れ)についてより詳しく、正確に知ることができるようになります。

会計関連は税理士に任せているという方でも、いざという時のために知っておいて損はない知識ですので、ぜひこの機会に身につけるようにしましょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 財務三表について

財務諸表の内容の中でも、特に重要な項目が「損益計算書」「貸借対照表」です。
この3つの項目は、まとめて「財務三表」と呼ばれます。

損益計算書

一定期間の経営成績を報告する書類です。
「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」などの項目があり、それぞれ以下の計算で求めることができます。
 
・「売上総利益」
「売上総利益」=売上高(主事業で発生する総収入)-売上原価(売上高を原価で計算した場合の金額)
 
・「営業利益」
「営業利益」=「売上総利益」-販売費および一般管理費(管理費など)
 
・「経常利益」
「経常利益」=「営業利益」+営業外収益(受取利息・受取配当金・雑収入など)-営業外費用(支払利息・雑支出など)
 
・「税引前当期純利益」
「税引前当期純利益」=「経常利益」+特別利益(投資有価証券売却益など)-特別損失(固定資産売却損など)
 
・「当期純利益」
「当期純利益」=「税引前当期純利益」-法人税等

貸借対照表

貸借対照表は、会社の期末における財政状態(資産・負債の状態)を示す決算書です。 
貸借対照表における財政状態とは、会社の資金の調達状況及び運用状況のことを指します。
貸借対照表は、資産・負債・純資産の大きく3つから成り立っています。
 
・資産
集めた資金を企業がどのように運用しているかを申告する項目です。

資産の種類には、当座資産、棚卸資産、その他流動資産から構成される「流動資産」と、有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産から構成される「固定資産」があります。

また、上記の区分に属さない創立費、開発費、試験研究費などの資産は「繰延資産」と呼ばれます。
 
・負債
他人資本とも呼ばれます。

負債の中でも、支払手形、買掛金、短期借入金、未払金、前受金といった、1年以内に支払期限が到達する負債を「流動負債」、社債、長期借入金、引当金など1年を超えて企業からお金が出ていく負債を「固定負債」といいます。 

3. その他の書類

財務諸表には、財務三表の他に「附属明細表」があります。
主に財務三表の内容を補完する書類という位置づけですが、財務三表に記載できない重要な情報が記載されていることが多いため、できる限りチェックするようにしましょう。

附属明細表

貸借対照表や損益計算書の明細を記載した書類です。

一般的に、貸借対照表や損益計算書は分かりやすさを重視した表記が求められるため、詳細な情報については省略されることがあります。

ですが、これだけだと企業にとって都合の悪いことは公表しないということもできてしまいますので、別途詳細を明記した書類を設けよう、というのがこの「附属明細表」になります。
  

なお、レバテックフリーランスでは、無料の税理士紹介を行っております。
確定申告代行は通常の約半額でのご提供させて頂いておりますので、税理士へのご依頼が初めてという方もぜひお気軽にご相談ください。

また、税理士紹介以外に、案件をお探しの方からのご相談や、個人事業主について知りたいといったお問い合わせにも随時対応させて頂いております。
個人事業についてのご相談は、豊富なマッチング実績を持つレバテックフリーランスに安心してお任せください。
 
※本記事は平成30年6月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.