それぞれの働き方の違いについても確認しよう
個人事業主と派遣社員、両立するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

個人事業主とは、企業に所属せず個人で事業を営む人のことです。そして派遣社員は、人材派遣会社との雇用契約を結び、派遣先の企業で働く人のことを指します。個人事業主と派遣社員を両立することで、安定した収入を確保したり、スキルアップしたりといったメリットが得られるでしょう。

本記事では、個人事業主・派遣社員双方の概要、両者を掛け持ちするメリット、両立時の注意点などについて解説します。個人事業主と派遣社員の両立をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します! 単価相場算出ページへ

 

0. 目次

1. 個人事業主と派遣社員の違い
2. 個人事業主と派遣社員を両立するメリット
3. 個人事業主と派遣社員を両立する際の注意点

1. 個人事業主と派遣社員の違い

初めに、個人事業主と派遣社員の違いについて説明します。

個人事業主とは

個人事業主は、会社と雇用契約を結んで働く会社員とは異なり、個人で事業を営んでいる人のことを指します。代表的な業種でいえば、個人経営の小売店や飲食店などがイメージしやすいところでしょう。

近い概念としては、近年注目が集まるフリーランスという働き方も、個人事業主の業種のひとつに含まれます。フリーランスは組織や団体に所属することなく、案件ごとにクライアントと業務委託委託を結ぶ働き方です。場合によっては、フリーランスとして働く人のことをフリーランサーと区別することもあります。

何を以てフリーランスの定義とするかは人によって解釈がわかれますが、フリーランスの特徴として、自らの持つスキルや経験を提供することで報酬を得るという点が特徴の一つとして挙げられます。

小売店や飲食店が商品やサービスを提供することを事業とするのと同様に、フリーエンジニア、フリーデザイナーのような「フリー○○」と呼ばれる方々は、依頼された案件を専門家
として遂行することを事業としているわけです。

なお、個人事業主というのは税制上の区分です。事業を行う場合には、個人事業主の他にも、株式会社や合同会社といった法人を設立するという選択肢もあります。税金面だけでなく、個人事業主と法人とでは必要な手続きや費用、社会保険、事業主の責任、対外的な信用など、さまざまな面で違いが存在します。

フリーランスと呼ばれる人は個人事業主であることが多いですが、中には法人を設立しつつ、実質的な働き方はフリーランスというケースもあるようです。

派遣社員とは

派遣社員(派遣労働者)は、人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で働くという就業形態です。働く企業に直接雇用されるのではなく、人材派遣会社の所属になるのが通常の正社員や契約社員、アルバイト、パートなどと異なる点であるといえます。

派遣先は派遣社員に対して業務上の命令や指示を出しますが、勤怠管理や給与の支払いなどは人材派遣会社が責任を持つのが特徴です。職場で困ったことがあれば、派遣社員は人材派遣会社、派遣先企業のどちらにも相談をすることができます。

両者の違い

以上に述べたことから、個人事業主と派遣社員は働き方の面で異なっていることがわかります。つまり、個人事業主は雇用契約を結ぶことなく独立して事業運営を行い、派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結んだ上で業務に従事するということです。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 個人事業主と派遣社員を両立するメリット

次に、個人事業主と派遣社員を掛け持ちするメリットを見ていきましょう。

なお、派遣社員の場合、派遣元の就業規則に副業禁止の規定があることも。副業禁止と知らずに副業を行うとトラブルになるおそれもあるため、個人事業主と派遣社員を掛け持ちする場合は就業規則を事前に確認しておきましょう。

安定した収入を確保できる

個人事業主やフリーランスは、毎月一定の収入を得ることが難しい働き方であると考える人もいます。参画する案件の契約内容やクライアント数などにより、報酬額が変化しやすい傾向にあるからです。

その点派遣社員なら、向こう数ヶ月分の仕事を確保することができるため、より収入の目処が立ちやすいといえます。派遣の仕事を掛け持ちすることで、安定した収入を得ることができるでしょう。派遣先での勤務日数が週に2~3日なら個人事業主としての活動を行う時間もしっかり取れ、一石二鳥です。

スキルアップできる

個人事業主として活動をしていると、収入アップのためつい目の前の作業をこなすことに集中しがちです。その結果、自らのスキルを向上させる機会を逃してしまう可能性があります。

派遣社員を掛け持ちすれば、派遣先の業務を通じて知識や技能を身に付けることができます。自分1人で動いていては習得が難しいスキルを、お金をもらって仕事をしながら磨くことができるのが両立のメリットです。

人脈の拡大に繋がる

個人事業主はスキルアップと同様の理由で、人脈を広げる機会が少なくなるのがデメリットになると考えられるでしょう。

派遣社員の仕事は、そのデメリットを解消することに繋がります。派遣先では、個人事業主の活動単体では出会えなかった人達と関わる機会が持てるからです。派遣社員として働くことで、個人事業主の自由を享受しつつ、組織に所属する安心感を持つこともできます。

働きすぎの抑制につながる

個人事業主は自分1人での活動も多いため、作業量の管理が上手くできなくなる場合があります。案件をたくさんこなせばこなすほど収入は増えますが、作業量過多による心身への影響も心配です。

派遣の仕事では、派遣先企業と派遣社員の間を人材派遣会社が取り持つことになります。仲介者がいることで、仕事量の調整をより適確に行いやすくなるでしょう。

3. 個人事業主と派遣社員を両立する際の注意点

個人事業主と派遣社員を両立することになったら、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。以下に、注意点をいくつか挙げていきます。

掛け持ちする理由を明確にする

両立をするにあたっては、2つの仕事を掛け持ちする理由を明確にしておくことが大切です。収入を増やすため、スキルアップのためなど、はっきりとした目的があることで、モチベーションを維持しやすくなります。

掛け持ちすることを関係者に伝える

派遣社員になる際は、個人事業主との兼業であることは正直に話した方が良いでしょう。掛け持ちする目的がはっきりしていれば、派遣で働く意欲も相手に伝わりやすくなります。事後報告によるトラブルも回避することができそうです。

派遣の関係者に留まらず、家族に対しても兼業することを伝えるようにします。掛け持ちする理由はもちろん、掛け持ちをしたらどのようなメリットがあるかをあらかじめ説明しておけば、家族の理解と協力を得られやすくなるでしょう。

自己管理を徹底する

個人事業主の場合、作業量は基本的に本人の裁量次第であるため、働きすぎになる恐れがあります。体調を崩せば、個人事業・派遣業務の双方に悪影響が出ることになってしまうでしょう。

掛け持ちを始めたら、意識して休息を取ることが大切です。計画的に休んで無理をしないように気を付けましょう。
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します! 単価相場算出ページへ


※本記事は平成31年1月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?