あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスが営業代行サービスを利用する方法も要チェック
フリーランスが営業代行サービスを利用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスにとって営業活動は大切な仕事の一つですが、「営業は苦手」「営業にかける時間がない」という人は多いかもしれません。営業に関する悩みがあるときは、営業代行サービスを活用するのがおすすめ。具体的なサポート内容や利用するメリットは、当記事で確認しましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスエンジニアの求人・案件の探し方
フリーランスの営業代行とは
営業代行サービスを利用するには
フリーランスが営業代行を活用するメリット

フリーランスエンジニアの求人・案件の探し方

フリーランスエンジニアとして、最初の活動とも言える求人・案件探し。
まずはその方法をいくつか見てみましょう。

友人や元同僚の紹介

フリーランスとしては定番とも言える、友人や元同僚の紹介で案件を探すパターンです。目指している業界にコネクションがあれば、そこから案件へ繋げることを考えてみましょう。

飛び込み営業

気になる企業へ直接訪問するか、もしくは電話やメールで自分を売り込んで案件獲得に繋げます。

SNSを使った営業

Facebookやブログ、Twitterなど、オンラインの交流ツールを利用して宣伝する方法もあります。

クラウドサービスに登録する

フリーランスとクライアントの仲介をするクラウドソーシングサービスを利用する手もあります。プロフィールのページにポートフォリオや経歴、スキル、自己PRなどを掲載して、クライアントから依頼を受ける流れです。

また、気になる案件があれば、自分から案件にエントリーすることもできます。

関連記事 : フリーランスITエンジニアの需要はどこにある?スキル別の求人・案件数から探る今後の市場動向

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの営業代行とは

フリーランスの業界には、本人に代わり企業へ営業や交渉を行うエージェントが存在します。エージェントとは「代理人、仲介業者」を指す言葉で、転職エージェント、著作権エージェントなどさまざまな種類があります。

個人事業主やフリーランスは会社に属していないため、事務や経理など、本業の業務に加えてプラスアルファの作業が付随します。専門分野の案件をどんどんこなしていきたいフリーランスにとっては、営業は業務の一つであるとは言え、重荷となることもあるでしょう。積極的にコミュニケーションを取ることが苦手な方にとっては尚更です。

そこで営業代行を活用することが、フリーランスの選択肢の一つとなります。魅力的な案件は競争率も高いため、個人で動くより経験豊富なプロに任せる方が成約率も期待できるでしょう。

また駆け出しのフリーランスの場合、早く案件が欲しいがために、不利な条件の求人・案件で契約を結んでしまうことがあります。営業代行なら条件面での交渉も代行されるので、フリーランスに不利にならないように話をすすめることも可能です。

近年はフリーランスだけでなく、一般企業でも営業を外部のエージェントに依頼するケースが増えています。全国にネットワークを持つような質の高いエージェントも多く、利益と生産性の向上に一役買う存在になりつつあります。

関連記事 : フリーランスはものづくりに集中できるか?

営業代行サービスを利用するには

フリーランスエンジニアが営業代行のサポートを受ける際は、営業代行会社かフリーランス向けエージェントを活用しましょう。

営業代行会社

会社によって具体的なサービス内容は異なりますが、ここではフリーエンジニア向けのサポートをピックアップしてご紹介します。

テレアポ代行

案件獲得のための架電作業やクライアントへのフォローの電話をコールスタッフに代行してもらえます。

「テレアポのリストがない」「電話で営業してもなかなか受注につながらない」「せっかく受注につながっても、フォローの電話まで手が回っていない」といった悩みがある方は、活用するとよいでしょう。

会社によっては、初期費用や月額料金を設けず、「アポイントがとれたら料金が発生」という仕組みのところがあります。営業コストを抑えられるよう、サービス利用時はサポート内容だけでなく料金設定もしっかり確認しましょう。

メール配信代行

クライアントへの一斉送信や宛先ごとの文面の変更といったサービスがあります。「メールでの営業を考えているけれど、一通一通作成するのは大変…」と感じている方は、メール配信代行サービスを活用してみるとよいでしょう。

会社によって料金プランは異なりますが、初期費用・月額料金が不要で「1通◯円」とするところもあります。初期費用が不要なら単発での利用時も営業コストを抑えられる、月額料金が不要ならメール配信をしない月は営業費用がかからない、というのがメリットです。

フリーランス向けエージェント

フリーランスエンジニアに特化したエージェントの場合、サポート内容として下記の例が挙げられます。

・キャリアプランの相談
・案件の提案
・商談の日程調整
・クライアントへの単価の交渉
・契約更新業務の代行
・参画中の業務に関する相談

エージェントの場合、上記のサービスをすべて無料で受けられるのが特徴です。

なお、フリーランスエンジニア・デザイナー向けのエージェントであるレバテックフリーランスでも「独立する際の手続きを知りたい」「年収アップのために何が必要なのか聞きたい」といった相談を受け付けています。

登録後のカウンセリング時に最新の業界動向や習得しておくとよいスキルなどについてもお伝えすることも可能ですので、フリーランスになることに興味をお持ちの方はお気軽にご利用ください。

関連記事 : 初めてでも安心!フリーランスエージェント

フリーランスが営業代行を活用するメリット

営業代行を利用するメリットは、やはり何かと煩わしい営業をプロが請け負ってくれる所にあります。

ITエンジニアの場合、スキルには自信があっても営業や単価交渉は苦手、という方も少なくありません。その点、営業代行は、市場価値や業界動向を背景に置いた上で企業へ効果的にアピールして売り込むよう働きかけることができます。

フリーランス個人ではなかなか交渉しにくい大手の求人・案件や、一般公開されていない求人・案件でも、営業代行なら成約の確率が上がります。さらに報酬や条件といった要望も、あらかじめ営業代行に伝えることでマッチした求人・案件の紹介を受けることもできます。

またフリーランスは、求人・案件に参画し続けることで継続的な収入を得ることができます。しかし着手中の求人・案件で手がいっぱいになると、次の契約先を探すことが難しくなる場合もあります。

しかし営業代行なら、案件が終了しそうな時期を見計らって、また新たな求人・案件を探し、提案することができます。

フリーランスの不安要因に挙げられている「案件が途切れて無収入になるのが心配」という要素を払拭してくれるのが、営業代行を活用するメリットのひとつといえるでしょう。

関連記事 : フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?​

※本記事は2019年11月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.