スキルなしでもフリーランスになれる?独立までの流れや案件獲得方法も解説

この記事のまとめ
  • スキルなし、未経験の状態からフリーランスとしてすぐに活躍するのはかなり難しい
  • いきなりフリーランスになるのではなく、準備期間を設けたり、副業から始めたりするのがおすすめ
  • スキルがあれば高単価を目指しやすい職種としては、エンジニア・Webデザイナーなどがある

自由な働き方ができるフリーランスに憧れる人も多いでしょう。しかし、スキルなしの状態のままフリーランスになっても、すぐに理想の収入を得るのは非常に難しいといえます。

そこで本記事では、スキルなしからフリーランスになるための流れや心得、未経験におすすめの職種などを解説。「将来的にフリーランスとして活躍したい」とお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

未経験・スキルなしでフリーランスになるのは難しい

未経験・スキルなしの状態からフリーランスとして活躍するのは難しいといえます。その理由については、以下のとおりです。

  • 即戦力になることを期待される
  • 未経験者向けの案件は単価が低い傾向がある
  • トラブルをすべて自分で対処する必要がある

それぞれの理由について、詳しい内容を見ていきましょう。

即戦力になることを期待される

フリーランスは基本的に即戦力となることを期待されており、フリーランスが案件を受注する際は、クライアントのニーズに沿ったスキル・実績をアピールする必要があります。新卒の会社員は基本的に研修が用意されており、長いスパンで教育を受けられますが、未経験・スキルなしのフリーランスはクライアントに貢献度をアピールしにくいでしょう。

つまり、すでにフリーランスとして活躍している人は高いスキルを持っており、その人達と競合するということです。そのため、未経験・スキルなしではそもそも案件を獲得すること自体が難しいといえます

未経験者向けの案件は単価が低い傾向がある

前述のとおり、未経験・スキルなしでは案件獲得の難易度が高くなりますが、絶対に案件を受注できないというわけではありません。しかし、経験やスキルを問わない案件は専門性が求められない分、単価が低い傾向にあります。そのため、案件を受注できても「割に合わない…」と感じてしまいモチベーションの維持が難しくなってしまう可能性もあるでしょう。

仮に、比較的単価が高い案件を受注できたとしても、クライアントの求めるクオリティで納品できないとトラブルになる恐れがあります。求められるスキルや納期は事前に確認し、自分に見合う案件か考えたうえで受注しましょう。

トラブルをすべて自分で対処する必要がある

会社員の場合、質問や相談があれば同じ職場で働く社員に頼ることができますが、フリーランスはトラブルがあったとしても基本的にすべて自分で解決しなくてはいけません。スキルなし・未経験の状態は、不明点や悩みが出てきやすいといえますが、そのときに「助けてくれる人がいない」「解決の方法がわからない」となると不安や寂しさを感じるでしょう。

自分で解決する力を養うのはもちろん大切ですが、スキルがない状態からだと間違った解釈がそのまま身についてしまう可能性もあります。着実に成長していくためにも、未経験・スキルなしからフリーランスになるのはおすすめできません。

フリーランスになれるか相談する

未経験・スキルなしからフリーランスになるには

未経験・スキルなしのままフリーランスになるのは難しいとお伝えしましたが、しっかりと準備をすれば、将来的にフリーランスとして活動することを目指せます。なお、準備期間としては最低でも3ヶ月以上確保できると良いでしょう。具体的な手順については、以下のとおりです。

  • フリーランスになりたい理由を明確にする
  • フリーランスに必要なスキルを身につける
  • 副業で案件を受注し、収入源を作っておく
  • 目標を達成したらフリーランスとして独立する

それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。

フリーランスになりたい理由を明確にする

まずは、「なぜフリーランスになりたいのか」という理由を明確にし、職種や叶えたい働き方を決めてください。最初にここをしっかりと決めておかないと、フリーランスを目指すうえで軸がぶれてしまい、適切なアクションがとりにくくなる可能性があるためです

フリーランスとして目指す方向性が定まったら、実際にフリーランスとして活躍している人のノウハウを研究してみましょう。「なぜこの人はこうしているのか」「この人はなぜこれを実現できているのか」と分析することで、フリーランスとしての考え方や行動を学ぶことが大切です。

フリーランスに必要なスキルを身につける

スキルなしからフリーランスを目指すのであれば、働きながらスキルを身につけましょう。すぐにフリーランスになりたいと思っても、仕事を辞めてからスキルの習得をするのはリスクが高いため避けるべきといえます。

今の会社で必要なスキルを身につけるのが難しい場合は、転職をしたり、スクールに通ったりすることを検討してください。実務に携わる中でスキルを磨けば、案件を獲得しやすくなります。なお、実績を具体的にアピールするためにはポートフォリオの作成も必要です。

副業で案件を受注し、収入源を作っておく

スキルが身についたら、試しに副業でフリーランスの案件を受注してみましょう。受注の流れを事前に把握しておくことで、独立した際に業務をスムーズに進められると考えられます。加えて、副業で人脈を築ければ、独立してからも安定的に案件を受注できる可能性があります。

また、フリーランスは収入が安定しにくいため、副業をしてしっかりと収入源を作っておくことが大切です。同時に固定費の見直しも図り、毎月の出費に無駄がないかの確認を徹底的に行いましょう。なお、企業によっては副業を禁止するところがあるため、就業規則を確認してから行動をとるようにしてください。

目標を達成したらフリーランスとして独立する

副業が安定的に受注できるようになり、金額が目標に達成したらフリーランスとして独立しましょう。いざとなるとなかなか独立に踏み切れない方もいると思いますが、「自分自身が努力し、スキルを磨いたことで目標を達成した」という事実は自信となるはずです。モチベーションが高いうちに行動に移せると良いでしょう。

フリーランスになる際に知っておきたい手続き周りに関しては、「フリーランスの始め方の基礎知識を紹介!案件獲得方法や代表的な職種一覧も」の記事で紹介しているため、ぜひあわせてお役立てください。

フリーランスになれるか相談する

未経験・スキルなしからでもはじめやすいフリーランスの職種

未経験・スキルなしからフリーランスになるのは難しいものの、比較的挑戦しやすいフリーランスの職種はあります。例としては、以下のとおりです。

  • Webライター
  • ブロガー
  • 動画編集
  • 事務・コールセンター業務
  • ECショップ経営

それぞれの職種の詳細について見ていきましょう。

Webライター

未経験・スキルなしからはじめやすい職種の一つが、Webライターです。Webライターは、文章を書くことを得意としていなくても、書き方を学べば比較的早くスキルを身につけやすいといえます。時間や場所などの自由度も高いため、副業としてはじめてみるのも良いでしょう。

また、クラウドソーシングにはさまざまなジャンルがあるため、自分に合う案件を見つけやすいのもメリット。しかし、単価は基本的に低めのため、高単価を狙うには、医療分野やIT領域、SEOなど、専門性に特化した知見やスキルを身につける必要があります。

ブロガー

ブロガーは、自身でブログ運営をし、読者を獲得することで広告収入を得ます。好きなテーマを扱えるので、得意な分野や趣味を活かせる職種といえるでしょう。

しかし、すぐには収入につながらない可能性も。ある程度の収入を得るためには、SEOやセールスライティング、Webマーケティングなどに関するスキルが必要です。なお、人気ブロガーとなれば、継続的に収入を得られるチャンスがあります。

動画編集

動画編集は、動画投稿サイトに載せる動画やPR動画などを編集する仕事です。近年、需要が高まっている職種の一つといえるでしょう。

スキルなし・未経験からでも目指しやすい職種ですが、動画編集には動画編集ソフトを使うため、基本的な使用方法については学んでおくと安心です。動画が好きな人や編集に興味がある方にとってはやりがいを感じられるでしょう。

事務・コールセンター業務

事務業務では書類作成や電話対応、コールセンター業務では、問い合わせ対応やテレアポなどを行います。経験が必要とされることもありますが、基本的なビジネススキルがあれば比較的挑戦しやすい職種といえるでしょう。

ECショップ経営

ECショップ運営は、スキルなし・未経験からでもフリーランスとしてはじめやすい仕事です。なお、運営にあたり商品を仕入れる必要があるため、多少の資金が必要になります。また、安定した売上を図るには、Webマーケティングのスキルを身につけられると良いでしょう。

フリーランスになれるか相談する

未経験・スキルなしからフリーランスになる際の心得

未経験・スキルなしからフリーランスになるには、前述した手順を踏むだけでなく、以下の点についてもしっかりと心得ておく必要があります。

  • スケジュール管理に注意する
  • 案件が受注できなければ収入は得られない
  • フリーランスになってからも学び続ける姿勢が大切
  • 活躍するためにはさまざまなスキルが求められる

それぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

スケジュール管理に注意する

未経験・スキルなしからフリーランスになる際にまず注意しなくてはいけないのが、スケジュール管理です。本業はもちろん、事務処理、税金の支払いなど、フリーランスには自分で対応しなくてはいけないことが会社員より多くあるでしょう。

しかし、フリーランスの働き方は自由度が高いため、「今日はやりたくない」といって怠けることも自分次第でできてしまいます。自分に甘くなることで、最終的にクライアントからの信頼を失ったり、大事な手続きが間に合わなかったりという事態にならないよう、スケジュール管理には十分な注意が必要です。

案件が受注できなければ収入は得られない

病気やけがなどにより、まったく案件を受注できない期間があれば、その分の収入は得ることができません。保険に加入していなければ、収入がないのに支出が増えてしまう可能性もあるでしょう。万が一に備えて、しっかりと貯蓄しておくと安心です。

フリーランスになってからも学び続ける姿勢が大切

フリーランスになったから一安心ではありません。案件獲得に向けて、常にスキルアップすることが大切です。レベルの高い案件にチャレンジしたり、セミナーへ参加したりしながら着実に成長していくことを目指しましょう。

活躍するためにはさまざまなスキルが求められる

フリーランスとして活躍するためには、職種ごとの専門的なスキルのほか、以下のようなスキルも求められます。

  • セルフマネジメント能力
  • コミュニケーションスキル
  • 営業力・交渉力
  • 決断力・行動力

フリーランスには自己管理を徹底することが求められるため、セルフマネジメント能力が必要です。また、クライアントとスムーズに連携するためのコミュニケーションスキル、仕事を獲得し、条件に折り合いをつけるための営業力・交渉力もフリーランスにとって重要なスキルといえるでしょう。

また、フリーランスは、自分自身で物事を判断しなくてはいけないシーンも多いため、決断力・行動力も身につけておきたいところです。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスが案件を受注する方法

ここでは、フリーランスが案件を受注する方法について解説します。主な方法としては、以下のとおりです。

  • クラウドソーシングを利用する
  • 知り合いから依頼を受ける
  • エージェントに案件を提案してもらう

それぞれの方法について、以下で見ていきましょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、案件の検索や応募、契約、納品などをオンラインで行えるサービスです。クラウドソーシングで受注できる業務の種類は、Webサイト制作やロゴ作成、動画編集、翻訳、データ入力など多岐にわたります。

クラウドソーシングの場合、以下のようなメリットがあります。

  • 基本的に場所や時間にとらわれず作業できる
  • 自分のペースで案件を受注できる
  • 案件を自由に選べる

作業面の自由度が高いクラウドソーシングですが、案件の検索や営業は主体的に行わないと受注につながらないため、サイトをこまめにチェックして積極的に申し込むことが大切です。クライアントとのトラブルを防ぐために、業務内容の詳細や納期、報酬などを事前に確認し、疑問点は契約前に解決しましょう。

知り合いから依頼を受ける

フリーランスとして活動する際は、会社員時代の上司や同僚のほか、勉強会やセミナーで知り合った人から案件を受注する方法があります。知り合いから案件を受注するメリットとしては以下のとおりです。

  • 業務内容や納期について質問しやすい
  • すでに信頼関係を構築できていて人間関係のストレスが少ない
  • 知り合いに新たな受注先を提案してもらえる場合がある

知り合いから依頼を受ける際も、具体的な業務内容や報酬、納期などについて書面で確認をとることが大切。口約束で済ませると、後々「話が違う」とトラブルが生じる恐れがあるからです。

エージェントに案件を提案してもらう

フリーランスとして働くうえで必要な準備を知りたい、継続的に案件を受注できるか不安という方は、フリーランス専門のエージェントに相談するのも1つの方法です。

エージェントを活用するメリットとしては、以下のとおりです。

  • 営業や契約更新の手間を省けて業務に専念できる
  • 継続的に案件を受注できて収入面の不安を軽減できる
  • キャリアについて相談しながら案件に参画できる

初めてフリーランスになる際は、収入や営業、契約業務などに関する不安がつきもの。エージェントに登録すれば、相談しながら案件を決めたり営業を代行してもらえるので、独立時の負担を軽減できるでしょう。

フリーランスになれるか相談する

スキルがあれば高単価が狙える職種

ここでは、スキルがあれば高単価が狙える職種を紹介します。今現在は未経験・スキルなしの方も、今後の活躍を目指すにあたってぜひ参考にしてみてください。職種の例としては、以下のとおりです。

  • Webデザイナー
  • エンジニア

それぞれの職種の業務内容について、以下で見ていきましょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザイン全般に関する業務を行う職種で、PhotoshopやIllustratorを取り扱うスキルが求められます。コーディングやプログラミングができると、さらに高単価の案件が狙いやすくなるでしょう。

エンジニア

エンジニアには、システムエンジニアやインフラエンジニア、Webエンジニアといったさまざまな種類があり、それぞれ業務内容が異なります。ITに関する知識をはじめ、プログラミング言語やプログラミングに関する専門的なスキルが求められる職種です。

フリーランスの平均年収はいくら?ITエンジニアの相場や会社員との比較」の記事では、フリーランスエンジニアとして年収1000万円を稼ぐためのスキルや知識について紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

※本記事は2022年8月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。