あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスの大変さと生活を安定させる方法について解説
フリーランスでは生活できないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

「フリーランスは生活できない」という意見の背景には、低単価の案件しか受注できないイメージや、クライアント探しの難しさがあります。それでも、高いハードルを越えてフリーランスとして成功している人がいるのも事実です。本記事では、フリーランスとして活動していく上での難しさや、生計を立てられるようにするにはどうすれば良いかなどについて解説します。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスは生活できない?
フリーランスの大変さ
フリーランスが生活を安定させる方法

フリーランスは生活できない?

フリーランスという働き方が普及し、組織に縛られない自由なイメージに憧れる人が多くなりました。しかし中には、「フリーランスは収入が不安定」「生活できない」というネガティブな意見を耳にした方もいるのではないでしょうか。

まずは、そうした考えが生まれてくる背景について考えてみましょう。

フリーランスが生活できないとされる理由

「フリーランスは生活できない」と思われがちな理由には、次のような事情があります。

単価が低いイメージがある

昨今はフリーランスの増加に伴い、案件単価が低下する傾向にあります。そのような傾向が、低単価案件に甘んじて食べていけないフリーランス像の形成につながっているようです。

案件探しが難しい

フリーランスが生計を立てるには、長期的・継続的に案件に参画することが肝要です。与えられた業務をこなせば毎月給与がもらえる会社員とは異なり、フリーランスは十分な収入が得られる案件を探し続けなければならないというハードルがあります。しかも、いつも都合良く優良案件が見つかるとは限りません。

常に成長し続けなければならない

高単価案件に参画し続けるには、高度な専門性とスキルが必要になります。自分自身を成長させられない人は、フリーランスとして生活していくことは難しそうです。会社員は企業が実施する研修の機会を活用しやすいですが、フリーランスにはより自主的に技能を磨く積極性が求められます。

楽をしたい人には向かない働き方

フリーランスに対して楽ができるイメージを持っていると、現実とのギャップに驚く方もいます。後述するように、クライアントとのやりとりや金銭管理など、自己責任に属する部分の比重が増えるからです。「楽をしたいからフリーランスになる」という発想は、賢明でないといえます。

フリーランスの生き方が「楽」に感じられるかは、人それぞれです。もしフリーランス転向を考えるのであれば、以下の項目を参照しながら後悔がないよう入念に準備をしましょう。

関連記事 : フリーランスの生活費の管理

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの大変さ

生活を成り立たせるためには、フリーランスという働き方のデメリットを把握しておくことも大切。ここでは、フリーランスの大変さについて説明します。

営業活動

フリーランスが生計を立てる上で欠かせないのは、営業活動と考えられます。よくあるケースでは、会社員時代に培った人脈の中からクライアントを見出すなどです。ただし、先方から案件を提案してくれるとは限らないので、時にこちらからアプローチすることも。営業に苦手意識を持つ方には、負担が大きいでしょう。

営業活動では、提案するタイミングが重要。できるだけ空白期間を作らないことで、収入を安定させる必要があるからです。相手の都合も考えながら案件参画の計画を立てるのは、人によっては骨が折れる作業となります。

セルフマネジメント

自宅で作業をするタイプのフリーランスは、セルフマネジメントが必要です。生活リズムが乱れると、納期間近になって時間に追われることになり、クオリティ担保も難しくなる可能性があります。

会社員は出社・勤務時間が決まっている場合が多く、それに合わせて働けば済みますがフリーランスは自らを律することが求められます。

主体的なスキルアップ

漫然と案件に参画するのではスキルが伸びにくいのが、フリーランスの大変さといえます。フリーランスになることは、現時点でのスキルを活かして働くことを意味するためです。

会社では社員の将来性に期待を寄せ、作業内容を丁寧に教えたり、未経験の業務を任せたりしますが、フリーランスにはそのような手厚いフォローはないのが一般的。スキルアップを望むのであれば、人に頼るばかりでなく、自主学習や講習会を通じて主体的に学ぶ姿勢を持つことが大切です。

金銭管理

税制や簿記に関する知識が要ることも大変な面と考えられます。会社員は税金関係の手続きを会社企業に任せられますが、フリーランスは自身で行うことになるからです。会計処理に手間取り、肝心の事業に関わる作業が疎かになることも懸念されます。

確定申告以外に、健康保険や年金といった社会保険料の負担もフリーランスにとって気にかかる事柄。会社員よりも支払い機会が多くなることを見越し、金銭管理を徹底しなければならないでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアのデメリットとは?

フリーランスが生活を安定させる方法

ここまで、フリーランスの大変さについて述べてきました。しかし、世の中にはフリーランスとして成功している人も確かにいます。最後に、フリーランスが生活を安定させるための方法をチェックしましょう。

スキルアップを図る

スキル研鑽は絶えず行いましょう。IT業界をはじめ、どの分野でも新しい知識や技術は常に出てくるからです。時代のニーズに応えられるようスキルアップを怠らないことが、長くフリーランスを続けていく秘訣といえます。

スキルアップに際して考えておきたいのは、はっきりとしたキャリアビジョン。やってみたい作業の内容、希望する収入、ライフスタイルなどの条件を洗い出せば、今の自分に必要なスキルと環境が明確になります。複数のスキルは武器になりますが、闇雲に手を出して中途半端になるのは避けたいものです。

スキルアップの方法としては、独学やスクール以外に、フリーランス向けのセミナー・勉強会に参加することが挙げられます。新たな知見を得られるとともに、他の参加者との交流で
将来のクライアント候補と出会えるかもしれないのが利点です。

クライアントの選択に注意する

途切れることなく案件に参画するのが大事だとはいえ、それはクライアントの選択なしに受注し続けることを意味しません。低単価案件しか受注できなければ、現実的に生計が立てられないからです。

自身のスキルレベル、作業内容に見合った報酬を支払ってくれるクライアントを選べる状態が望ましいでしょう。自分の生活を守るためにも、クライアントや案件の質によってはお断りするのも賢い選択です。

ワークライフバランスを保つ

在宅型フリーランスは、意識的に作業とプライベートの用事にメリハリをつけるようにしましょう。それぞれの境目があいまいだと、つい働きすぎてしまったり、逆に作業が手つかずになったりするからです。

ワークライフバランスを保つためには、まず規則正しい生活を心がけること。その上で適切にスケジュールを管理することです。各日・各時間にやるべきことをあらかじめ決めておけば、その予定に基づいて行動することができます。

エージェントを利用する

「営業は苦手…」という方は、エージェントを利用するのも手です。エージェントとは、クライアント企業との間を取り持ち、フリーランスに案件を提案するサービスを指します。エージェントでは営業活動を代わりに行ってくれるので、自ら案件を探す手間が省けるでしょう。

個人では受注するのが難しい高単価案件を保有しているのも、エージェントのメリット。税理士紹介や各種事務手続きなど、営業や案件契約に留まらない多彩なサービスが用意されている場合もあります。

関連記事 :  フリーランスが営業代行サービスを利用するメリットについて

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

あなたのスキルはダイレクトに収入につながる
ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.