オンラインカウンセリング実施中

フリーランスエージェント利用のメリット・デメリットや案件を探す際の注意点も紹介

フリーランス初心者の案件の探し方

公開日:2020年10月16日

更新日:2020年10月16日

フリーランス初心者の方は、案件の探し方に注意しましょう。希望条件をしっかり定めていなかったり、自分にないスキルを要する案件を受けてしまったりすると、納期が守れず信頼を失う恐れもあります。

フリーランスの案件探しに慣れていない方は、自分のスキルや希望にマッチした案件を紹介してくれるフリーランスエージェントや、条件を絞って案件を探せるクラウドソーシングを活用してみても良いでしょう。

本記事では、フリーランス初心者向けの案件の探し方や、フリーランスエージェント・クラウドソーシング利用のメリット、デメリットなどをご紹介します。フリーランス初心者の方や、フリーランスを検討している人は、ぜひご参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスとは
フリーランス初心者のおすすめする案件の探し方
フリーランス初心者が案件を探すときの注意点

フリーランスとは

フリーランスとは、主に企業や団体に属さず、案件ごとに契約する働き方を指します。そのため、企業に属する従業員より比較的自由に働けるのがフリーランスの大きな特徴といえるでしょう。

また、個人で会社を設立し、上記のような働き方をしている人をフリーランスと見なす場合もあるようです。先述したような、企業に属さない働き方自体を「フリーランス」、組織に属さず自身のスキルを提供して働く人を「フリーランサー」と区別することもあります。

フリーランスの定義

「フリーランス」に明確な定義はないとされていますが、中小企業庁「2019年版 小規模企業白書」では、フリーランスについて「『特定の組織に属さず、 常時従業員を雇用しておらず、消費者向けの店舗等を構えておらず、事業者本人が技術や技能を提供することで成り立つ事業を営んでいる者』をフリーランスと定義する」と述べています。

参照:中小企業庁「2019年版 小規模企業白書」

フリーランスの職種例

次に、フリーランス向きの職種例を見ていきましょう。

SE(システムエンジニア)

SE(システムエンジニア)とは、顧客の要望から仕様を決め、システムの要件定義や設計といった、システム開発の上流工程を担う職種です。また、システムの動作確認やプログラマーと連携した開発も求められます。フリーランスのSEとして活躍していくには、技術的能力だけでなく、ある程度のマネジメントスキルやコミニュケーション能力も必要になるでしょう。

プログラマー

プログラマーとは、「Java」「PHP」「Python」などのプログラミング言語を使用してシステムやソフトウェアを開発する職種です。基本的にはSEがシステムの仕様書を作成し、それに基づきプログラミングを行っていきます。がIT分野が発展し、普及を拡大し続ける現在、即戦力としてのフリーランスプログラマーの需要は日に日に高まっているようです。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、主にECサイトやSNS、業務系システムなどWebを介したシステムの設計、開発などに携わる職種です。中でも、ユーザーに見える範囲の開発を担うエンジニアを「フロントエンドエンジニア」、ユーザーに見えない部分の開発を行うエンジニアを「バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)」と呼ぶこともあります。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインや設計、コーディングなどを行う職種です。クライアントが思い描くWebサイトに仕上がるよう、全体の構成を考えながらデザイン構築を行います。「Photoshop」や「Illustrator」などのデザインソフトを使いこなすスキルや、「HTML」や「CSS」などコーディングに必要とされるマークアップ言語の知識が必要とされています。パソコンと向き合うだけでなく、クライアントとの打ち合わせなど人と接する機会も多いです。そのため、デザイン能力だけでなく、ある程度コミュニケーションスキルも大切になるでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、基本的には雑誌や新聞の広告、パッケージやポスターなどの印刷物をデザインする職種です。出版社や広告代理店から依頼を受け、企画内容に沿う形でデザインしていきます。コピーライターやイラストレーターと協力して案件を進めることもあるので、協調性や発言力を身に着けておいて損はありません。

フリーランスとしてグラフィックデザイナーが案件を獲得するには、自身のデザインスキルを相手に認めてもらうことが重要なので、広告代理店・制作会社などである程度経験を積み、キャリアを持った状態で独立する場合が多いとされています。

Webディレクター

Webディレクターとは、クライアントとWebサイトをどのような方向性で作成していくか考え、売り上げを意識した企画の作成や制作統括、チームのディレクションなどを行う職種です。Webサイトの運営に必要な専門家を集めたり、取材したりするのもWebディレクターの役目とされることが多いです。

そのため、多くの人と関わりながらプロジェクトを進めるコミュニケーションスキルが必要でしょう。Webマーケティングやプログラミング、Webデザインなどの知識を持っておくと、的確な指示が出せ、活躍の幅が広がるでしょう。

ライター

ライターとは、雑誌や書籍、Webサイトに記事を掲載するため、取材や制作を行う職種です。出版社やWebサイト運営会社から依頼を受け、記事の執筆を担います。ライター側から企業に企画提案を行い、案件を獲得するケースもあるようです。

文章を書くだけでなく、アポ取りや現地取材、ライティングや修正作業など、業務内容は多岐にわたります。WebサイトではPV数やコンバージョンを意識した記事作成が求められることもあるため、基本の文章力だけでなく、企画力・マーケティング能力もあるとなお良いでしょう。

フリーランスの働き方の特徴

フリーランスの働き方の大きな特徴として、自分で受ける案件を選べる点が挙げられます。自身の意志で案件を決められるので、今後の自身のキャリア形成をコントロールしやすいのも魅力でしょう。また、「定年」という概念がなく、スキルがあればシニア世代になっても活躍できるので、長期的に見た利点もあります。

ただし、毎月一定の給料が保証されている会社員と比べ、フリーランスは案件が確保できなかったり、契約通りに業務を遂行できない場合報酬を得られなかったりすることがあります。フリーランスの働き方を選ぶことによって、場合によっては収入が不安定になる可能性がある、ということも念頭に置いておきましょう。

関連記事 :フリーランスとは?イチから始めるための基礎知識

フリーランスになれるか相談する

フリーランス初心者のおすすめする案件の探し方

次に、フリーランス初心者の方に適した案件獲得方法をご紹介します。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントとは、一人ひとりの適性やスキル・希望条件にマッチした案件を提案し、契約処理などを代行するサービスです。現在エンジニアやデザイナー、ライターなど、さまざまなフリーランス職種向けにサービスを展開しています。

フリーランスエージェントのメリット

フリーランスエージェントを利用すれば、スキルや条件に合った案件のマッチングや企業との契約・更新など、フリーランスの活動をバックアップしてもらえます。

また、長期的なキャリアプランも含めて相談でき、案件終了時期を見越して次の案件の提案もしてもらえるため「収入が安定しない」「常に案件があるか分からない」といった不安に対してもアクションを起こしやすくなります。

フリーランスエージェントのデメリット

フリーランスエージェントのデメリットは、クライアントと直接契約する場合と比べて中間マージンが発生することです。しかし、中間マージンを差し引いたとしても、フリーランス個人で案件交渉するより、エージェントを利用した方がコンスタントに案件を獲得でき、結果受け取れる報酬が高くなることもあり、必ずしもデメリットになるとはいえないでしょう。

また、後述する「クラウドソーシング」などで案件を受けた場合、納品さえ行えば働く時間・場所は基本的に自由です。一方フリーランスエージェントから提案された案件の場合、契約によっては企業に出社しなければいけないこともあります。そのため、自由な働き方に惹かれてフリーランスになった人は、時間や場所を拘束されるデメリットを感じる可能性もあるでしょう。

クラウドソーシングから受注する

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して複数の企業・個人とつながり、案件の受注および発注を行う仕組みです。仲介役であるクラウドソーシングサイトの運営者が、案件を外注したい企業と、案件を受注したい人材がマッチングするための手助けを担っています。クラウドソーシングの普及により、今までつながることが難しかった企業と個人間が結びつき、双方のニーズにあった案件の受発注が可能となりました。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングのメリットは、個人事業主やフリーランスなど、自身の専門性・スキルを活かせる仕事を獲得しやすい点でしょう。また、空いた時間を使って案件を受けることができ、メイン案件の合間にできるような案件を探すこともできます。また、本来案件の受発注の際に書面上で行わなければならない手続きが、クラウドソーシングというWeb上でできるという利便性も大きなメリットでしょう。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングの主なデメリットとしては、単価の低い案件もあるということです。自身のスキルを上げるため、実績を作るために取り組むならメリットもありますが、クラウドソーシングの案件のみで食べていくとなると相当高いスキルが求められる可能性があります。また、利用手数料が高いというのもデメリットの一つでしょう。手数料はクラウドソーシングを運営する会社によっても異なり、無料や安価なサイトも存在します。しかし、豊富な案件を検索できるかわりに多くの手数料を支払わなければいけない場合もあるようです。

関連記事:フリーランスエージェントはどんな人におすすめ?比較のコツやメリット

フリーランス初心者が案件を探すときの注意点

最後に、フリーランス初心者が案件を探す際の注意点を押さえておきましょう。

希望条件をはっきり伝える

フリーランスエージェントに案件を相談する場合は、報酬や働く時間について、自分の希望条件をはっきり伝えることが大切です。案件が決定してから自分の希望通りに働けずモチベーションが下がってしまっては元も子もありません。カウンセラーに遠慮せず、報酬額や勤務可能エリア、働く時間帯など、なるべく細かく提示しましょう。

複数のサイト、エージェントに相談する

案件を探す際は、本当に自分の条件に合った内容のものを選ぶため、複数のサイトやエージェントに相談するのが効果的です。特にフリーランス初心者の場合、さまざまな案件を比べて自分のスキルと見合った報酬・業務内容かを見極める力を養う必要があります。複数のエージェントに相談することで、自分の適性に合った案件や、妥協点を知ることができるでしょう。

自分にないスキルを要する案件は選ばない

初めは案件の獲得に必死になるでしょうが、焦って自分の持つスキル以上の案件を選んでしまうのは危険です。明らかにスキル不足でできないものを「できる」と言って受けてしまうと、発注した相手企業に迷惑をかけてしまいます。

フリーランス初心者であるうちは、自分が確実にできる範囲の案件からスタートし、少しずつ実績を積んでいくことが大切です。

スケジュール管理を徹底しておく

案件を受注する前に、可能稼働時間やスケジュールについて把握しておきましょう。すべてのビジネスパーソンにいえることですが、特に単独で働くフリーランスの場合、スケジュール管理を自分自身で行い、納期に間に合わせられるよう計画を立てるセルフマネジメント能力が問われます。納期を守ることができないと信用を失い次の案件につながらなくなってしまう恐れもあるので、スケジュール管理を徹底しましょう。

関連記事 :フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.