フリーランス(個人事業主)とは?

T.I 26歳 男性

T.I 26歳 男性

「フリーランス(個人事業主)」という言葉を良く耳にしますが、実際はどのような方が該当するのでしょうか?正社員と具体的にどんな点が異なるのかも気になります。

フリーランス(個人事業主)とは、特定の企業・組織・団体に所属せず独立して活動する働き方を指します。自由度の高さや収入面の豊かさが何よりのメリットです。しかし、会社に所属していない分「自己責任」で解決しなければいけない事柄が増えるのも事実です。フリーランス・正社員のメリットとデメリット双方を比べて、ご自身に合った選択をされると良いと思います。

詳しい解説はこちら

フリーランスの働き方とは?

フリーランスとは特定の企業・組織・団体に属さず、独立して活動することを言います。フリーランスは個人事業主や個人企業法人に該当し、フリーランサーと呼ばれることもあります。クライアントとの自由契約により業務委託され、遂行した業務に対して報酬を得るという働き方です。フリーランスに多い職種はシステム開発を行うプログラマ、映像作品を制作するプロデューサーや脚本家、放送作家などがあります。また、デザイナーや文章執筆をするライターにもフリーランスが多いです。自由なイメージが強い働き方ですが、クライアントを始めさまざまな人との協力関係も重要です。

正社員のメリットデメリットは何?

メリットは安定して給与が得られること、年金・税金・保険の手続きが不要であること、福利厚生制度が手厚いことなどです。デメリットは、通勤時間・勤務時間が決められており時間の自由度が低いこと、収入の大幅アップが望めないこと、職場の環境を変えづらいことなどが挙げられます。

フリーランスのメリットデメリットは何?

メリットは、仕事とプライベートの時間の使い分けを自分の裁量で行えること、多数の案件から自分の希望にあったものを選択できること、業務を多く引き受ければその分見合った収入が得られることなどです。デメリットは、案件が受注できないと報酬が得られないため、収入が不安定であること、タスク管理・タイムマネジメント・経理・雑務など裁量がある分全て自己責任であり負担が大きいこと、人とコミュニケーションを取る機会が減る場合が多く孤独感からモチベ-ションの維持が難しいことなどです。

一般登録型派遣のメリットデメリットは何?

メリットは、自己のスキルやキャリアを活かせる、勤務期間や時間を選べることです。また、同じ非正規雇用であるパートやアルバイトと比較して給与水準が高く、紹介予定派遣で正規雇用が望めることもメリットです。デメリットは、全ての希望に合致した求人が少ない、安定した長期雇用が望めない、仕事の成果が報酬に反映されにくいなどがあります。

【個人事業主についてお調べなら、併せて読みたい関連記事】
個人事業主になる前に押さえておきたい知識と手続き

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.