フリーランスが人脈を作る方法とは?メリットや案件獲得のコツとあわせてt解説

この記事でわかること
  • フリーランスにとっての人脈の大切さ
  • 人脈の作り方
  • 人脈を案件獲得につなげる方法

フリーランス(個人事業主)にとって、良質な人脈は案件の獲得に役立ちます。人脈を通じて業界の最新情報が得られたり、刺激を受けてモチベーションアップできたりすることもあるようです。

この記事では、フリーランスにとって人脈がどう関わってくるのか分からない人向けに、人脈を広げるメリットなどを解説します。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスの案件獲得に役立つ人脈とは

人脈はフリーランスの案件獲得に役立ちますが、ただ漠然と人脈を作り広げるだけでは効果を発揮しないこともあります。事業に生かせる人脈を意識的に作り、広げていくことが重要です。人脈作りを行う前に、自分が人脈を作る目的について事前に検討し、設定する必要があります。
フリーランスは基本的に自分で営業や事務作業などを行いますが、必ずしもすべてを1人でこなさなければならないというわけではありません。人脈を活用してうまく協力し合うことで結束が深まり、さらなる好循環をもたらすこともあります。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスが人脈を広げるメリット

人脈を広げることによるメリットは多々あります。メリットと感じるかについてはその人自身の環境によるため、どれが自分にとって一番価値があるのか理解する必要があります

代表的なメリットは、以下の4点です。

  • 獲得案件数が増え、対応可能な業務の幅が広がる
  • 取引先を分散させてリスクヘッジできる
  • 業界の情報収集ができる
  • 刺激を受けてモチベーションが上がる

上記を理解することで、自分にとってのメリットかどうかについても考えることができます。それぞれの項目について見ていきましょう。

獲得案件数が増え、対応可能な業務の幅が広がる

案件の選択肢を増やすためには、人脈を広げることが大切です。さまざまな場所に行き多くの人と交流することにより、自身が知り得なかった情報を得ることができます。

また、人脈を広げることで未経験の分野に挑戦する機会が生まれる可能性も。一般募集であれば未経験の職種に関する業務を受注することは難しいのですが、人脈を広げることでチャンスが広がることもあります。

取引先を分散させてリスクヘッジできる

フリーランスにおいては、取引先が複数あることが好ましいです。取引先を複数作ることで、一つの取引先に依存せずリスクヘッジができるようになります。

ただし、無理に取引先を増やしすぎるとオーバーワークにより作業効率が落ち、顧客の信頼低下にもつながります。取引先を分散する場合は、自分ができる範囲を徹底しましょう。

分散の基準はさまざまですが、自身の得意分野の案件とこれから挑戦していきたい分野の案件など、方向性を分けることで経験を積んでいくという方法もあります。

収入に意識を向けることも大切ですが、自身が成長できる環境に身を置けるように意識することも大切になります。バランスを取りながら検討することをおすすめします。

業界の情報収集ができる

基本的には人脈を広げることにより、得られる情報は増えていきます。エージェントから得られる外部から見た情報以外にも、企業の雰囲気などといった内部にいなければ分からない情報を得ることも可能です。話題になっている業界の情報をタイムリーに入手できたり、現在の環境を共有したりといった相談もできます。

人脈は良い案件を獲得できる可能性を高めてくれますが、それ以外にも相談することで困っていることを解決してくれるといった事例もあります。顧客に相談しづらいという問題に直面したときは、人脈に頼って解決するという選択肢が有効です。

刺激を受けてモチベーションが上がる

同業者か他業界の人かに関係なく、活躍している人物と接することで、モチベーションが上がる可能性があります。ときには事業に役立つ意見やアドバイスがもらえることもあり、いい刺激になるでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスが人脈を作る方法

事業に役立つ人脈の作り方はさまざまですが、具体的には以下のような方法が挙げられます。

  • 以前の職場や取引先の人に連絡を取る
  • 友達や知人に声をかける
  • 交流会やセミナーに参加する
  • SNSやインターネットを利用する

元々のコネクションを使って作る方法もあれば、新しい場所に行くことで新規の人脈を作る方法もあります。1つの方法に頼ってしまうとうまくいかないこともあるので、複数の方法を実践できるようにしておきましょう。

以前の職場や取引先の人に連絡を取る

既に自分が持っている人脈を使う方法です。前職でのつながりを大事にしておくことで、退職後にビジネスパートナーとして誘ってもらえるケースがあります

普段の取り組みが評価された状態でフリーランスとして案件を受注できるため、金額面での交渉などをしやすいメリットがあります。また、業務を通じて性格や基礎スキルといった能力を理解してもらえているため、自分に合った案件を提案してもらえるのもメリットです。

注意点は、以前担当した業務に関連する案件になりやすいため、全く違った新しい業態に挑戦したい人には合わない可能性があることでしょう。自分が何をしたいのかをよく検討し、どのような分野の業務をしたいのかという方向性を共有した上で、紹介してもらうのが好ましいです。

友達や知人に声をかける

こちらもすでに自分が持っている人脈を使う方法です。友達や知人に声をかけることで、自分が知らなかった分野の人に出会えることもあるでしょう。「私は友達や知り合いが少ないから厳しいかも」と考える方もいるかもしれませんが、その場合は友人のさらに知り合いを紹介してもらうのも手です。

注意点としては、プライベートな付き合いからの話し合いになるので、堅苦しくなりすぎるとうまく進みづらいという点が挙げられます。事前に「会う前にこういう話をしたいのだけど」といったアポを取ることで、当日の温度感を合わせられるでしょう。

また、当日は雑談を多く取り入れるなどアイスブレイクの時間を取ることで、うまく人を紹介してもらえる可能性が上がると考えられます。

交流会やセミナーに参加する

交流会やセミナーに参加して、新しい人脈を作る方法もあります。あらかじめ話題が提供されたり、きっかけとなる出来事が用意されていたりするのがイベントの特徴。自分から話を切り出すのが苦手だと思っている人にも適しています。

注意点は、参加した交流会やセミナーのテーマにギャップがあると、有効な人脈が作りづらいです。開催する前の時点で、参加者層、料金、規模感などの項目を確認し、自分の目的に合った人脈が増やせそうかを想定しておきましょう。

また、交流会やセミナーに参加した際にイベント主催者や有名人などとつながれそうなら、積極的にアプローチするのがポイント。そうした人たちは知人が多く、自分1人の力では出会えないような人物とつながっている傾向にあるためです。

SNSやインターネットを利用する

こちらはすでに自分が持っているWeb上の人脈を使う方法です。TwitterやFacebookなどのSNSは、プライベート以外でも事業用としてアカウントを作っている人もいます

利用する人は増えている傾向にあることから、やったことがない人もぜひインストールしてみましょう。有料のSNSやWebサイトもありますので、インストール前によく確認しておくのもポイントです。

注意点として、本当に信用できる人物なのか判断しにくい・されにくいという点が挙げられます。発信する内容がデマだったとしても確認する術がないので、詐欺に遭ってしまう恐れも。自身が怪しい人だと思われないようにするために、ポートフォリオをネット上で発信するといいでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

人脈を案件につなげるには

広げた人脈のすべてが案件につながるとは限りません。まずは人脈を広げていくことを中心に取り組むべきですが、その後はどのように案件獲得につなげるかを考えていく必要があります

人脈を効率的に活用するためには、知り合ってからの関係性を深めるなどのコミュニケーションが大切です。関係性を深めることでより深い情報を得るチャンスがあります。広げることを最終的な目的にするのではなく、その人脈からどのようにして情報を教えてもらえるかという点について見据えておく必要があります。

しかし、関係性を深めても案件に関する情報を得られるとは限りません。案件の情報を得るためには、下記のようなコツがあります。

  • セールスポイントをアピールする
  • クライアントの信頼を得る
  • 経営者ともつながるようにする

それぞれについて解説していきます。

セールスポイントをアピールする

相手から情報を引き出すためには、自身の情報開示が有効です。自分がどういう人なのかを開示することで、人物像が分かり安心感を持ってもらえます。

また、自身のスキルや経歴を開示することで、自分のスキルレベルに合った案件を提案してもらえる確率も高まります。スキルのミスマッチを防ぐために、誠実にアピールしましょう。今持っているスキルに加えて、勉強している分野や興味のある分野などの話ができると向上心のある人と思われるので、好印象を与えやすくなります。

ただし、自分の話ばかりするとコミュニケーションが苦手な人なのかと思われてしまう点には気を付けなければなりません。相手の話を聞きながら自分のスキルや経歴をアピールしていくなど、バランスを取ってコミュニケーションをとることが大切です。

クライアントの信頼を得る

案件を提案する側としては、よく知らない人に紹介することにはリスクが伴います。そのため、「この人になら提案してもいい」と思ってもらえる関係性を作り上げることが大切です。クライアントの信頼を得るためには、持続的に行動で示していく必要があります。こまめな連絡や作業の質の維持を心掛けるのがコツです。

新しい案件獲得をするためにやるべきことはさまざまですが、クライアントとのコミュニケーションも大切にしながら、業務を的確に遂行することで信頼を得ていくことが大切です。

自分に合う案件を提案してもらう

人脈なしから案件を獲得しよう

大前提として、自分のスキルをしっかり上げてできることを増やすことが案件獲得にはおいては大切です。それにプラスして、人脈があるとよりスムーズに案件獲得ができるようになるので、普段から人脈づくりを意識して活動してみてください。

また、必ずしも人脈がないとフリーランスとしてやっていけない、ということはありません。フリーランスエージェントを使って案件を提案してもらうことも可能です。

レバテックフリーランスも、エンジニア向けに案件を提案するエージェントの一つです。常時提案できる4,000件の中から、プロのコーディネーターがあなたのスキルや希望条件に合った案件を選定。興味がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

※本記事は2022年9月時点の情報を基に執筆しています。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2017-2023 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。