Javaプログラマーの年収について

R.F 28歳 男性

R.F 28歳 男性

Javaプログラマーとして年収を上げるためには、何をすれば良いのか教えてください。

企業担当 林 英司

企業担当

林 英司

Javaプログラマーが年収を上げるために必要なスキルとしては、業界知識・上流の経験・Webシステム開発の経験・アジャイル開発の経験などが挙げられます。

詳しい解説はこちら

1.プログラミングスキルと業界知識で年収アップ

Javaプログラマーとして活躍している方が今後、年収を上げるためには何が必要なのでしょうか。Javaは、汎用性の高い言語としてさまざまな業界で活用されています。そのためJavaプログラマーは、Web系アプリケーションをはじめ、金融系の管理システム、製造業の業務システムの開発プロジェクトなど幅広い業界への参画が考えられます。そのような作業に参画するにあたり大切なことは、「業界知識」を身につけることといえるでしょう。

Javaプログラマーが業務系のシステムに携わる場合、証券や保険、物流、航空等の業界知識が求められる場合があります。ただプログラミングを行うのではなく、その業界知識を持っていることで個人の価値が上がり、結果的に年収が上がると考えられます。習得者の多いJavaのプログラマーの中で、個人のスキル・知識の差別化を図っていくことが年収アップのポイントと言えるのではないでしょうか。

2.上流工程を経験することで年収アップの可能性あり

上記以外に年収を上げる方法はあるのでしょうか。Javaプログラマーの作業内容に着目して考えていきましょう。Javaプログラマーは、業務系システムのプロジェクトに参画する機会が多数あります。業務系システムの作業では、顧客の意向を理解し、仕様をつめられる人を必要とするケースが多いようです。そのため要件定義の経験がある人材は、重宝される傾向にあります。また、リーダーとしてチームを取りまとめられると尚良いといえます。以上の傾向から「上流工程の経験」が年収アップに繋がると考えられます。

3.webシステムの開発やアジャイル開発の経験などもJavaプログラマーのキャリアアップにつながります

Javaプログラマーとして年収を上げるために必要なスキルとしては、webシステムの開発やアジャイル開発の経験を積むことも挙げられます。Javaは汎用性がある言語なので、今後も一定数の開発案件があるでしょう。Javaプログラマーは今後も人口が増えると予想されることから、Javaを用いたプログラミングのスキルだけでなく自分自身に付加価値を付けることが大切です。

そこで考えられる年収アップへの方法で、「webシステムの開発やアジャイル開発の経験」を積むというものが考えられます。これまで業務系のシステムを担当してきたJavaプログラマーが、webシステムやアジャイル開発の案件の経験を積むと、参画できる案件や着手できる作業の幅が広がるため、自分自身の価値が上がります。その分、必要とされる人材になり、年収アップに繋がると考えられます。

Webアプリケーションだけにとらわれず、金融をはじめさまざま業界での需要があり、多用な可能性があるJavaプログラマーは、将来性が高いといえるでしょう。Java単体のスキルを追求することも大切ですが、PHPやScalaなどJava以外の言語知識や上流工程の実務経験、参画する業界の知識を広く習得すること、つまり「広い視野を持ち、様々な作業に参画することができること」がJavaプログラマーに求められているともいえます。

プログラマ(PG)の案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.