機械学習の勉強会について

Y.I 27歳 男性

Y.I 27歳 男性

機械学習の勉強会はどのように探せばいいでしょうか。

企業担当 中島 悠生

企業担当

中島 悠生

Web上には勉強会を探せるサービスが充実しています。機械学習の勉強会を探す場合も、こうしたサービスを活用するといいかもしれません。各サービスには特色があるので、ニーズに見合うものを利用しましょう。

詳しい解説はこちら

1.機械学習は身近な様々な場面で用いられる技術です。

■機械学習とは

機械学習とは、コンピューターにデータの分析と反復的な学習をさせ、パターンを発見させることです。そして学習した結果とパターンに基づき、未来のデータを予想させます。現在ではSNSや検索エンジン、写真の顔検出機能、レコメンドシステムなど、私達にとって身近なところでも用いられています。

業種としては、金融や医療、官公庁、交通運輸、マーケティングなど、幅広い領域で活用されています。また、クラウドの機械学習サービスも公開されているため、機械学習のスペシャリストではないITエンジニアによる利用も進みつつあります。

2.Web上には勉強会を探せるサービスが充実しています。

■どのようなサービスがあるか

Web上には機械学習をはじめとした、ITやWeb関係の技術勉強会を検索することのできるサイトやサービスが充実しています。サービスごとに違った利点をがあるので、勉強会を探すにあたっては、まず自分の目的に合致するサービスを見つけるようにしましょう。
勉強会を探せるサービスの特色としては、以下のような便利な機能がついていることが挙げられます。それぞれのサービスを比較検討し、使い勝手がいいと感じられるものや、あなたのニーズに見合っていると思われるものを選ぶといいでしょう。

■地域と内容を絞り込める

使用するプログラミング言語やプラットフォームなどによる検索の他にも、北海道から沖縄まで、全国のあらゆる地域で開催されている勉強会を探すことが可能な場合もあります。たくさんの勉強会をまとめて調べたい時は、開催地域や勉強会の内容を複数選択できるサービスを利用するといいかもしれません。

■カレンダーやタグで検索できる

勉強会やカンファレンス、交流会、講演会といったイベントを、カレンダーやタグから探すことができるケースがあります。

■イベント通知機能、ストック機能がある

SNSと連携したイベント通知機能が備わっているサービスであれば、気になる勉強会の見逃しを防ぐことができるでしょう。また、参加検討中のイベントを保存しておき、後で改めてスケジュールや勉強会の内容を確認することができるサービスも有用です。

■メンバー登録ができる

あるサービスを使って勉強会に参加することにより、そのコミュニティのメンバーとして登録される場合もあります。メンバー登録により、次回開催予定のイベントの取りこぼしを防ぐと共に、長期的なコミュニティの形成に役立つこともあるでしょう。

■イベントを主催する際にも利用できる

勉強会に参加するだけではなく、自らイベントを主催する際にサービスを利用できるケースもあります。

■資料を閲覧できる

たとえ勉強会やイベントに参加できなかったとしても、当日用いられた資料を検索したり、閲覧したりすることが可能な場合もあります。

3.勉強会はスキルアップや視野を広げるのに役立つでしょう。

■勉強会に参加するメリット

ITやWebといった分野の勉強会は、全国のさまざまな地域で開かれています。自らの知識を深めたりスキルアップしたりすることにとどまらず、同じテーマで研鑽を積んでいる人達とのつながりが生まれるというメリットもあります。また、時には専門外の知見に接することにより、視野を広げることができる可能性もあります。勉強会ごとにテーマは異なるので、興味が持てる分野の勉強会を見つけたら、積極的に参加していくといいでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.