35歳定年説は本当か?
プログラマーの将来性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

IT業界において、プログラマーは需要が増えつつある職種です。スキルを磨き続けることで、将来的に活躍の場を広げることができるでしょう。

プログラマー案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. プログラマーの需要
2. プログラマー35歳定年説
3. プログラマーのキャリアパス

1. プログラマーの需要

IT業界におけるプログラマーの需要は伸びつつあります。

プログラマーの活躍のフィールドはIT系の企業にとどまらず、家電業界や自動車業界など幅広い分野にまたがっています。高度な医療機器の開発現場などでも、プログラマーは求められる存在です。

将来的なプログラマーの需要について

プログラマーはITシステムの進化に伴って必要とされ続ける職種であり、今後もその需要が大きく減ることはないでしょう。最近では短期間のうちに普及したスマートフォンに関連するアプリ開発の場も増え、若年層であれば未経験者を迎える企業も少なくありません。

また、競争が加熱しているWeb開発の現場でもプログラマーの需要は伸びていて、サイト制作に特化したWebプログラマーが活躍しています。たとえばWebプログラマーを目指すなら、HTMLやCSSの他、JavaScriptの習得が欠かせない条件となるでしょう。

個人の能力が需要を左右する

プログラマーの需要は個人の能力にも左右され、豊富な実務経験やスキルの高さは仕事の選択肢の多さにつながるでしょう。JavaやC言語など、様々な開発の場で使える汎用性の高い言語を扱えるプログラマーには安定した需要が期待できます。

プログラマー案件を提案してもらう

2. プログラマー35歳定年説

IT業界には、プログラマーとして第一線で活躍できる年齢をおよそ35歳までとする説があります。なぜ35歳がプログラマーの限界と言われるのか、その理由と実際の状況を見ていきましょう。

学習能力が低下する?

歳をとると若い頃と比べて学習能力が衰え、最近技術をキャッチアップできなくなるというのが、35歳定年説がささやかれる理由のひとつ。しかし、学習への意欲が持てるかはその人次第という反論もあります。

体力的な限界や、環境の変化

一部では体力の低下によって、新しい技術についていくのが難しくなるという話も聞かれます。しかし実際には、35歳を過ぎても第一線で働き続けるプログラマーも多く、体力的な問題は個人の資質による部分が大きいといえます。

一方で、親の介護や子育てで自分の時間を持つことが難しくなり、技術を追求できなくなるケースは多いようです。年齢が上がると周辺環境に変化が生じるため、最新技術を常に学ぶプログラマーの仕事とのバランスをとるのが難しくなるという面があります。

マネジメントを任されるようになる

企業によっては、経験を重ねたプログラマーはマネージャー業務を任されるようになります。特に大きな企業ではキャリアコースとして管理職へステップアップする流れが設定され、環境によっては年齢とともに自分でコードを書く機会が減っていきます。

この場合、転職や独立などの選択次第ではプログラマーとしての仕事を続けることができるでしょう。最近では専門性の高いプログラマーの需要が伸びていて、スペシャリストとして活躍する道もあります。

3. プログラマーのキャリアパス

プログラマーとしてのスキルを高める

プログラマーとして仕事を続けていくためには、最新の技術を学び常にスキルアップする姿勢が不可欠といえます。複数のプログラミング言語を習得するとともに、OSやデータベースなどの周辺知識を学ぶことで、より広い領域に対応できるようになるでしょう。

現在様々な分野でIT技術が使用されていますが、コンピューターが活用される分野が増えるとともにそこにかかわる技術の細分化・専門化が進んでいきます。

プログラマーの仕事も時代のニーズに合わせてより専門に特化した技術が求められるようになるため、スペシャリストとして特定の分野の能力を高めることもプログラマーとして活躍し続ける方法のひとつでしょう。

早くから自分の得意分野を見つけ、能力を伸ばすことで30代、40代と活躍を続けているプログラマーもいます。

他の職種へのステップアップ

プログラマーとシステムエンジニア(SE)の仕事の領域はかぶる部分が多く、プログラマーとしてある程度経験を積んだ後、上流工程に携われるSEへとキャリアアップするパターンもあります。

システムエンジニアになると、クライアントとの対応やシステムの設計など、プログラマー時代とは異なる経験を積むことができます。将来的にはプロジェクトマネージャーとなり、プロジェクトの進行・管理をする立場になることも。

また、プログラマーとしてキャリアを積んだ後、クライアントの希望に合わせて最適なシステムを提案するITコンサルタントを目指すこともできるでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?