クラウドエンジニアの仕事内容

H.S 31歳 男性

H.S 31歳 男性

クラウドエンジニアの仕事内容について教えてください。

クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアを指します。クラウドを利用しながら、ネットワーク構築や保守等を行う案件に参画するため、サーバーやネットワークの設計構築の知識が求められるでしょう。

詳しい解説はこちら

1.クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアを指します。昨今、急速にクラウド化が進み、インフラ部分の開発をクラウド環境で行う企業が増加しています。クラウド化を行うことによって得られるメリットは、まず「コスト削減」や「システム構築の期間短縮」など多数挙げられます。さらに現場で直接サーバやネットワークを設置し、管理・運用するなどの、手を動かす作業が大きく減少することから、インフラエンジニアやネットワークエンジニアの負担が軽減される事などが考えられます。

しかし、このように今後クラウド化が進むことにより、今までインフラエンジニアやネットワークエンジニアが担当していた案件が減少することも想定されます。そこでインフラエンジニアやネットワークエンジニアは、クラウドの知識・技術に精通し、クラウドエンジニアになることがクラウド時代において求められていると考えられるのです。

2.クラウドの設定や最適化等を行います。

近年、大企業だけでなく中小企業でもオンプレミスからクラウドに移行する動きがあります。それに伴い増加していくクラウドエンジニア向けの求人・案件は以下のようなものが見られます。クラウドエンジニアの求人・案件は、主にクラウドを利用しながら、クライアントのネットワーク構築や保守などを行うものが多いです。それらの作業において、クラウドの設定や最適化を図るのがクラウドエンジニアの作業です。

クラウドエンジニア向けの求人・案件は、クラウド化が加速する昨今において増加傾向にあります。しかし、クラウドを専門とするエンジニアの数はまだ少ないようです。だからこそ、インフラエンジニアやネットワークエンジニアが、クラウドに精通したクラウドエンジニアになることで、市場価値が上がり、キャリアアップすることもできるでしょう。

3.クラウドエンジニアに求められるスキルとは

近年需要が高まっているクラウドエンジニアですが、クラウドに関するの知識・技術のほかにどのようなスキルが求められるのでしょうか。

クラウドエンジニアの仕事は、クラウドを使用したネットワーク構築や保守です。クラウド化の目的とは、さまざまな事業のシステムを、低コストかつ短期間で実現することです。それらの目的を効率的に実現するためにクラウドエンジニアには、サーバーやネットワークの設計構築の経験が求められるでしょう。特に大規模案件や企業間のネットワーク統合の経験などがあれば、より高度な求人・案件への挑戦も視野に入ってくるでしょう。

また、最新ミドルウェアやツールの知見・経験があると、さらにエンジニアとしての評価は高まるでしょう。以上のことから分かるように、今後インフラエンジニア、ネットワークエンジニアが、インフラ部分のクラウド化によってクラウドエンジニアにステップアップすることを求められていると考えられます。ただクラウドに特化するだけでなく、少しでも求人・案件に関係する知識やスキルを身に着けておくことがポイントです。そのほか、コンサルやマネジメント経験がある、または顧客折衝や資料作成などの経験があると、より顧客の意見を正確に読み取ることが必要な、上流工程の求人・案件に着手する機会が増えるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.