インフラエンジニアの学習方法

T.H 38歳 男性

T.H 38歳 男性

インフラエンジニアになるための学習方法について教えてください。

企業担当 中川 幸紀

企業担当

中川 幸紀

インフラエンジニアになるための学習方法は、独学や実践、勉強会への参加などがあります。ご自身の状況に合わせた勉強法を選びましょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.ニーズに沿ったインフラ開発、運用などが担当業務

インフラエンジニアは、クライアントのニーズに沿ったインフラの構築、運用、保守を行う職種です。インフラエンジニアの主な業務内容は、以下のとおりです。

■設計

クライアントの要望に沿うインフラを構築するために、機能やコスト、プロジェクトの期間を決定。クライアントと意見交換をしながら要件定義を行い、設計書の作成を進めます。

■構築

設計書をもとに、機器の搬入やソフトウェアのインストール、プラットフォームの構築を行います。また、構築作業の後に実施する動作テストも、インフラエンジニアの担当業務です。

■運用、保守

システム開発が終わった後は、障害発生時の対応やキャパシティ管理を担当します。不具合が生じた際は迅速に原因を究明し、復旧作業を行うことが大切です。

2.プラットフォーム構築、設計書の作成スキルなどが必要

インフラエンジニアに必要なスキルとして、以下のような例が挙げられます。

■安定性のあるインフラ開発スキル

クライアントやユーザーとの信頼関係を築くために、負荷に強いインフラ開発が大切です。安定したインフラを提供するためには、ネットワークやシステムについての知識が必要になるでしょう。

■わかりやすい設計書の作成スキル

設計は、インフラエンジニアの作業の中で基本となる業務です。プロジェクトメンバーやクライアントが内容を理解できるよう、わかりやすい設計書の作成スキルが大切になります。

■プラットフォームの構築スキル

ソフトウェアが円滑に動作するためには、プラットフォームの構築スキルが重要になります。質の高いプラットフォーム構築のために、仮想サーバや物理サーバ、運用ミドルウェアの知識があると良いでしょう。

インフラエンジニアに必要となるスキルの例は、上記のとおりです。次の項目では、スキルを身につけるための学習方法をご紹介します。

3.独学や実践のほか、勉強会への参加が学習方法の例です

インフラエンジニアの学習方法として、以下のような例が挙げられます。

■独学する

インフラについての基礎知識を身につける際は、独学が基本になると考えられます。書籍やWebサイトを活用し、業務に必要となる知識を少しずつ習得しましょう。

■経験を積む

書籍やWebサイトで学んだ後は、実践を繰り返すことで知識が深まるでしょう。経験を積む中で、障害への対応スキルも磨くことが大切です。

■勉強会に参加する

独学に不安がある方や、学習の機会を増やしたい方は、エンジニア向けの勉強会に参加するのも一つの方法です。勉強会の開催情報を提供しているWebサイトがあるため、ご自身のニーズに沿って選択すると良いでしょう。

上記が学習方法の例です。インフラエンジニアとして活躍できるよう、状況に合う学習法を選びましょう。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.