文系出身でのインフラエンジニアについて

N.S 35歳 男性

N.S 35歳 男性

インフラエンジニアになる上で文系出身者の強みとなる点を教えてください。

企業担当 石川 尚弥

企業担当

石川 尚弥

文系出身者がインフラエンジニアを目指す際は、ドキュメントの作成能力やコミュニケーション能力が強みになると考えられます。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.インフラエンジニアには、インフラ開発・プラットフォーム構築スキルなどが必要です

インフラエンジニアに必要となるスキルは、以下のとおりです。

■プラットフォームを構築するスキル

ソフトウェアが問題なく動作するためには、プラットフォームの構築スキルが重要です。物理サーバや仮想サーバ、シェルプログラミング、運用ミドルウェアなどの知識が業務に役立つでしょう。

■わかりやすい設計書の作成スキル

>設計は、インフラエンジニアの作業の中で基本となる業務です。クライアントやプロジェクトメンバーとの信頼関係を築けるよう、簡潔でわかりやすい設計書の作成が大切になります。

■安定したインフラ開発スキル

インターネットは基本的に24時間稼働するため、頻繁に障害が発生するとクライアントやユーザーの信頼を失ってしまいます。負荷に強いインフラ開発のためには、ネットワークやシステムに関する知識が必要です。

上記のほかにLL言語やC言語などを理解しておくと、インフラエンジニアとして活躍の場を広げられると考えられます。

2.語学力やコミュニケーション能力の高さが文系の強み

文系出身者の強みとして、以下のような例が挙げられます。

■ドキュメント作成に文章力がプラスに働く

設計書はわかりやすい表現が大切になるため、語彙や文章力も必要になります。

■コミュニケーション能力を活かせる

文系出身者は対人能力があると見なされるケースがあります。文系・理系というよりも個人差が大きい要素ではありますが、コミュニケーションスキルは上司・同僚との意思疎通や、プレゼンテーションなどに影響を与えます。経験を積むとマネジメント能力が求められるため、対人能力が高い人は活躍の場を増やせるでしょう。

■英語力が役立つ

技術について調べる際に英語のドキュメントを読まなければならないケースがあるため、学生時代に何を学んでいたかにもよりますが、英語力のバックグラウンドがあると役立ちます。

3.積極的に学習の機会を設け、対人能力を磨きましょう

■必要な知識・技術を日々習得する

技術面に関しては、専門的な知識を習得している理系出身者の方が有利になる場合があります。インフラエンジニアとして円滑な業務遂行のためには、ネットワークやシステムなどに関する知識が必要です。業界の最新情報にアンテナを張りながら、学習の機会を積極的に設けることが大切です。

■コミュニケーションスキルの向上を図る

クライアントへの提案力や、プロジェクトメンバーへわかりやすく伝える力は、経験を積む中で磨くことが必要です。対人能力に自信のある方も、日々改善を図りながら、コミュニケーションスキルを高めることが大切です。

業務を円滑に進められるよう、注意点を事前に把握して実務に携わるようにしましょう。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.