C#の仕事内容は?年収は?フリーランス案件事情も解説

C#ってどんな仕事なの?と思う方もいるかもしれません。今回は、JavaやC++、PHPなどと並ぶメジャーなプログラミング言語として知られているC#とは何か、その特徴や仕事内容などについて解説します。また、C#エンジニアの年収や求人事情、将来性、さらには「未経験からC#エンジニアを目指すには?」といった疑問についてもお答えします。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

C#とは
C#の仕事内容
C#エンジニアの年収相場
C#の求人・案件事情
未経験からC#エンジニアへの転職
C#の将来
C#の仕事に関するFAQ

ご登録者様限定機能詳しく見る

C#とは

C#とは、マイクロソフト社が開発・提供するプログラミング言語です。その名が示すとおり、C言語やC++などに近い「C系」の言語で、JavaやC++などと同様、開発性や管理性、保守性に優れたオブジェクト指向を採用しています。

幅広い開発に対応できる高い汎用性

マイクロソフトが提供元であるということで、Windows向けのアプリケーション開発などで数多く使われているイメージがあるかもしれません。しかし、AndroidやiOSなどのスマートデバイス向けアプリや、業務用システム、Webアプリ、さらにはAI、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)開発などといった幅広い分野の開発に対応できる、柔軟性に富んだプログラミング言語です。

多彩な開発環境

開発環境としては、マイクロソフト提供の統合開発環境「Visual Studio」が代表的でしょう。Webアプリ開発向けフレームワークとして「ASP.NET」、ゲームやAR・VR開発向けに「Unity」、スマホアプリ開発などに使われる「Xamarin」など、多彩な開発ツールと組み合わせることができます。

C#の元になっているC言語での仕事について知りたい方は、こちらの記事を併せてご参照ください。
C言語プログラマーの仕事内容

C#案件を提案してもらう

C#の仕事内容

C#は、さまざまな分野の開発に用いられています。各開発分野における仕事内容を説明していきましょう。

Windowsアプリケーション開発

前述した通り、C#はマイクロソフトによって開発されたこともあり、サポートも手厚く、Windowsアプリケーション開発でしばしば採用されます。一概にはいえませんが、ジャンルでいえば業務系システム開発が多い傾向にあります。業務で用いるシステムの場合、一気にシステムを刷新するよりかは、コストや安定性を重視して既存のシステムの改修を選ぶケースも少なくなく、C#のスキルは根強く求められるでしょう。

ゲーム開発

C#はメモリ管理を自動的に行なってくれる点やコードの視認性に優れているなどの特徴があり、これらの点から、ゲーム開発における主流開発エンジンであるUnityはC#と組み合わせることを推奨しています。この背景から、C#はゲーム開発に向いているといえるでしょう。

ゲーム開発では企画から設計、テストなどを担当する他、定期的に機能追加やエフェクト追加等のブラッシュアップを行っていきます。

AR・VR開発

C#はUnityとの相性がよく、AR・VR開発においても、Unityが開発ツールとしてよく用いられています。

開発を行うにあたっては、設計やプログラミングだけでなく、3Dのモデル制作や、UI作成ツールなど、工程を効率的に進めるためのツールセットを選定の上、活用していくことが求められます。

Webアプリ開発

C#は、フレームワークのひとつであるASP.NETと組み合わせることで、Webアプリ開発にも対応することができます。

Webアプリは、ECサイトや動画配信サイト、SNS等、ビジネスで活用されることが多いことから、業務分析や要件定義を通じ、クライアントの意向を的確に設計へと落とし込んでいくことが求められます。

関連記事 : Webアプリケーションエンジニアの仕事内容

C#エンジニアの年収相場

では、そんなC#エンジニアの年収はどれほどのものなのでしょうか。

400~500万円が平均ライン

経験と年収の相関で言うと、未経験者の場合は300万円程度からスタートすることが多いでしょう。C#のプログラミング経験が2年以上あり、設計・開発を一通り担当できるレベルであれば400~500万円程度が平均的な年収ラインと言えるのではないでしょうか。ただし、年齢や他言語での開発経験など、さまざまな要因で年収相場は変わってきます。

チームリーダーとしてプロジェクトを牽引し、上流工程から開発まですべてのフェーズを担当できるレベルの人材の場合は500万円以上からスタートすることも多く、プロジェクト管理を行えるPM(プロジェクト・マネージャー)クラスの人材なら1,000万円台の年収を得る場合もあります。

実務経験やスキルレベルで年収は変わってくる

これらは一般論的な話であり、実務経験やスキルレベル、前職の給与、年齢、これまでの開発実績などによっても年収は異なります。上記に挙げた年収の金額は、あくまで一つの目安として考えておきましょう。

関連記事 : SE(システムエンジニア)の平均年収|男女・年齢別の年収相場

C#の求人・案件事情

これから本格的にフリーランスのC#エンジニアを目指そうと思っている方にとっては、「C#エンジニアのニーズ」も気になる点の一つでしょう。

求人・案件の伸び率が高まっている

ここで、レバテックが集計した2019年度の「プログラミング言語別求人案件ランキング」を紹介しましょう。フリーランスのC#/C#.NET案件は、2018年度のランキングと比較した伸び率で1位を記録するなど、ニーズが高まっていることがうかがえます。

DX推進によってニーズが増加

要因の一つには、経済産業省が推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)を背景としたニーズの増加があるでしょう。

参考 : DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~(METI/経済産業省)

DXは、デジタルテクノロジーを駆使して、経営の在り方やビジネスプロセスを再構築し、「企業のあり方や、そこで働く人たちを変化させること」を目的としており、それを実現する上でITが欠かせません。特にDXではAI、機械学習、VR、クラウド等の開発が重要です。他の言語同様、それを支えるWindowsによるC#/C#.NETを用いた開発は、よりニーズが高まっていくものと考えられます。

参考 : コレ1枚で分かる「『デジタルトランスフォーメーション』の真意と『デジタライゼーション』との違い」 - ITmedia エンタープライズ

開発の実務経験は重要

C#エンジニアに求められる経験値やスキルについては、レバテックフリーランスに掲載されているC#案件の平均月額単価を見てみましょう。2020年11月時点において、ボリュームゾーンである月額単価60~70万円台の案件では、基本的にC#を用いた開発経験は必須となっており、3年以上の経験があれば選択肢の幅も大きく広がってくるようです。

C#の求人・案件一覧をもっとみる

関連記事 : フリーランスに向いている在宅ワークとは|家でできる仕事・職種や案件を探す方法も紹介

未経験からC#エンジニアへの転職

「プログラミング未経験だけどC#エンジニアになりたい」そんな方に向けて、未経験からのC#エンジニアへの転職について解説します。

未経験からいきなり第一線に立つのは困難

結論から先に述べると、やはりプログラミング経験がない方がいきなりC#エンジニアとして活躍することは難しいでしょう。プログラマーやSEの求人情報を見ればわかりますが、C#に限らず「実務経験者」が必須条件になっていることがほとんどです。

また、C#はコンパイラによるマシンコードへの翻訳が必要なコンパイラ言語であるため、比較的手軽に始められるJavaScriptやPHPのようなインタープリター言語に比べると、ややハードルが高いこともネックとなる場合があります。

まずは実務経験を積むことから

プログラミング未経験の方は、まずはアルバイトやエンジニア派遣なども含めて未経験者にも門戸が開かれている募集を見つけ、そこで実務経験を積むことが次のステップを目指すうえでの近道だと言えるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

C#の将来

年収相場や求人市場と並んで、もう一つ気になるのが「C#の将来性」ではないでしょうか。

今後も安定したニーズが続いていく

レバテックの2019年度の「プログラミング言語別新規割合ランキング」において、C#/C#.NETはシェア9.62%で3位にランクインしており、安定した需要があることが伺えます。また、C#はマイクロソフト社というOSの最大手メーカーから提供されている言語であり、継続的な改良が行われるなど、安心して使うことができる点も大きなメリットでしょう。

そして、なんと言ってもPC、スマートフォン、Web、ゲーム、VR・AR、AIなど、幅広いジャンルの開発に対応できる高い汎用性を有しています。これらの点により、今後もC#は安定したニーズが続いていくと考えられます。

多彩な開発環境に慣れていく努力が大切

C#は高い汎用性を持つ言語なので、常に新しい開発ターゲットに合わせたプログラミング方法と、それに合わせた開発環境の使用スキルを習得していく努力も必要です。代表的な.NETに加え、ASP.NET(Webアプリ)、Unity(ゲーム、VR開発)、Accord.NET(機械学習・AI)などをはじめ、豊富なフレームワークやライブラリがあり、それらを習得していくことでC#エンジニアとしての市場価値を高めていくことができるでしょう。

関連記事 : プログラマーの将来性|AIにより今後の需要や仕事に必要なスキルは変わる?

C#の仕事に関するFAQ

C#の仕事についてよくある疑問をまとめました。

Q. C#エンジニアの仕事内容はどのようなものですか?

A. 基本的には他のプログラミング言語同様に、設計、実装、テストといった工程での作業が中心となります。開発ターゲットで言えば、さまざまな分野の開発に対応できる言語ですが、案件としてはWebアプリやPCアプリ、スマートフォンアプリなどの開発が多い傾向にあります。

Q. C#と他の言語と比べた場合、どのような特徴がありますか?

A. 「幅広い開発に対応できる高い汎用性」というのが特徴の一つとして挙げられるでしょう。「Visual Stuido」や「MonoDevelop」「Unity」「Xamarin」をはじめとした開発環境と組み合わせることでPC、スマートフォン、Web、ゲーム、VR・AR、AI・機械学習など幅広い開発に対応することができます。

Q. C#フリーランス案件の単価相場を教えてください。

A. 2020年11月時点でレバテックフリーランスに掲載されているC#求人・案件の月額単価相場を見ると、C#エンジニアの平均月額単価は68万円となっています。ちなみに同時点におけるC#求人・案件の最高単価は115万円、最低単価は40万円です。

関連記事 : フリーランスエンジニアの単価相場

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

C#案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件