C言語プログラマの仕事内容は?業務例や将来性について解説

C言語プログラマーは、C言語を用いて組み込みやフラッシュメモリなどの開発に携わるエンジニアです。ここでは、C言語プログラマーの具体的な作業内容や必要な資質などについて解説します。

なお、さまざまなエンジニアの種類について知りたい方は「エンジニアの種類」の記事を参考にご覧ください。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

C言語プログラマーの仕事内容

C言語プログラマーの概要

C言語プログラマーとは、その名称が示すようにC言語によるプログラミング技術を有し、C言語をメインに使用しながら案件に携わるプログラマーのことを指します。以下にC言語の特色と、C言語プログラマーとしての具体的な作業内容について解説していきます。 

C言語プログラマーの仕事内容

C言語はプラットフォームに依存しない性質をもっており、その汎用性の高さから自動車や航空業界、家電などさまざまな領域で用いられています。C++やJavaScriptなどのオープン系プログラミング言語と一緒に扱われることが多いです。

C言語が使用されている求人・案件は、通信系や汎用系、組み込み・制御系、オープン系、ゲーム関連など幅広く、また大規模である傾向があります。

C言語を拡張したC#やVC++などに関して詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
C#の仕事内容とは?年収、求人・フリーランス案件事情も解説
VC++の仕事内容とは?求人案件の傾向、C++との違いも解説

C言語案件を提案してもらう

C言語プログラマーの需要

C言語プログラマーの将来性と需要

C言語は開発から40年ほど経っている言語でありながら、現在もいたるところで使用されています。家電やゲーム、自動車や航空機などの組み込み系だけでも業種が広く、需要が見込まれています。主に業務システム系のプロジェクトでよく使用されているため、C言語プログラマーの将来性はまだ堅実なものであるといえます。 

歴史が長い分、C言語に関する資料は豊富であり、学習に際しては比較的取り組みやすい立ち位置にあります。また、C言語が元になって開発された言語もあることから、C言語を取得することで他言語の学習のハードルが下がるともいわれています。

関連記事:プログラマの需要について

C言語案件を提案してもらう

C言語プログラマーのスキルと資格

C言語プログラマーに必要なスキルについて

C言語は機械を制御することを目的に用いられることが多いため、プログラミングだけでなくIT技術の基礎的な部分の知識を求められることも多いでしょう。

近年ではWeb系で用いられるJavaやPHPから学習を開始するプログラマーも多く、C言語を扱えるC言語プログラマーは一定の需要を持っているといえます。また、C言語で作られているオープンソースも多数あることから、C言語プログラマーはオープンソースソフトウェアを扱えることも期待されるでしょう。 

C言語プログラマーとして必須の資格はありません。参画の際も資格だけで判断されることはありませんが、資格取得の過程で技術力のアップが図れたり、スキル向上の姿勢を示すことができることもあります。以下に代表的な資格をご紹介します。 

C言語プログラミング能力検定試験

株式会社サーティファイが認定する資格試験です。簡単なプログラミングスキルを問われる3級から、OSへの理解と応用プログラム作成力を求められる1級まで、3段階でC言語プログラミングの能力を判定します。 

基本情報技術者試験

経済産業省が認定を出す国家資格です。主としてシステムエンジニアやプログラマーが受験することで知られ、ITに関する基礎的な知識、および情報処理に要する論理的思考力などがテストされます。

関連記事:プログラマに必要なスキル

C言語案件を提案してもらう

フリーランスC言語プログラマーの年収

ここではC言語プログラマーの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスC言語プログラマーの平均月単価 : 68万円(12ヶ月分を年収とすると816万円)
最高単価 : 115万円
最低単価 : 50万円

※下記ページから引用(2020年1月時点)
C言語の求人・案件一覧
※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

C言語案件を提案してもらう

C言語の求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、C言語の作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。C言語の求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【C/C++】RTOS開発の求人・案件

■単価
〜600,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)、プログラマー(PG)

■職務内容
・RTOS製品のBSP開発および検証業務に従事して頂きます。
・BSP 開発、検証(カバレッジ、QAC)の一部を実施いただきます。
・テスト手順の改善、効率化の作業をお願いすることがございます。

■求めるスキル
・ソフトウェア開発経験1年以上
・スクラッチで、デバイスドライバの開発経験

【歓迎スキル】
・T-Kernelやitronの仕様の理解
・静的解析ツールやカバレッジツールの使用経験
・Redmineの使用経験
・英語の読み書き

■最寄り駅
中野坂上(東京都)

【C/C++】法人向けモバイル端末リモート管理サービス開発の求人・案件

■単価
〜850,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
SE (システムエンジニア)

■職務内容
・法人向けのリモートサポートサービスの開発に携わっていただきます。
・スマートフォンやタブレット、オフィス内IT機器などを
遠隔で画面操作できるサービスです。
・C/C++で開発を行っていただきます。

■求めるスキル
・C/C++の経験3年以上
・Windowsネイティブアプリ開発経験

【歓迎スキル】
・ネットワーク通信、制御アプリケーション開発経験
・VC++の経験
・COMの使用経験

■最寄り駅
浜松町(東京都)


上記の内容はC言語プログラマーのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

C言語プログラマーの案件をもっとみる

C言語案件を提案してもらう

C言語プログラマーの仕事に関するよくある質問

ここでは、C言語プログラマーの仕事に関するよくある質問に答えていきます。

Q. C言語プログラマーはどのような業種で需要が高いですか?

組み込みシステムやデバイスドライバー開発、ゲーム開発などの業種で需要が高いです。

Q. C言語プログラマーになるために必要なスキルは何ですか?

C言語プログラマーになるためには、C言語の基礎知識と、ライブラリやフレームワークに関する知識、OSに関するスキルなどが必要です。

Q. C言語を学ぶメリットは何ですか?

処理速度が速い、OSの仕組みがわかるようになる、他の言語も学習しやすいというメリットがあります。

Q. C言語を習得するためには、どのくらいの学習時間が必要ですか?

個人の学習ペースにもよりますが、未経験者がC言語を習得するためには、およそ200時間から250時間ほど必要です。

Q. C言語プログラマーになるために、資格を取得することのメリットは何ですか?

資格を取得することで、自身のスキルアップに繋がります。また、知識やスキルの証明になり、就職や転職時の自己アピールに役立ちます。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

C言語案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら